エステサロンの予約管理を楽にする予約アプリの比較とおすすめ紹介|機能やメリットも解説

エステサロンの予約管理を楽にする予約アプリの比較とおすすめ紹介|機能やメリットも解説
作成日
更新日

近年、エステサロンに限らずWeb予約が当たり前になっています。Web予約は電話予約のように時と場所を選ばないため、美容業界における集客でも欠かせません。

そこで便利に使えるのが、エステティックサロンの予約管理アプリです。ただ、予約アプリは非常に多くのサービスがリリースされているため、どれを選べばいいのかわからない人も多いでしょう。

本記事では、エステの予約管理アプリの概要や導入のメリット、機能の種類などについて紹介します。また、エステサロンにおすすめの予約管理アプリも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

エステの予約管理アプリとは

エステの予約管理アプリとは
エステの予約管理アプリとは、エステ向けの予約受付・顧客管理ができるアプリのことです。

エステは、お客様が気に入ればリピーターになってくれるケースが多く、リピーターをいかに増やせるかが経営の重要指標となりますので、かんたんに予約が取れるシステムを導入しておくことは大切です。

また、顧客情報や前回のカルテをすばやく確認できる環境を用意すれば、それぞれのお客様に対して適切な対応ができます。かんたんに予約が取れて、店に行けば前回の施術内容に基づいた対応をしてくれる。

このようなサービスを提供できれば、必然的にお客様満足度は向上するでしょう。

エステの予約管理アプリの主な機能は以下のとおりです。

  • スマホでかんたんに予約状況を確認できる予約台帳
  • 顧客管理・カルテ管理
  • メッセージ配信

予約アプリを導入するメリット

予約アプリを導入するメリット
インターネットが普及し、誰もがスマホを持つ現代ではさまざまな予約・顧客管理ツールがリリースされています。予約アプリもその一つですが、「従来の予約方法や顧客管理とくらべてどのように便利なのか?」がわからない人も多いでしょう。

そこでこの項目では、予約アプリを導入するメリットについて紹介します。

24時間予約受付が可能で、集客力アップ

予約管理アプリを導入する最大のメリットは、集客力アップに繋がることです。

予約表の希望日時をタップするだけで営業時間外でも予約受付が可能になります。自動で予約確定のお知らせを送ることができるものなら便利です。また、店舗のLINE公式アカウントから予約することが可能なものもあります。

予約アプリは、電話予約とちがってお客様が思い立ったときにかんたんに予約が取れる仕組みを用意できます。夜中でも、早朝でも、お客様のもっとも都合の良いときに予約が取れます。

さらに、予約アプリはお店側にもメリットが多いです。

店舗での接客に忙しい営業時間中に、電話対応の必要がないので来店してくれたお客様一人一人に集中できます。予約確認は接客が落ち着いた時間や閉店時間にゆっくり対応できるので、どちらかをおざなりにすることもありません。

関連記事:エステサロンの集客のコツとは?新規のお客様をリピーターに繋げる方法も紹介!

予約管理・顧客管理をこれ一つに集約

予約アプリを導入すれば、予約管理や顧客管理を一元化できることもメリットです。

たとえば、予約管理は外部の予約サイトからの予約であってもリアルタイムで連携できるものがあります。予約アプリ一つあれば、さまざまな予約チャネルを利用して集客することが可能です。

管理もクラウド上に一元化して行えるため、従来の紙の予約台帳やソフトウェアのように手間も面倒な操作も必要ありません。紙やソフトで管理することに億劫さを感じている人におすすめです。

顧客管理については、受け付けたお客様の情報を解析し、自動で振り分けて整理して蓄積していきます。そのため、これまでデータ整理に使っていた閉店後の時間を別の作業にあてることもできます。

売り上げや予約のレポートなど、経営をサポートする機能も

店舗経営で売上アップを狙うには、データを分析することが大切です。典型的な例が予約集計のデータです。

どのチャネルからの予約が多かったのか?を確認して分析することは、売上アップに欠かせません。予約数が多いチャネルはより積極的に活用し、少ないチャネルは何が問題になっているか、そもそも必要なチャネルか、などを判断しながらPDCAを回していきます。

さらに、期間限定で配布したクーポンの集客数や来店割合なども確認できるため、開催したキャンペーンやクーポンがお客様のニーズを満たしているかも把握できるでしょう。

また、スタッフ個人の売上データ・メニュー比率などのレポートを取得して分析すれば、施術者としての自分の強みや特性を確認できます。客観的なレポートを見ることによって、新たな自分を発見することにつながるでしょう。

予約管理アプリの選び方

予約管理アプリの選び方
今回は予約管理アプリを大きく2つにわけて解説します。1つは美容室やサロンに特化した予約管理アプリで、もう1つは、美容室以外のサービスにも使える予約管理アプリです。

美容室やサロンに特化した予約アプリはほかの予約アプリとくらべて、特徴的な機能がたくさんあるので確認していきましょう。

美容室やサロンに特化した予約管理アプリの特徴

美容室やサロンに特化した予約管理アプリの特徴は、予約時にスタイリストやカットメニューの選択などの選択項目があるところです。

各スタイリストの施術可能時間や細かいカットメニューの選択など、美容室やサロンでは必ず必要な機能が搭載されています。

美容室やサロンに特化した予約アプリの中には、次回も同じスタイリストで同じメニューで選択できるように履歴が残る機能がついているものがあります。

また、外部のポータルサイトからの予約も一括で管理できる機能などがついている場合もあります。多方面から受けた予約を一括で管理できることで、予約のダブルブッキングなどのミスを減らすことが可能です。

美容室以外のサービスにも使える予約管理アプリの特徴

美容室以外のサービスにも使える予約管理アプリは上記のものと比べて、シンプルな機能である場合がほとんどです。たとえば、飲食店で予約する場合は、日時と人数を伝えて完了することがほとんどです。

もちろん、美容室やサロン向けの予約管理アプリのようなスタイリストやカットメニューの選択のような機能はついていません。

そのため、美容室やサロンで予約管理アプリを導入しようと考えている方は、美容系に特化した予約管理アプリを選択する必要があるのです。逆に飲食店などは、シンプルな機能で完結している予約管理アプリの方が使いやすいでしょう。

予約管理アプリの機能を無料と有料で比較

予約管理アプリの機能を無料と有料で比較
では、予約管理アプリの機能は無料と有料ではどのようなちがいがあるのでしょうか。大まかに説明すると、無料は基本的な顧客管理機能は使えますが、予約可能数に上限があったりと制限がある場合も多いです。

有料の予約管理アプリは、無制限の予約管理機能はもちろん、決済機能や広告非表示などのより使いやすい機能がついています。次の項目で詳しく解説していきます。

  無料 有料
費用
0円

数千円~万円
予約可能数 ×
制限あり

制限なし
決済機能
なしの場合もある
現地決済、カード決済のみ
可能なものもあり

月額課金
カード決済
回数券
顧客管理機能
広告非表示 ×
メルマガ・DMの配信 ×
SNS・Google連携 ×

費用

費用に関しては、有料の予約管理アプリの価格帯はさまざまで数千円~数万円ほどで提供されています。

もちろん、価格に応じて機能の充実度が異なるので、店舗の状況に合わせて必要な機能を確認し、プランを選ぶことをおすすめします。

無料の予約管理アプリはお金がかからないのが魅力的なポイントです。初月無料のものや、機能に制限がついているものも多いですが、お試し感覚で気軽に使えるというメリットがあります。

予約可能数

予約可能数に関しては無料のものは制限がついている場合がほとんどです。抱えている顧客が多い店舗では、制限がついていると使いにくいので、初めから有料でも予約可能数に制限がないものを使う方がよいでしょう。

個人サロンなどの小さい店舗で顧客の数も制限範囲内で収まりそうな場合は無料で制限があるものでも活用できます。

決済機能

決済機能に関しては、無料はそもそも決済機能がついていない場合もあります。また、ついている場合でも、現地決済やカード決済のみといった場合が多く、クーポンや回数券などを発行している店舗では機能が追いつかないこともあります。
その点、有料の場合は、回数券や月額課金などにも対応している場合が多いため、各店舗の支払いパターンのバリエーションに対応しやすくなっています。

顧客管理機能

顧客管理機能は、無料も有料も使えるものが多いです。予約受付やキャンセルなどにも対応しています。しかし、無料の場合は、予約数には制限があることがあるので注意しましょう。

有料のものは、予約時に確認メールの自動送信ができる機能がついていたり、顧客の分析機能が充実していたりします。顧客の分析をしっかりと行うことができ、集客に活かすことができる機能です。

広告非表示

広告非表示の機能は、無料でついているものはほぼありません。有料の場合は非表示にできるものがあります。

広告を非表示にできることでお客様がアプリをより見やすくなり、顧客満足度にも繋がります。お客様がアプリをより見やすくできる配慮ができる機能です。

メルマガ・DM配信

メルマガやDMの配信は、無料は機能としてない場合がほとんどです。有料の場合は対応しているものが多いです。

メルマガやDM配信ができることで、お客様が家にいる時でもお店を思い出すきっかけになります。主にリピーターに向けた施策が行える機能です。新しく入荷した商品や、メニューなどもいち早くご案内することができます。

SNS・Google連携

SNSやGoogle連携は無料の場合はできないことが多いでしょう。有料の場合はプランにもよりますが、さらに追加で料金を払うことでできるパターンが多いです。

SNSやGoogleMAPなどを利用するお客様は多く、連携することでより多くの人に認知してもらいながら、予約時のミスを減らすなどさらに効率よく予約管理ができるようになります。

メッセージ自動配信・レポート機能

有料の場合は、誕生日に自動でメールの配信ができたり、予約のリマインドメールも自動で配信できるなどの機能がついているものが多いです。

このような機能があることで、すべてのお客様に適切な時期にメールやDMの配信ができ、お客様が再来店してくれるきっかけに繋げやすくなります。

POSシステム・会計連携

POSシステムや会計との連携は有料の場合可能であることが多いです。タブレットでそのままお会計ができるので、よりスマートに会計処理が行えます。

タブレットをお客様に見せて合計金額の確認などもできます。操作性が優れており、使いやすいのが特徴です。

有料アプリのシステム利用料・料金体系

有料アプリのシステム利用料・料金体系

予約管理アプリの利用料金は、予約ごとの売上手数料で決まる変動パターンと月額固定費用の2パターンに大別されます。

売上手数料で決まるケースでは手数料率3.3~6%や、月間予約件数が〜50件までなら○○円などのプランがあります。

ただ、決済手数料のみで利用できるサービスは多くありません。ほとんどのシステムは初期費用や月額料金のどちらか、もしくは両方必要であるケースが多いです。

月額固定費で料金が決まるケースでは、月額数千円〜3万円前後が相場になります。

予約アプリは、メーカーやオプションごとに使える機能が変わってきます。
基本料金が無料であっても必要な機能を盛り込むと、結果的に高くなるケースもあります。

例えば月額無料でアプリを提供しているメーカーでは、顧客管理・カルテ管理・予約管理は無料だが、ネット予約、レジ会計・カード決済は有料など、導入前は安いと思っていても使い始めてみると変動費が大きくなってしまうようなケースも存在するようです。

なお、美容系に特化した予約アプリを提供しているリザービアでは初期費用10万円、月額17,000円から利用する事ができ、予約数は発行クーポン数、メニュー数の制限なく利用することができます。。

リザービアは他の予約システムと比較しても充実すぎる機能

リザービアは他の予約システムと比較しても充実すぎる機能

美容サロンへの導入4500店舗以上のリザービアでは、美容室、エステサロン、マツエクサロンなど、特殊な予約方法を用いる業界に特化した予約システムです。

クーポンや口コミ投稿、履歴からの予約も可能

ユーザー向けの予約アプリ「サロンカード」では、前回の施術履歴と同じ内容で予約する事ができ、デジタルスタンプカード、POSポイント連携(ポイント機能)、アプリユーザー限定のクーポン発行などリピート率を向上させる為の機能を盛り込んでいます。

オンライン相談でピッタリのプランを選べて、アフターサービスも手厚い

予約アプリを導入する時に、「かんたんに使うことができるのか?」という不安を抱かれる方は多いと思います。

リザービアでは、予約システム導入時には2日に渡り導入研修を行い、基本的な使い方から予約が入りやすいクーポンの作り方などをレクチャーしています。

その後も契約期間中は有人サポートとして、電話・メール・オンラインミーティング・24時間体制のチャットなど、あらゆるツールで運用に関する相談ができます。また、リザービア利用店舗のみ受講可能な「サロン経営を加速させるセミナー」も不定期開催中です。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

店舗に必要なサービスをアプリで解決、売り上げアップを目指す

店舗に必要なサービスをアプリで解決、売り上げアップを目指す

予約システムはあくまでも店舗の売上げアップ、手間の軽減を目指すためのツールです。どれだけ豊富な機能を有していても使いにくかったり、安価であったとしても予約がしにくいようでは本末転倒になります。

サロンワークはお店によってさまざまですので、ご自身のサロンに合った使い方ができるものなのかをまずは相談してみましょう。

インスタ連携予約
リザPOS
PAGE TOP