iPadレジとは? 主な機能と導入のメリット・注意点を紹介|利用にかかる費用はどれくらい?

iPadレジとは? 主な機能と導入のメリット・注意点を紹介|利用にかかる費用はどれくらい?
公開日
更新日

テクノロジーの進化によって、レジ機能も変化しています。iPadのようなタブレット端末で会計を操作できるシステムも増えており、導入するかどうか悩んでいるサロンもあるのではないでしょうか。

今回は、iPadレジ(タブレットPOSレジ)の概要や機能を紹介し、費用の目安やおすすめアプリもお伝えします。従来のレジに比べて機能面が充実しているシステムも多いので、サロンの経営状況もふまえつつ導入を検討してください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

iPadレジ(タブレットPOSレジ)とは?

iPadレジ(タブレットPOSレジ)とは?
iPadレジとは、タブレットPOSレジの種類のひとつです。従来はレジスターと呼ばれるレジが一般的でしたが、現在では多種多様なレジがあります。ここでは、iPadレジについて詳しくお伝えします。

そもそもPOSレジとは?

そもそもPOSとは「Point Of Sales」の略で「販売時点情報管理システム」という意味です。つまり、レジスターにコンピュータ機能が搭載されたものをさします。

通常のレジスターでは、商品についているバーコードを読み取って精算するだけですが、POSレジでは「いつ・どの商品を・いくらの価格で・何個販売したか」という販売情報を集める機能が備わっています。

POSレジについての詳しい内容については下記の記事を参考にしてみてください。
関連記事:POSレジ(POSシステム)の機能やメリットを解説|導入費用や美容サロンにおすすめのPOSレジを紹介

iPadレジとは?

iPadレジとはタブレットPOSレジのことを意味します。POSレジにも種類がいくつかありますが、従来のPOSレジは価格も高価で本体サイズも大きく規模の小さいお店で導入しにくいというデメリットがありました。

しかし、iPadにPOSレジがインストールできるようになったことでスペースを取らずに置けることや、タッチパネルで操作がしやすいというメリットがあります。

また、iPadのすっきりとしたシンプルなデザインがお店のコンセプトにフィットしやすいというのも特徴です。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)の主な機能を紹介

タブレットPOSレジ(iPadレジ)の主な機能を紹介
タブレットPOSレジ(iPadレジ)は、選ぶPOSレジアプリによって利用できる機能もさまざまです。特に人気の高いPOSレジアプリには、基本のレジ機能以外にも豊富な機能が備わっているので、どのような機能があるのかを見ていきましょう。

レジ機能

当然ながら、タブレットPOSレジ(iPadレジ)で最も重要な機能が「レジ機能」です。料金を自動で計算し、割引などもかんたんに適用できます。レシートや領収書は、専用のプリンターを使って発行することが可能です。

クレジット決済も可能に

今やどんなお店でも、現金支払いだけでなく、多彩な決済方法を導入していることが重要です。POSレジでは、キャッシュレス端末との連動によって、クレジットカードや電子マネー、QRコードなどでの決済ができるようになります。

クレジットカードリーダーを導入することによりカード情報の読み取りもスムーズに行えて、店側もお客様も会計の手間を減らせるため便利です。

売上管理・分析機能

売上管理と聞くと難しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

1日の販売に関する売上と支出を、集計して比較することも売上管理のひとつです。商品を仕入して販売しているケースにて単純に考えると、その日に仕入れた金額よりも多くの売上があれば黒字となり、仕入れ金額よりも売上額が少なければ赤字となります。

このときに必要なのが仕入れ時の合計金額と、商品売上の合計金額です。売上管理機能は、仕入れ額と売上額の各合計金額を自動で計算してくれます。さらに、どの商品が最も売れたのか、売れ残った商品はどれなのか、などの分析機能も搭載しています。

