ネイルサロンの料金表の価格設定は?料金の考え方とおすすめのメニュー表の作り方を紹介

ネイルサロンの料金表の価格設定は?料金の考え方とおすすめのメニュー表の作り方を紹介
公開日
更新日

ネイルサロンの売上を決める重要な要素の一つが、料金表です。お客様の興味関心を引くようにデザイン・メニューの工夫をすることが、売上や集客につながります。

しかし、具体的にどのような料金表・メニュー表を作るべきかわからない、と悩んでいるネイルサロン経営者の方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ネイルサロンの料金体系の相場や料金を決める際の考え方、おすすめのメニュー表の作り方について詳しく解説します。ネイルサロンの料金相場やメニュー表づくりについて知って、売上につなげていきたい方は必見です。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ネイルサロンの料金体系は?

ネイルサロンの料金体系は?
ネイルサロンにおける料金相場は、いくらくらいでしょうか?この章では、ネイルサロンの料金体系の内訳と相場感を紹介します。

ネイルサロンのサービス料金決定のメカニズムと相場感がどの程度なのかを把握して、自分の店舗におけるサービス料金の決定に生かしましょう。

メニュー料金の設定に関しては、以下の記事も参考にしてみてください。

ネイルサロン開業・値段設定するための基本的な考え方を紹介

ネイルサロンのサービス料金の内訳

ネイルサロンのサービス料金を構成する要素には、以下のようなものがあります。

内訳 項目別の相場感
基本料金(特殊加工なしでかかる部分) 約3,000円〜4,000円
ハンドケア料金(甘皮や白爪ケアなど) 約2,000円
加工技術料
(フレンチネイル・グラデーションなど)
数千円〜数万円
パーツ料金(ラメやストーンなど) 装飾の種類による
その他(ネイルケア・指名料など) ネイル補修で約1,000円〜3,000円

基本料金として約3,000円がかかり、甘皮や白爪のケアをしてもらうなら約2,000円のケアサービス料金がかかることが多いようです。

加工技術料は色の違いが豊かなグラデーション、デザイン性が豊富なネイルサロンのフレンチなど、お客様が希望するネイルタイプによって料金相場は大きく変わります。

詳しい相場感については、次項で紹介します。

また、オプションでパーツを追加したり、ネイル補修やネイルの塗り直しをしたりなど、ネイルのアフターケアに関するオプションサービスの料金も考慮しなければなりません。

ネイルサロンのサービス料金の相場

ネイルサロンのサービス料金は、最低でも基本料金や加工技術料をとるのが基本です。これらを合わせたサービス料金は8,000〜10,000円前後。ハンドケアやオプションを追加すると、12,000〜15,000円前後という相場感になるのが一般的でしょう。

ネイルサロンのジェルネイルの加工技術料の目安をまとめると、以下のようになります。

サービスの種類 料金相場
ワンカラー(基本料金) 6,000円前後
カラー(1色追加ごと) 4,000円前後
グラデーション 3,000円前後
フレンチ 3,000円前後
ラメグラデーション 2,000円前後
ストーン 1つあたり100円〜

上記の相場感があることを意識した上で、自分の店舗の料金体系を考えてみましょう。

ネイルサロンの料金表を決める際の考え方

ネイルサロンの料金表を決める際の考え方
ネイルサロンの料金を決める際は、いくつかの基本的な考え方があります。また、価格変更をするのに、覚えておきたい考え方やタイミングについても知っておきたいところ。

この章では、ネイルサロンのサービス料金を決める際の基本と、料金変更の考え方についてくわしく見ていきましょう。

1.サービス価格設定の基本

ネイルサロンのサービス価格には、材料費や人件費などのサービス原価に利益を上乗せした料金を設定するのが基本です。

メニューごとにかかる材料費や光熱費、提供時間の長短によるスタッフの人件費を計算して、最低でもどれくらいの原価がかかるのかを計算します。

また、家賃や広告宣伝費なども考慮して、サービスを売るためにかかった費用はどれくらいかも考慮しておくことも大切です。

メニューごとにかかる費用を出したら、あとは店舗の利益となる料金を上乗せすることで、赤字にならない料金表づくりができます。

2.価格を変更する際の考え方

ネイルサロンで継続的な売上をあげていくためには、サービスに付加価値を感じてもらい、高利益のメニューでも営業できるような状態にするのが理想です。

安売りしてしまうと、かけられるコストが限られてしまうので、お客様が満足できるような丁寧でオリジナリティのあるサービスを提供するのが難しくなってしまいます。

赤字にならない料金設定でサービスを提供することはもちろん、値上げをしてもリピーターを増やしていけるようなメニューを考えることが大切です。

3.価格変更を考えるべきタイミング

ネイルサロンの価格変更を考えるべきタイミングは、以下の3つの場合が多いでしょう。

  • 客単価が下がってきた
  • 店舗での滞在時間が短い
  • サービス外の要望が増えた

客単価が下がってきたら、利益率の低いメニューの料金を再検討する必要があります。

お客様に求められているメニューを考え、ネイルサービスの質向上に務め、料金を上げても売れるようなメニューやサービスを目指しましょう。

また、店舗での滞在時間が短くなると、追加のサービスを提供できないことが多くなるので、結果的に店舗の売上がへってしまうことにもつながります。お客様の滞在時間を長くするような魅力的なオプションメニューを考案してみましょう。

他にも、もしお客様にサービス外の要望をされる機会が増えたら、メニュー外のオプションやサービスのさらなる充実に対する需要があるということとらえましょう。追加のメニューやサービス内容を充実させて、料金を上げるべきタイミングだと考えるべきです。

お客様の要望に応えるサービスを適切な料金体系で売ることで、店舗の売上をアップすることを目指しましょう。

ネイルサロンの料金表を含めたおすすめのメニュー表の作り方

ネイルサロンの料金表を含めたおすすめのメニュー表の作り方
ネイルサロンのメニュー表を作る際は、4つのポイントをおさえることが大切です。

  • おすすめのメニューがわかりやすい
  • 施術内容や料金体系が一目でわかるレイアウト
  • コースやオプションメニューを作る
  • キャンペーンメニューも作っておく

これらのポイントを知って、より魅力的な料金表を含めたメニューづくりをしましょう。

1.おすすめのメニューがわかりやすい

ネイルサロンの料金表とメニューを作る際は、店舗の目玉となるおすすめのメニューを目立つ位置に記載することが大切。また、目立つキャッチコピーで「当店No.1」や「店長おすすめ!」などの文言を配置したり、装飾にこだわったりすることも重要な要素です。

おすすめのメニューは店舗の売上を左右する存在。お客様のファンを増やしたり、高利益なメニューへの入口として目立つように装飾したりする役割があります。

おすすめのメニュー名と料金はわかりやすくメニュー表に記載しましょう。

2.施術内容や料金体系が一目でわかるレイアウト

メニュー表で重要なのは、施術内容と料金が一目でわかるデザインにすること。メニュー名とメインとなる施術内容についてわかりやすく記載します。

また、メニューの料金体系や実際のネイル画像なども掲載することで、お客様が店舗のサービスを受けるべきかどうかを決めるのに役立ちます。

3.コースやオプションメニューを作る

コースメニューや需要が大きいオプションメニューを作っておくと、多くのお客様に響くようなメニュー表を作れるでしょう。また、コースメニューやオプションメニューを充実させることで、客単価を上げて店舗の利益をアップさせる効果も期待できます。

ネイルサロンでよくあるオプションには、以下のようなメニューが挙げられます。

  • 角質ケア
  • ハンドマッサージ
  • 爪磨き
  • キャラクターデザイン
  • フットバス

お客様が付加価値を感じてくれるようなコースメニュー・オプションメニューを充実させて、ファンの獲得や店舗の売上アップを目指しましょう。

4.キャンペーンメニューも作っておく

期間限定メニューや平日限定割引など、キャンペーンメニューを定期的に用意しておくことで、新しいお客様を呼び込む集客効果を期待できます。

既存のお客様をファンにする戦略を考えるのと同時に、新しいお客様を集客するためにも、お得感のあるキャンペーンメニューを工夫してみましょう。

お客様目線でわかりやすいネイルサロンのメニューの作り方を考える

お客様目線でわかりやすいネイルサロンのメニューの作り方を考える
ネイルサロンのメニュー表を作る方法は、以下の3つの手段が考えられます。

  • 無料・有料のソフトでメニューを作成する
  • 手書きで作る
  • 専門の広告・印刷会社に依頼する

それぞれの手段の特徴について知って、どの方法でメニュー表を作るか検討しましょう。

1.無料・有料のソフトでメニューを作成する

無料、もしくは有料ソフトやアプリでメニュー表を作成するのが、コスパがいい上に、素早くメニュー表を作成できる方法です。

ExcelやWord、PowerPoint等や、無料で使える編集・デザインソフトなど、メニュー表を作成できるサービスも数多くあります。

メニュー表を変更する機会が多い場合は、手軽にデザインを変更できるので便利ですが、デザイン性が高いメニュー表を作るのは難しいでしょう。

2.手書きで作る

手書きでメニュー表を書く方法もあります。デザイン性や見やすさは個人のスキルによりますが、手書きならではのオリジナリティや温かみを表現できるでしょう。

3.専門の広告・印刷会社に依頼する

クオリティを重要視している方は、専門の広告代理店や印刷会社にメニュー表作成を依頼する方法がおすすめ。料金はそれなりにかかりますが、店舗の要望に応じた高クオリティなメニュー表を作成できるのがメリットです。

料金を上げてもリピーターを獲得できるネイルサロンとは?

料金を上げてもリピーターを獲得できるネイルサロンとは?
サービス料金を上げてもリピーターを獲得しやすいネイルサロンの特徴は、接客やお客様に寄り添ったサービスを提供している点です。

この章では、リピーター獲得につながりやすい店舗サービスの特徴について知って、自分の店舗づくりに生かしてみましょう。

1.心地の良い接客をしてくれる

ネイルサロンがファンを獲得するためには、お客様にとって居心地のいい空間と接客体制を万全にしておくことが大切です。

丁寧な接客をし、また訪れたいと思うようなホスピタリティを見せることで、何度も店舗に通ってファンになってくれる可能性が高いでしょう。

他店舗との差別化のために、それぞれのお客様に最適な接客を心がけることは重要です。

2.サービスの質や爪のことを考えた施術ができるかどうか

リピートしたいネイルサロンは、お客様のネイルと向き合って、ネイルの悩みを解決するようなサービスを提供しているのが特徴です。

また、ネイルサービス当日だけでなく、施術後の途中経過もチェックすることも重要。ネイルの修復や塗り直し、問題点を解消する各種のオプションを充実させるなど、お客様を第一に考えたサービスを提供することがファンの獲得につながります。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ネイルサロンの料金表を含めたお客様目線の見やすいメニュー表を作っていこう!

ネイルサロンの料金表を含めたお客様目線の見やすいメニュー表を作っていこう!
この記事では、ネイルサロンの料金表の値段の決め方、魅力的なメニュー表のコツや作り方、料金を上げてもファン獲得につながるネイルサロンの特徴を紹介しました。

お客様を第一に考えたサービスを心がけ、店舗の利益を確保する料金表・メニュー表づくりを考えることで、ネイルサロンの売上につなげていきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP