ネイルサロン向けのカルテアプリとは? その機能や導入するメリット・選び方をご紹介

ネイルサロン向けのカルテアプリとは? その機能や導入するメリット・選び方をご紹介
作成日
更新日
美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

ネイルサロン向けのカルテアプリを導入、活用しているお店やネイリストが増えています。ネイルサロン向けアプリを有効に使えば、お客様の利便性がアップし、来店客数の増加が期待できるからです。

今回は、ネイルサロン向けのカルテアプリの機能、導入によるメリット、選定方法、導入する際の注意点、導入費用などについてくわしく解説します。

ネイルサロン向けのカルテアプリとは?

ネイルサロン向けのカルテアプリとは?

ネイルサロン向けのカルテアプリは、ネイルサロンで実施しているさまざまな業務をスムーズにおこなうためのサポート機能が充実しています。また、お客様にとっても、インターネット上でカンタンに予約管理などに対応することが可能です。

カルテアプリの機能をご紹介

サロン向けのカルテアプリには、お客様の予約管理のための予約台帳やサロンカード、サロン内設備の予約状況、スタッフのシフト管理などの機能を搭載しています。
ここでは、カルテアプリに搭載されているおもな機能をご紹介しますので、導入時の参考にしてみてくださいね。

顧客管理がスムーズにおこなえる

ネイルサロン向けのカルテアプリでは、お客様の情報を保存・管理することも容易になります。ネイルサロンの顧客管理とは、いつ来店されたのかという来店履歴、どのような施術を実施したのかという施術履歴、そのスタッフが施術をおこなったのかという担当者履歴などのこと。

こうした情報を紙ベースやパソコンへの手入力などで管理することは、非常に手間と時間がかかるので煩雑です。しかし、カルテアプリにはこれらの情報が自動的に記録されるので、お客様へのサービス向上につながる顧客管理がカンタンになります。

24時間予約受付に対応できる

ネイルサロンのカルテアプリは、iPadなどのタブレットやスマホなどのモバイル端末で利用することが可能です。したがって、24時間いつでもネイルサロンの予約を受けつけられます。

また、予約状況もお客様と共有できるので、お客様がお店の混雑状況やスタッフの予約状況を考慮し、予約をしてくれるケースも増えるでしょう。電話対応で施術中のスタッフの仕事を中断させることも大幅に減少し、空いている日時や時間帯に予約してくれるお客様が増えることから、効率的なサロン運営が可能となります。

POSシステムと連携させれば売上管理も可能となる

ネイルサロンのカルテアプリをPOSシステムと連携することで、ネイルサロンの予約管理・顧客管理と経理・財務上の管理を一元的に管理できます。

POSシステム(Point of Saleシステム)とは、販売時点情報管理システムのこと。毎日の販売実績を商品カテゴリー別に集計・分析し、そのデータを経営に活用できます。

この連携により、ネイルサロンのカルテアプリとPOSシステムの両方の強みを活かして、ネイルサロンの運営業務に関する効率化が図れることが大きな魅力です。

関連記事:【美容サロン必見】オススメ助成金4選と2021年最新の補助金情報をご紹介

シフトや受付枠の設定ができる

ネイルサロンのカルテアプリには、働いているスタッフ別にシフト調整や利用可能席数の把握などの機能もあります。ほかにも、以下のようなお店にとって必要となる設定が可能なシステムが便利です。

・ネイルサロンの営業時間の設定
・対応できない旨の設定
・スタッフのシフトパターンの登録
・お店の基本的なスケジュールの設定
・シフトの自動更新
・予約アプリシフト状況とクーポンサイトでとのシフト連動
・翌日にまたがる予約の設定
・同じお客様に対する予約数の制限設定
・お客様の番号を入力する欄の表示