リアルタイムでの売上、日別・月別・商品別・部門別・客層別など、さまざまな分析を行うことで、売上につながるニーズを把握することが可能です。

予算管理機能

売上目標を立てて管理する「予算管理機能」が備わっている場合もあります。経営において、売上目標を設定し、かつ達成することは重要です。目標に到達できない状況が続くと、経営難に陥る可能性もあります。

原因を探ったり解決策を練ったりするのにも役立ってくれる大切な機能です。実績をもとに自動で予算を計算してくれるiPadレジもあるので、ぜひ活用しましょう。

顧客情報管理機能

顧客管理は、集客アップにつながる重要なタスクといっていいでしょう。お店にとって大切なお得意さまが来店したとき、スタッフに情報共有されていない場合は、ご新規のお客様と同じ対応をしてしまう場合もあります。

顧客情報を共有できていれば、会計時に「○○さま、いつもご利用ありがとうございます」などの挨拶を一言つけ加えることができ、リピートや新規顧客への紹介が期待できます。

また、お客様は以前話した内容をスタッフが覚えていれば嬉しいものです。たとえば「〇〇へ旅行に行く」と話していた場合は「〇〇への旅行はいかがでしたか?」と話題につなげられるので、お客様も「覚えていてくれたのか」と喜んでくれるでしょう。

他にもお客様の好きなものや趣味を記録しておけば、お客様の満足度にもつながります。このようにお客様の情報を管理して共有するのは、重要なことです。

そのために有効なのが、顧客情報管理機能です。お客様の情報を登録し、来店・購入履歴がひと目で把握できる機能は、集客に大きな期待が持てる機能です。

予約管理機能

予約管理機能は、お客様を逃さないために必要な機能です。特にエステサロンのようなお客様ひとりに関わる時間が必要な店舗では、予約は必須といえます。

電話で予約受付した際には、応対したスタッフがリアルタイムで手動にて予約を行い、ネット予約と連動させていれば、自動的に予約が完了します。

予約管理機能については「ネット予約・予約の登録・予約内容の編集・予約の削除・顧客情報管理機能との連携」などが行えます。

さらには「予約制御機能」がついたPOSレジも存在しており、スタッフの休日の情報も設定できるので、スタッフを指定したいお客様にとっても便利な機能です。

商品管理機能

商品管理機能では、商品の登録や料金の設定などができます。シーズン商品の削除やセールなどによる価格変更の場合も、かんたんに操作できるので便利です。また、軽減税率の対象商品や非課税商品などが混在していても、商品ごとに設定を行うことができます。

在庫管理機能

商品を販売する店舗において、在庫管理は重要です。

お客様から購入予約を受けた際に在庫の有無が曖昧なまま承諾してしまい、後から在庫がないことが判明した場合、大変なことになるでしょう。在庫を確認できなかったために不必要な時間を使い、余分な経費が発生してしまうのは店舗として大きな損失です。

美容院やエステサロンなどの、サービスを商品として提供する店舗では、予約をダブルブッキングしてしまうようなもの。どちらも、お客様に不快な思いをさせてしまうことは間違いありません。

在庫管理機能があれば、在庫の有無だけでなく販売された商品の記録も自動で共有できます。棚卸や複数店舗間での商品移動、発注、入庫管理も行えるので、お客様に迷惑をかけることがなくなります。

勤怠管理機能

スタッフの勤務時間や給与計算には、勤怠管理機能が有効です。コンプライアンスやブラック企業問題がクローズアップされている昨今では、スタッフの勤怠管理は重要になっています。

勤務時間を記録するなら、タイムカードは必須です。
また、打刻漏れをなくすためには、スタッフが利用しやすい出退勤の打刻システムが必要です。

たとえば、スタッフが少ないからといって月末に勤務時間を計算して給与を支払っていたところ「スタッフから給与があっていない」と申告された、といった場合には、スタッフとの信頼関係を失ってしまう可能性もあります。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)に搭載されている「勤怠管理機能」を利用すれば、高額なタイムレコーダーを購入しなくても、タブレットで出退勤の打刻が可能です。

