作成日

TAYA東急百貨店吉祥店で紙の予約台帳から3カ月でLINE連携予約を開始!月の20.1時間削減し業務効率UP!!

  • TAYA東急吉祥寺店/小野 知恵美様
  • 東京都武蔵野市/16名(内デザイナー9名)
SALON CARD
LINE連携予約
兼ねてよりReservia(リザービア)をご活用頂いている美容室TAYA様。
中でも、LINE連携予約を積極的にご活用頂いている東急吉祥寺店にて、店長の小野 知恵美(おの ちえみ)様にお話を伺いました。
TAYA東急吉祥寺店 小野 知恵美様  

メイクから着付けまで全てこなせるオールラウンダー。クリエイティブチーム所属、AHA香港大会入賞多数、その他コンテスト入賞多数。日経新聞掲載、東京コレクション参加、雑誌掲載多数。

老若男女問わず、すべてのお客様に愛されるサロン

──TAYA東急吉祥寺店はどんな美容サロンですか?

「すべてのお客様の美しさをサポートし、髪もココロも生活もすべてをイキイキと輝かせるようなサロンであり続けたい。」

TAYAブランドは、老若男女問わず、すべてのお客様に愛されるサロンであるために、上質な技術とサービスにこだわり、クラシックスタイルからトレンドスタイルまでを美容の最前線で発信し続けています。

私たちサロンスタッフはお客様が「いつでも、毎日キレイでいただく」事を大切に考えています。そのような思いからすべてのお客様にヘア&ビューティーコンビニエンスを通して様々なご提案をさせていただきます。

 

LINE連携予約、導入のきっかけ

──ReserviaとLINE連携予約の活用を始めようと思った理由は何かあったんでしょうか。

感染症の影響があったとき、お客様にご連絡する手段が"電話"しかなかったんです。

元々ペーパーレスの風潮はあったんですが…まさに感染症の影響でがらりと変えたんですよ。

緊急事態宣言が出てから5月末まで休業していたんですが、「来週から休業になります」といった感じで急遽決まりました。その少し前から土日だけが自粛だったり、1年前台風があった時に休館だったことがあったんですが、毎回「お客様にどう連絡しよう」ってなってたんです。

特に当店はネット世代じゃないお客様が多いので、次回予約をその場で取って頂く事がほとんどでした。
そうなると何が大変だったかって、入っていた予約1件1件お客様に電話していたんです。
しかも店舗に置いている電話は一台しかないので、その1回で繋がらなかったら折り返しかけ直して頂いても、もう話し中になってしまっていたり。

そこで一斉連絡が出来る手段の必要性を感じました。

もう一つの理由があるんですが、次回予約をされたお客様の当日キャンセルを防ぎたかったからです。

会社全体の年末対策で「10月ご来店頂いた方、全員に次回予約入れて頂く」という施策があったんですが、元々次回予約が多いので入れて頂く事自体は簡単なんです。
ただ、次回予約となると次の予約までに少なくとも1カ月以上は間が空いてしまうので、お客様が悪気なく忘れてしまう事がありました。
LINE公式アカウントを使ったLINE連携予約なら、もしもの時に一斉配信もできて、キャンセル防止に繋がるリマインドメッセージ機能もあります。

そこで「じゃあ、次回予約はお客様ご自身で、LINEから入れて頂くシステムにしよう!」となりました。

ポイント!

  • 急なご連絡もLINE公式アカウントで一斉配信できる
  • リマインドメッセージ機能でキャンセル防止に繋がる


お問合せはこちら!
LINE公式アカウントから予約受付しませんか?

紙台帳脱却からLINE連携予約まで3カ月で実施!

──実際に活用を始めるとなったとき、どのように進めて行ったのですか?

スタッフみんなで紙の予約台帳を見ないように頑張りました(笑)
今までは紙の予約台帳をメインとして使っていたので、やっぱりどうしてもシステムに移行するのに不安な面が多くてなかなか着手しづらかったんです。
なのでまずは「Reserviaの予約台帳を使おう!」というところから始めて、8月の1カ月間で予約を移していきました。その後、9月からReserviaの予約台帳に完全移行、10月からLINE連携予約を始めました。

  • 2020年8月~:Reserviaに予約を移す期間
  • 2020年9月~:Reservia完全移行
  • 2020年10月~:LINE連携予約を始める
  • 10月の全予約の内、20%以上をLINE連携予約に!

──「Reserviaを活用していこう!」となった際に予約管理はどなたがされていたんでしょうか?

当店ではスタッフ全員で予約管理をしています。

なので「今日は予約登録の仕方」「今日は予約変更の仕方」といった感じで、しっかりと共有しました。また、細かい予約設定などはインターネットに詳しいスタッフとトライアンドエラーで設定していき、今の形になりました。

どのスタッフでもLINE連携予約の説明ができるようにする

──それでは実際にご案内する時、工夫していることはありますか?

当店ではどのスタッフでもLINE連携予約のご説明ができるようにしています !
なので最初のお声がけは我々デザイナーやフロントスタッフがしておいて、予約方法などのご説明は誰でも大丈夫です。

お声がけでは「緊急時のご連絡のために追加して頂いてます。」と正直にお伝えし、LINE連携予約かTAYA公式アプリをお選び頂きます。どちらの方法でも、お客様ご自身のスマートフォンで空き状況を確認できるので、カラー放置中に予約方法をご説明しそのまま次回予約を入れて頂く事ができるので、とてもスムーズです!

LINE連携予約は年配の方が多いサロンにもオススメ

──LINE連携予約を導入してから何か変わったことはありますか?

ネット世代ではないお客様にもネット予約をして頂けるようになり、電話の鳴る回数がかなり減りました!
当店の一番のボリュームゾーンは4,50代ですが、更に年配のお客様もいらっしゃいます。ただ、意外と80代の方でも「LINEだけはできる」って言う方は多いんですよ。

あとは、ご自身で予約を取って頂くので受付カウンターが密にならなくなりました。特に当店は百貨店内なのでお会計に少しお時間を頂くのですが、今まではお会計と次回予約のお客様で混雑してしまう事がありました。

現在は混雑しなくなり、お客様にはより安心してご来店頂ける環境になっております。おかげで今は「なんでもっと早く始めなかったんだろう」と思います。本当に凄くいい!!ストレスフリーです!!

ポイント!

  • 年配の方でも使えるLINE
  • 電話の鳴る回数が減り業務が効率化
  • 受付カウンターが混雑しなくなる


30秒で完了!
LINE公式アカウントから予約しやすい!「LINE連携予約」を資料請求!

Reserviaを活用して思ったことと今後の展望

──今回、Reserviaを活用してみて如何でしたでしょうか?

ReserviaとLINE連携予約は他の店舗にもどんどん活用してほしいですね。

弊社のように複数店舗の場合、他のお店の混雑状況もリアルタイムで見られるので、人が足りてないところにヘルプを出せたりもします。
月の入客も予約数が簡易的に見られるカレンダーがあるので、予測して施策を打てたりします。
あとこのスタッフの名前をクリックすると1週間の流れがわかるじゃないですか。

自分の予約が週単位で管理できて、この機能凄い便利です!

 

──サロンでこれからやっていきたいことはありますか?

集客も大事なんですが、今は特に人材が大切だなと感じています。

求人もそうですし、今いるスタッフを稼げる美容師にするのもそうです。
なので極力、業務をタイトにできるところはしていきたいんです。
機械に任せられちゃうところは機械に任せて、それこそトレーニングの時間だったりとか、時間の有効活用をして。美容師って少しまだネガティブな印象があるじゃないですか。そういうのを無くしていきたいですよね。

今はもう無駄を省いていくところを見なおさないといけない時期なんだと思います。

Reserviaスタッフコメント

初めまして、Reserviaの鈴木です!
皆様ご存知の美容室ブランド TAYA 様の東急百貨店吉祥寺店へ取材をさせて頂きました。

店長小野様をはじめ、スタッフの皆様の迅速なオペレーションにより、12月という繁忙期を迎える前にLINE公式アカウントからの予約を確立された素晴らしい例でした!
実際、感染症対策の対応をしている間に、一斉配信やネット予約の必要性に気づいた店舗様は多いのではないでしょうか。

「LINE」と聞くと若年層を想像しがちですが、国内利用率No.1だからこそ幅広い世代にご利用頂けるのがLINE連携予約の利点でもあります。

「これからネット予約を始めたい」店舗様はもちろん、
「ネット予約を始めたが中々お客様に浸透させられない」
「ネット世代ではないお客様が多い」
という店舗様でもご活用頂けると思います!

また小野様がお話してくださったように複数店舗お持ちの店舗様はシステム化をする事で得られるメリットが大きいのでオススメです!
今回、様々なメリットを生み出すことに大成功したLINE連携予約。
これからも美容室TAYA様と今回ご協力くださった東急百貨店吉祥寺店の皆様のご活躍を楽しみにしております!

Reserviaスタッフ紹介

Reserviaマーケティング部・鈴木絢子

美容学校卒業。リザービア入社後、カスタマーサポートや導入研修を担当した後にマーケティング担当(現職)
Reserviaは広告費用が掛からない分、最初の運用はHPのリンク、お客様へのご案内、等しっかりと整える必要があります。
ですが、そこでしっかりと運用して頂く事で実際に広告費用を減らす事ができたサロン様の事例は続々と増えているので、今を変えたいサロン様は是非一度問い合わせフォームを入れてみてくださいね!

まだまだ成長途中のリザービアですが、サロン全体にメリットのある予約ページを一緒に作り上げましょう!

 

ポイントまとめ!

  • 急なご連絡もLINE公式アカウントで一斉配信できる
  • リマインドメッセージ機能でキャンセル防止に繋がる
  • 年配の方でも使えるLINE
  • 電話の鳴る回数が減り業務が効率化
  • 受付カウンターが混雑しなくなる
LINE連携予約
SALON CARD

最新の導入事例

TAYA東急百貨店吉祥店で紙の予約台帳から3カ月でLINE連携予約を開始!月の20.1時間削減し業務効率UP!!
リザービア導入後クーポンサイトを脱却!「クーポンサイトに頼らない」が集客のコツ?
順調に広告費用を60%抑えることができている理由とは? ファミリー層に人気の美容室インタビュー!
LINE連携予約導入で月間の電話予約数が700件から400件に減少!LINE連携予約受付で業務大改善の事例をご紹介!
少人数サロンでオープン直後の電話対応を減少! お客様の満足度を高くキープする空間づくりをご紹介
予約の99%がホームページ経由のリザービア予約!! 固定電話を置かずにお客様との時間を大切にする自社集客サロンをご紹介
PAGE TOP