LINEと連携して一斉配信できる

ネイルサロンのカルテアプリのなかには、メッセージアプリのLINEと連携できるものもありますすることも可能。連携させることで、メッセージやクーポン、レシートなどの一斉送信やサロンへのお問い合わせ、予約キャンセルなどの連絡ができるようになります。

このような機能を搭載しLINEと連携した予約システムを活用すれば、LINEの公式アカウントへの登録を自動的にうながすのみならず、ネイルサロンの予約をエントランスとしてお客様とのつながりを構築することが可能となるでしょう。そのため、これまで以上の集客効果が期待できます。

すでにLINEを利用している方であれば、新たにアプリのダウンロードは不要です。LINEの公式アカウントで受領したメッセージやプロフィールなどから、ネイルサロンの予約フォームへと移動して予約できます。

関連記事:LINEを活用した予約システムとは?導入方法や選び方を解説

カルテアプリのメリットと注意点

カルテアプリのメリットと注意点

ネイルサロンにカルテアプリを導入すれば、さまざまなメリットが得られます。しかし、その一方で、注意しなければならない点もあるのが特徴です。ここでは、具体的なメリットや注意点を見ていきましょう。

カルテアプリをネイルサロンに導入するメリット

ネイルサロンをこれから開業しようと考えている人やネイリスト方は、ネイルサロンの業務を可能な限りスムーズに、そしてできるだけ無駄がないように進めたいと考えているでしょう。
カルテアプリは、そう考えている人々にとって効率的で働きやすいサロンの業務運営や業務体制の構築に有効なツールです。つづいては、導入するメリットをご紹介します。

基本機能だけなら、無料で使えるものもある

ネイルサロンのカルテアプリは、以前はパソコンでしか利用できないものがほとんどでした。しかし、現在では、普段利用しているやタブレットやスマホなどからもアクセスできるものが一般的です。操作方法も、指先を使うだけでカンタンに予約可能。あらかじめ顧客情報が登録されている場合には、自動的に入力してくれる機能もあります。

また、最近は無料でカルテアプリをダウンロードして、カンタンに運用できるものあるのが特徴です。ほかの機能が必要になれば、有料で購入もできます。なお有料といっても、月額費用で数千円くらいの利用金額で使用できるものが多いです。

顧客管理も効率よく、ペーパーレスに

紙ベースの顧客カルテを使ってお客様の情報を見つけたり確認したりするのは、非常に時間と手間がかかります。また、お客様のカルテを保管しておくスペースも必要です。
電子ベースのカルテであれば、お客様の情報を検索する際も、スピーディーかつ効率的に対応できるほか、お客様のカルテを物理的に保管しておく場所も不要となります。

店舗やスタッフの管理ができる

ネイルサロンのカルテアプリでは、お店やスタッフの状況を管理できるというメリットもあります。具体的にはスタッフの勤務状況やシフト体制などを把握して、勤怠管理まですることが可能。

また、スタッフがこれまでどのようなお客様を担当してきたのか、という履歴やお客様からの口コミによってどういった評価をされているのかも把握できます。こうしたスタッフの勤務状況や評価などは、スタッフの教育に役立てられるでしょう。

会計管理や売上の分析ができる

上述したように、ネイルサロンのカルテアプリとPOSシステムを連携させることにより、さまざまな会計面での分析などが可能です。

具体例を挙げれば、iPadを利用してネイルサロンの店舗業務を実施することが可能になります。ネイルの施術後に写真を撮影して、カルテと連携させることも可能です。さらに、会計入力もiPadでカンタンに対応できるので、売上情報を集約して管理・分析することも円滑に実行できます。

カルテアプリを導入するときの注意点とは?

ネイルサロンの業務を効率的に運営するためには、カルテアプリの導入が大きく役立ちます。ですが導入するカルテアプリは、「カルテアプリでさえであればどれでもOK」というわけではありません。

実際にカルテアプリを導入する場合には、いくつかの留意点があります。どういった点に注意してカルテアプリを導入すればよいのか、以下でくわしく見ていきましょう。

使いやすいフォーマットかどうか

導入しようとしているネイルサロンのカルテアプリは、使い易いフォーマットを備えているかどうかを確認しましょう。こうしたカルテアプリは、大部分があらかじめ定められたフォーマットとなっているので、利用者として柔軟性を有するアプリであることが必要です。

たとえば、エクセルなどの表計算ソフトを利用してお客様のカルテを作成していたような場合であれば、カルテのレイアウトや項目を自由に変更することが可能かといった点も確認しておきましょう。

POSシステムなどの外部サービスと連携しているかどうか

現在では、ネイルサロンのカルテアプリはさまざまなサービスとの連携が可能になっています。どういったサービスと連携可能なのか、といった点もカルテアプリを導入する際には確認が必要です。

上述したPOSシステムとの連携を始めとして、ほかにも経理システムとの連携により適切な仕訳や勘定科目への計上ができたり、売上予測が可能な財務システムと連携したりすることもできます。

ただし、ほかのサービスとの連携には追加費用が発生することもあるので、費用対効果を確認することは忘れないようにしましょう。

必要な機能がそろっているか

ネイルサロンのカルテアプリには、さまざまな機能があります。カルテの枚数制限があるかどうか、POSシステムや決済サービス、そしてLINEと連携することが可能かどうかなど、ネイルサロンやネイリストなどの利用者にとって必要な機能がそろっているのかをしっかりと確認しましょう。

また、さらによい機能はないのか、ほかの外部ツールと連携して利便性をアップできないかなど、カルテアプリの精査することが大切です。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

必要な費用や月額料金

カルテアプリを導入する場合には、カルテアプリの導入費用や利用料金をきちんと確認することが大切です。カルテアプリには導入費用が不要のものから、初期費用としてアプリをダウンロードするのが有料のものもあります。

また、利用料金も無料のものもあれば、月額いくらという料金設定をしているものもあるなど、さまざまです。そのカルテアプリを利用することでなにがしたいのかを明確にして、費用対効果をあらかじめ予測しておくことが重要となります。

ネイルサロン向けカルテアプリはネイリストやサロン経営者におすすめ!

ネイルサロン向けカルテアプリはネイリストやサロン経営者におすすめ!

ネイルサロン向けのカルテアプリは、これからネイルサロンを始めようとしている人やネイルサロンの経営者、ネイリストにはとても役に立つおすすめのアプリです。ここでは、カルテアプリを利用している具体的な事例についてご紹介します。

カルテアプリを実際に使っているお店はどんなところなの?

カルテアプリはネイルサロンのみならず、美容室、エステサロンでも活用されているアプリです。導入による具体的な成功事例をいくつかご紹介します。

ヘアサロンのTAYA東急百貨店吉祥店様では、リザービアの会員管理機能を簡易カルテとして活用しています。なかでも、LINEとの連携によるお客様への対応や予約管理の部分で大きな改善がありました。また、紙ベースでのカルテ管理からも脱却し、データベースで効率的に業務を遂行できているそうです。

三重県津市のヘアサロンimiu(イミュウ)様は、多額の費用をかけて紙ベースのクーポンを利用した集客に頼っていました。カルテアプリを利用することでそうした費用が不要になり、お客様へのサービス向上に集中できるようになったそうです。

ネイルサロンの顧客管理はカルテアプリで効率的におこなおう

ネイルサロン向けのカルテアプリには、顧客管理のみならず売上管理などの機能があり、POSシステムやLINEなどとの連携をすれば、さらに活用できる分野は拡大するでしょう。カルテアプリの導入・活用により、多くのネイルサロンではサロン業務の効率化や施術スタッフのクオリティ・アップなどのメリットを得ています。

 

搭載されている機能や初期費用、毎月の利用料金などをしっかりと確認し、カルテアプリの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

インスタ連携予約
リザPOS
PAGE TOP