予約システム「suzume」の特徴は?機能や3つのプラン、注意点などを紹介

予約システム「suzume」の特徴は?機能や3つのプラン、注意点などを紹介
公開日
更新日

予約システムsuzumeは「小さなサロン・フリーランス美容師のための予約システム」と銘打たれているため、気になっている方もいるでしょう。

予約システムの導入を検討する際には、そのシステムを導入するメリットやできること・できないことを明確にすることが大切です。

今回は、suzumeの特徴や機能、導入方法や料金プランについて解説します。ぜひ予約システム導入の参考にしてください。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

suzumeとは?個人サロン・フリーランス向けの予約システム

suzumeとは?個人サロン・フリーランス向けの予約システム
suzumeとは、個人サロンやフリーランス向けの予約システムで、24時間のネット予約受付はもちろんのこと、さまざまな機能で業務効率化をはかることができます。

シンプルな機能でスマホ・タブレット対応なのも嬉しいポイント。お客様の予約画面だけでなく、管理画面もスマホ・タブレットで直感的に操作できるので、気負わずに導入できます。

個人サロン・フリーランスが予約システムを導入するメリット

一人で運営している小規模なサロンやフリーランスで活動する理美容師、エステティシャンなどのなかには、わざわざシステムを導入する必要性を感じない方もいるかもしれません。

しかし個人サロン・フリーランスだからこそ、予約管理や顧客管理、売上管理にまつわる事務的な業務を効率化することが重要です。

そこで、個人サロン・フリーランスが予約システムを導入するメリットについて整理しておきましょう。

なお、個人サロンに予約システムを導入するメリットや選び方については以下の記事で詳しく解説していますので気になる方はチェックしてください。
個人サロンに予約システムを導入するなら無料と有料どちらがいいの?おすすめのシステムも紹介

予約受付の自動化で効率アップ

一人で運営しているサロンやフリーランスの場合、予約の受付や変更、キャンセルなどの連絡が入るたびに施術を中断しなければなりません。

電話やメール、ポータルサイトやLINEなどを予約受付窓口として利用している場合、それぞれの予約経路からの情報を予約台帳へ転記する必要もあります。

施術や接客の合間にそれらを行なわなければなりませんが、お客様との信頼関係を壊さないためにもミスは許されません。

自動で予約やキャンセルを受付け、予約台帳に転記する予約システムがあれば、予約業務にまつわる負担を減らし、接客や施術技術の向上に時間を割けます

24時間365日受付可能

電話での予約受付は、営業時間中しかできません。フリーランスの場合は、プライベートな時間でも電話を取らざるを得ないことで、プライベートとの境が曖昧になってしまうことも考えられます。

お客様にも、電話やメールなどで問い合わせをしないと予約枠の空き状況がわからないという不便をおかけしてしまうというデメリットもあります。

予約システムは24時間365日、店休日や夜間でも自動で予約を受付け、システムによってはリマインダー通知も自動でするため、出勤してから予約台帳を確認するだけで済むのは大きなメリットです。

suzumeの特徴と機能を紹介

suzumeの特徴と機能を紹介
予約システムは、どの業種でもそれなりに使い勝手よく開発された汎用性の高いものと、それぞれの業種向けに便利な機能を搭載しているものがあり、ものによって機能が異なる場合があります。ここではsuzumeの機能や特徴を紹介しましょう。

美容系サロンや整体院・治療院などが対象

suzumeは美容室やエステサロン、リラクゼーションサロン・ネイルサロン・まつエクサロンなど美容系のサロンや整体院・治療院などを対象とした予約システムです。さらに個人サロンやフリーランスなど、スモールビジネスを展開する方向けのシステム

美容系サロンや整体院などでは、メニューに対して細かなオプション設定が必要なケースが多々あります。suzumeは比較的低コストでお客様の予約の利便性を高め、サロンにとっても予約受付・管理業務をコストダウンすることが可能です。

お客様は会員登録なしで予約可能

予約システムは、お客様が使いやすいものであることも重要です。suzumeは、会員登録なしで予約できるため、お客様が予約の時点で離脱することを防ぎます

予約はメニューを選び、日時を決めたら名前・電話番号・性別を入力して完了。わずか4ステップで予約でき、予約画面もシンプルで操作しやすいので、はじめてのお客様にも案内しやすいでしょう。

15分単位で予約受付ができる

予約枠は、無駄なく埋められるかどうかが売上にも影響します。しかし予約システムの予約枠が細かく設定できるとは限りません。30分単位や1時間単位でしか設定できない場合、どうしても時間にロスが生じてしまいます。

suzumeは15分単位で予約枠が調整できるので、お客様やメニューに合わせて無駄なくスケジューリングできるのが嬉しいポイントです。その分、お客様の希望にも柔軟に対応できるため、よりお客様に満足していただけるでしょう。

専用予約アプリで通知できる

suzumeでは専用の予約アプリを利用できます。これはsuzumeを利用するサロンオーナー・フリーランス向けの管理アプリで、オーナーページへのクイックアクセスを可能にし、予約受付やキャンセルの通知を受け取ることができるもの。

予約が入ったときやキャンセルがあったときにすぐにチェックでき、出勤前にスケジュールを確認できるので便利です。

仮予約機能でダブルブッキングを防止

仮予約機能があるのもsuzumeの特徴です。自動で受付できるのは便利な反面、たとえばほかの予約方法とsuzume経由で、同じ日時に同時に予約が入ってしまった場合、予約が確定したあとにお断りしなければならない事態になる可能性も。

仮予約機能を利用すれば、予約が入っても店舗が確認して折り返すまで予約が確定されないので、ダブルブッキングを防止するのに役立ちます。

ただし、お客様に電話かメールで折り返して予約を確定するという手間が増えるので、自動で受付するという便利さが半減することはデメリットといえるでしょう

suzumeの導入方法や料金プランをチェック

suzumeの導入方法や料金プランをチェック
ここからは、suzumeの導入方法や料金プランをチェックしていきましょう。

導入の手順は3ステップ

suzumeは、会員登録をしてメニューなどの設定をするだけで導入できる手軽さが魅力です。まずはWebで無料会員登録を済ませましょう。任意のメールアドレスで仮登録し、メールで届いたURLから、本登録をします。導入までのステップは3段階あります。

  • 会員登録
  • 店舗名・営業時間・メニューなどを設定
  • ホームページのURLを登録

ホームページがない場合は、LINE公式アカウントやFacebook・InstagramなどのSNSアカウントのURLを登録することも可能です。

これは、予約時にお客様が予約ページからホームページに戻れるようにするための設定なので、店舗設定で住所や電話番号を設定しておけばスキップすることもできます。

プランは無料プランを含め3つ

登録した時点では、自動的に月額275円の基本プランが適用されますが、60日間は無料トライアル期間です。2023年3月に無料プランは廃止となっているので、注意しましょう。

プランは無料トライアル期間を含め3種類です。以下の表に料金やそれぞれの機能をまとめています。

  無料トライアル 基本プラン 複数受付プラン
予約可能枠 1 1 4
予約履歴の保管 60枠 無制限 無制限
広告表示 あり なし なし
月額料金 0円 275円 1,100円

Suzumeの予約設定のやり方や注意点を紹介

Suzumeの予約設定のやり方や注意点を紹介
デフォルトの設定では、365日24時間の予約可能枠となっています。そのままでは予約受付開始と同時に休日や営業時間外などに関係なく予約が入ってしまう可能性も。

そこであらかじめ予約可能な時間と休日などを設定し、予約可能枠以外の予約をブロックしなければなりません。

ここでは、suzumeの予約の設定方法や注意点について確認しておきましょう。

2ヶ月先のスケジュール設定を常にしておく

suzumeの初期設定では、2ヶ月先の予約まで受付可能となっています。これは任意で1ヶ月後まで、3ヶ月後まで、7日後までなど設定することも可能です。予約を受付けている期間は休日や予約可能枠の設定をしなければなりません

たとえば2ヶ月先の予約まで受付している場合、月初に次の月の予約受付が開始されるため、設定のし忘れに気をつける必要があります。オーナーページから予約が入ると困る枠のブロック設定を行いましょう。

予約の所要時間を15分単位で調整する

suzumeは15分単位で予約の受付を設定できます。メニューごとにあらかじめ所要時間を設定することが可能です。できるだけ次の予約までの空き時間を埋めることで売上アップが期待できますが、余白を持たせないと次のお客様をお待たせしてしまう可能性もあります。

片付けの所要時間や休憩時間などを考慮して設定しましょう。

予約時のメニューを設定する

suzumeはそれぞれのメニューをグループに分け、グループを積み重ねてメニューページを作る仕組みです。メニューグループのなかに「カット」のみ、「カット」+「カラー」や「カット」+「シェービング」などのメニューを設定し種類ごとにグループを作るイメージ。

この設定はお客様の予約画面に表示され、タップすることでメニュー選択ができるようになります。これを利用して、メニューグループにサロン側が事前に聞いておきたい設問を設定することも可能です。

たとえば新規のお客様かどうかをYESかNOで答えられるようにしたり、カウンセリングでお尋ねする内容を設定したりしてカウンセリングを簡略化することにも活用できるでしょう。そこで、メニュー設定を活用するコツを紹介します。

予約の時点で店舗が把握しておきたいお客様の情報

それぞれのメニューごとに所要時間を設定できますが、新規のお客様の場合カウンセリングに時間がかかることが予想されます。

その場合、メニューグループの質問事項で「新規のお客様ですか?」などの質問を設け、「はい」を選んだ場合だけ15分所要時間を追加できる設定にすることで時間枠を調整することも可能です。

同時施術の有無を選択

さまざまなメニューを取り扱っているサロンでは、いくつかのメニューを同時に希望されるお客様もいらっしゃるでしょう。特にエステサロンやトータルビューティサロンなどでは、いくつかのメニューを一回の施術で利用されるケースが多くあります。

あらかじめセットメニューにしておくのも一つですが、お客様が任意で選べるようにするには、メニューのグループをそれぞれに作成しておきましょう。

たとえばエステサロンの場合、「フェイシャル」「ボディ」「リラクゼーション」などでグループを作り、すべてを選ぶことも一つだけを選ぶこともできるようにしておきます。

メニューを選択しないと予約に進めないため、質問をスキップしたい方のために「選択しない」というメニューを設定しておくと親切です。

メニューの詳細がわかるURLの設定

suzumeは予約画面のシンプルさを重視しているため、予約画面にはメニュー名のみが表示されます。場合によっては、お客様がどんな内容のメニューかわからないこともあるかもしれません。

そういった場合、「このメニューの説明を見る」というリンク先にメニュー内容を説明したページを準備しておけば、詳しい施術内容を説明することができ、お客様が納得した上で予約を入れていただくことができます。

また、わざわざ別ページを準備するほどではない、というケースでは、それぞれのメニューの設定ウィンドウに簡潔にメニュー説明を表示させることも可能です。

さらに多機能な予約システムを導入したいならリザービアがおすすめ

さらに多機能な予約システムを導入したいならリザービアがおすすめ
美容系サロンや整体院・治療院に特化した機能をもつ予約システムには、さらに多機能なものもあります。業務効率化のために予約システムを導入するなら、より多機能なものを選び、完全に自動化するのがおすすめです。

導入前から導入後まで手厚いサポートが好評のリザービアは、全国5,000店以上のサロンで利用されており、さまざまな外部連携機能で集客の効率を上げるのにも役立ちます。

予約手順は4ステップ、最短20秒で予約完了

リザービアの予約画面はシンプルで見やすく、操作性もいいのが特徴です。予約完了までのステップは4つで、メニュー・スタッフ・日時を選択したあと、名前・メールアドレス・電話番号を入力するだけ。

面倒な会員登録の必要がないため最短20秒で予約でき、高い予約完了率が期待できます

メニューに追加するオプションはメニューを選択後に展開するので、トップ画面はすっきりして見やすく、お客様が混乱せずに選ぶことができます。

たとえば、美容室で「カット」を選んだ場合、「トリートメント」「眉カット」などを選べたり、ネイルサロンで「ネイル」を選んだ場合「オフあり」「オフなし」、まつエクサロンでまつげ本数の指定をしたりといった使い方が可能。

また無料のオプションメニューやカウンセリングなどのような、料金は発生しないけれどしっかり時間をとりたい場合などに枠を設定することもできます

ダブルブッキングの自動制御機能

予約は一ヶ所からのみ入るとは限らないため、ダブルブッキングには常に気を張る必要があります。リザービアには予約枠の自動制御機能があるため、クーポンサイトやSNS、ホームページ経由などの予約を自動で調整することが可能です。

さまざまな予約を一元管理し、クーポンとの紐づけやクーポンを使える日時の設定をするといった柔軟な使い方ができるので業務効率化に役立ちます。

予約経路ごとの予約率を見たり、メニュー内容・顧客データなどの自動集計機能も搭載しているため、運営の課題を見つけたり集客方法の絞り込みをしたりといったことに活用できるでしょう。

豊富な外部連携機能を集客に活用できる

リザービアは外部連携機能が豊富なので、集客の効率を高めることも可能です。たとえば、Googleビジネスプロフィールを利用してブラウザ経由の新規客を直接予約につなげたり、LINEのリッチメニューに予約ボタンを設置し、予約窓口として活用することもできます。

Googleビジネスプロフィールはポータルサイトより上位に店舗情報が表示されるGoogleのサービスで、マップ検索などで近くのサロンを探しているユーザーに露出し、ワンクリックで予約につなげることが可能です。

また、LINE公式アカウントからの予約を手動でのやりとりなしで予約受付できるため、行き違いやダブルブッキングのリスクを軽減できます。

それらの予約は自動で予約台帳に反映され、予約枠は自動で調整されるため、予約管理のコストを大幅に下げることができるでしょう。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!1分で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

シンプルで使いやすい予約システムを活用して業務効率化をはかろう

シンプルで使いやすい予約システムを活用して業務効率化をはかろう
個人サロンやフリーランスは小規模なビジネスモデルなため、予約システムや顧客管理の自動化は不要だと考えがちです。しかしここまで見てきたように、個人だからこそ施術や接客にかける時間を削らなくてすむよう、バックオフィス業務は効率化しなければなりません。

業務効率化のためには、なんでもいいから予約システムを導入するのではなく、機能面も重視する必要があります。

リザービアはサロン向けの機能が豊富で、予約完了率を高める仕組みや豊富な外部連携機能で集客にも活用でき、個人サロンやフリーランスのサロンワークをより快適にできるでしょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP