POSレジを導入したい!POSレジのメリット・デメリットや導入時に使える補助金・助成金を紹介

POSレジを導入したい!POSレジのメリット・デメリットや導入時に使える補助金・助成金を紹介
公開日
更新日

サロンの会計業務をシステム上で一元化して管理するPOSレジ。サロンの業務効率の向上を目指すサロン経営者・店舗責任者の方は、導入を検討している方も多いでしょう。

この記事では、サロンの業務効率の向上・データ分析に役立つPOSレジの特徴や種類、メリット・デメリットについて紹介します。

POSレジの導入時に利用可能な補助金・助成金についてもまとめているので、自分のサロンにPOSレジの導入を前向きに検討している方は、ぜひ参考にしてください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

そもそもPOSレジとは?

そもそもPOSレジとは?
POSレジとは、商品・サービスを販売した時点で売上や在庫数の変化、いつ売り上げたのかなどの販売データを、システム上で自動的に記録できるレジのことです。
その日の終わりに売上を確認したり、在庫確認をしたりする必要がないので、サロンの業務効率の改善に役立つレジシステムだといえます。

POSレジの種類によっては、客層や時間帯ごとの売上を分析して、マーケティング戦略に役立つような機能性をもったPOSレジもあります。

自分の店舗が求める機能があるPOSレジのシステムを選ぶのがおすすめです。

POSレジにはどんな種類があるの?

POSレジにはどんな種類があるの?
サロン向けのPOSレジには、主に3つの種類があります。

  • ターミナル型のPOSレジ
  • パソコン型のPOSレジ
  • タブレット端末型のPOSレジ

POSレジのタイプごとの特徴やメリット・デメリットについて知って、どのタイプのPOSレジを自分の店舗に導入すべきか検討してみましょう。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型のPOSレジは、店舗で最もよく使われているタイプのPOSレジです。カウンターと一体になっていたり、小型のターミナルを設置して使用したりします。

POSレジ専用で製造されているターミナルなので、本体購入や運用にはそれなりの費用がかかる点には注意ですが、手厚いサポートを受けられるのがメリットです。

資本力があって、システム運用・保守も万全な状態にしたいと考えているチェーン店が導入するのに向いています。

パソコン型POSレジ

パソコン型のPOSレジは、自分が所有しているパソコンにPOSシステムをインストールすることで使用するタイプのPOSレジです。

パソコンをそのまま使えるので、新たにターミナルを購入する必要がなく、経年劣化によってターミナルを買い替える手間とコストもかかりません。

このように、初期費用や維持費にかかるコストが低い点がメリットです。維持費が低いので、中小規模の店舗におすすめなPOSレジだといえます。

タブレット端末型POSレジ

タブレット端末型のPOSレジは、タブレットやスマホに専用のPOSシステムアプリをインストールすることで、そのままPOSレジとして使えるタイプのPOSレジです。

パソコン型と同じく、ターミナルの購入費・維持費がかからない点がメリット。

また、タブレットやスマホなど、日常生活で馴染みのある端末を使うので、スタッフが簡単にPOSレジを使いこなせる可能性が高い点もポイントです。

POSレジ導入の補助金・助成金とは?

POSレジ導入の補助金・助成金とは?
POSレジを導入する際には、いくつかの補助金・助成金制度を利用可能です。POSレジの導入時に使える制度について知って、POSレジ導入に向けて計画しましょう。

IT導入補助金

IT導入補助金は、各企業・事業者が抱える課題を解決するITツール・システムを導入するための費用をサポートする補助金です。デジタル化を促進させ、業務の効率化・売上アップをサポートするのが狙い。

会計業務やECソフト、インボイス制度の導入を見据えた企業のDX化をサポートする仕組みで、サロンにPOSレジを導入して業務効率化を目指す際にも利用できる補助金です。

業務改善助成金

業務改善助成金は、中小企業や事業主の業務効率化・生産性の向上をはかることで、スタッフの最低賃金アップをはかるための支援制度です。

サロンにおけるスタッフの最低賃金額をアップさせることに成功したら、POSレジなどの設備導入にかかった費用の一部をまかなう助成金が支給されます。

助成金の金額は最低賃金の上げ幅や賃金の底上げを達成したスタッフの人数によって変わる点が制度上の特徴です。具体的には、以下のような基準が設けられています。

最低賃金の値上げ幅 助成金の上限金額
30円以上 1人:30万円
2〜3人:50万円
4〜6人:70万円
7人以上:100万円
10人以上:120万円
45円以上 1人:45万円
2〜3人:70万円
4〜6人:100万円
7人以上:150万円
10人以上:180万円
60円以上 1人:60万円
2〜3人:90万円
4〜6人:150万円
7人以上:230万円
10人以上:300万円
90円以上 1人:90万円
2〜3人:150万円
4〜6人:270万円
7人以上:450万円
10人以上:600万円

POSレジを導入して業務効率を向上させて、所定の基準を超える最低賃金をアップすることで利用できる助成金として覚えておきましょう。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者で従業員が20名以下の中小規模の企業や事業が生産性向上に向けた、設備・システムを導入する際に利用できる補助金です。

サロン向けのPOSレジの導入にも適用できる可能性があり、一般型とコロナ特別対応型が挙げられます。補助金の金額については、実際の設備やシステムにかかったコストのうちの一定割合が補助されるのが特徴です。

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、中小企業の技術革新や生産性向上のために導入するPOSレジのようなシステム導入をサポートする補助金です。

通常枠と低感染リスク型ビジネス枠の2種類があり、実際にかかった費用と一定の補助率が上乗せされ、金額が支給される補助金となっています。

POSレジを導入するメリットは?デメリットはあるの?

POSレジを導入するメリットは?デメリットはあるの?
POSレジを導入する際には、メリットとデメリットを検討した上で、本当に導入するべきなのか、どのようなPOSレジを導入すべきなのかを考えるべきです。

この章では、POSレジを導入するメリット・デメリットについてみていきましょう。

メリット1.業務の効率化

POSレジをサロンに導入することで、店舗における会計業務を一括処理して、売上に関するデータをシステム上で自動的に収集・分析できます。

店舗の在庫状況や発注のような商品管理、精算業務を効率化できるので、その他の優先順位が高い業務にリソースを割けるようになる点がメリットです。

メリット2.ヒューマンエラーによるミスの削減

POSレジのメリットは、システムが会計や売上処理をするので、ヒューマンエラーを最小限にできる点。店舗のスタッフはバーコードを読みとるだけなので、人の手が加わる場面が少なく、ヒューマンエラーによるトラブルをへらせるのです。

メリット3.経営状況が可視化できる

POSレジの売上データ管理機能を活用すれば、過去の売上データが蓄積されていくので、店舗の経営状況や今後の経営における対策を考えられる点がメリットだといえます。

POSレジのシステムはいつ、何が、どれくらい売り上げたのかをデータ化し、その時点における店舗の経営状況を詳細に分析できます。

また、経営の現状だけでなく、過去の売上データ分析をもとにした将来における経営予測や、売上の改善に向けた施策を考えるのにも役立つでしょう。

メリット4.複数店舗をまたぐ売上も一元管理できる

POSレジを導入することで、複数の店舗間での在庫管理や売り上げ状況の把握ができるので、複数の店舗を展開しているようなサロンにもおすすめです。

デメリット1.初期費用と運営コストがかかる

POSレジは、導入と運用にある程度のコストがかかります。とくにターミナル型のPOSレジは、キャッシャーや売り上げ管理用のターミナルが必要なので、導入やシステム運用・保守にコストがかかるケースも多いでしょう。

デメリット2.ネットワーク環境が必須

POSレジはシステムを活用して売上や在庫をネットワーク管理をするので、インターネット環境が必要不可欠です。店舗にネットワーク環境がない、もしくは十分に整っていない場合は、あらためてネットワーク環境を整備しなければなりません。

デメリット3.停電や通信障害に弱い

POSレジの利用には、電力やネットワーク環境が必須です。突然の停電や通信障害が起こると、システムを利用できなくなってしまうリスクがあります。

このような突然の電力・ネットワークトラブルに備えて、オフラインでの会計・売上管理の体制も準備しておくと安心でしょう。

POSシステム「SalonAnswer」を紹介

POSシステム「SalonAnswer」を紹介
SalonAnswerは、シリーズ累計6,000店舗の導入実績があり、シンプルで使いやすいシステムが特徴のPOSシステムです。この章では、SalonAnswerの魅力について、くわしく見ていきましょう。

「IT導入補助金」対象のシステム

POSシステムSalonAnswerは、本記事で紹介したIT導入補助金の対象となります。サロンの業務効率化・DX化をサポートし、店舗の生産性向上に貢献すること間違いなしです。

詳しい情報は、公式サイトのお問い合わせフォームや公式LINEで質問してみましょう。

充実のサポート体制

POSシステムSalonAnswerでは、土日祝日も電話やチャット対応を受けつけています。営業日に忙しい方でも、いつでもサポートを受けられるのは魅力です。

システムの使い方やパソコン操作に関する講習なども実施しているので、パソコンやITシステムに苦手意識がある方でも、気軽に導入を踏み切れるでしょう。

クラウド対応でいつでもどこでも確認可能

POSシステムSalonAnswerはクラウドシステムなので、いつでもどこでも店舗の売上データや在庫状況をチェックできます。店舗の状況をリアルタイムで把握できるので、最新のデータをもとにした、売上・経営の改善に関する提案が可能です。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

POSレジの導入には補助金・助成金を利用しよう!

POSレジの導入には補助金・助成金を利用しよう!
この記事では、POSレジの特徴やメリット・デメリット、利用できる補助金・助成金、おすすめのPOSシステムについて紹介しました。

POSレジの導入にはコストがかかりますが、店舗における業務効率を改善し、業務全体としての生産性をアップさせられるメリットがあります。

補助金や助成金を有効活用しながらPOSレジを導入して、自分の店舗の生産性や売上アップにつなげていきましょう。

引用元
IT導入補助金|一般社団法人 サービスデザイン推進協議会
[2]業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援|厚生労働省
小規模事業者持続化補助金|日本商工会議所
ものづくり補助金|全国中小企業団体中央会

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください