エステサロンでの後悔しないためのロゴ作り【ロゴ=お店の顔】

作成日
更新日
LINE連携予約
SALON CARD

エステサロンを新しく開業したい!

そんな時は、多額の費用やさまざまな準備が必要になりますよね。
ですがその際、決してないがしろにしてはいけないものがあります。
それは、『お店のロゴ』
この記事では、そんなロゴマークの後悔しない作り方についてご紹介していきます。

ロゴって何のために必要なの?

まず、ロゴを作る意味についてご説明します。お店のロゴとは、つまりは『お店の顔』となる存在なのです。
どんな企業でも、お店でも、看板やウェブサイトにはお店の名前を表したロゴマークがありますよね?
もちろん、お店を宣伝するチラシや、名刺などにもロゴマークは入ります。
お客様が、多くの場所で目にすることになるロゴ。
それが適当なものだと、せっかく素敵なエステサロンを開業しても、興味を持ってもらえません。

逆に、キチンとお店のイメージを反映したロゴを作っていれば、それを目にしただけで、お客様にそこがどんなお店かを想像してもらうことが出来ます。
人間が第一印象で判断されてしまうように、お店の第一印象を決めてしまいかねないのがロゴというものです。
そんなロゴで損をしないように。そしてロゴでお客様を呼び込めるように。キチンと考え、後悔しないロゴ作りをすることが重要となってくるのです。

 

まずはサロンのコンセプトを固めてから!

ロゴを作る前に、まず考えなければならないことがあります。
それは、開業するエステサロンのコンセプトです。
コンセプトがしっかりと固まっていないと、どんなロゴを作るべきかも判断することが出来ません。

  • 気軽に入れるお店にするのか?
  • それとも高級感のある落ち着いたお店にするにするのか?
  • 内装のイメージはどのようにするのか?
    オープンする土地はどんな所か?

そういった雰囲気の面はもちろんのこと、開業するエステサロンの理念や、想定している業務の形態など、どんなエステサロンにしていきたいのかを具体的に決めていく必要があります。

このコンセプトがしっかりと固まっていないと、開業したいお店の方向性とは全く違うロゴを作ってしまうことになりかねません。

逆に、このコンセプトがしっかりと固まっていれば、その中でも特に伝えたいことを選び、それを中心にしてロゴのデザインを決めていくことが出来ます。

まずは、自分が開業したいエステサロンがどのような場所で、どのようにして経営していきたいのか……キーワードを書き出すなどして、きちんと考えていきましょう。

キーワードとイメージが固まれば、ロゴを作る準備は完了です。

印象的なエステサロンのロゴを紹介します!

制作方法をご紹介する前に、他のエステサロンのロゴをご紹介します。
これらの例を見て、ご自身のイメージするエステサロンのイメージがどういったものに近いか、具体的に考えていきましょう。

Lecura

痩身&疲れ改善をキーワードにしているこちらのトータルエステサロン、『ルクラ』。
ロゴマークからは、疲れ改善=癒しを想起させる南国の花と葉が用いられています。
企業名のカラーリングには高級感があり、至福のひと時を予感させるロゴですね。
このロゴのように『企業名+周りに図案』という形で表現すると、企業名の可読性も維持でき、分かりやすいロゴとなります。

LUXES Ocean SPA

札幌に店舗を構えるこちらのお店、『サロンリュクシス アロマ&エステ』。
海辺という立地をテーマとしたデザインと色使いで、お店の頭文字であるLを表現したロゴです。
文字の細さや小ささは繊細なイメージに繋がり、丁寧かつ優しい仕事を想起させる効果もあるでしょう。

Esthetic salon SHARER

『エステティックサロン シェアラ』は、お店の頭文字であるSの字と、美しい体色と長い脚が特徴の鳥フラミンゴを合わせたロゴとなっています。
フラミンゴはバレエのモチーフとしてもよく使われるように、スタイルの良い美しい鳥というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
このように、動物や宝石などのイメージをロゴに盛り込むというやり方も面白く、有効かと思われます。
高級感のイメージであれば宝石やティアラなどが一般的ですが、ここで個性を出せればお店の個性にも繋がり、覚えてもらいやすくなります。

SOCIE

痩身エステが売りのこちらのサロン、『エステティックサロン ソシエ』は、逆にシンプルで無駄のない名前だけのデザイン。
こういったシンプルなデザインは、洗練された無駄のないサービスを想起させ、時としてお店の印象をよりよくする場合があります。

うかつに手を出すとシンプル過ぎてお店のイメージを伝えられないかもしれませんが、そういった無駄を削いだコンセプトを意識している場合は、こういったシンプルデザインを検討してみてもいいかもしれませんね。

 

ロゴの作成が出来るオンラインサービスを紹介します!

ロゴ作成ショップ【無料】

商用利用可能な、無料のロゴ作成アプリです。
1000種を超えるテンプレートや、5000を超えるフォントや背景の中から自由にロゴを制作できます。
資金をあまり使いたくない場合は、こういった無料アプリやジェネレータを使用するという手もありますね。ただし、規約などを見て商用利用可能かは必ず確認してください。

Appストア

LOGO TANK【低価格】

こちらのサイトは、全てのロゴが7900円(税抜き)という安さ!
既存イメージ画像の中から選び、購入するという形態です。
また、オリジナルのロゴを一から制作するサービスも行っています。(フルオーダーは27800円~79600円)

公式HP

ロゴマーケット【優良】

素早く、かつ既存のイメージの中から選びたい場合はこちらのサイトもおすすめです。
既に完成されたいくつものロゴデザインの中から、自分の目的に合ったデザインを探していくと良いでしょう。カラー変更やお店の名前のデザインなど、既存のイメージからカスタマイズすることも出来るそうです。

公式HP

 

ランサーズ【低価格】

製作会社に依頼し、一からじっくりロゴを作っていくのも良いですが、コンペ形式でいくつもの案から選びたい!という場合には、こういったクラウドソーシングサービスで依頼するのも一つの手です。
こちらのサイトでは、予算20000円からコンペ形式での募集が可能。一つの会社との契約では不安、多くの案を検討したい、といった方にはお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ロゴを作成する上で特に大切なのは、開業されるエステサロンにどのようなイメージを持ってほしいかをしっかり考える、という部分です。
その部分がしっかりと練られていれば、より素敵なロゴを作成することが出来るハズです。
ご紹介した例や作成サイトを参考に、よりよいお店づくりのご助力が出来る事を願っております。

Googleで予約
LINE連携予約
PAGE TOP