スタッフごとの勤務時間を自動集計して、給与計算も自動なので手間もなく正確です。シフトの管理もできるので、スタッフ管理も時短できると同時に、スタッフからの信頼度もアップするでしょう。

サービス連携機能

タブレットPOSレジ(iPadレジ)では、外部サービスとの連携機能も搭載しています。POSレジアプリによって若干異なってきますが、LINEと連携させてお友達登録してもらい、トーク画面から気軽に予約してもらうこともできます。

LINE連携では、店舗からのおトク情報やイベント情報も同時送信できて、既読率はメルマガよりも高いので集客に期待できる手法です。

またLINEだけでなく、Instagramとの連携も魅力です。LINEとは違いフォロワーの数によって、現状の認知度を測ることもできますし、写真や口コミをアップできるのでLINEよりも確実な集客を目指すことが可能です。
関連記事:LINEを活用した予約システムとは?導入方法や選び方を解説

会計システムと連携すれば、面倒な確定申告の申請書類もかんたんに作成できます。その他、さまざまな外部サービスとの連携が可能なので、店舗やオーナーのスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

発注管理機能

商品の発注を管理できる機能が搭載されていることもあります。在庫数や売上数も管理できる場合、リアルタイムで状況がわかるので、未発注の商品を注文したり、入荷待ち商品にはどんなものがあるのかを把握したりすることも可能です。

取引先ごとに発注方法が違う場合もシステム内でまとめて管理できるので、ミスの心配も少ないでしょう。

ポイント連携機能

自店独自のポイントだけでなく、dポイント・楽天ポイント・Tポイントなど、外部の各種ポイントとの連携ができる機能が備わっているPOSレジもあります。

支払いの際にポイントが付与されたり、ポイントを支払いに使用できたりすると、お客様に喜んでもらえるでしょう。また、ポイントの還元率を上げるなどの戦略によって、客単価のアップにも期待できます。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)を導入する店舗が増えている理由|iPadレジのメリット

タブレットPOSレジ(iPadレジ)を導入する店舗が増えている理由|ipadレジのメリット
タブレットPOSレジ(iPadレジ)は、近年急速に発展していているIT技術によって、利用者が増えています。

無線LANやモバイルルーターの普及で店舗内だけでなく野外でもトラブルなく端末を利用できる環境になったことが、タブレットPOSレジ(iPadレジ)を利用する店舗が増えた理由のひとつ。

そして最も大きな理由は、タブレットPOSレジ(iPadレジ)は初期費用が非常に安く、導入しやすいことにあります。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)に搭載できる機能が多いことも、導入店舗が増えている理由です。それでは、タブレットPOSレジ(iPad)を導入する店舗が増えている理由について、詳しく見ていきましょう。

初期費用を抑えることができる

コンビニなどで使われているPOSレジは、1台に約20万円以上の費用が必要です。また、サイズも大きいので設置場所を確保する必要があります。

一方、タブレットPOSレジ(iPadレジ)は、タブレット端末(iPadなど)とアプリを導入すればすぐに利用可能です。iPadは種類によって値段が異なりますが、10.9インチの第10世代iPadの場合、68,800円~購入することができます。(2023年3月時点の価格)

POSレジ(iPadレジ)用のアプリにはさまざまな種類があり、使いたい機能によって利用料金が異なります。
単純なレジ機能だけでいいのなら、無料で利用できるアプリもあります。

他に機能を追加したい場合でも、月額10,000円以内で利用できるものもあり、使いたい機能や予算に合わせて選択肢が幅広く用意されているのもPOSレジ(iPadレジ)の魅力です。

手軽に導入できるため

タブレット端末(iPad)をPOSレジ(iPadレジ)にするには、POSレジアプリをインストールすれば利用できます。専門業者による面倒な設定も不要で、誰でもいつでも運用開始できるのもタブレットPOSレジ(iPadレジ)の魅力です。

運用や管理がしやすいため

タブレットPOSレジ(iPadレジ)は運用や管理がしやすいというメリットがあります。

通常、POSレジでは機器の配置場所を店舗環境に合わせて調整したり、POSレジ機能を使うための初期設定をしたり、新規で商品が追加された場合は自分で商品・サービス名や料金を追加したりしなければなりません。

POSレジ専用の機器の場合は機器に合わせた操作が必要になりますが、タブレット端末(iPadなど)は日常的に使用する人が多く操作しやすいので、運用しやすいというメリットもあります。

また、さまざまなアップデートへの対応もしやすく、新規の決済サービスが誕生した際にも、アプリ側が対応できるようにアップデートされれば店舗でも新規の決済サービスを使用できます。

操作性や機能性に優れているため

スムーズな会計を行うには、レジスターとしても使いやすいことが前提です。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)の多くは、直感的な画面操作が可能で、スムーズな会計処理ができるように設計されています。

また、レジスターとしての役割以外に売上管理・顧客管理などのさまざまな機能が使えるのも、タブレットPOSレジ(iPadレジ)の魅力です。

持ち運びが可能なため

タブレットPOSレジ(iPadレジ)の大きな魅力に、自由にどこにでも持ち運べる便利さがあります。

大型のPOSレジと違ってカバンの中に収まるので、店舗以外のイベント会場でも利用が可能です。テラス席のある店舗などでは、レジがアドレスフリーとなるので、お客様がレジに足を運ぶ必要がなくなります。

テラス席にタブレットPOSレジ(iPadレジ)を持って行って、会計を済ませることも可能です。サービス向上による店舗のイメージアップにも、タブレットPOSレジ(iPadレジ)は活躍してくれます。

さまざまなアップデートへの対応ができるため

タブレットPOSレジ(iPadレジ)は、スマートフォンやタブレット端末に専用アプリをダウンロードすることで、POSレジとして使用するシステムです。

そのため、世の中の動きに合わせたさまざまなアップデートにも対応できるという点も見逃せません。

たとえばPayPayやLINE Payなどのような新規のキャッシュレス決済サービスが誕生した場合も、アプリ側が対応できるようにアップデートされれば、すぐにでも新しい決済サービスに対応できるのです。

さまざまなアップデートへの対応ができれば、お客様のニーズにも柔軟に対応できます。

導入前に知っておきたいiPadレジの注意点

導入前に知っておきたいiPadレジの注意点
iPadレジには、前章のようなメリットがある一方で注意点も存在します。どんな点なのか、以下で詳細を確認しましょう。

ランニングコストがかかることもある

利用するサービスによっては、導入時の初期費用や月額使用料などが必要になる場合があります。店舗の経営状況を考慮し、慎重に検討することも大切です。

なお、無料で使えるサービスの場合、使える機能が限られてしまうパターンもあります。サービスによっては無料お試し期間が設けられ、自店に適切かどうかを本格導入前にチェックできるものもあるので、活用してみてください。

ネット環境を準備する必要がある

iPadレジを使用するには、前提として、レジを操作するためのiPad端末やインターネット環境を準備する必要があります。ネット回線を整備していないサロンでは工事が必要になり、端末代や工事費、月々の通信料といったコストもかかります。

工事の着工やiPadレジアプリの設定、操作に慣れる期間なども考えると、本格導入までに時間がかかってしまう可能性があることを頭に入れておきましょう。

落下・水没などのリスクがある

iPadレジには、従来のレジに比べて耐久性が低いという欠点があります。据置型のレジでは落下や水没などのトラブルが起こりにくいですが、iPadは持ち運びができる分、衝撃などによる損傷・故障のリスクを考慮することが必要です。

万が一に備えて予備のiPad端末を用意しておくと安心でしょう。

アプリに不具合が起きることがある

OSのバージョン等によっては、アプリの動作に不具合が発生してしまう恐れがあります。

アプリを最新のバージョンにアップデートすることは大切です。しかし、更新後に不具合が生じたという事例もあるので、バージョンアップは営業時間外に、iPadレジアプリの提供元に連絡してから行うことをおすすめします。

システム・通信トラブルが発生することがある

iPadレジは無線で接続されることが一般的です。そのため、有線で接続されるレジに比べて通信やシステム上の障害が起こりやすいとされています。

サロンのネット環境などによっては、接続が不安定になってフリーズしたり、バーコードなどの読み込みがうまくできなくなったりといったトラブルが起きることもあるので、十分な注意が必要です。

ほかに備品の準備が必要|レシートプリンターなど

iPadレジを利用するためには、キャッシュドロアやレシートプリンター、バーコード読み取り機などの必要機器を別途準備しなければなりません。つまり、iPad以外の周辺機器をそろえるのにも費用がかかります。

さらに、機器ごとに保証期間や保証内容も異なるので、もしものトラブルや故障に備え、購入時によくチェックすることが必要です。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)の利用に必要な費用

タブレットPOSレジ(iPadレジ)の利用に必要な費用
ここまで、タブレットPOSレジ(iPadレジ)の特徴やメリット・注意点を解説してきました。

便利で高機能なiPadレジですが、注意点でコストについて触れたように、導入や運用には費用が発生します。そこで、タブレットPOSレジ(iPadレジ)を導入するには、具体的にどのくらいの金額が必要なのか、導入にかかる費用を解説しましょう。

タブレット端末の機種やグレード、POSレジアプリの種類によって費用が異なるので、目安として参考にしてください。

初期費用

タブレットPOSレジ(iPadレジ)を導入する際の初期費用として「タブレット端末・キャッシュドロア・レシートプリンター(据置型・モバイル型)・バーコードリーダー・カードリーダー」などのハードウェアを揃える必要があります。

これに加えて、POSレジアプリが必要な場合があります。

タブレット端末

第10世代のiPad(10.9インチタイプ)を使用する場合、端末代金はメモリー64GBのもので68,800円、256GBで92,800円からです。POSレジアプリの対応機種であるかどうかも確認して選びましょう。

キャッシュドロア:約10,000円

キャッシュドロア(ドロア)は、レジでお金を保管しておく道具です。iPad端末には、普通のレジのようにお金を収める所は付帯していません。

別の入れ物で現金を管理することもできますが、お店としての見栄えはよくありません。せっかくタブレットPOSレジ(iPadレジ)を導入するなら、本格的なキャッシュドロアを導入しましょう。
タブレットPOSレジ(iPadレジ)と連動するタイプのものは、約10,000円で購入が可能です。保証についても確認して選びましょう。

また、「お金をきちんと整理できるか」「目立ちすぎない大きさか」「レシートプリンターと一体化しているか」なども見ておくと安心です。

レシートプリンター(据置型・モバイル型):約30,000円

電子マネー決済やQRコード決済では、スマホ上で支払い履歴が残るのでレシートを必要としない方が多いですが、現金支払いではレシートの発行は必須です。

レシートプリンターには据置型とモバイル型があります。どちらも感熱式のサーマルプリンターで、安いものでは約30,000円から購入可能です。キャッシュドロアと同様、保証内容も確認しておきましょう。

バーコードリーダー:約5,000円

バーコードリーダーは、QRコード決済時の必需品です。最近では現金を持たずに、スマホひとつで買い物をするお客様も増えました。その理由には、さまざまな電子決済が広く利用できるようになったことに要因があります。

今や、電子決済が利用できるか否かで集客にも差がつく時代です。バーコードリーダーは消耗品のようなモノなので、比較的安価に購入できます。

カードリーダー:約30,000円

クレジットカード決済や電子マネー決済に必要なのが、専用のカードリーダーです。量販店で購入するのでなく、クレジットカード決済や電子マネー決済を提供している会社から購入します。

なお、マルチ決済端末を購入すれば、バーコードリーダーは不要です。

POSレジアプリ:約100,000円

ハードウェア以外に必要なのが、POSレジアプリです。POSレジアプリの場合は初期費用としては0円、つまり無料で導入が可能ですが、選ぶアプリによっては約100,000円必要なアプリもあります。

さらに月々の使用料も必要ですが、これについては次で解説します。ここでは、POSレジアプリの初期費用を約100,000円必要としておきます。

初期費用一覧

ハードウェア種類&POSレジアプ  価格(税込)
タブレット端末(iPad10.9インチ) 約70,000円
キャッシュドロア 約10,000円
レシートプリンター(据置型・モバイル型) 約30,000円
バーコードリーダー 約5,000円
カードリーダー 約30,000円
POSレジアプリ 約100,000円
合計 約245,000円

月額費用

タブレットPOSレジ(iPadレジ)では、先のハードウェアを揃える以外に、月々必要になる経費もあります。前章の注意点で触れた「ランニングコスト」です。

クレジットカード決済などの電子決済では、決済サービス利用料が必要です。また、POSレジアプリの種類によっては、月額利用料が発生します。

決済サービスでは、月額利用料を支払う代わりに決済手数料が安くなるものと、月額利用料は無料で決済手数料が若干高めのものという、2つのパターンがあります。ここでは、決済手数料が必要なパターンの月額費用の目安を表にしました。

サービス種類 月額費用(税込)
決済サービス 約1,500円
POSレジアプリ 約20,000円
合計 約21,500円

POSレジ導入に活用できる補助金もある

POSレジ導入のコストを抑えて導入するためには、助成金・補助金などを活用することもひとつの方法です。具体的な助成金・補助金の金額や内容は下記の通りです。

POSレジ導入に活用できる助成金・補助金
助成金・補助金名 補助・助成金額 助成・補助率 内容
IT導入補助金
(通常枠)
 30万~
450万円以下
1/2以内 類型ごとのプロセス要件を満たすものであり、労働生産性の向上に資するITツールであること
業務改善助成金 30万円~600万円 条件によって
異なる
賃金引上計画を策定すること
事業場内最低賃金を一定額以上引き上げること(就業規則等に規定)
引上げ後の賃金額を支払うこと
生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと
(1) 単なる経費削減のための経費
(2) 職場環境を改善するための経費
(3) 通常の事業活動に伴う経費
などは除く
解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと など
小規模事業者
事業化補助金
50~200万円 2/3もしくは
3/4以内
持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取り組みや、業務効率化の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助
サービス業では常勤従業員が5人以下の場合が補助対象
ものづくり補助金
(一般型)
100~1,000万円 1/2もしくは
2/3以内
革新的な製品・サービス開発又は生産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資等を支援
サービス業では資本金5,000万円以下かつ常勤従業員が100人以下の場合が補助対象

iPadレジの基本的な使い方の流れを紹介

iPadレジの基本的な使い方の流れを紹介
ここからは、iPadレジの基本的な操作の流れを見ていきましょう。

1. アプリを端末にインストールする

はじめに、利用するPOSレジアプリをiPadでダウンロードし、インストールすることが必要です。導入するアプリの機能や利用料金などをしっかり確認し、同意した上で入れましょう。

2. 商品・メニューなどを登録する

インストールが完了したら、アプリを開きます。会計時に使用するために、自店で提供するメニューや商品など、必要な項目をひとつずつ登録していきましょう。カテゴリ分けができると、在庫・発注管理などの際にも便利です。

3. 周辺機器と接続する|レシートプリンターなど

必要データの登録が終わったら、レシートプリンターやキャッシュドロアなどの周辺機器と接続します。適切な設定をした上で、きちんと動くか、動作チェックを行いましょう。

また、会計の際にお客様をお待たせしないように、操作方法もしっかり覚えなければなりません。

おすすめのiPadレジはA’Staff Cloud|サロンに特化したPOSシステム

おすすめのiPadレジはA’Staff Cloud|サロンに特化したPOSシステム

A’Staff Cloudとは、サロンに特化したPOSシステムで、パソコンやタブレット(iPad)などで利用することができます。ここでは、A’Staff Cloudにはどんな特徴があり、どのような機器が必要なのかなどを詳しく紹介します。

