POSレジ(POSシステム)の機能・導入費用や方法まとめ

POSレジの機能・導入費用 導入方法【まとめ】
作成日
更新日
美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

美容院やエステで、円滑な店舗運営のためにまず取り入れたいツールといえば「POSレジ(POSシステム)」です。

「レジ」といえば「会計に使用するもの」として、とくに重要性を感じられていないかもしれません。しかしPOSレジは、会計以外の用途でも店舗経営に役立つ部分が多くあります。

POSレジの種類にもよりますが、予約の管理や顧客情報の管理、新規客とリピート客の割合などの情報も得られるのです。

しかし、POSレジは多くの会社がサービスを提供しているため「ちょっと調べてみたけどたくさんありすぎてどれがいいのかわからない」「自店にとってどんな機能が必須なのかわからない」と、迷ってしまうこともあるでしょう。

機能のほか、それぞれ初期・月額費用、使い勝手も異なるため、慎重に選びたいところですよね。
そこで今回の記事では、POSレジについて以下の項目をわかりやすく説明します。

  • POSレジの機能
  • POSレジの導入費用・ランニングコスト
  • POSレジの選び方と導入方法
  • 美容室・サロンに特化したおすすめのPOSレジの特徴

記事をお読みいただければ、自店にぴったりのPOSレジを選び、経営に活かしていただけるでしょう。ぜひ、最後まで目をとおしてみてください。

POSレジ(POSシステム)とは?

POSレジ(POSシステム)とは?

この記事の冒頭でも簡単に説明しましたが、そもそもPOSレジとは何か、具体的に理解しておきましょう。

POSレジ(POSシステム)のPOSとは「PointofSales」の略語であり、日本語に訳してみると「販売時点情報管理」という意味です。

会計時に自動で販売情報を記録し、管理できるシステムと考えるとわかりやすいでしょう。
リアルタイムで「何を」「いつ」「どこで」「いくつ」販売したのか、という販売情報を集められます。

「何を」「いつ」「どこで」販売したかが自動で記録されていれば、在庫管理が非常に容易になります。とくに複数の店舗を経営している場合には、リアルタイムで他店の在庫情報もわかるのが便利です。

また予約管理では、店舗の営業時間外も予約を受けられるため、集客の間口を広げることができるでしょう。お客様が以前に受けられたメニューやお支払い金額、指名の有無などの情報も一目でわかるため、来店される前からそのお客様に合わせたサービスを準備できます。

POSレジの中には、在庫が不足すれば自動で発注業務ができるシステムや、売上分析、予約管理、スタッフの勤怠管理など多機能なシステムを搭載したPOSレジ(POSシステム)が多く提供されています。

現場にいなくても在庫や売上データを確認できるメリットは、経営者・店舗責任者にとって想像以上に大きいのではないでしょうか。

POSレジ(POSシステム)とレジスターの違い

レジスターとは、販売した商品の金額の計算、登録が主な機能となります。ドロアーと呼ばれる引き出しがついており、その中にお金を収納します。しかしレジスターの中にも、「何が」「いくつ」売れたのかといった簡単な分析機能や、時間帯別などの売上データ集計機能などがついたタイプもあります。

POSレジは導入コストがかかるものが多いため、簡単な分析機能で充分と考える場合、レジスターを導入した方がいいと判断する方も少なくないでしょう。

POSレジの機能・できること

POSレジの機能

POSレジは、従来のレジスターのように会計機能だけに特化しているのではなく、さまざまな機能が搭載されています。ここで、POSレジを導入して、できることをいくつか紹介しましょう。

売上の集計

通常のレジスターの機能である売上集計も、POSレジでもちろん対応可能です。

持ち運び可能なタイプのPOSレジシステムを導入すれば、場所も取らずお客様が席に座ったままで決済することも可能のため、美容室やサロンでは重宝するでしょう。また外部の決済端末機と連携させれば、クレジットカードや電子マネーの決済にも簡単に対応できるようになります。

集計されたデータはリアルタイムで更新されていくため、現場にいなくてもアプリやクラウド上から確認もできるため、集計結果の確認も非常にラクになります。

売り上げデータの蓄積

商品が購入されると同時に、データもどんどん上書きされます。「いつ」「どこで」「何が」「いくつ」売れたのか、いつでも売上状況をチェックできます。

美容室やサロンの場合、スタッフ別の売上や、商品ごとの売上管理はもちろん、同時購入されやすい商品や人気メニュー、曜日や時間帯別の売上や客数などもデータ化できます。

蓄積されていくデータをもとに、売上や商品の売れ行きなどについて分析でき、店舗経営に活かせるでしょう。また複数店舗の場合、売上を一元管理することも可能です。通常であれば店舗ごとに売上を集計し、それを全店舗分まとめて集計するなど、工数と時間がかかりますが、POSレジならば一元管理できるため業務を効率化できます。

現場にとってもレジ締めや報告業務など負担を軽減できるだけでなく、自動的に集計されるため計算ミスなどを減らせるメリットもあります。POSレジ(POSシステム)ならば、あらゆる視点から売上データの収集ができるため、分析や戦略立案に役立てられるでしょう。

在庫管理

在庫の管理ができるのも、POSレジ(POSシステム)のメリットです。システムに一つひとつの商品情報を登録でき、原価やメーカー、売上の傾向や在庫数なども個別に管理できます。

いつ、どこで、なにが、いくつ売れたのか。リアルタイムでデータを収集できるため、売れ筋や、売上が鈍い商品も把握することも可能です。

通常のレジスターしかない場合、在庫の管理は主に紙ベースかエクセルの管理表などで行われることが一般的でしょう。そういった場合、目視や手作業での管理が多くなるため、ミスが発生しやすくなり、リアルタイムに正確な数字を把握することが難しくなります。

その点POSレジ(POSシステム)ならば、商品ごとに在庫数を登録でき、販売とともに更新されるため、常に最新の在庫数を確認できます。自動化できることで、在庫管理にかかっていた時間や手間が減少し、業務効率の削減にもつながるでしょう。

予約管理

予約管理の業務もまた、POSレジで完結させることが可能です。

経営のうまくいっている美容院やエステサロンは、店舗に愛着をもってリピートしてくれるお客様を囲い込むのが上手です。

「囲い込む」というと少しイメージが悪いかもしれませんが、ここでいう囲い込むとは、お客様のご要望に沿ったメニューを提供し、店舗にいる時間を快適に過ごしていただくことは当たり前として、次回来店の理由と仕組みを作り上げることです。

「あのサロン、居心地いいな」
「あの美容師さんに任せれば間違いない」

など、店舗に愛着を持ってもらうには、まずは予約情報でお客様の選ばれたメニューや具体的な施術内容、お支払いの料金、来店時間などがすぐにわかるPOSレジを使用するのも一つの方法といえるでしょう。

店舗経営者・責任者にとっては「そうした情報は覚えておくのが当たり前」と思われるかもしれませんが、店舗全体、スタッフ全員が均一に高品質なサービスを提供するには、情報を自動的かつ正確に記録する仕組みを作ってしまうのがもっともスムーズでしょう。

また、POSレジのシステムによっては、外部の予約サービスとの連携で、予約を一元管理できます。活用できれば、管理の効率も上がるでしょう。とくに美容室と相性のよいInstagramやLINEからの予約と連携すれば、店舗が発信する情報を受け取った延長戦上で予約が可能となります。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

POSレジの種類と特徴

POSレジの種類と特徴

POSレジには種類があり、特徴も価格も異なります。
ターミナル型とタブレット型に大別されますので、それぞれについて解説します。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型POSレジは、いわゆる据え置き型のレジのことです。

一般的には、スーパーやコンビニで導入されているタイプのレジ、といえばわかりやすいでしょう。サイズは大型のものから、テーブルに置いて使える小型のものまで幅広くあり、機能性も高いため、ターミナル型が一台あれば必要な機能は揃ったといえるでしょう。

また操作性も高いものが多いため、新しく入った人でも慣れるのにそこまで時間はかからないはずです。ただし、導入コストが高いことがデメリットといえます。高性能であるがゆえに価格はやはり高くなり、高額な初期費用がかかることもあります。

タブレット型POSレジ

タブレット型のPOSレジとは、iPadなどのタブレット端末、あるいはiPhoneなどのスマホに、POSレジの機能が搭載されているものを指します。

従来のPOSレジといえば、前述したターミナル型(据え置きタイプ)が主流でした。しかし、最近では持ち運びも容易なタブレット型のPOSレジが急速に普及してきており、飲食店や美容室、サロンなどで多く導入されています。

メリットは、まずは導入ハードルが低い点でしょう。レジ用の設置スペースを用意する必要ないことや、タブレットにアプリケーションをインストールするだけで使用可能なところなどです。
また、初期費用などの導入コストも大幅に抑えられることも特徴といえるでしょう。持ち運びも可能なため、店舗のデザインや雰囲気を壊すこともありません。

お客様のテーブルで注文を受ける、または決済もでき、通常の店舗での導入だけでなく屋外でのイベントやキッチンカーなどで利用するところも増えています。
商品情報や売上データなどはクラウド上に保存されるため、いつでもどこでも、リアルタイムで情報を確認できるのも便利な点です。

そして、タプレットやスマホの場合、スタッフも含めて普段から使い慣れている方が多いでしょう。そのためレジ作業などに慣れていない方にとっても、操作しやすいことは魅力ですね。

POSシステムの導入費用は?

