オンライン決済システムとは? 比較ポイントと導入メリットを紹介|おすすめ決済サービス7選

オンライン決済システムとは? 比較ポイントと導入メリットを紹介|おすすめ決済サービス7選
公開日
更新日

美容サロンのお客様が支払いをする方法といえば、かつてはその場での現金払いが一般的でした。しかし、オンライン予約やキャッシュレス決済が普及し、事前に決済を済ませる・店頭で現金以外の方法で支払うことも可能に。

そこで、今回はオンライン決済システムに注目し、特徴やメリットなどを紹介します。システム比較のポイントやシステムの具体例も挙げるので、ぜひ参考にしてみてください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

オンライン決済システムとは?

オンライン決済システムとは?
オンライン決済システムとは、インターネット上で決済を行ったり決済データを管理したりすることができるシステムのことです。オンラインショッピングなどで利用されるほか、実店舗の事前決済にも使われています。以下で詳細を解説していきましょう。

オンライン決済システムの種類とは?

オンライン決済システムにもいろいろな種類があるので、どんなものがあるのかをチェックしましょう。

オンラインに特化したタイプ

オンライン決済に特化したタイプは、おもにECサイト向けの決済方法。決済用URLを送信するためのAPIを使える、決済データを暗号化してセキュリティを高めるなどの特徴があります。

実店舗とオンラインに対応するタイプ

実店舗とオンラインに対応するタイプは、実店舗での対面決済とインターネットでの決済の両方を行えるもの。たとえば美容系サロンの場合、お客様はネット予約をしてそのままオンラインで決済を済ませる、もしくは来店時に支払う方法を選ぶことができます。

口座振替や集金代行に対応するタイプ

口座振替や集金代行に対応しているタイプもあります。小売店やクラスレッスンなどに向いており、自店の代わりに入金確認や督促を行ってくれるため便利です。

サブスクや月額課金に対応するタイプ

サブスクや月額課金に対応するタイプは、定額課金で展開されるWEBサービスやアプリ向けです。従量課金に対応しているシステムもあります。

オンライン決済システムはどこで比較する? 選ぶポイントを紹介

オンライン決済システムはどこで比較する? 選ぶポイントを紹介
ここでは、オンライン決済システムを比較するときのポイントをお伝えします。

1. 利用可能な決済手段

まず、クレジットカード決済やQRコードなど、どんな決済手段が使えるかをチェックしましょう。利用するシステムによって、取り扱っている決済手段が異なります。

ユーザー層に合わせた決済方法を選ぼう

お店を利用する主なユーザー層に合わせた決済方法を選ぶことが大切です。高齢者はクレジットカードが多め、若年層はQRコード決済など、自店の客層とニーズを考慮しましょう。

2. 初期費用・ランニングコスト

システムの導入にかかる費用やランニングコストも重要。決済にかかる手数料も含めて、事前にしっかりチェックしておいてください。

入金サイクルもチェックしよう

入金サイクルは店舗運営の資金繰りにもかかわるため、きちんとチェックしておくことが大切です。あわせて、振込手数料なども確認しておきましょう。

3. セキュリティ

セキュリティ面も大事なポイントです。店の信用にもかかわるため、個人情報の漏えいなどが起こらないよう、認証方法などをチェックしておいてください。また、万が一の際の補償があると安心です。

オンライン決済システムを導入するメリットと注意点

オンライン決済システムを導入するメリットと注意点
つづいて、オンライン決済システムを導入するメリットと注意点を解説します。

オンライン決済システムを導入するメリットとは?

まず、オンライン決済システムを導入する3つのメリットをお伝えします。

1. 個別に契約をする必要がない

各決済サービスと個別に契約をする必要がない(代行会社にまとめて行ってもらえる)ので、契約の手間がかかりません。また、入金に関する業務をひとつひとつ行わなくて済むため、業務の効率化にも役立ちます。

2. 未回収リスクや回収管理の手間がない

決済をすべて任せられるので、未回収を抱えたり回収を促したりという作業も不要です。スタッフの業務負担の軽減に繋がるでしょう。

3. お客様の利便性が上がる|客単価UPにも

お客様が使いたい決済方法が利用できるため、利便性が上がります。後払いOKな決済方法を揃えることで、客単価UPも狙えるでしょう。

オンライン決済システムを導入する際の注意点とは?

上記のようなメリットがある一方で、注意したい点もあります。以下でオンライン決済システムを導入する注意点を押さえましょう。

1. 個別で契約するよりもコストがかかることがある

メリットの1でお伝えしたように、個別で各サービスと契約する場合に比べて手間を減らせます。しかし、決済代行システムを利用すると、個別契約よりコストが高くなることもあるため注意が必要。労力を抑えられる分の対価としての必要経費と考えましょう。

2. 決済方法が少ないと集客力も落ちる

オンライン決済を取り入れても、選択できる決済方法が少ないと集客力をUPしにくい、ひいては顧客離れに繋がることもあります。それでは費用がかさむだけで、何のために導入したのかわかりません。決済方法の選択肢は多いほうがよいでしょう。

おすすめオンライン決済サービス7選を紹介

おすすめオンライン決済サービス7選を紹介
ここからは、おすすめのオンライン決済システムを7つ紹介します。特徴を比較しながら選んでみてください。

1.stera pack

stera packは、SMBC GMO PAYMENT株式会社が提供する決済システム。「お試しプラン」なら無料で導入でき、月々のサービス利用料(通常3,300円)も13カ月目まで無料です。

VISA・Mastercard・銀聯などのクレジットカードや、WAON・QUICPay・Suicaなどの電子マネー、PayPay・メルペイ・WeChat Payなどのコード決済と、30種類以上の決済手段が使えます。

また、POSシステム「A’staff Cloud Smart」と連携するとさらに便利。予約システム「リザービア」の予約管理と併行して、業務をスマートに行えます。

関連ページ
A’staff Cloud Smart

2.楽天ペイ

楽天ペイは、自社グループの楽天ペイや楽天Edyのほか、各種クレジットカードや電子マネー決済に対応しています。決済手数料は一律3.24%。初期費用・月額費用は0円、楽天銀行口座へは決済の翌日に自動で入金されるなど、メリット多数です。

オンライン決済も、美容・飲食・アパレル・映画などさまざまな業界で利用されています。

3.Square

Squareの決済も、初期費用無料で導入できます。オンラインでは6種類のクレジットカードに、店頭では19種類の各種キャッシュレス決済に対応。オンライン決済の場合、決済リンクや請求書をお客様にメールなどで送信することによって支払ってもらえます。

決済手数料は決済手段などによって異なり、3.25~3.75%。入金スピードが速く、最短翌営業日に入金され、振込手数料は不要です。

4.STORES 決済

STORES 決済は、初期費用・月額費用が無料なほか、店頭で使う決済端末(19,800円)も無料になるチャンスがあります。それは、申し込み完了から180日以内に決済合計10万円を達成すること。合算できるため、比較的達成しやすいのではないでしょうか。

対応している決済手段はそこまで多くありませんが、電子マネーの決済手数料は業界最安水準の1.98%(その他は3.24%)。また、入金サイクルは自動(月末締めの翌20日払い)もしくは手動(希望時に依頼)を選ぶことができて便利です。

5.イプシロン

GMOが提供する決済代行システム「イプシロン」。5種類のクレジットカード決済をはじめ、BitCash、WebMoney、PayPal、スマートフォンキャリア、コンビニなど多数の決済手段に対応しています。

スピード導入プランなら、初期費用や月額固定費は無料で導入可能です。

6.Stripe

Stripeは世界規模で展開されているオンライン決済インフラ。各種クレジットカードやGoogle Pay・Apple Pay・Alipayなど、多くの決済手段を利用できます。初期費用・月額費用は無料で、必要な費用は決済手数料3.6%のみです。

7.ペイジェント

ペイジェントはNTTデータと三菱UFJニコスの合弁会社で、おもにEC事業者に対して決済代行サービスを提供しています。

イプシロン同様、クレジットカード・ネットバンキング・コンビニなど幅広い決済方法に対応。費用は問い合わせが必要ですが、最短5営業日で入金される点も魅力です。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

比較ポイントを押さえて自社に合った決済サービスを導入しよう

比較ポイントを押さえて自社に合った決済サービスを導入しよう
オンライン決済システムとは、インターネットで支払いが完結し、管理まで行ってくれる便利なサービスであることがわかりました。比較ポイントとして、対応している決済手段・費用・入金サイクルなどを押さえましょう。

具体的なおすすめシステムも紹介したので、自社に合った決済サービスを導入してみてください。

また、集客力UPを目指す手段のひとつとして、予約管理システム「リザービア」もおすすめです。メッセージの自動配信やGoogle・Instagram・LINEとの連携など、美容サロンの集客に役立つさまざまな機能があります。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP