LINEを活用した予約システムとは?導入方法や選び方を解説

LINEを活用した予約システムとは
作成日
更新日
LINE連携予約
インスタ連携予約

従来の予約システムといえば対面や電話が主流でしたが、近年はメッセージアプリ「LINE」を使った予約システムが人気を集めています。

LINEの予約システムは、対面や電話での予約に比べて簡単・便利に予約を管理できるところが特徴です。しかし、新しいシステムを導入するにあたり、「そもそもどんなシステムなのか」「どうやって導入すればいいのか」といった疑問や不安を抱える方も少なくありません。

そこで今回は、LINEを活用した予約システムの特徴やメリット、導入の流れ、システムの選び方についてわかりやすくまとめました。

LINE連携の予約システムとは、LINEで予約を管理できる便利なシステム

LINE連携の予約システムとは、予約に関する情報やデータをLINEで管理できる便利なシステムのことです。
LINEの公式アカウントと連携するだけで、予約の受付からメッセージの受信、顧客管理など、予約にまつわる業務を一元管理できるようになります。
LINE連携の予約システムに搭載されている機能は、利用するシステムによって異なります。ここでは、LINE連携の予約システムによく導入されている主な機能を4つご紹介します。

予約の受付機能

LINEを使って店舗の予約を受け付ける機能です。
顧客は店舗のLINE公式アカウントや、HPなどに記載されているURL・QRコードなどを介して、LINEで予約を入れることができます。

予約通知機能

LINEを通じて顧客からの予約が入った場合、LINEで予約通知を受け取ることができます。
予約が入った直後に店舗側へ通知が送信されるので、リアルタイムに予約状況をチェックすることが可能です。予約が入ったときだけでなく、予約の変更やキャンセルが入った場合もすぐに通知を受け取れます。

予約台帳の確認・変更

LINEを介して入った予約は、自動的に予約台帳に反映され、いつでも予約の状況を確認できます。
予約台帳のカスタマイズが可能なシステムなら、台帳に表示するメニューの帯色を変えたり、メニュー単位で予約受付を開始する日時やWEB予約のみを受付終了する日時の設定、同時刻の予約数制限などの設定を行うことができます。

クーポン機能

LINEから顧客にクーポンを配信できる機能です。
設定に応じて自動でクーポンを配信したり、クーポンを適用できる条件などを個別に定めることもできます。

LINE連携の予約システムがおすすめな理由

LINE連携の予約システムがおすすめな理由

サロンや美容院などの店舗で、LINE連携の予約システムを導入すると、以下のようなメリットがあります。

集客アップを見込める

国内におけるLINEの月間利用者数は8,600万人に及んでおり、日本の人口の7割近くがLINEを活用しているといわれています。[注1]
使い慣れたLINEを利用した予約システムを導入すれば、簡単&手軽に店舗の予約を入れられるため、対面や電話による予約よりも集客アップを期待できます。
#美容室集客

また、LINE連携予約システムは24時間365日体制で予約を受け付けることができるため、
「仕事が忙しくて店舗の営業時間中に予約を入れられない」
という既存顧客のニーズも見込むことができます。

新しいアプリをダウンロード&インストールする手間もないので、顧客に抵抗なく使ってもらいやすいところもLINE連携予約システムならではの魅力です。

予約ミスを防げる

従来の対面・電話を利用した予約システムの場合、予約を受け付けた従業員の聞き間違いや、予約台帳への記載漏れなどにより、予約ミスが発生する可能性があります。
予約ミスはダブルブッキングにつながる可能性が高く、お客様との間に無用なトラブルが生じる原因になります。

LINE連携予約システムを導入すれば、お客様自らがLINEで予約の手続きを行うため、従業員のミスによる予約漏れやダブルブッキングを防ぐことが可能です。

ドタキャンの抑制になる

予約した日から実際に来店するまでの間に日にちが空くと、予約を取ったことを忘れてしまうお客様もいます。
LINE連携予約システムを利用すれば、予約日の前日などにお客様のLINEにリマインダー通知を自動送信できるため、予約忘れによるドタキャンの抑制につながります。

予約業務の手間と時間を省ける

対面や電話による予約システムの場合、お客様から予約を受ける→予約の空きを調べる→予約台帳に記載するといった作業が必要になります。
これら一連の作業にはそれなりの手間と時間がかかるうえ、対面や電話で予約を受け付けている間は他の業務を行うことができないため、本来の業務に支障を来す原因になります。

