【予約管理システムの基礎知識】ASPって何?メリットと選び方

予約管理システムの基礎知識
公開日
更新日

予約管理は美容室などのサロン運営で最も重要で、最も面倒な業務ではないでしょうか。そのため、サロン運営の効率化と集客力アップには予約管理システムの導入が不可欠です。

また、ダブルブッキングや予約漏れも防ぐことができます。既にいくつかの方法を検討しているオーナー様もいらっしゃるでしょう。
一方で、大手ポータルサイトや予約アプリなど様々な予約管理システムがある中で、どれが自分のお店に最適なのか悩むポイントにもなります。

そこで、今回は予約管理システムの中でも予約管理ASPのメリットや選び方を解説します。

予約管理ASPとは?|予約管理システムは大きく分けて3種類

予約管理システムの種類

予約管理システムには大きく、ポータルサイト型とオンプレミス型とASP型の3つがあります。それぞれの特徴についてまとめてみました。

今さら聞けない?!ASPってなんの略?

ASPは「Application Service provider」の略で、インターネット上で利用できるサービスやそのサービスを提供する企業などを指します。

ポータルサイト型予約管理システム

ポータルサイト型には、ホットペッパービューティーのような会員制サイトがあります。ポータルサイトは広告としてお店の情報を掲載するシステムになっています。

そのため掲載には審査が必要になるほか、掲載料が必要になります。また、ポータルサイトはあくまでも会員制サイトの一角を「間借り」する形式になるため、お店の情報は他のお店と競合することになります。

幅広い客層にアピールして集客できるというメリットがある一方、同じような美容室が大量に並ぶ中、差別化が難しいというデメリットもあります。

また、ポータルサイトを利用して来客した場合リピーターになりづらいという問題もあります。初回クーポン利用を目当てに来店したお客さまは、次もまた別のクーポンを利用できるお店に行ってしまうからです。

オンプレミス型予約管理システム

オンプレミスとはソフトや機器を購入やリース、または自社開発して運用する方法です。機器の設置や開発など、初期投資は高くなります。保守や電気代などのコストに加え、災害やシステム障害の復旧など自社で対応しなければならないため、全体的にコストが高くなるというデメリットがあります。
さらに店舗の引っ越しなど、ロケーション変更の対応にも時間と手間、費用がかかるという点も注意が必要です。

ただしカスタマイズの自由度が高く、細かな要望にも対応可能で、既存のシステムとも連携できるというメリットがあります。

ASP型予約管理システム

ポータルサイト型とオンプレミス型のいいとこどりがASP。
ASPとは、業務用アプリケーションソフトの機能をインターネット経由で提供する事業者やサービスのことを指します。

つまり、ASPはインターネットさえあれば、必要なソフトを使用することができるサービスなのです。最近はインターネットが高速化したことで様々なサービスがネット上で使えるようになりました。

例えばGoogleでは、文書作成のGoogleドキュメントや表計算ソフトのGoogleスプレッドシートをインターネット上で提供していますよね。

他にも動画編集や画像加工などの高度なサービスを提供するASPもあります。同じように、予約管理システムをインターネット上でASPとして提供するサービスも増えてきました。ASPは世の中のIT化とともに発展した最新のサービスなのです。

ASP型の予約管理システムを導入するメリットとは?

導入メリット

ASPサービスの予約管理システムを導入する一番のメリットは、簡単に導入できるという点にあります。以下に詳しく解説していきます。

アップデートなどの手間なし!常に最新の状態を使える

ポータルサイトは掲載内容の打ち合わせや審査が必要になります。また、ダウンロード型はソフトの更新が必要です。一方で、予約管理ASPであればダウンロードも不要で、基本的には契約したその日から使用できるようになっています。

更新についてもASP側でバージョンアップされるため、契約しているだけで常に最新の便利な機能を使用できるのがメリットです。
さらに最近の予約管理ASPは集客機能やポイントカード機能も搭載しています。こうした便利な機能を活用することで、リピート率アップや売上アップも狙えますね。

自社開発などと比べて費用が安い

ASP型では多くの場合、高度な設定や面倒な手続きも不要で簡単に導入することが可能です。料金も初期費用が安く、月単位や年単位の契約が可能なため試してみて合わなかったら解約することもできます。
また、ASPは24時間予約受付可能で、インターネット環境があればどこからでも使用できます。閉店した後や開店前に自宅などの別の場所から予約状況を確認することも可能で便利ですよね。

逆に予約を受け付けたくないときは、お店のお休みを設定すれば予約を一時停止することができます。ASPを使えば、面倒な予約管理から解放されて予約のコントロールも可能になるでしょう。

ASP型予約管理システム導入のデメリット

デメリット

メリットばかりのASP型の予約管理システムですが、もちろんデメリットもあります。以下に解説していきます。

初期費用や月額料金がかかる

ASP型の予約管理システムでは、導入の際に初期費用が必要な場合や月額料金などの固定費が発生することがデメリットの一つです。
無料で使える予約システムもありますが、ネット予約成立時には別途費用が発生するなど、少なからず料金がかかるのは便利な機能を使える分、仕方がないといえます。

パソコンやスマホでの操作や設定に慣れる必要がある

インターネット上でのサービスであるASP型に限らず、システムを利用する場合には注意しないといけないことがあります。それは、「操作に慣れること」。

最初の設定や登録の仕方など、パソコンやスマートフォンでの操作に慣れる必要があることはデメリットの一つです。ただし、そこまで複雑な操作が必要なわけではないので、普段ネット予約をしたりSNSを利用するように、いつの間にか慣れるものです。

予約管理ASPの選び方とは?

選び方

予約管理システムは用途に応じて使い分ける必要があります。クーポンサイトのメリットを利用しつつ、デメリットをカバーする形で予約管理システムを利用するのがおすすめです。
それにより、お店の利益率を下げずリピーターの定着を図ることができるでしょう。

クーポンサイト・ポータルサイト利用のメリットとデメリット

メリット デメリット
数千万人の会員数がいるため集客効果が期待できる

・大手クーポンサイトは初回来店クーポンが充実しているため、リピーターが定着しにくい

・他店との差別化のため、必要以上に値下げしてしまう

リピーター定着のためには、サービスが充実した予約管理ASPが間違いなくおすすめです。予約管理ASPの選び方には下記3つのポイントがあります。
関連記事:ホットペッパービューティーを活用した集客方法8つのコツ

クーポンサイトとの連携ができる

集客力の観点から、クーポンサイトと連携できることは必須の機能です。連携することでクーポンサイトの会員を自社予約サービスへ呼び込むことができます。また、複数のクーポンサイトをまとめて管理することでサロン運営の効率化も可能になるでしょう。

各種ポータルサイトで集客した予約と顧客管理を一元管理することでダブルブッキングを防ぎ、予約枠を調整する時間や手間の短縮にもつながります。
関連記事:サロン予約は一元管理が簡単・便利! 導入方法やメリットをご紹介

予約のしやすさ|予約したい気持ちを萎えさせない簡単ステップであること

お客様がお店のページを閲覧してくれているのに、予約につながらないことがありますよね。だいたいのお客様は、「サロンに行きたい」と思っているときにすぐ予約をしたいと考えています。

予約の入力フォームにたどり着いたお客様のうち、なんと半数が離脱してしまうと言われています。予約フォームの見やすさや入力項目の少なさは、お客様の「今すぐ予約したい」という気持ちを萎えさせないためにとても重要です。

そのため、会員登録せずにすぐに予約ができる機能を持ったASPがおすすめです。

予約アプリに対応しているか?

現代は一人1台スマホを持っている時代なので、アプリに対応していることは必須の機能です。スタンプカードのデジタル化やクーポンの受信など、アプリをダウンロードしてもらうことで固定客になることにもつながります。

アプリに対応しているASPを選ぶことで、集客やリピート顧客の獲得も効率的に行うことができるでしょう。

欲しい機能をすべて装備!おすすめの予約管理システムASP、リザービア

予約の一元管理ができるリザービア

予約管理ASPは様々なものが存在しています。ASP選びでお店の売上や利益が変わると言っても過言ではありません。

予約管理ASPの中でも業界トップのリザービアでは、ここまで解説した機能がすべて装備されています。さらにGoogle予約を備え、InstagramやLINEとも連携できるなどこれからのサロン経営で集客に欠かせない機能がすべて備わっています。


無料
Google、LINE、インスタの予約も全て一元管理できる予約システムの資料請求

どうせ導入するなら売上や集客力アップにつながるものがいいですよね。ぜひ自店舗にあったASPを検討してみてください。

リザPOS
BMS
PAGE TOP