美容系ポータルサイトとは? 導入のメリットと注意点|予約管理はポータルサイトだけでいいの?

美容系ポータルサイトとは? 導入のメリットと注意点|予約管理はポータルサイトだけでいいの?
作成日
更新日

美容室や美容サロンの集客や予約には、どのようなシステムを使っているでしょうか。なかには、口コミだけ、自社だけ、最近では予約サイトを持たずに美容系ポータルサイトで完結させているサロンもあるかもしれません。

今回は、ポータルサイト活用のメリットとデメリット、おすすめの美容系ポータルサイトとあわせて、活用したい予約管理システムについてご紹介します。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

美容系ポータルサイトとは?種類別の特徴を紹介

美容系ポータルサイトとは?種類別の特徴を紹介

そもそもポータルサイトとは、直接商品やサービスを販売するのではなく、類似する商品やサービスそれぞれの情報を掲載し、情報提供と集客を同時におこなえるサイトです。

美容系のポータルサイトにもテーマや目的によって、さまざまなタイプのサイトがあります。つづいては、美容系顧客ポータルサイトの種類別に、それぞれの特徴を確認しておきましょう。

1. 専門分野型|美容室・エステサロンなどに特化

専門分野型のポータルサイトは、ひとつの分野に絞って情報を集めたポータルサイトです。美容系では、美容室専門のポータルサイトもあれば、ネイルサロンやエスティティックサロンなど、美に関連するサロンをまとめたポータルサイトもあります。

美容系ポータルサイトには、美容室や美容に関心がある人、実際に来店したくて探している人が誘導されますので、ポータルサイトから個別サイトへの誘導率も高く、効率的に集客することが可能です。

2. 総合型|多くのコンテンツのなかに美容系が含まれる

総合型のポータルサイトは、ディレクトリ型ポータルサイトとも呼ばれる専門分野型のように範囲を区切らない、より検索エンジンに近い多彩なコンテンツが集まっているサイトです。いろいろな情報を得られるので日常的に利用している人が多く、美容にあまり関心のない人にも、サロンのことを知ってもらえます。

専門分野型ポータルサイトに比べるとユーザーが多いのが特徴ですが、ユーザーの興味は多岐に渡るので、必ずしも集客に結びつくわけではないということもあるようです。

3. 口コミ型|メインコンテンツは口コミ

専門分野型や総合型ポータルサイトでは、サロンの情報やクーポンなど発信者がメインのコンテンツになりますが、口コミ型ポータルサイトは口コミを集めて、お客様から集まった情報がメインコンテンツとなります。

自分に合うサロンを探していて最終的にどちらにしようか迷っているお客様のように、ピンポイントに「どんなサロンなのか知りたい」というニーズに応えるのが、口コミ型ポータルサイトです。高評価の口コミが多いと集客につながりますので、日ごろの接客や営業が反映されます。

4. 地域密着型|周辺地域の集客に特化

地域密着型ポータルサイトは、ある地域に特化したポータルサイトとなっています。地域限定であるためサイトを訪れるユーザーは少なめですが、リアルに足を運ばないとサービスを受けられない美容業界や飲食店業界、観光業界には効果的なサイトです。

分野を区切っていない点では総合型に似ていますが、地域が指定されているため、美容への興味が薄い人でも「近くにあるのなら行ってみよう」という気持ちになりやすいでしょう。

美容系ポータルサイトを利用するメリットと注意点とは?

美容系ポータルサイトを利用するメリットと注意点とは?

集客に役立てられるポータルサイトには、さまざまな種類とタイプがあります。ここでは、美容系ポータルサイトを集客ツールとして導入する際に、知っておきたいポータルサイト利用のメリットと注意点を確認しておきましょう。

参考記事:美容室・美容サロンがポータルサイトに登録するメリットとは?|おすすめポータルサイト12選

美容系ポータルサイトを集客に利用するメリット

美容室で美容系ポータルサイトの導入を検討する際に、どんな効果があるのか実感できない場合もあるでしょう。

まずは美容系ポータルサイトを集客に活用するメリットを、集客と業務の効率化の視点からご紹介します。

1. 集客しやすい|多くの人の目につきやすい

美容室や美容サロンでは、自社サロンのみでホームページやSNSアカウントを作成して運用している場合も少なくありません。ホームページやSNSでの集客は、すでにそのサロンに通っている人とのつながりを深めたり、通っている人の知り合いに広げていったりすることには有効ですが、顧客の新規開拓がむずかしい場合があります。

一方で、美容系ポータルサイトは不特定多数の人の目に触れやすく、ほかのサロンとの比較も容易です。そのため、お客様にとっては選びやすく、サロンにとっては集客しやすいといったメリットがあります。

2. パソコンが苦手でも比較的かんたんに利用できる

美容室や美容サロンで施術や接客、技術の向上に時間を割くために、ホームページの作成や更新に時間をかけるのがむずかしいこともあるかもしれません。

しかし、美容系ポータルサイトは操作が感覚的にわかる入力画面になっているものが多いです。そのため、ホームページを作成したり、更新したりすることに比べると、パソコンが苦手な人でも無理なくかんたんに利用できます。

3. ポータルサイトの機能を利用できる|口コミ・WEB予約機能など

美容系ポータルサイトのなかには、サロンの紹介だけでなく、ポータルサイトに用意された集客に役立つ機能を利用できる場合があります。ポータルサイト自体に口コミを書き込める「口コミ機能」はもちろんですが、ポータルサイトから直接予約ができる「WEB予約機能」も便利です。

さらにブログを掲載したり、顧客とのコミュニケーションをとったりできるポータルサイトもあり、業務管理や売り上げ分析もおこなえるサイトもあります。

美容系ポータルサイトを集客に利用する際の注意点

美容室や美容サロンで美容系ポータルサイトを利用すると多くのメリットがありますが、導入する前にチェックしておきたい、いくつかの注意点があります。

つづいては、美容系ポータルサイトを集客に利用する際の注意点にはどのようなものがあるのかを確認しておきましょう。

1. コストがかかる|初期費用・維持費用

美容系ポータルサイトを導入するにあたっては、パソコンやタブレットの導入だけでなく、ネット環境がないサロンではプロバイダ契約、Wi-Fi環境の設備などの初期費用がかかります。さらに、使う機能によっては、レシートを印刷するプリンターなどを準備する必要もあるでしょう。

また、導入後も掲載料や手数料など毎月支払わなければならない広告費が発生します。毎月の支払以上に集客効果がでない場合には、長く使うほど負担が増えることになってしまうでしょう。

2. リピート率が低め|掲載をやめると集客力が下がる

一般的に、ポータルサイト経由のお客様はリピート率が低めで定着率が低くなりがちだといわれます。美容系ポータルサイトに掲載して来店したお客様は、ポータルサイトに掲載されていないサロンには来店しない場合が少なくありません。

そのため、美容系ポータルサイトへの掲載を中断したり、クーポン割引を辞めたりすると集客力が下がってしまうことがあります。美容系ポータルサイトでは、集客と同時に来店したお客様の定着に力を入れていくことが重要です。

3. 口コミが悪い方に働くことも

美容系ポータルサイトのなかには、口コミ機能がついているサイトがあります。この機能がある美容系ポータルサイトでは、よい口コミがあれば集客によい影響を与える一方で、当然よくない口コミがあると集客力が下がってしまうこともあるようです。

まれですが、悪意ある口コミを書き込む人がいたり、愉快犯のように根拠のない口コミを書き込まれたりして集客に悪い影響を与えることもあります。

美容系ポータルサイト6選を紹介!

美容系ポータルサイト6選を紹介!

美容系ポータルサイトの活用を検討する際に、どのサイトにするのかは迷うところです。ここでは、美容院や美容サロンの特性に合わせた、おすすめの6つのポータルサイトをご紹介します。

HOT PEPPER Beauty(ホットペッパービューティー)

6万5,000店以上の美容サロンが導入している国内最大級の美容系ポータルサイトです。ヘアサロンでの導入は4万9,000店以上で、サロンの規模に合わせた料金プランを選べるので、3席以下の店舗からも多く利用されています。

24時間ネット予約が可能で電話予約や来店予約などとの一元管理も可能なので、お店の運用を大幅に効率化させることが可能です。

参考記事:ホットペッパービューティーを活用した集客方法8つのコツ

Beauty Park(ビューティーパーク)

店舗ページを開設するための初期費用無料で、月額料金3,000円から安価でかんたんに使える予約システム付きの美容系ポータルサイトです。

Beauty Park独自取材のコラムや店舗参加型の特集もあるので、自社サロン作成のホームページにはない新たな視点からお店をPRできるのが魅力。ホームページの作成やインスタグラムの運用を代行してもらうことも可能です。

OZmall(オズモール)

東京・関東エリアに特化した美容ポータルサイトです。もともとは女性誌「OZmagazine」のWEB版としてスタートしているので、編集部が実際に店舗に行って、取材をおこなってから掲載されます。

テーマ別の記事にお店が紐づけられており、都や県のカテゴリだけでなくさらに細かな地域ごとに掲載されるので、より実際の集客に結び付きやすいサイトです。

EPARKビューティー

Googleで予約やInstagramなどのSNS、公式ホームページをEPARKビューティーのクラウドデータベースで結合した、集客を全方向的にカバーするサービスです。

サロンの公式情報を一元管理するYextや検索上位に表示されるためのMEO TOOL、口コミを集めるツールなども揃っているので、より効果的に集客できます。

楽天ビューティー

楽天グループのユーザーにアピールできる美容系ポータルサイトです。スマホからのアクセスが多く、男性の目にも留まりやすい媒体なので、新たな層を集客するのにも役立ちます。

掲載料や月額料金などといった固定費用はかかりませんが、楽天ビューティー経由の予約には別途成果課金が必要です。

BEAUTY PORT(ビューティーポート)

地域とカテゴリを選んで広告を出稿できる美容系ポータルサイトです。ユーザー登録するだけで、店舗案内のページに写真や店舗紹介などを掲載でき、施術メニューやクーポンも設定できます。

別途料金を支払うことで、閲覧者の居住地域を絞って、サイト内に広告を掲載させることも可能です。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

予約管理はポータルサイトだけでいいの?

予約管理はポータルサイトだけでいいの?

美容室や美容サロンの予約管理にも活用できる美容系ポータルサイトですが、ポータルサイトだけで集客や顧客管理などはおこなえるのでしょうか。

ここでは、美容系ポータルサイトよりもさらに高度な予約管理システムの活用についてご紹介します。

集客をポータルサイトのみに頼るのは危険!

ポータルサイト経由のお客様は、クーポン券のお得感や物珍しさで来店することが多いので、リピート率や定着率が低めになります。ポータルサイトに登録している間は維持できても、登録を解除するとともに集客率が下がってしまうでしょう。

また、利用している美容系ポータルサイトで不具合が生じたり、システムが変わったりした際にもポータルサイトに頼りすぎていると予約ができない状況になってしまうことも。ポータルサイトに頼りすぎず、自社サイトなどでの予約受付手段やSNSに予約先を掲載しておくことで、リスクを低減できます。

サロンでも予約管理はできる?|予約管理システムとは

美容系ポータルサイトだけでなく、自社サイトで予約管理する方法として、予約管理システムを利用する方法があります。

予約管理システムには、予約サイト連携機能や予約スケジュール管理機能以外にも、ポータルサイトにはない便利な機能がついているのが特徴です。ここでは、ポータルサイトだけに頼らず、予約管理システムを活用したほうがよい理由を解説します。

1. 24時間予約受け付けが可能|機会損失が防げる

予約管理システムでは、ポータルサイト同様にオンラインから24時間予約受け付けが可能です。営業時間外や美容院や美容サロンが混雑していて電話対応ができない際にも、オンラインからの予約が可能であればお客様を待たせることがないので、機会損失を防げます。

また、リピーターのお客様がポータルサイト以外から予約することも可能ですので、ほかのサロンに目移りすることもないでしょう。

2. スタッフの労力削減につながる

予約管理システムを使うことで、電話や来店予約と、ポータルサイトや自社サイトからのオンライン予約が一元化できます。これにより間違いが起きにくくなるだけでなく、スタッフの労力削減にもつながるでしょう。

カルテなどの顧客情報管理機能やSNS連携機能、集客分析機能で、より効率的な集客をおこなえます。さらに、レシート発行も含むPOSレジ連携機能、決済端末連会機能、会計システム連携機能などを使えば、業務の効率化を図れるでしょう。

3. ポータルサイトとの併用で集客力UP!

多様な予約方法があることで、お客様が自分に合った方法を選べるため、予約しやすくなります。ポータルサイトと予約管理システムを併用することで予約方法が増えるので、集客力が上がり、お客様の満足度も高まるでしょう。

予約を一元化できるリザービアのBMSなら、電話や来店、ポータルサイトからの予約だけでなく、SNSやアプリ、LINEなどからの予約すべてをまとめて管理できます。そのため、ダブルブッキングの心配をすることなく、施術に集中できるでしょう。

リザービアのBMS

4. 予約システム独自の機能・オプションを利用できる

予約管理システムの独自機能やオプション機能に、お客様とのコミュニケーションに役立つSNS連携機能があります。

新たなアプリをダウンロードすることに抵抗がある人でも手軽に使えますし、予約のやり取りができることで、美容室や美容サロンを身近に感じてもらえるでしょう。

リザービアのLINE連携
リザービアのインスタ連携

予約管理はポータルサイト&自サロン予約の併用がおすすめ!

予約管理はポータルサイト&自サロン予約の併用がおすすめ!

多くの人の目につきやすい美容系のポータルサイトは、口コミや電話、WEBからの予約システムがついているので集客に役立ちます。ただし、集客や予約管理をポータルサイトだけに頼るのは少なからず不具合などが発生してしまうリスクもありますので、少し危険です。

そんなときには、予約管理機能があるシステムを導入してみるのがおすすめ。ポータルサイトと自社サイトで予約を併用すれば、よりよい集客につなげられる可能性があります。

A’staff Cloud Smart
インスタ連携予約
PAGE TOP