【自宅で美容室を開業する方法】メリットデメリットや費用などについて徹底紹介!

美容サロンで独立したい女性向け 開業の流れや事業計画書
作成日
更新日

仕事をするなかで、将来を考えたときにスキルアップや新たな挑戦を目指すという人もいるのではないでしょうか。その選択肢のなかに開業したい、自分のサロンを作りたいと考えている人も少なからずいるかもしれません。

今回は、これから美容サロンの独立開業を目指す方に向けて、自宅での開業の流れをご紹介します。メリットデメリットや費用などについても解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室で独立するとは

美容室で独立するとは
美容室で独立するということは、自分自身がオーナーとなり、新たに美容室をオープンさせることを指しています。美容室やサロンで働いていて、やりたいことや自身のコンセプトがみえてきたときに独立・開業をしたいと考えることもあるでしょう。しかし、独立や開業をする場合、事前にどんなことを準備しておくべきなのでしょうか。ここでは、個人サロンの開業方法についてくわしく解説していきます。

1人サロン開業や個人サロン経営が増えた理由

近年、1人サロンや個人サロンといった経営をする美容サロンが増えてきています。その背景には、自身のサロンを経営したい、人間関係などさまざまな理由があるようです。

たとえば、自分のお店を経営したい場合では、自分が思い描くサロンづくりがおこなえることが理由のひとつとして挙げられます。

次に、人間関係の場合では、従業員同士の人間関係に気をつかったり、会社に雇われたりするなどの縛りから自由に働きたいという理由もあるようです。 1対1の空間を提供したいという考えも、個人サロン経営が増えた背景にあります。

自宅でサロン開業ができる人気の業種は?

個人サロンというと店舗を借りるなど、さまざまな方法でサロンを持つことができますが、現在注目を浴びているのは自宅開業です。女性1人でも自宅を使って開業できるため、自宅開業する人が増えてきています。

自宅開業や個人サロンを開業できる人気の業種はどんなものがあるのでしょうか。無資格でも可能な業種としては、家事代行やハウスクリーニング、ネイルサロン、エステサロン、整体、リラクゼーション、学習塾や語学教室、趣味の教室などが挙げられます。

一方、資格が必要な業種は、理容院や美容院、整骨院、治療目的のマッサージ、スポーツ鍼灸、カフェ、レストランなどです。

自宅サロン開業のメリット・デメリット

自宅サロン開業のメリット・デメリット
ここからは、自宅サロン開業のメリット・デメリットについて紹介します。メリット・デメリットを事前に把握しておくことで、開業後の生活がリアルに想像できます。

メリット・デメリットを知って、自分自身にとって本当に自宅での開業は心地よいものなのかどうかを判断していきましょう。

1人や少人数だからこそのメリット

1人で開業、運営をすることは、雇用されている場合のサロンで勤務することとどう違うのかでしょうか。つづいては、以下で3つのメリットについて解説します。

プライベートとの両立が可能

女性の場合、どうしても休まなければいけないライフイベントが発生することもあるでしょう。また、家庭と仕事の両立を考えた際、子育て中や介護中など突然の呼び出しや対応に追われる可能性もあるはずです。

しかし、自宅や個人サロンの場合、自身のワークライフバランスに合わせて働けるため、両立が可能となります。

お客様との距離が近い

1人で経営するからこそ、ひとりひとりのお客様との信頼関係が密になり、距離の近い関係を築ける可能性が高いでしょう。

大きなサロンなどではすべての施術を1人で対応することがむずかしいかもしれませんが、自宅サロンや個人サロンではカウンセリングから終了まで密に関わることができます。

開業資金が少なくて済む

従業員の多い大きなサロンなどでは、たくさんの機材や消耗品を使用します。しかし、個人サロンの場合、使用する人数が少ないため、開業資金が少なく済むでしょう。

自宅サロンを1人で経営することのむずかしさやデメリット

多くを自由に決められる一方で、サロン運営のためのすべての業務を個人でおこなう必要があるため、デメリットも多いです。つづいては、3つのデメリットについて解説します。

仕事のオン・オフが切り替えにくい

自宅サロンでは、自身のプライベートスペースとワークスペースが共同のことがあります。その場合、仕事のオン・オフの切り替えができない可能性もあります。

また、1人で経営する場合、休日も仕事の対応に追われることがあるので、プライベートとの境目が曖昧になることもあるでしょう。

健康面などの自己管理が必須

個人サロンでは、すべてが自身の仕事となります。自分の労働量を把握し、現実的な視点で経営することが大切です。 無理なスタイルで運営したとして、その後体調を崩してしまっても、個人サロンだと代わりに働いてくれる人はいません。

体調管理も、店舗運営に大きな影響を与えることをつねに意識しましょう。

集客や経営の難しさを痛感

運営方針による金銭面の管理も、仕事のひとつです。個人サロンですので、収入が安定しないことも視野に入れておきましょう。

社会保険も自身で負担するか、国民健康保険となります。会社勤めと違い、負担額が変わる可能性があることを理解しておきましょう。集客や経営は、これまで雇われていた人にとって難しく感じるかもしれません。自分自身でお店の宣伝やブランディングを行ったり、信頼できるサポートを受けるのも1つの手段です。

自宅で美容室を開業するのに注意すべきポイント

自宅で美容室を開業するのに注意すべきポイント
自宅で美容室を開業するにあたって、気を付けるべきことはなんでしょうか。ここからは、金銭面や間取りの面でのポイントについて具体的に紹介していきます。

新築時に店舗をつくる

自宅で美容室を開業する場合、すでにある家で開業するのか、もしくは新しく建てる際に店舗もつくるのかという2つの手段があります。新築時に店舗をつくる場合について説明します。

ローンを組む時は住宅ローンと基本は分ける

自宅の新築時にローンを組む場合は、住宅ローンと事業ローンは基本的にはわけましょう。住宅ローンは基本的には住居スペースにつかえるローンなので、事業所を併設する場合は、事業用ローンの審査が通ったあとに建設していくのが一般的です。

しかし、ローンを組む金融機関によっては基準が異なるため、住宅ローンを申請する際に相談してみましょう。

すでにある住居の一部を店舗にする

すでにある住居の一部を店舗にする場合の注意点について紹介していきます。今あるスペースを有効に利用することでコストを抑えて開業することができます。

入口から店舗となる部屋まではリビングを通らない間取りがベスト

入口から店舗となる部屋までは、リビングを通らない間取りが生活感を見せずに運営しやすいためおすすめです。

間取りによっては、店舗用の入り口を作るのも1つの方法です。店舗と生活空間をうまくわける工夫をしましょう。

保健所の基準を満たす作業面積の確保が必要

各保健所によって基準が異なりますが、美容室の店舗部分の割合が、住居の半分を超えてはならないという条件があります。

また、有効面積で13平方メートル以上必要など、細かい条件があるため、専門の内装業者や設計事務所に事前に一度相談するのがおすすめです。

自宅で美容室を開業する際の費用

自宅で美容室を開業する際の費用
自宅で美容室を開業する際の費用について紹介していきます。大まかには、トータルでコストを抑えたとしても、「約70万〜100万」ほどは必要です。ここからは具体的な費用の内容について説明します。

水道管やガス管などの設備代

まず、美容室を開業するにあたって、部屋で水やガスがつかえるように設備を整える必要があります。そのための水道管の引き込み工事に「約20万〜50万」ほどの費用がかかります。場所によっては、もっと高額になることもあります。

ガス管や電気は、シャンプーでお湯をつかう際に給湯器を使用するため必要になります。ガス管の引き込み工事費は1メートルで約1〜2万円です。距離が長くなるほど費用がかさみます。

電気工事は施工内容や人件費によっても変わりますが、1部屋で約8000円〜3万円ほどかかるようです。また、電気の使用料も増えるので、容量を上げる手続きも必要になります。

このような施工は建設会社や施工会社と相談して設置していく流れとなります。

シャンプー台などの大型設備

設備に関する工事が終わったら次はシャンプー台などの大型設備を設置していきます。シャンプー台の相場は「約20万〜80万」ほどです。部屋や施術に合ったものを美容専門業者で購入します。

そこからシャンプ―台の工事費が、「約10万~30万」ほど必要になります。

消耗品やインテリアなど

大きい設備が整ったら消耗品などをそろえていきます。インテリアなどは、元々の部屋の状態や、求めたいテイストによって費用が変わってきます。

美容商材なども美容専門業者から購入できるので、自店のコンセプトに合うものを選んでいきましょう。

広告宣伝費や経営費

美容室にとって集客するためにもっとも大切なのが宣伝です。こちらも無料のSNSツールをつかうのか、有料のサイトに登録するのかによって費用が変動します。

経営費に関しては、パソコンやプリンターなど必要な場合もあるため、持っていない方は購入を検討してみましょう。

自己資金が足りない時はどうすればいい?

自己資金が足りない時はどうすればいい?
自己資金が足りない時は、銀行に融資を受けたり助成金や補助金を有効に活用したりする手段があります。

ここからはどのようにして資金を集めるかについてや、美容室をはじめて開業する時に借りやすい借入先について紹介します。

日本政策金融公庫

今まで事業をやったことがない方が積極的に借りやすい融資先です。新規開業の推進をしているので、金利なども他と比べて低く設定されています。また、返済が終わるまで金利の変動がないことも安心できます。

設備費などに必要な開業資金の融資も受けられるため、まずは電話で問い合わせてみましょう。創業計画書などを作成し、面談などを行う流れとなります。審査に通ったら融資を受けることができ、返済期間は設備資金が「20年」で運転資金が「7年」です。

各自治体の助成金や補助金

開業する各自治体で開業を応援する助成金や補助金を行っていることがあります。自分の済んでいる地域のホームページを確認して受けられる助成金や補助金がないか確認してみましょう。

助成金や補助金を受けるには、事業計画書の作成などが必要ですが、書き方がわからない場合は、商工会議所に相談することも可能です。

親族から借りる・贈与を受ける

開業資金がない場合、親や親族などから借りたり、もらったりする手段もあります。この時注意すべきポイントは、開業のために親族からお金を受け取る場合も個人からの贈与にあたります。つまり、金額に応じて贈与税がかかるのです。

贈与税は1人が1年間に受け取った財産の合計額に対し、課税されます。課税対象となるのは基礎控除額「110万円」を差し引いた金額です。つまり、1年間に受け取った額が110万円以下の場合には贈与税は発生しません。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

自宅サロン開業の夢を叶えよう!

自宅サロン開業の夢を叶えよう!
美容サロンの独立・開業は事前に準備しておくことが大切です。

個人サロンはプライベートの両立がしやすいことやお客様との距離が近いことや、自己資金が少なく済むことなどが大きなメリットです。その一方、仕事のオン・オフの切り替えが難しかったり、体調管理の必要性があったりする大変さもあります。

事前にしっかりと準備することで自宅サロンの夢を叶えましょう。

引用元サイト:
東京都福祉保健局-美容所の開設に関する基準等について
日本政策金融公庫

SALON CARD
リザPOS
PAGE TOP