POSシステムの費用は?

ターミナル型を選ぶのか、タブレット型を選ぶのかによって、導入コストは大きく変わります。

まず、ターミナル型の場合、導入コストだけで50〜100万円はかかります。搭載される機能などによっては100万円を超える場合もあるでしょう。一方、タブレット型の場合は、基本的にかかる費用としては端末代金、インターネット代、導入するシステムの初期費用と月額利用料などです。

あとは、バーコードリーダーや決済端末関連の周辺機器などを用意するとなると、プラス数千円〜数万円かかるでしょう。イチからタブレットなどの端末を用意すると仮定すると、5万円〜15万円ほどで導入できるケースがほとんどです。

ただし、導入するシステムによっては初期費用と月額利用料が無料のものもあります。その場合は機能が制限されていることが多いですが、必要になればプランをアップグレードすればいいでしょう。
どのPOSレジ(POSシステム)を導入するにしても、まずは、店舗の規模や使いたい機能は何か、というところを決めたうえで選択することが大切です。

美容院・サロンでのPOSレジ(POSシステム)の選び方

美容院・サロンでのPOSレジ(POSシステム)の選び方

実際に店舗へPOSレジ(POSシステム)を導入するのであれば、サービスが数多くある中で、どのような点に注意して選べばいいのでしょうか。選ぶ時にポイントとなるのは「機能」「業界特化」「コスト」となります。それぞれについて見ていきます。

必要な機能が搭載されているか

POSレジ(POSシステム)で検索すると、非常に多くのサービスが展開されていることがわかります。

いずれも基本的なレジスター機能についてはあまり大差がないものの、それ以外の機能面で差別化が図られています。

  • 売上の分析機能
  • スタッフの勤怠管理
  • 決済や予約管理など、外部サービスとの連携

といったところです。

「店舗に必要な機能は何か」
「どういったことにPOSレジ(POSシステム)を活用したいのか」

導入前に、まずはこれらについて明らかにしておきましょう。必要な機能が明確となれば、その機能が搭載されたシステムを選べばいいのです。

また、将来的に複数店舗に展開していくことを視野に入れているのであれば、他店舗分の情報を一元管理できるかどうか。店舗数やスタッフが増えても問題なく使えるのか。こういった点もチェックが必要です。

業界に特化しているか

業界によって求められる機能も異なります。
たとえば、小売店なら在庫管理機能、飲食店ならオーダーシステム、美容系なら予約と売上分析機能、といった具合です。

POSレジ(POSシステム)の中には、美容室やサロン業界に特化したシステムも多くあります。業界に特化しているということは、その業界のニーズやルールに最適化されて作られているため、使い勝手も変わります。
また、システム側が業界の知識に明るいこともメリットでしょう。導入後のサポート体制などにも影響が出てくる可能性があるため、業界に特化したシステムを選ぶことをおすすめします。

導入コストがいくらか把握する

前述した通り、POSレジ(POSシステム)の導入コストはピンキリです。

コストを抑えたいというのであればタブレット型にする、など予算の範囲内で導入できるように考えないといけません。
システムの中には導入費用が無料のサービスもありますが、周辺機器を揃えることを予算内に含めていなかった、ということも起きがちです。何が必要で、いくらかかるのか。必要な機能とともに事前にチェックするようにしましょう。

POSレジ(POSシステム)の導入方法

機能面やコスト面など、導入にあたりリサーチが済んだのであれば、実際に導入まで進めていきましょう。

どのPOSレジ(POSシステム)を導入するか決まっているのであれば、そのサービスの公式ホームページから問い合わせします。サービスの中には、無料のテスト運用期間が設けられているものもあります。まずは、テスト的に運用して使い心地を確かめてみるのもいい方法です。
ターミナル型のPOSレジを導入するのであれば、まずは業者に問い合わせし、必要な機能などを相談するところからとなります。その後、金額を含めて提案されるので、納得できれば導入を進めていきましょう。設置するには相応のスペースも必要となりますので、美容室やサロンの場合は、店舗の雰囲気も考えながら設置します。

設置後は初期設定や操作についてレクチャーを受け、活用していきましょう。
タブレット型で導入することを検討されているのであれば、問い合わせ後に対応する端末、たとえばPCやiPad、スマホなどを用意します。
活用していくにはインターネット回線が必要となりますので、店舗に回線を引いていない場合、早めに手配しておきましょう。そして、アプリをダウンロードし、初期設定を進めます。さらに、商品やメニューの登録をして、実際に運用スタートです。

多くのシステム会社では、アフターサポートも充実しているため、導入後の不明点なども気軽に相談できるでしょう。

POSレジ導入のメリット

POSレジ導入のメリット

ここまでで、POSレジには予約や顧客管理、在庫管理などさまざまな面で非常に利便性が高いことをおわかりいただけたでしょう。続いて具体的なPOSレジを導入する5つのメリットについて、より深く掘り下げていきます。

会計業務の効率化を図れる

POSレジを導入するにあたって、最も大きなメリットは「会計業務の効率化」と言っても過言ではないでしょう。
会計の手入力を最小限にとどめることで、ヒューマンエラーの防止にも繋がります。さらにレジ締め作業も効率よく行えるので、閉店時の業務や手間を省くことも可能です。

売り上げデータの一元管理

POSレジを導入すると、店舗ごとの売り上げ情報を連携させることができます。店舗をさらに展開する際も数字を管理しやすくなるでしょう。利益が出たことにより次々に店を増やしたくても、売り上げの管理の煩雑さが足を引っ張ってしまうかも知れませんよね。

しかしPOSレジを導入すれば多店舗を展開したとしても、売り上げデータの管理が容易なので、管理業務も捗ること間違いなしと言えます。

販売情報の管理や分析により、会社や店舗の成長ができる

POSレジでは、リアルタイムで販売情報の管理や売上分析をすることができます。

どの時間帯にどの商品が売れているのか、どの客層に注力すれば良いのかなどが、リアルタイムで分かるのです。売れ筋商品の在庫切れを防いだり、逆に売れていない死に筋商品の在庫を処分する戦略を建てたりなど、すばやい経営戦略が実行しやすく、会社や店舗の成長が可能です。

また顧客の属性も分析できるので、どのようなお客様がリピーターになって、どのような商品を求めているのかも分析しやすい仕組みになっています。売上の管理だけに留まらず、マーケティングにも活用できる点は、メリットといっても過言ではないでしょう。

人件費の削減ができる

会計業務を効率化できて業務時間が短縮されるため、人件費を減らすことができます。混雑の見込みがある時間帯や曜日を把握して、無駄がなくて効率のいいシフト編成ができるでしょう。

また、最近では無人のPOSレジを導入するお店が増えてきました。無人のPOSレジはお客様自身に会計を行っていただくシステムなので、更なる会計の人員削減が期待できます。

顧客満足度の上昇が見込める

POSレジは通常のレジスターに比べて、設置に場所をとることがありません。レジの設置スペースを設ける必要がないので、お店のデザインを自由にできたり、お客がレジに並ぶ手間を削減できたりするため、顧客満足度の上昇が見込めます。

POSレジシステムのデメリット

POSレジ導入のメリット

便利なメリットがてんこ盛りなPOSレジですが、導入を検討する場合はデメリットも把握しておく必要があるでしょう。ここではPOSレジのデメリットを3つ紹介します。

初期費用や運用コストがかかる

POSレジ導入の最大のデメリットとして挙げられるのは、初期費用や運用コストなどがかかる点です。POSレジは通常のレジスターと比べて高機能なので、導入のための初期費用が高額になる傾向にあります。

POSレジを導入すると会計業務の効率化を図れるうえに適切な経営判断をする助けにもなるので、長い目で見ると費用対効果は大きなものを見込めます。しかし、初期費用の高額さにどうしても意識が向いてしまい、導入を迷うケースもあるでしょう。運用コストに関しては、システムのアップデートやメンテナンスといった部分にかかってくる費用になります。

ネットワーク環境が必要

POSレジを使用するには、インターネットに接続できる環境が必須です。お店にネットワーク環境がない場合は、新たにWi-Fi環境を構築する必要があるでしょう。

POSレジの有無に関わらず、ネットワーク環境は今や無くてはならないものになっています。例えば店舗内でWi-Fiを使うことができれば、お客様が自分のスマートフォンの通信量を気にせずインターネットを楽しめます。POSレジの導入をきっかけとして、店舗にWi-Fi環境を構築するのもいい考えかも知れませんね。

停電や故障が発生した場合に混乱する可能性がある

突然の停電や故障、あるいはサービスの不具合など、何らかの事情で一時的にPOSレジが使えなくなってしまうケースも考えられます。

備えもなくPOSレジが使えなくなってしまえば、混乱は避けられないでしょう。中にはオフライン環境でも利用できるPOSレジがあります。そういったPOSレジは一時的にオフラインになってしまった場合でも、オンラインに復旧したタイミングで、システム内に蓄積された売上データがクラウドに挙がるため安全です。

突然の停電にはあらかじめ備えておくか、万が一の時を考えてオフラインでも使用できるPOSレジを選ぶことをおすすめします。

レジ以外の機能例

レジ以外の機能例

これまでPOSレジの利便性についてお話してきました。お話してきた以外にも、POSレジには便利な機能がたくさんあります。

例えばレジ機能に限って話すと、店内のどこでも使えるため、従来のようにわざわざレジに来てもらって決済してもらう必要がありません。お客様が椅子に座ったままでも利用可能です。

しかし、便利なのはレジ機能だけではありません。ここでは主にレジ機能以外にも便利とされているPOSレジの機能について、掘り下げてお話していきます。

マルチデバイス対応

マルチデバイスに対応したPOSレジは、PCでも、お手持ちのiPadのみでも店舗業務を行うことが可能になります。端末さえ持っていれば、導入するための初期費用を大幅に削減できるでしょう。

例えば店舗での運用はPC、出先など店舗にいない時もPOSレジの機能を使って得たデータを分析したい場合はiPadで、といった使い分けも可能です。

予約システムがある

POSレジの中には、予約の一元管理が可能なものもあります。予約管理システムと連携できれば、お客様の「予約したい」を逃しません。

Web予約の管理も可能で、重複設定や連携不備の排除、フリー予約の連携がスムーズなどダブルブッキングさせずに予約管理システムの性能を最大限に活かせます。

さらに優れたPOSレジは「予約台帳で予約の確認ができる」「顧客カルテで予約されたお客様情報をチェックできる」「次回の予約もその場で簡単にできる」といった、予約システムに欲しいありとあらゆる機能が備わっているのです。業務効率を大幅に改善できるシステムであるため、店舗運営に欠かせないツールとなるはずです。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

セールスレポートがある

POSレジは分析機能も充実しています。売り上げレポートは日報、月報、日別で確認でき、わかりやすいグラフ付きのレポートもあるので、分析する際にも便利です。リピート率の改善や、売上アップのための施策を考えるうえで役立つでしょう。

例えば美容院での運用に特化したPOSレジは店舗全体の売上確認と分析ができるだけでなく、スタイリスト別などあらゆる角度から俯瞰できるのです。

電子カルテでの顧客管理

リピート率の改善は、店舗を運営するなら避けては通れません。改善のためには、データの管理と分析が必須です。

膨大な量のお客様情報や画像をペーパーレスでスマートに管理できるようになり、撮影した画像の保存はもちろん手書きでのメモ機能も搭載。アプリを使って、画像をお客様と共有することもできます。

手書きイラストで施術内容を記録することも可能ですから、次回の提案にも活かせるでしょう。もちろん、画像登録できるカルテを見せながらのカウンセリングも実現できます。

また、これまで紙ベースでしか対応できなかった、同意書(署名含む)やアンケートシートなども全て電子化できます。管理コストを大幅に改善できるでしょう。

まとめ

まとめ

POSレジを導入することで、通常のレジスター同様、売上の集計はもちろん、売上データの蓄積、在庫の管理、予約の管理などが可能となります。そのほか、スタッフの勤怠管理やお客様情報の電子データでの管理もできるようになるため、大幅な業務効率の改善が見込めます。

また、売上データに関しても日別や月別、あるいはスタイリスト別など、あらゆる角度からの分析が可能なため、リピート率の改善や売上アップの施策立案など、打ち手を工事やすくなるはずです。

紹介したようにPOSレジは種類によって、導入のコストも大幅に変わってきます。その中でもタブレット型は比較的安価で導入できますし、機能面でも店舗運営に充分な内容を有しているものが多いです。

まずは自社にとって必要な機能、予算などから導入すべきサービスを決めましょう。そして、業界に特化しているサービスを選択することがおすすめです。業界に特化していることで使い勝手もよく、既存の予約サービスとの連携が容易で一元管理できるなど、メリットも多いためです。

美容室・向けにおすすめできるPOSレジの機能も紹介しているため、ぜひ検討してみてください。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

 

参考URL
[1]https://web.casio.jp/ecr/ble/column/021.html
[2]https://www.postas.co.jp/makesmiles/3587/

インスタ連携予約
LINE連携予約
PAGE TOP