美容室で使えるPOSレジシステムの基本的な機能や使い方

美容室のPOSレジ選び方
作成日
更新日


無料
安価で高機能なPOSの資料請求

「美容室にPOSレジを導入したいけど、どれを選んだらいいのかわからない」
「美容室にとって便利なPOSレジはどれ?」
とお悩みではありませんか。

一口にPOSレジといっても、メーカーによって特徴が異なりますし、用途によって最適なPOSレジは異なります。
美容室に合ったPOSレジを選ぶことで、業務効率化やマーケティングに役立つでしょう。

反対に、目的や状況にあったものを選ばないと
「機能があるのに全然使っていない」
「使う機能は少ないのに、費用は高い」といった状況に陥ってしまう恐れがあります。

店舗の目的や状況、使い方に合わせて、適切なPOSレジを選びましょう。
この記事では、POSレジを導入するメリットと選び方、美容室におすすめのPOSレジをご紹介します。
POSレジをうまく活用して、店舗運営に役立てたいとお考えの美容室オーナー様はぜひ、記事内容をご確認ください。

POSレジとは情報を記録・集計・分析できるレジ

POSレジとは情報を記録・集計・分析できるレジ

POSレジは「Points Of Sales」の略称で、従来の計算機能のみのレジスターと違い、自動で売上分析をしてくれるレジです。
金額の計算だけでなく、「いつ」「何が」「どのくらい」売れたのかを自動で分析してくれますので、店舗の在庫管理にとても役立ちます。理容院や飲食店など業種を問わずさまざまな店舗でPOSレジが導入されています。

売上の一元化が容易にできる

在庫管理と売上管理は店舗の状況を把握する上で、とても重要な要素となります。
1日の売上や、ユーザーの来店頻度、商品の売れ筋、在庫管理、スタッフの管理にいたるまで、店舗運営は多くの数字を管理しなければいけません。

重要な数値をすべて正確に把握することは難しいでしょう。個人店でさえ、これらすべてを正確に記録し、管理するのは大変です。複数店舗を展開する店であれば、システムを使わずに管理をするのは非常に困難でしょう。

POSレジ・POSシステムは、こうした経営に関わる悩みも解決してくれます。
1日の売上分析を自動で行ってくれる上に、入荷を含めた在庫管理、従業員のシフト管理もPOSレジ1つで完結します。インターネット環境があればPOSレジのデータをリアルタイムで集計・共有できるので、店舗にいなくても状況を正確に知ることができます。
現場にいなくとも、店舗の状況が把握できると、店舗の経営面に力をいれることも可能です。

複数店舗の経営者にとっては欠かせない。POSレジを導入する上で売上の一元化が可能であることは大きなメリットといえます。
関連記事:予約システムの一元化

連携機能の拡大

POSレジには機能の拡張性があることも魅力の1つです。わかりやすいところでいえばキャッシュレス対応は連携機能の拡大のよい例でしょう。

従来のレジでは現金のみを取り扱い、電子マネーやバーコード決済のようなキャッシュレス決済は別でシステムを用意しなくてはなりませんでした。これでは導入・維持費がかかるだけでなくレジとキャッシュレス決済の使い分けを従業員に教える手間と人件費もかかってしまいます。
そして何より現金とキャッシュレスをそれぞれの売上を抽出して分析しなくてはならないというデメリットがあります。

しかしPOSレジは他サービスと連携する機能が備わっており、PayPay、LINEPay、交通系電子マネーなどのキャッシュレス決済を特別な機器なしで導入が可能です。

決済端末は、貸し出しをしている事業者もありますが、売り上げの連携機能を考えると、できるだけ自前で用意したいところです。
POSレジは、最初からキャッシュレス決裁との連携機能が備わっているため、とても便利なのです。

顧客管理システムとの連携も可能

POSレジを顧客管理システムと連携すれば、お客様の来店頻度や選んだメニュー、お支払い金額、注意事項などを保存・共有できます。個別のお客様ごとに細かい情報を集めることができるのです。

美容室にとってお客様の情報は非常に大切なもの。顧客カルテはどの美容室でも用意しているでしょう。しかし紙でカルテを管理するのは、場所をとってしまう上、慣れるまで探すのに時間がかかってしまうデメリットがあります。
デジタル化してしまうと、検索するだけですぐに情報を閲覧できるため、効率化がはかどります。
それだけではなく大手予約サイトと連携して知名度の向上や顧客の流入を計ることもできます。このようにPOSレジは必要に応じて機能を拡大しやすいのです。
関連記事:ホットペッパービューティーを活用した集客方法8つのコツ

美容室で使うPOSレジの種類と選び方

美容室で使うPOSレジの種類と選び方

POSレジを導入するメリットは伝わったでしょうか?
計算を行うことに特化した従来のレジとはうって変わって、POSレジには売上の一元化や複数店舗からのデータ集計機能、必要に応じた機能拡大など、経営管理に必要な機能が詰まっているのです。
店舗運営に関するあらゆる数字の管理は、健全な運営には必須です。POSレジは、大変な数字の管理をうまくサポートしてくれるでしょう。
ここからは美容室で使うPOSレジの種類と選び方について解説していきます。

利用範囲を想定して無駄のない商品選びを

POSレジには処理速度に優れたもの、携行性に優れたもの、従来のPCにソフトをインストールするだけの導入難易度の低いものまでさまざまな種類があります。

導入する店舗ごとにレジを置く充分なスペースがあるか、比較的ゆったりとしたスケジュールで稼働するのか、従業員が激しく動き回る回転の早い店舗なのかなどの特徴に合わせたPOSレジを導入することで、POSレジの性能を無駄なく引き出すことができます。

後述する4つの種類の中から、店舗に合ったPOSレジを探してみてみましょう。

POSレジシステムの種類

POSレジは

  • ターミナルPOS
  • タブレットPOS
  • ハンディターミナルPOS
  • パソコンPOS

の4種類に分類できます。ここからはそれぞれの特徴を解説していきます。

ターミナルPOS

ターミナルPOSとはPOS専用に作られたレジのことで、高価格でカスタマイズ性が高いことが特徴です。必要な機能をしっかりと揃えたい場合に、最適なシステムでしょう。

コンビニやスーパーなど大手チェーン店で見る機会が多いです。導入費用が数十万〜数百万円と高額ですが、価格に見合った性能を有するのがターミナルPOSです。

ターミナルPOSは専門家によってプログラミング、設計、製造されたPOS機能専門のレジですので処理速度が他のPOSと比較して高速で、事前の打ち合わせで各店舗の経営に必要な機能を組み込むことが可能です。ある程度高機能なシステムも組み込むことが可能となっています。

専門家によって導入されますので導入時のエラー発生のリスクが低く、自動釣銭機能やキャッシュレス決済対応機能、タッチ式パネルなどデータ収集だけでなく、顧客、従業員どちらからしても使い勝手がよいことも大きなメリットです。
従業員がシステムに慣れ、本格的に稼働できるようになるまで、さほど時間はかからないでしょう。

しかし故障や新たなシステムの導入時は機器をまるまる入れ替えなければならないので、導入費がかさんでしまうことがデメリットです。
初期費用に見合う効果が得られるのか、事前のシュミレーションを十分に行っておきましょう。

タブレットPOS

タブレットPOSとはその名前の通りiPadのようなタブレットを利用したPOSレジです。持ち運びしやすく場所を取りません。
専用のソフトを端末にインストールするだけですので、端末をすでに有していれば導入費用は0円になるのも嬉しいポイントです。

既に有していた端末でPOSレジ機能を活用できるのはもちろん、タブレットという身近にあるものを使っているので使い方が直感的にわかりやすく、操作を覚えるのもスムーズでしょう。初期費用が掛からない点と併せて、導入のハードルが低い点が特徴です。

省スペースで導入難易度が低く、使い勝手がよいことから個人経営の店で好まれる傾向があります。
そんなタブレットPOSのデメリットを挙げるとするならば処理速度です。

タブレットPOSはターミナルPOSやパソコンPOSのような大型機器と比較すると、どうしてもCPUの処理速度が劣ります。そのため、操作と反応速度がやや遅く感じてしまうかもしれません。
しかし業務に支障をきたすほどの遅延はないため、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。どちらかというと、処理速度よりも拡張性に物足りなさを感じるかもしれません。

ハンディターミナルPOS

ハンディターミナルPOSとはターミナルPOSを小型にして携行性を向上させたPOSレジです。
小型ながらバッテリーの保ちがよく、簡単に持ち運べるので場所を選ばないことが特徴です。普段何気なく目にしている飲食店の注文を入力するハンディには、POSレジ機能を有したハンディターミナルPOSが採用されていることが多いです。

注文だけでなく在庫管理も行うことができるので、飲食店はもちろん倉庫作業にもハンディターミナルPOSが採用されるケースが多いです。ハンディターミナルPOSのデメリットとしては機能拡大が制限されることが挙げられます。
業種によって取り回しの良さや、扱いやすさは欠かせない要素となりますので、得られるメリットとデメリットのバランスを考慮した上で、導入を検討しましょう。

パソコンPOS

パソコンPOSは一般的なパソコンに専用のシステムをインストールして使用します。普段メールや表計算、文書作成で使用しているパソコンにPOSレジ機能を付与できるので、既に端末をお持ちであれば導入コストがかかりません。
もちろん従来のパソコンで行っていた作業と並行してPOSレジ機能の使用が可能です。一般的なPCがPOSレジになるので店舗を選ばず使用できます。

ただパソコンPOSは必要なシステムをご自身でインストールする必要がありますので、セットアップやメンテナンス、アップグレード時に苦戦するかもしれません。
有名なソフトを導入すると、わからない時でも検索することで、解決法を探し当てやすくなります。
また最低限の機能拡大はできますが、自社業務に合った機能を追加できるターミナルPOSと比較すると拡張幅は狭いといえます。

美容室のPOSレジにあるとよい機能

美容室のPOSレジにあるとよい機能

ここからは美容室に導入するPOSレジにあるとよい機能を解説していきます。
汎用的なものを紹介するので、これらの機能をベースに自店舗に合ったカスタマイズをしてみてください。

扱いやすいレジ、会計

美容室に導入するPOSレジにあるとよい機能1つ目は「操作性」です。実際にレジに触ったことがある方ならわかると思いますが、レジ打ちはキー配列覚えるのが大変な上、金額の打ち間違えや個数の入力ミスが起こりやすいのです。
またクレジットカード決済や電子マネー、バーコード決済など、支払方法が多ければ多いほど従業員が覚えなくてはいけない作業が増え、研修にコストがかかります。

釣銭機と一体化したモデルのタブレットPOSやターミナルPOSはタッチパネルで直感的に操作がしやすい上、会計をお客さん自身に行ってもらうことも可能です。既に商品金額がレジ内に入力されているので入力ミスを減らすことも可能です。

売上管理と分析

美容室に導入するPOSレジにあるとよい機能2つ目は「売上管理と分析の自動化」です。POSレジ最大の魅力といってよいでしょう。
「いつ」「何が」「どのくらい」注文されているのかを自動で分析し、システムにとっては図やグラフに起こすなどの「見える化」をしてくれます。

とくに複数店舗を経営する店からすると各店舗の売上がどうなっているか一括で把握できるのでこの機能は欠かせません。
業務終了後の貴重な時間をPOSレジの売上分析自動化機能で有効活用できるようになります。

無駄のない在庫管理

美容室に導入するPOSレジにあるとよい機能3つ目は「在庫管理機能」です。POSレジの売上分析機能と組み合わせると強い効果を発揮します。
というのも在庫の数をいちいち数えなくても入荷データと売上データから現時点の在庫数が割り出せるからです。POSレジには毎日の売上や在庫状況データが蓄積されています。
「毎週日曜日は来客が多いから〇〇を多く入荷しよう」
「毎年6月は来客が少ないから〇〇の入荷を抑えよう」
などの対策を講じることができます。

売上分析機能と在庫管理機能を組み合わせて無駄のない在庫管理が可能になるのです。

新規客を逃さない予約管理

美容室に導入するPOSレジにあるとよい機能4つ目は「予約管理機能」です。
少し前までは店頭に並ぶか電話予約で美容室に行くことがほとんどでしたが、今はカレンダー式の予約サイトから美容室の予約をすることがほとんどですよね。むしろこの時代にWEB予約ができない店はよほどの評判がない限り敬遠されてしまう傾向があります。POSレジにはそういった予約管理機能を付与できます。
顧客、従業員、双方が従業員の休み、施術時間、空き時間を一目見ただけで把握できます。
大手予約サイトと連携することで、知名度・来客数の向上も計れますのでぜひ「一元管理のできる予約管理機能」は導入しましょう。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

顧客情報の一元管理

美容室に導入するPOSレジにあるとよい機能5つ目は「顧客情報の一元管理」です。
「いつ」「誰々が」「どこで」「どんなメニューを」「誰に頼んだのか」そういった情報を蓄積しておく機能が顧客情報の一元管理です。

この機能があれば引っ越し等でお客さんが同じ店の他店舗を利用した際に施術しやすくなるほか、話題作り、髪型の提案による満足度向上など顧客のリピートにつながります。
そして新規客に対しても同年代の人のデータから人気の髪型やカラーを提案しやすくなるので美容室のPOSレジは顧客情報の一元管理機能を有していて損はありません。

美容室でPOSレジを使うメリット

 

ここからは美容室でPOSレジを使うメリットについて解説していきます。個人店、チェーン店関わらず美容室経営者の方は見ておいて損にはなりませんので、ぜひ参考にしてください。

支払いを効率よく簡素化できる

美容室でPOSレジを使うメリット1つ目は「支払いの効率化」です。

専門学校で技術を磨いてきた新入社員、他店舗で力をつけて中途で入ってきたベテラン美容師、経歴に関わらず美容師であれば必ず覚えなければならないのがレジ打ちです。

レジ打ちって現金だけならまだしも、ポイント利用やクレジットカード決済、バーコード決済が混じると複雑で、覚えるのが難しく感じられる人も多いですよね。さらに金額の打ちミスも発生しやすくなります。

そこでPOSレジを使うと支払いの効率化を図ることができます。施術メニューと金額が紐づけられているので、メニューを選択するだけで会計ができます。これによって入力ミスを減らすことができます。

さらにターミナルPOSをはじめとしたPOSレジの種類によってはお客さんに会計をしてもらうことも可能になるので研修にかかるコストを削減できるのです。

商品や顧客の状況が一目でわかる

美容室でPOSレジを使うメリット2つ目は「商品・顧客状況の把握ができる」ことです。POSレジの在庫管理機能を使うと入荷から消費した数まで一目で把握できます。

この機能によってロスを削減できるだけでなく「3月に来客が増えるからカラー剤を増やしておこう」というような対策を講じることができるのです。また「〇〇さんがいつ、どこの店舗で、どんな施術メニューを注文したのか」という顧客情報を蓄積してリピート率の増加につなげることができます。

売上データの見える化

美容室でPOSレジを使うメリット3つ目は「売上データを視覚化できる」ことです。「いつ」「どこで」「どんなメニューが」そういった経営に必要な分析要素が自動で集計・蓄積されます。
そして集計されたデータは利用者にわかりやすい図やグラフで「見える化」されるのです。

POSレジが存在しない時代は売上金額を手入力して、表計算ソフト等で図式化して、そこから分析に入る流れでした。しかしPOSレジを導入することで売上の図式化までが自動化され業務が効率化されるのです。
これにより時短、人件費削減、効率化という3つの恩恵が得られます。

美容室でPOSレジを導入するデメリット

美容室がPOSレジを導入するメリットは多くありますが、デメリットがないわけでもありません。メリットとデメリットを照らし合わせた上で「メリットが上回る」と判断できる場合に導入を検討するようにしましょう。
焦って導入を進めてしまうと、スタッフから反発があったり、オペレーションがうまく回らなかったりする可能性があります。

導入費用がかかる

POSレジ・POSシステムのなかには、本体価格だけでも10万円以上、導入費用を含めると100万円を超えるものもあります。多機能で便利なものはそのぶん費用がかさむ傾向にありますので、本当に必要な機能だけを搭載したものを選ぶようにしましょう。

少々面倒に感じるかもしれませんが、まず店舗で発生する業務を書き出してみることをおすすめします。その後、業務を「集客」「顧客管理」「施術」といったカテゴリに分けていきます。

そこで店舗を運営していくうえで必須の業務と、POSレジの機能で時短または置き換えが可能な業務を照らし合わせて、必要な機能を見つけ出していきましょう。

自店にとって本当に必要な機能を絞り込むことで、POSレジの機能が多すぎると思われればグレードを下げて検討しなおすことができます。「きちんと書き出してみたら、意外と必要な機能は少なかった」といったケースも少なくありません。

オペレーションを浸透させる必要がある

新たにPOSレジ・POSシステムを導入した際には、従業員がしっかりと使いこなせるようにオペレーションを指導する期間を設ける必要があります。
オペレーションが充分に浸透していないと、ミスが連発したりお客様をお待たせたりすることになってしまい、店舗に混乱を招いてしまうでしょう。これを防止するには、できるだけシンプルな機能のPOSレジを選ぶ、または表示がすっきりと見やすいPOSレジを選ぶことが重要です。

顧客管理や予約管理、在庫管理など多機能であっても、表示が洗練されていて使いやすければ誰でもすぐに覚えやすくなります。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ:POSシステムを活用して業務効率化による売上アップを狙う

いかがだったでしょうか?POSレジは従来のレジを凌駕する画期的なシステムです。
単純な会計だけでなく、売上分析、顧客管理、予約管理、在庫管理、キャッシュレス対応機能、自動メール送信、多言語対応機能など数えきれないほどの機能が搭載されています。

この豊富な機能により業務効率化が促進されます。数あるPOSレジの中でも「A staff」は上記のような機能をすべて搭載していて、予約システム「リザービア」と連携すればLINEやGoogleと連携して予約を受けることが可能になります。

iPadをお持ちであれば、これだけの機能がソフトをインストールするだけで利用できるのです。
POSレジを使うのと使わないのとでは売上に差が出てくるイメージが、具体的に浮かんできたのではないでしょうか。ぜひリザービアを使って業務効率化、売上向上を目指しましょう。

SALON CARD
インスタ連携予約
PAGE TOP