LINE連携予約システムを導入すれば、対面や電話による予約対応が減少するため、本来の業務に集中できる時間が増加します。また、予約そのものの手続きもお客様側の作業だけで完結するため、予約の空きを調べたり、予約台帳に手書きで記載したりする手間を省けるところもうれしいポイントです。

LINE連携の予約システムを導入する際の流れ

LINE連携の予約システムを導入する際の流れ

LINE連携の予約システムを導入するまでの流れは、選んだシステムによって異なります。
ここでは、一般的なライン連携の予約システムの導入方法と、その流れをご紹介します。

LINE連携の予約システムを選ぶ

LINE連携タイプの予約システムは複数あるため、まずはどのシステムを導入するかを検討します。具体的なシステムの選び方については後述しますが、店舗のニーズや使い勝手、予算などから総合的に判断して選ぶようにしましょう。

予約管理システムについてわからないことがあったら、お気軽にお問い合わせください。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

LINE公式アカウントを取得する

LINE連携の予約システムを利用するためには、店舗のLINE公式アカウントを作成する必要があります。
LINE公式アカウントはLINE for Businessのサイト内にある「LINE公式アカウントの開設」から簡単に作成することが可能です。

LINE公式アカウントの作成には、個人が利用しているLINEアカウントまたはメールアドレスの登録が必要ですので、あらかじめ準備しておきましょう。
LINE公式アカウントを作成したら、店舗に関する基本的な情報を登録し、アカウントを公開します。

LINE公式アカウントと予約システムの連携を行う

LINE公式アカウントを作成したら、予約システム側でアカウントとの連携を行います。

リザービアの場合、店舗側で公式アカウント管理権限の付与、LINE公式アカウントの設定、LINE Developersの設定、リザービア マスタの設定、連携そのものの手続きはリザービア側で行いますので、店舗側で作業する必要はありません。
エンドポイントの変更操作を行う必要がありますが、手順詳細については設定マニュアルに詳しく記載されているので、マニュアルに従って操作を行いましょう。

なお、連携作業の完了には数日かかることもあります。LINE連携の予約システムを開始する日にちを告知している場合は、余裕を持って予約システムの導入およびLINE公式アカウントとの連携を済ませるようにしましょう。

予約の設定を行う

予約システムとLINE公式アカウントの連携が完了したら、LINEを介した予約の受付が可能となります。

まずは予約を取りたいと思っているお客様向けに、あいさつや応答メッセージなどを設定しましょう。
あらかじめメッセージを設定しておけば、お客様の手続きに合わせて適切なメッセージが自動送信されますので、スムーズに予約フォームへと誘導できます。

また、予約を受け付ける日時の設定も合わせて行いましょう。

スタッフやクーポンの設定を行う

LINE連携の予約システム側に、スタッフ指名やクーポン、などの設定箇所がある場合はスタッフのプロフィールや顔写真、クーポンメニューの設定を行います。
スタッフのあいさつや顔写真を入れたり、メニューに応じたクーポンを設定したりします。
スタッフの顔写真は指名予約率を向上させますので、できるだけ設定する事をおすすめしています。

予約フォームへのリンクを設定する

お客様を予約フォームに誘導するリンクを設定します。
LINE公式アカウントのプロフィールに予約ボタンを設定することもできますし、友だち登録しているお客様に直接予約リンクを掲載したメッセージを送信することも可能です。

LINE連携予約システムの選び方

LINE連携予約システムの選び方

LINE連携予約システムにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や利用料金などに違いがあります。
ここでは、LINE連携予約システムを選ぶときにチェックしたいポイントを3つご紹介します。

予約完了通知やリマインド通知を配信できるか

LINE連携予約システムは、簡単&手軽に店舗の予約を入れられるのが利点ですが、その分、対面や電話を利用した場合よりも予約を忘れられやすい(ドタキャンが多い)傾向にあります。
ドタキャンや無断キャンセルをされると機会損失につながりますので、お客様が予約を入れたことを確認できるよう、予約完了通知やリマインド通知を自動で配信できる機能があると便利です。

リピーター獲得に役立つ機能が搭載されているか

LINE連携予約システムは、対面や電話による対応を省ける反面、お客様が自主的に手続きを行わないと予約につながりにくい傾向にあります。

サロンや美容院にとって、リピーターの獲得は新規顧客以上に大切な要素ですので、LINE連携予約システムには受け身の機能だけでなく、お客様に積極的にアプローチできる機能も欲しいところです。

たとえば、施術日当日にお礼のメールを配信したり、施術日から一定の期間が経過したお客様に再来店を促すメールを送信したりすれば、リピーターの獲得に役立ちます。

一人ひとりのお客様に手動でメッセージを配信していると、手間ひまがかかる上、送信漏れや送信ミスが発生しやすいので、あらかじめ配信の条件を設定し、自動でメッセージを送信してくれる機能が搭載されているシステムを選ぶのがおすすめです。

さらに、クーポン配信機能やデジタル式のスタンプカード機能などが利用できるシステムなら、リピート利用のお得感が上乗せされて、顧客の定着につながります。

予約の一元管理が行えるか顧客管理が充実しているか

LINE以外にも、ホットペッパービューティーやイーパクビューティ、楽天ビューティーなどのクーポンサイトで予約を受け付けているサロンや美容室は多いでしょう。
そのようなケースで問題となりやすいのが、複数サイトからの予約が重なってしまう『予約のダブルブッキング』です。

複数サイトの予約を1つの予約台帳で一元管理でき、各サイトと自動で連携してくれるシステムであれば、ダブルブッキングを防げるだけでなく、手作業で更新する手間を省けて本業に集中できるためおすすめです。

顧客満足度をアップするためには、顧客情報を適切に管理し、顧客ニーズに沿った対応やアプローチを行う必要があります。

LINE連携予約システムの中には、会員の種別や氏名、連絡先といった個人情報のほか、来店回数や前回の担当スタッフ、前回利用したメニューなど、複数の顧客情報を管理できる機能が搭載されているものもあります。

顧客管理情報から、どんなメニューが人気か、どの時間帯に利用が集中しているか、ターゲットの年齢層はどのくらいか、といったデータを抽出すれば、今後のマーケティング活動に活かすことができます。

リザービアのLINE連携の特徴

リザービアは、大手美容室や急成長のサロンなど、幅広い業種・業界において全国4,500以上の店舗に利用されているLINE連携予約システムです。
独自のシステムや機能、サービスを導入することで、LINE連携予約システムが数多くリリースされた今でも、多くの方から選ばれ続けています。

ここでは、リザービアのLINE連携の特徴を3つのポイントにわけて解説します。

予約を柔軟にコントロール

同じ店舗でも、メニューによって同じ時間帯に同時施術が可能な人数が異なったり、クーポンの利用範囲が制限(季節限定や平日限定など)されていたりすることがあります。
リザービアなら、メニューごとに同時予約の制限を設けたり、リピーターしか利用できない特別なクーポンを発行したりと、柔軟な予約設定を行うことができます。

わざわざ既存のサービスやメニューに変更を加えずに済むため、スムーズに予約システムを導入することが可能です。

各種予約通知を自動送信

リザービアでは、予約完了時に自動でLINEへ通知を送信したり、施術日前日にリマインダー通知を送ったりする機能を搭載しています。
また、予約がキャンセルされた場合もLINEに通知が入るので、予約状況をリアルタイムに把握することができます。

充実のサポート

リザービアでは、初めてLINE連携予約システムを導入する方でもスムーズに使いこなせるよう、使い方をレクチャーする訪問研修やWEB研修、セミナー、勉強会などを実施しています。

また、システムの使い方でわからないことがあったり、予期せぬトラブルが発生したりしたときは、電話やメール、チャットボットなど複数のチャネルを使ってサポートセンターに問い合わせることが可能です。

導入前にも、セットアップ方法の説明や効果的な運用方法の説明などを受けられますので、システムを導入した初日から便利さや手軽さを実感できるでしょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ

LINE連携の予約システムを活用して予約業務を効率化しよう

利用のたびに事前予約が必要なサロンや美容院では、予約に関連する業務に多くの手間と時間がかかります。対面や電話による予約受付はヒューマンエラーも発生しやすく、お客様とのトラブルが生じる原因にもなります。

LINE連携の予約システムを導入すれば、予約の受付から予約台帳への登録、予約完了通知、リマインダー送信に至るまで、すべての業務が自動化されるため、予約に関連する業務を大幅に効率化できます。

人の手を介さないのでヒューマンエラーも起こりにくいうえ、クーポン配信や再来店を促すメッセージの配信なども行えるため、顧客満足度の向上にもつながります。

リザービアなら初心者の方向けのサポートも充実していますので、LINE連携予約システムの導入を検討されている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

引用
[注1]LINE株式会社「LINE Business Guide」

リザポス
LINE連携予約
PAGE TOP