A’Staff Cloudの特徴

A’Staff Cloudの特徴には下記の4つがあります。

  1. 操作性
  2. 最適な顧客管理
  3. 効率的なDM配信
  4. 予約システムとの連携

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

スムーズで使いやすい操作

A’Staff Cloudはスムーズに操作できるため、サロンワークの効率化が図れるという特徴があります。WEB予約やメール配信機能も備わっていて、店舗で利用するiPad一台で業務をまとめて管理できます。

操作しやすいPOSシステムだからこそ、お会計時やレジ精算でお客様をお待たせする時間を短縮できたり、新規顧客のデータ入力時間を少なくすることができるので、業務効率化を図れます。

顧客情報を一元管理

A’Staff Cloudでは、顧客情報を一元管理する機能も備わっています。タブレット端末(iPadなど)でお客様の情報を電子カルテ化することができます。

店舗に電子カルテを導入したことで、顧客情報を探す早さが圧倒的に早くなり、お客様をお待たせする時間が少なくなったという事例もあります。このように、顧客情報を一元管理することで業務もスムーズになるという特徴もあります。

お客様へ最適化されたDM配信

A’Staff Cloudでは顧客管理を一元管理することで、タブレット端末(iPad)でお客様を絞り込み検索することもできます。

お客様を絞り込んで検索した後は、DMを配信することもできるのでお客様に合わせたDMを送り集客につなげることもできます。

そのため、A’Staff Cloudは業務効率化だけではなく既存顧客の集客に使えるのもポイントのひとつです。

リザービアとの連携で集客を効率化

A’Staff Cloudでは、予約管理システムのリザービアと連携することもできます。リザービアでは、LINE・Instagram・Googleと連携し新規顧客の予約を促進したり複数のポータルサイトの予約管理を一括管理できる機能なども備わっています。

A’Staff Cloudとリザービアを連携させて運用することで、集客の効率化を図れるのもメリットのひとつです。

A’Staff Cloudに必要な機器

A’Staff Cloudでは、端末と周辺機器の用意が必要になります。推奨されている端末はPCもしくはiPadがあります。特に、iPadはPCよりもスペースを取りにくいため多くの店舗で導入しやすい端末といえるでしょう。

A’Staff Cloudを使用するのに必要な周辺機器としては、レシートプリンター・キャッシュドロア・バーコードリーダー・CTI端末があります。これらはBluetoothに対応している機器もあるので、邪魔になりやすい配線などもすっきりとさせることができます。

A’Staff Cloudの料金

A’Staff Cloudの料金プランには標準プランと電子カルテ限定プランの2つがあります。標準価格では、A’Staff Cloud単体を契約することができ、電子カルテを追加で導入したい場合には別途料金が必要です。

A’Staff Cloudの標準プランは初期費用として100,000円が必要で、月額費用として8,000円の料金がかかります。

電子カルテ限定プランの初期費用は50,000円で、月額5,000円~の料金が必要です。その他にもオプションがあり、別途費用がかかるので、気になる方は気軽に相談してみてください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

売上管理、スマートな会計など業務の効率化がはかどるiPadレジの導入で売上アップをはかろう

売上管理、スマートな会計など業務の効率化がはかどるiPadレジの導入で売上アップをはかろう
タブレットPOSレジ(iPadレジ)は、従来のPOSレジよりも導入・運用・管理がしやすく導入店舗が増えています。

タブレットPOSレジ(iPadレジ)を導入する際には、タブレット端末だけではなくキャッシュドロアやレシートプリンター、カードリーダーやPOSレジアプリなどが必要です。

iPadレジを導入する際のPOSレジアプリはリザPOSがおすすめで、さまざまな機能が備わっています。本記事を参考にしながらiPadレジを導入し業務効率化を図って店舗の売上アップを目指しましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP