オンライン決済とは?個人事業主でも導入はできるの?PayPayを例に導入の流れを紹介

オンライン決済とは?個人事業主でも導入はできるの?PayPayを例に導入の流れを紹介
公開日
更新日

個人事業主として美容サロンを経営している方のなかには、オンライン決済について興味を持っている方も多いのではないでしょうか。オンライン決済にもさまざまな手段があり、それぞれの特徴を知って自店に合うものを利用するのがおすすめです。

今回は、オンライン決済の概要やどんな方法があるのかをお伝えします。その上で、個人事業主がオンライン決済を導入するメリットや、PayPayの導入方法も確認してみましょう。オンライン決済導入のきっかけとして活用していただければ幸いです。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

オンライン決済とは?

オンライン決済とは?
オンライン決済とは、インターネット上で支払いができるシステム。たとえばネットショップやオンラインゲーム、動画視聴などの有料サービスを利用した際に、クレジットカードや決済アプリなどから決済を行うことが可能です。

この「オンライン決済」に対し、店頭などで対面で行う決済のことを「オフライン決済」と呼びます。

美容サロンでは予約時の支払いのほか、店頭で利用することもできる

美容サロンでオンライン決済を導入すると、お客様がネット予約をした際に支払いまで済ませてもらうことが可能に。お客様には、現金を持ち歩かず身軽な状態で来店していただけます。

また、オンラインでの決済も、店頭でのキャッシュレス決済も、まとめて一括管理できるシステムもあります。

関連記事:美容室向け予約システムの決済機能とは?5つの特徴や選ぶ際の基準、注意点について解説

オンライン決済の種類にはどんな物がある?

オンライン決済の種類にはどんな物がある?
オンライン決済と一言でいっても、さまざまな決済方法があります。そこで、どんな種類があるのかを見ていきましょう。

QRコード決済

QRコード決済とは、一般的に、実店舗でQRコードを読み取ることによって決済する方法です。お客様側が読み取る「ユーザースキャン」と、店側が読み取る「ストアスキャン」があります。

オンライン決済の場合は、その支払い方法を選択するとQRコード決済サービスの画面に遷移し、支払うことができます。

QRコード決済の主なサービス

QRコード決済ができる主なサービスには、PayPay・d払い・LINE Pay・楽天ペイなどがあります。スマートフォンアプリを使ってかんたんに決済が完結するため、利便性が高いです。

クレジットカード決済

クレジットカード決済とは、クレジットカードを使用して支払ってもらう方法です。オンラインで行う場合は、カード番号や有効期限などを入力してもらい、裏面のセキュリティコードで認証を行うことで決済が完了します。

支払った金額が、後日利用者の口座から引き落とされる(※支払い日はカード会社によって異なる)仕組みです。

クレジットカード決済の主なサービス

クレジットカード決済を行える主なブランドは、VISA・Mastercard・JCB・DISCOVER・Diners Club・AMERICAN EXPRESSなどです。

電子マネー決済

電子マネー決済とは、専用ICカードやスマートフォン内の非接触ICカードなどに入っている、デジタル化されたお金で支払いを行う方法です。事前にチャージしておく、もしくはクレジットカードや銀行口座と紐づけられて引き落とされます。

電子マネー決済の主なサービス

オンラインで電子マネー決済ができる主なサービスには、モバイルSuica・iD・モバイルWAON・WebMoney・BitCashなどの種類があります。

PayPayとは

PayPayとは
PayPay(ペイペイ)とは、PayPay株式会社がサービスを展開するスマートフォン決済サービス。QRコード決済の一種で、ネットショップなどのオンライン決済にも、実店舗でのオフライン決済にも対応しています。

PayPayのユーザー数は国内で5,700万人(2023年4月時点)と、スマホ利用者のおよそ2人に1人が登録している巨大市場です。実店舗やネットショップを運営しているなら、決済方法のひとつとして、ぜひ導入したいサービスといえるでしょう。

個人事業主がオンライン決済を導入するメリット

個人事業主がオンライン決済を導入するメリット
ここでは、個人事業主がPayPayをはじめとしたオンライン決済を導入するメリットをお伝えします。

会計の手間を減らすことができる

お客様にオンライン決済をしてもらうと、店頭での支払いが不要になります。お釣りの渡し間違いなどのミスもなくなり、支払いにかかるはずの時間を削減できるのは大きなメリットです。

お客様側もレジで待つ必要がなくなるため、施術後は速やかに退店できます。さらに、お客様との接触の時間が減り、衛生面でも安心してもらえるでしょう。

売上の管理がかんたんになる

オンライン決済を行うと、決済情報がシステム内に登録されるため、売上の管理や分析がかんたんになることもメリット。会計ソフトと連携できる決済サービスもあり、売上帳簿の作成もラクになります。

集客に活用できる

PayPayなど、決済方法によっては、そのサービスを導入していることがアプリ上に表示されるものもあります。つまり、加盟店になることが宣伝に繋がり、「この決済が使えるなら利用してみようかな」と考えるユーザーを取り込むことが可能です。

さらに、割引やポイントアップなどのキャンペーンがあると、より集客効果が高まるでしょう。

美容サロンなどの個人事業主がPayPayを導入する方法

美容サロンなどの個人事業主がPayPayを導入する方法
つづいて、美容サロンなどを経営する個人事業主が店舗にPayPayを導入するにはどうすればいいのか、手順を追って解説します。

1.必要な書類

まず、本人確認書類として、運転免許証・在留カードおよび特別永住者証明書・マイナンバーカード・健康保険証・日本のパスポートのいずれかを用意しましょう。

個人事業主の場合、本人確認書類として保険証やパスポートを利用する際は、あわせて発行から6カ月以内の住所確認書類(公共料金の領収書・住民票の写しなど)も必要です。

また、店舗の外観・内観の写真も1枚ずつ準備しておいてください。外観写真は店舗名(看板など)と入り口がわかるもの、内観写真はサービス内容や取り扱い商材がわかるものにしましょう。

特定の業種では、別途事業に関する証明書類などが必要なこともあります。エステサロンの場合は「特定継続的役務」に該当し、青色申告書(決算書3期分)と確定申告書の写しが必要です。

2.仮登録を行う

つづいて、「申込みフォーム」に業種や自分の名前、メールアドレスなどの必要な情報を入力して仮登録を行います。迷惑メール対策をしている場合は、「@paypay-corp.co.jp」からのメールが受信できるように設定を変更しておいてください。

3.審査に必要な情報を入力する

申込み案内メールが届いたら、メールの指示に従って審査情報を入力し、1で用意した書類も一緒に送りましょう。書類はコピーしたものではなく、原本が必要です。

4.審査完了後にキットを受け取る

審査には通常1~2営業日ほどかかり(状況によってはさらに時間がかかることも)、完了から1週間前後でキットが送られてきます。キットを受け取ったら、システムの初期設定を行うことにより、いよいよ利用スタートです。

PayPayの導入にかかる費用

PayPayの導入にかかる費用

  PayPayマイストア ライトプラン PayPayマイストア 制限プラン
初期費用 1,980円
(キャンペーンで無料)
無料
月額費用 1,980円
(キャンペーンで2カ月目まで無料)
無料
決済システム利用料 1.60% 1.98%

(※すべて税別)

PayPayには、「PayPayマイストア ライトプラン」と、一部機能が制限された「PayPayマイストア 制限プラン」の2種類のプランがあります。

通常、ライトプランは初期費用が1,980円かかりますが、トライアルキャンペーンとして0円ではじめることが可能。月額費用も2カ月目までは無料で、3カ月目から1,980円かかります。決済システム利用料は、1回の決済あたり1.60%です。

一方、制限プランは初期費用や月額費用は無料ですが、決済システム手数料はやや高く1.98%かかります(※すべて税別)。クーポンやスタンプカードなどの機能も利用できません。

売上金の振込サイクルと振込手数料

PayPayでの売上金は、月末締めの最短翌日払い(年商10億円以上の企業の場合、翌月末払い)。この場合、振込手数料は無料です。

通常の入金サイクルより早く現金化したい場合、「早期振込サービス」を利用できます。すぐに必要な場合に申請する都度振込と、指定金額を超えた時の自動振込の2パターンです。

どちらも1回の振込につき、0.38%の利用料と振込手数料がかかります。振込手数料はPayPay銀行の場合20円、それ以外の金融機関では200円です(※すべて税別)。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

美容サロンにオンライン決済を導入しよう

美容サロンにオンライン決済を導入しよう
オンライン決済とは、ネットショッピングやネット予約時などにオンラインで支払いを済ませられる方法で、いろいろな決済方法があります。個人事業主でも、オンライン決済を導入するメリットがたくさんあることがわかったのではないでしょうか。

多数ある決済方法のなかで、今回はPayPayを例にとって導入手順や費用について解説しました。個人事業主でも比較的導入しやすいサービスなので、ぜひご自身のサロンにもオンライン決済を導入してみてください。

あわせて、予約管理には「リザービア」の導入もおすすめです。美容サロンに特化した便利な機能を豊富に備えています。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP