【個人サロン≠ひとり営業】一人で美容室を営業することの難しさ

作成日
更新日
インスタ連携予約
リザポス

「自分独自のサロンをつくりたい」

このように思う美容師の方は少なくありません。開業するなら、1人でこだわり抜いた店舗を持ちたいと考える人もいますよね。
とはいえ、本当に経営できるか不安になる方もいるはずです。そこで今回は1人で美容室を営業する難しさについて、分かりやすくまとめました。
5分程度で読めるうえに、具体的なメリットやデメリットまでお伝えします。美容師として独立を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。


無料
一人美容室のためのリピート集客を相談する

 

一人経営と一人で営業の違いは「従業員の有無」

一人経営と一人での営業をすることの最大の違いは「従業員を雇うかどうか」です。一人経営は自分でマネージメントを行いますが、スタッフを雇えます。
人手が増え、多くのお客さんを施術できるのが特徴ですね。労働量は分散されるため、自分1人にかかる負担は軽減されます。

一人で営業する場合は、従業員を雇いません。美容室の経営からカットまで、すべて自分で行う必要があります。一人だけで仕事を行うため、自由に働けるのが魅力ですね。とはいえ、美容室の開業には少なからずリスクはあるのも事実です。

メリットとデメリットを考えて、自分に合った方法を選択するのをおすすめします。

 

一人で営業することのメリット・デメリットを事前に知ろう

一人での営業を検討している方は、メリットとデメリットをしっかりと把握しておきましょう。現実的な視点を持って、自分に合っているか判断すると良いですよ。
一人で営業するメリットは「圧倒的に自由」なこと、デメリットは「自分への負担が大きい」ことです。

それぞれの内容について、わかりやすく説明していきます。

一人で営業する最大のメリットは「圧倒的に自由」なこと

美容室を一人で営業するメリットは「圧倒的に自由」なことです。内装から料金システムまで、すべて自分で決められます。他の人の意見を聞き入れる必要はありません。ゼロからオリジナルでつくれるのは、最大の魅力といえるでしょう。

こだわりが強い方や、理想とする美容室のイメージが明確な人は向いていますね。自分の努力次第で成功できる可能性があるのも特徴です。
従業員に給料を払う必要がないため、大きな収入を得るのも夢ではありません。管理の手間もかからず効率的に働けるのもメリットです。

「自分への負担が大きい」のは避けられないデメリット

一人で営業するデメリットは「自分への負担が大きい」こと。多くを自由に決められる一方で、すべての業務を自分で行う必要があります。
仕事内容はカットや接客などの「スタッフ業務」だけではありません。売上管理や集客といった「経営」の仕事も、自分一人で行うのが特徴です。

店舗を運営するためのすべての業務を行う必要があります。個人経営に比べて労働時間が長くなる可能性は、事前に把握しておくと良いでしょう。店舗が忙しくなれば、一人で行う業務にも限界がきます。対応できるお客さんの人数も制限され、断らざるを得ない場合も少なくありません。

メニューの内容や料金の変更を迫られるケースもあるでしょう。一人で営業する場合は自分の労働量を把握し、現実的な視点で経営するのが大切です。もし無理のあるスタイルで運営し、体調を崩しても代わりはいません。

働けるのは常に自分だけですからね。

体調管理も店舗運営に大きな影響を与えることも、把握しておくと良いでしょう。

 

どうしてもひとりで!一人で活動したい人向けの2つの方法


「どうしても一人で開業したい」と強い信念がある人は、別の選択を検討するのも1つの手です。一人で営業する以外にも、スタッフを雇わず働く方法は少なくありません。

具体的には次の2つが挙げられます。

  • フリーランス
  • シェアサロン

それぞれの方法について、わかりやすく説明していきます。

フリーランス:個人の力で仕事を獲得する

すべてを一人で行いたい方は、フリーランスとして活動するのも方法の1つです。サロンは経営せず、自分の力だけで仕事を行います。メニュー体系や料金設定など、ゼロから自分で決められるのが魅力ですね。自分が得意なスタイルを極めるのも難しくありません。

フリーランス美容師の特徴は「自分で仕事を獲得する」ことです。組織に属さないため、自分で集客する必要があります。そのため店舗で働き、お客さんを獲得してから独立する人が多いです。収入を安定させたいフリーランスは「業務委託」で、仕事をうける場合も少なくありません。

場所や道具は会社から支給され、カットのみを行う契約です。集客をする必要はなく、決まった報酬が得られるのが魅力です。

シェアサロン:美容室の一部を借りる

シェアサロンも自分一人で活動したい方におすすめです。すでにある美容室の一部分を借りて、施術を行います。「一人で営業したいけど場所がない」といった方には、ぴったりな仕組みですね。業務委託との違いは「集客を自分で行う必要がある」ことです。

お客さんをゼロから集めなくてはなりません。すでに自分に顧客がついている状態であれば効率の良い方法といえるでしょう。ただしシェアサロンを利用する際は、手数料が必要になるので注意が必要です。場所代として報酬の一部を支払います。

手数料の割合は店舗によって異なるので、事前に確認するのがおすすめです。場所だけ借りて自由に働きたい方には、利用してみる価値はあるでしょう。


無料
一人美容室のためのリピート集客を相談する

一人営業の難しさを把握し、自分に合ったスタイルを選びましょう

個人経営と一人で営業することの大きな違いは「従業員を雇うかどうか」です。個人経営はスタッフを雇い給料を支払う必要がありますが、自分一人の負担は軽くなります。
一人で営業する場合は、従業員は雇いません。経営からカットまで、すべて自分で行うのが特徴です。
自分の好みに決められる分、自由度が高いですが自分への負担は大きくなります。体力や時間も限られ、お客さんを制限せざるを得ないケースも少なくありません。

どうしても一人で活動したい方は、フリーランスやシェアサロンを利用するのも1つの手です。やり方次第では、場所を借りながら安定的な収入を期待できます。
開業を検討している方は、働き方の特徴を把握し自分に合ったスタイルを選ぶと良いでしょう。

Googleで予約
リザポス
PAGE TOP