美容室の予約は「LINE公式アカウント」(旧LINEアット)が常識!理由と導入方法紹介

LINE公式アカウント(旧LINEアット)とは?機能を紹介!|予約システムと連携しよう
作成日
更新日
LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室を予約する方法には、「電話」や「予約ポータルサイト」などがあります。
その中でも注目されているのが、「LINE(ライン)公式アカウント」を活用した予約方法です。

世代に関係なく、国内の約70%もの人が「LINE」を活用しています。お客様にとって「LINE」からの予約は、他の予約方法と比較しても非常にハードルが低いです。

「LINE公式アカウント」を使った予約方法は、1対1のトーク機能の活用、プロフィール画面から公式サイト内の予約フォームに繋げる方法などがありますが、一番のおすすめはほかにあります。

ここでは、「LINE公式アカウント」を予約に使うことをおすすめする理由や、導入方法をご紹介します。
現在の予約方法に不便を感じている方や、「LINE」からの予約に興味のある方は、ぜひご覧ください。

美容室の予約システムに「LINE公式アカウント」をおすすめする理由

LINE以外の美容室・サロンの予約方法

現在の予約方法に不満はありませんか?
美容室の予約システムには、多くの問題を解決できる「LINE公式アカウント(旧LINE@アット)」がおすすめです。

「LINE公式アカウント」は、企業や店舗がLINE上でお客様とコミュニケーションできるサービス。
美容室の予約システムに「LINE公式アカウント」をおすすめする理由は、予約管理の方法にさまざまなメリットがあるためです。

<LINE公式アカウント予約のメリット>

  • LINEの利用者が多い
  • お客様の開封率が高い
  • LINE機能の多くが無料で利用可能

これらのメリットは、確実に美容室での業務を楽にし、お客様の利便性も高めます。

LINEの利用者が多い

日本国内でLINEを利用しているユーザーは、8,900万人。(2021年6月末時点)
実に、日本の人口の70%以上がLINEを利用しています。「高齢の方はあまり使っていないのでは?」と、思う方もいるかもしれません。

総務省が発表している、最新の年代別SNS利用者数を確認してみましょう。

表 5-1-1 【令和2年度】主なソーシャルメディア系サービス/アプリ等の利用率(全年代・年代別)画像1:総務省:令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

LINEの利用率は、各年代共に非常に高い数字が出ています。
ほかのSNSは利用しないものの、LINEだけは連絡手段として活用している方も多いかもしれません。

これだけ幅広い世代に浸透していれば、多くの方に抵抗感なくLINEを使って予約していただけるはずです。

メッセージの開封率が高い

LINEで割引クーポンや店舗の休業日などのメッセージを送信した場合、お客様のメッセージの開封率は60%程度といわれています。これに対して、メルマガは10%程度、よくて30%程度の開封率です。
実に、その何倍ものユーザーがLINEでメッセージを確認していることが分かります。

また、迷惑メールフォルダのように、お客様のもとへ届く前に振り分けられて見ていただけないこともありません。
つまり、1,000人の方へメッセージを送った場合、開封するのはLINEなら600人程度なのに対し、メルマガでは100人から300人のみと大きな差があるのです。

LINEで最新情報や割引クーポンの告知をした場合でも、そのメッセージを読んだ方の中から、限られた人数しか予約は入りません。少しでも多くの方へ届けることが、集客アップに繋がります。

LINE機能の多くが無料で利用可能

LINEは、誰でも無料で利用できるアプリです。
同様に、LINE公式アカウントも無料で使える機能が充実しています。

たとえば、1対1のチャット・ショップカード機能・タイムライン・月1,000通までのメッセージ配信は、無料で利用可能です。
これまでクーポンをダイレクトメールで送っていた場合や、ポイントカードを紙で発行していた場合などは、その手間が減り費用も抑えられ、生産性がアップします。

LINE以外の美容室・サロンの予約方法

では、美容室やサロンでは、「LINE公式アカウント」以外に、どのように予約や顧客管理を行っているでしょうか?
たとえば、次のような方法が挙げられます。

<美容室・サロンの予約方法>

  • 予約ポータルサイト
  • 美容室・サロンの公式サイト
  • 電話

はたして、これだけで問題ないのでしょうか?
それぞれの方法に、使いづらさを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

予約ポータルサイトから予約

美容室やサロンの予約のために、多くのユーザーは予約ポータルサイトを利用しています。
お客様のニーズに応えるために、ポータルサイトに登録している美容院も多いはずです。

<予約ポータルサイトから予約するメリット・デメリット>

メリット

デメリット

  • 24時間いつでも予約できる
  • 情報が豊富で、ユーザーは多くの中から自分に合った店舗を選べる
  • お客様とのマッチングに間違いが少ない
  • 新規顧客の集客がしやすい
  • 店舗数が多すぎて、差別化しにくい
  • 手数料が発生する
  • サイト内で上位表示されるには、さらに費用が掛かる
  • 低価格クーポンを狙ったユーザーが多く、リピーターがつきにくい

24時間いつでも予約を入れられる点は、大きなメリットです。
また、店舗を多くの方に知ってもらうにも、ポータルサイトは非常に便利なツールになります。しかし、予約するお客様がリピーターの場合、店舗側にとってはよいツールとはいいがたい面があります。

ポータルサイトからの予約の場合、掲載店舗に対して手数料が発生します。
当然、リピーターからの予約も同様です。

公式のホームページから予約してもらえれば費用はかからず、それだけで売り上げアップに繋がります。

美容室・サロンの公式サイトから予約

公式サイトを運営している場合、そのホームページから予約を受ける方法もあります。

<公式サイトから予約するメリット・デメリット>

メリット

デメリット

  • 24時間365日予約可能
  • ポータルサイトのように手数料がかからない
  • 高齢のお客様や、サイト検索に慣れない方には難しい
  • 集客にコツが必要

予約ポータルサイト同様、公式サイトならいつでも予約ができ、お客様にとっても電話をかけることに比べて非常に便利です。
美容室側にとっても電話のように、営業中に時間を割かれることもなく、負担は最低限に抑えられます。しかし、ポータルサイトのように誰の目にも触れやすい状態ではないため、新規のお客様の集客を行うには、上手なサイト運営が必要です。

電話で予約

最後は、もっとも昔から活用されている「電話」を利用して予約する方法です。

<電話で予約するメリット・デメリット>

メリット

デメリット

  • お客様の要望を直接聞ける

  • 営業中しか予約できない
  • 電話のたびに仕事が中断する
  • お知らせは、ダイレクトメールや電話で個別に連絡しなければならない

電話で予約する場合、最大のメリットはリアルタイムでお客様と会話ができることでしょう。

時間の融通を利かせたりほかのサービスをおすすめしたりなど、その場で相談できるため、お客様にとっても安心感があります。しかし、電話の場合は仕事をその都度中断しなければならず、店内にいるお客様に迷惑がかかります。
しかも、電話を受けられるのは営業中だけです。
日中、仕事で忙しいお客様は、不便を感じるでしょう。

店側にとっても、割引キャンペーンや特別な休業日のお知らせなど、個々のお客様に対して、わざわざダイレクトメールを送らなければならないなどの手間もあります。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

「LINE公式アカウント」で美容室の予約をする方法

このように、既存の予約方法ではさまざまなデメリットがあります。
そこで、ここからはお客様にも店舗側にも負担の少ない、「LINE公式アカウント」から予約する方法をご紹介します。

<LINE公式アカウントの便利な機能>

機能

特徴

メッセージ配信

割引情報やクーポンを配信できる(1,000通まで無料)

LINEチャット(トーク)

1対1のチャットが可能

ショップカード

ショップのポイントカードの発行・管理が可能

タイムライン投稿

友だち登録しているユーザーのタイムラインに情報発信が可能

もともと「LINE公式アカウント」には、さまざまな機能がついています。
これらの機能は基本無料です。

メッセージは1,000通まで無料で送付できます。
送付回数がそれ以上になる場合は、有料プランに変更するとよいでしょう。

「LINE公式アカウント」のプランは、無料プランとあわせて3つあります。

LINE for Business|料金プラン画像2:LINE for Business|料金プラン

「LINE公式アカウント」で予約をする場合、2つの方法があります。
1つ目は、チャット機能で予約してもらう方法です。

お客様に、通常のトーク画面から個別に予約をしていただきます。
もちろん1対1でできるチャットのため、ほかのお客様に情報が漏れることはありません。

チャットなら時間に関係なく気軽に問い合わせができるため、お客様にも便利な機能です。しかし、トーク画面での予約はお客様からは24時間発信できるものの、営業時間外や忙しい時間帯は店舗側からすぐに返信ができません。
その場合、お客様には店側からの返事をお待ちいただくため、なるべく早く返信できるような対策を考える必要があります。

プロフィール画面から予約

2つ目の方法は、プロフィール画面から予約してもらう方法です。

「LINE公式アカウント」上のプロフィールページには、「予約ボタン」を設置できます。
この予約ボタンから移動できるのは、「トーク」もしくは「外部URL」です。

トークではチャット機能を使って、先ほどご紹介したように、お客様から予約の依頼ができます。「外部URL」に美容室公式サイトの予約ページのURLを張れば、チャットのようなわずらわしさはなく、スムーズな予約が可能です。

集客するためにも、ただ単に予約するだけのツールにとどまることなく、「LINE公式アカウント」を積極的に活用していきましょう。

LINEを通して予約してもらうためには、定期的に一斉配信で割引クーポンや休日の連絡・予約の空き状況など、お客様のメリットになるような情報の発信も必要です。
そのような情報から、予約が入ることも期待できます。

まずはお客様にLINEの友達登録をしてもらうこと

とはいえ、どちらの方法も、お客様に友達登録していただかなくては始まりません。来店されたお客様へ、積極的に「LINE公式アカウント」を友達登録していただくよう、アピールしましょう。
これは、会計時でも可能ですが、カラーのように時間が必要なときに、POPを見せてご紹介するのもよいでしょう。

登録していただく際には、予約が簡単にできることだけでなく、本日から使用できるクーポン・次回割引ができる割引券をプレゼントするなどの方法で、「お得感」をアピールします。

「LINE公式アカウント」には弱点も

「LINE公式アカウント」は予約の流れから分かるように、基本的に新規顧客ではなく、来店されたお客様に対するものです。そのため、リピーターになってもらうことには強いツールですが、新規顧客数を増やす点では、予約ポータルサイトに比べると劣るといわざるを得ません。

ここからは、LINEの利便性を保ったまま、集客できる方法をご紹介します。

「リザービア」の予約システム

「リザービア」の予約システム

“リザービア”は、さまざまな集客媒体・システムと連携可能な予約管理システムです。
お客様は美容室の公式ホームページ・各種SNSなどから、気軽に予約ができるようになります。

また、予約だけでなく、パソコンやスマホからチェック可能な予約台帳・スタンプカードのデジタル化・スタイリストのシフト設定・顧客管理など、予約システムに「あったらよい」と思う機能を、数多く装備しています。

POSシステムとの連動も可能で、今までバラバラに管理していた多くの情報を、”リザービア”なら一元管理できます。

また、導入後のフォロー体制も充実しています。
メールや電話・オンラインミーティング・チャットなどの一般的なサービスのほか、「サロン経営を加速させるセミナー」を開催し、新規顧客を得るためのブログの書き方や、集客の方法などの対策をご紹介しています。

公式サイトだけでは集客が心配な方も、しっかりとフォローいたしますのでご安心ください。実際に「リザービア」を導入後、クーポンサイトから脱却し、ウェブ予約にうまく移行した事例もあります。

詳しくは下記をご覧ください。
→「リザービア導入後クーポンサイトを脱却!「クーポンサイトに頼らない」が集客のコツ?

「リザービア」の予約システムでLINE連携

もちろん、「リザービア」の予約システムとLINE公式アカウントの連携も可能です。

先ほどご紹介したLINE公式アカウントから予約する方法とは違い、お客様はほかのサイトに行く必要がなく、LINE内で予約が完了します。当然、LINE公式アカウントからの予約も「リザービア」の予約システムに即座に反映されるため、重複して予約を受ける心配もなくご利用いただけます。

お客様とスタッフが、予約の際にやり取りする必要もありません。
スムーズに予約ができるため、お客様のストレスもなく、さらに店舗側も業務を効率化できます。

<「リザービア」はこんな方におすすめ>

  • 自分でLINE連携するのが面倒
  • LINEのチャットでお客様とやり取りする時間がない
  • 自社サイトからの予約も充実させたい
  • 顧客層がネット世代ではない方が多い
  • 広告費用をかけたくない

現状の予約方法や顧客管理などに満足していない店舗の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ

美容室の予約には、予約ポータルサイトや公式サイト・電話などさまざまな方法があり、中でも「LINE公式アカウント」を活用するとメリットが多くおすすめです。

<LINEを活用するメリット>

  • LINEの利用者が多い
  • お客様の開封率が高い
  • LINE機能の多くが無料で利用可能

「LINE公式アカウント」から予約する方法はいくつかありますが、中でも「リザービア」の予約システムは、公式サイトの予約システムと連携ができる上さまざまな機能が備わっており、業務の効率化が期待できます。

予約システムはお客様の負担が少ないほど、集客しやすくなります。

現状の予約システムに不満がある方や、さまざまなSNSと連携させたい方は、ぜひ検討してみましょう。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

画像1:総務省:令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書
画像2:LINE for Business|料金プラン

インスタ連携予約
リザPOS
PAGE TOP