エステ/リラクゼーションサロンでPOSを導入するメリット

作成日
更新日
LINE連携予約
SALON CARD

飲食店や服飾雑貨店、病院や美容院、そしてエステ店でも、街中でタブレット型POSを見かける機会はどんどん増えています。
POSという言葉は、Points of Salesの略で、直訳すると「販売した時点の情報を管理すること」という意味になります。別名POSシステムとも呼ばれています。
その機能は、レジの会計作業から始まり商品及び売上管理や顧客管理、さらに経営分析まで、幅広く機能を兼ね備えているのです。

今回はそんな普及しつつあるPOSを導入すべきなのかどうか。エステ/リラク店にPOS導入はした方がいいのか、まとめました。

なぜいまPOSが注目されているのか。

POSというと、タブレットPCを用いた会計システムのことというイメージを持っている方も多いかと思います。

確かに従来のレジシステムに比べ、見た目のシャープさや、置く場所を選ばずコンパクトで持ち運びが自由になるというメリットもありますが、それだけではありません。
POSシステムではさまざまなことが可能なのです。
  • そのお客様が新規かリピーターなのか
  • リピーターであれば前回いつ来店したのか
  • その際利用したメニュー
  • 顧客の情報管理 等

POSでは名前や生年月日を始め、メールアドレスや電話番号を結びつけての記録、管理が可能です。

また、過去の売上をグラフにすることによってのデータの可視化や、何曜日のいつ頃に集中して来客があるのか等の特徴を分析することも可能になります。お店を経営する上で、これらの情報は重要です。

従来のレジとは異なり、POSはタブレットPCと内部ソフト、必要に応じてキャッシャーとバーコードリーダーさえあれば、レジとして機能します。これによって専用のレジスターを買う必要がなくなりました。

これは比較的小規模な個人店にとって嬉しいのは言うまでもなく、また店内の雰囲気や外観を重視したいお店にとってもメリットのひとつです。

今POSシステムが注目されているのは、補助金の対象になる可能性もあるという点もあります。

特にIT導入補助金は、毎年経済産業省が実施している補助金制度であり、毎年その利用者数も補助額も増加しています。別途申請や、補助金適用の基準が設けられていますが、手続きをすれば15〜50万円の補助金を受け取ることができます。(※2018年度申請の場合)

※このような補助金については別記事で詳しく解説しています。

関連記事:【美容サロン必見】オススメ助成金4選と2019年最新の補助金情報をご紹介

 

なにか新しいシステムを導入する時に一番のネックとなるのは、やはり初期費用です。

POSの場合、最低限でもハードの面ではタブレット型PCが必要です。また、ソフトに高額なお金がかかってくる場合があります。ほかに必要に応じてキャッシャーやバーコードリーダー、クレジットのカードリーダーも揃えることになるでしょう。

エステ店の場合、タブレット型PCさえ揃えばまず問題はないと思われますが、他にクレジットカードの導入を進めたい場合にも、この補助金によってお店のシステム改善をより進めることができる足がかりになるかもしれません。
ただし、補助金交付のためには、経営側の規模や導入するシステムの種類など、申請内容によって判断されるため、注意が必要です。

一定の基準をクリアできれば、国からの補助金を受けることも可能です。この補助金を利用してのレガシーレジからPOSへの移行を進める店舗も少なくありません。

POSでは、記録された過去データを今後のための有益な情報として活用することが可能です。
いままでのレジでは、過去のデータや売上はただ記録でしかありませんでした。しかし、POSではそのデータを分析、活用し、お店の今後をよりよくするために利用することができます。

いままではなかなか難しかった数字のグラフ化や、リピーターのカルテの管理。これらをひとつにまとめ、連携させることによって、現状の見つめ直しと新たな施策を打ち出すことが可能になります。

売上をグラフや表にすることによって、客単価の把握や時間帯の混雑具合も把握がしやすくなります。

例えば、利用されている価格帯はどの辺りなのかを把握することによって、セットメニューを増やしたり、クーポン化したりして客単価向上が期待できます。また、時間帯の中で特に客足が引いている部分を見つけられれば、その時間帯限定のクーポンやサービスを打ち出すことによって集客を図ることが可能です。

このようにデータから今後の営業戦略を練り上げ、より効果的な施策ができるのです。

LINE連携予約
SALON CARD
PAGE TOP