エステサロンの集客が上手くいかないのはなぜ? おすすめの集客方法と集客サイト・アプリを紹介

エステサロンの集客が上手くいかないのはなぜ? おすすめの集客方法と集客サイト・アプリを紹介
公開日
更新日

エステサロンを経営していく中で、「いまいち集客の手ごたえがつかめない」「お客様が少なくなってきた」など、集客に不安を感じている方もいるのではないでしょうか。店を開けていても、利用客が少なければ当然経営が不安定になってしまいます。

そこで、集客が上手くいかなくなる原因を知り、対策を取ったり、より自店に合った方法で集客を行ったりすることが大切です。おすすめの方法や集客サイトも紹介するので、ぜひ今後の戦略に役立ててください。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

エステサロンの集客が上手くいかないのはなぜ?

エステサロンの集客が上手くいかないのはなぜ?

すでに開業したエステサロンにおいて、技術的には問題がないのに集客が思うようにいかないという話は、実はよく聞かれます。そこで、なぜ集客が難航してしまうのか、理由を知っておくことが大切です。4つの理由を確認しましょう。

なお、新規に開業する場合の集客については、下記の記事をご覧ください。
エステサロンを開業する前に知っておきたい集客の失敗例|おすすめの集客方法7選

1. お客様とのコミュニケーションに問題がある

1つ目の理由は、お客様への対応に問題があるケース。専門用語を使いすぎたり、写真などの視覚的な情報もないまま言葉だけでカウンセリングをしたりすると、お客様は理解しづらく困ってしまいます。

また、敬語を使わない・接客態度がよくないなどによって、お客様に不快感を与えることも。お客様にとって気持ちのよい接客とはどんなものか、普段の状況を見直し、必要に応じて改善することが大切です。

2. 競合サロンとの差別化に失敗している

2つ目は、ライバル店との差別化です。周囲に競合サロンがある場合、自店ならではの強みがないとなかなかお客様の目に留まりにくい結果に。

「低刺激で肌にやさしいオーガニックコスメを使用」「駐車場完備で車でも来店しやすい」など自店が持つ独自のポイントをアピールし、他店との差別化を図りましょう。

3. リピート率を重要視していない

3つ目は、リピーターを軽んじている場合です。集客では、新規顧客の獲得ばかりを重視してしまいがち。しかし、初めてのお客様を手厚く迎える一方で、リピーターへの対応をおろそかにしていると、せっかく継続して通ってくれているお客様が不満を感じることも。

エステサロンの経営を安定させるには、リピーターの存在が欠かせません。そのため、集客ではリピート促進に向けた施策を行うことも非常に重要です。

4. サロンに合った集客を行えていない

4つ目は、自店に合わない形で集客を行っているケース。集客効果が上がりにくい方法を利用している、高額で継続しづらい方法で行っているなどの内容が考えられます。

そこで、適切な集客方法に変更することによって、効果が見られるようになるかもしれません。後述するおすすめの集客方法を、ぜひ参考にしてください。

集客効果を上げる4つのポイントとは?

集客効果を上げる4つのポイントとは?

ここからは、エステサロンの集客効果を上げるポイントを見ていきましょう。

1. 店舗の強みを打ち出す|差別化を図る

前述したように、エステサロンでは競合との差別化が重要です。自店のオリジナルの魅力をアピールしなければ、なかなかお客様から選んでもらえません。メニューの内容や使用している機器など、他店が勝てないような独自の強みを打ち出しましょう。

2. ターゲットを明確にする|ペルソナとは?

エステサロンには、フェイシャルや脱毛などさまざまなジャンルがあります。そのため、いろいろなメニューを取り入れて、多くのお客様を呼び込みたい気持ちもあるでしょう。

しかし、ターゲットを明確に定めることも大切です。具体的な“ペルソナ”(ターゲットにしたい架空の人物像)を設定すると、効果的な集客方法も選びやすくなります。

ペルソナを設定してみよう

実際のペルソナの例を挙げるので、参考にしてみてください。

  • 38歳OL
  • 8歳の息子1人を育てるシングルマザー
  • 目元の小じわが気になる

上記のようなペルソナを設定することで、日中仕事をしているペルソナのために夜まで営業するなど、より相手に適した集客ができるようになるでしょう。

3. 集客の予算額を設定しておく

集客の方法によっては、広告費のようなコストが発生する場合もあります。しかし、金額によっては、前で触れた「高額で継続しづらい」などのように経営の負担になりかねません。そこで、集客のための予算を決め、予算内でできる集客方法を選ぶことも大切です。

4. リピーターの獲得方法を考える

前述のように、エステサロンではリピーターの存在が必須。そのため、リピーターを獲得する方法を考える、またはこれまでのリピート戦略を見直すことも大切です。

リピーターを呼び込む方法の例とは?

リピーターを得るにはどんな方法が有効なのでしょうか。来店のお礼メール・スタンプカードの発行・クーポン配布などがありますが、実施した方法で効果が上がらないなら、ほかの方法を試してみましょう。

たとえば、予約管理システム「リザービア」には、リピーターに向けてDM(クーポンの付与も可)を送れる機能があります。メッセージは来店日から最大60日後まで自動配信できるので、適切なタイミングで送れるように設定しておくと便利です。

おさらいしておきたい広告のきまりとは?

おさらいしておきたい広告のきまりとは?

エステサロンの広告でよく見かけるものとして、ビフォーアフターの写真を見たことがある人もいるのではないでしょうか。実は、ビフォーアフターの写真掲載はグレーゾーンであり、表記する説明に気をつけなければならない事項があります。

景品表示法だけでなく、エステサロンを明示していないものの薬機法や医師法に準じて、広告に書いてはいけない表現を確認することが必要です。

ここでは、前章までの内容を踏まえ、集客を行う前に改めて頭に入れておきたい広告のきまりを紹介します。

エステ業界の統一基準はないが関連団体のガイドラインがある

医療関係や化粧品の広告については、厚生労働省が基準やガイドラインを厳しく定めています。しかし、エステ業界の広告に関しては国が定める統一された基準はありません。

公正な広告で、安心安全のサービス提供を行う目的で、日本エステティック協会と日本エステティック業協会、日本エステティック工業会で構成する日本エステティック振興協議会は、ガイドラインとして「エステティック業統一自主基準」を作成し、2023年現在、改定された第2版が利用されています。

景品表示法

不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)は、虚偽の情報や実際よりもよく見せかけた情報で販売しようとしたり、過大な景品を付けて過剰に販売しようとしたりすることを規制するための法律です。

商品やサービスを販売するための広告すべてに適用されるので、エステ業界の広告も例外ではありません。ここでは景品表示法のなかでも、とくに気をつけたい優良誤認と有利誤認について解説します。

優良誤認

商品やサービスの品質や規格などについて、実際よりも優れているかのように宣伝したり、根拠がないのに、すぐれた効果が出ることを保証したりする広告は「優良誤認表示」と判断され、規制されています。

たとえば、「1週間で○kg痩せられる」「業界No.1」などは優良誤認表示です。また、1人の例でしかないビフォーアフターの写真を、あたかも全員に効果があるかのように表示することも優良誤認表示にあたってしまうので注意しましょう。

ビフォーアフターの写真を掲載する場合には、「もっとも効果のあった例」であることをしっかり記載することが求められます。

有利誤認

商品やサービスの価格などの取引条件について、実際よりも安かったり、効果的であったりするかのような表現で購入を過剰にうながす広告は、有利誤認表示であると判断され、規制される可能性があります。

たとえば、つねに5,000円のサービスを「今だけ5,000円」と表示したり、ほかでも受けられる施術を「ここだけでしか受けられない施術」と表示したりすることも有利誤認表示です。

本当に期間を区切って値引きしている場合や、その施術をほかではやっていない根拠を示すことができる場合は、不当表示には当たりません。

薬機法、医師法

エステティックサロンの広告に影響するのが、医薬品、医療機器などの品質、有効性及び安全性の確保などに関する法律(薬機法)や医師法です。

医師や薬剤師に向けた法律であり、エステ業界の宣伝を直接取り締まるものではありません。ですが、医師や承認を受けた医療機関でしか言及できない内容が定められていて、間接的にエステサロンの広告を規制しています。

医療行為と誤認される表現

エステで行えるのは、あくまで施術であり、医療行為ではありません。つまり、エステサロンで人体に医学的な影響を与えることは許されていないということです。

エステサロンの広告では「予防」「治療」「診断」などの、医療行為ができるかのような記載には、気をつけなければなりません。「脂肪を分解する」や「毒素を排出」なども、人体に医学的影響を与えると解釈されることがあります。

広告のなかに掲載する医師や美容師などからの推薦文や、お客様の口コミ文章もチェック対象となりますので注意が必要です。

美容機器を医療機器と誤認させる表現

エステサロンでは痩身マシンや美顔器などの機器を使用しますが、これらの機器は美容の範囲内で使うものであり、医療機器ではありません。「7日で痩せる」や「2週間でお肌が若返る」といった、短期間で誰にでも効果が出ると受け取られる表現は避けましょう。

また、エステサロンで行われる施術以外、化粧品や家庭用の美顔器の販売の際には、薬機法がダイレクトにかかわることになります。そのため、「アンチエイジング」や「リフトアップ」という表現にも注意が必要です。

広告にビフォーアフター写真は載せてもいいの?

エステサロンに通ったビフォーアフターの写真は、それが事実であり、恣意的な加工がされていなければ、広告に載せること自体は禁止されていません。

ただし、景品表示法の優良誤認に触れないようにするためには、エステサロンに通えば、ある程度は誰にでも再現可能である必要があります。また、写真が多くのなかの、ひとつの例であることも記載しなければなりません。

景品表示法の有利誤認にあたらないように留意して、金額の表示は通常時の価格と、割引の条件や期間を明記しましょう。

広告に不当表示がないか必ず確認しよう

エステサロンでも広告が法律に違反している疑いがあると、経営に行政からの調査が入ったり、行政指導や処分を受けたりする場合があります。広告に不当表示がないか、しっかり確認することが重要です。

日本エステティック振興協議会の統一自主基準を確認したり、SNSをフォローしたりして最新の情報を取り入れてチェックするとよいでしょう。

また、ホームページやネット広告などweb上の広告表現を、時間をかけずにチェックできる各種サービスもありますので利用するのもよい方法です。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

エステサロンにおすすめの集客方法10選を紹介

エステサロンにおすすめの集客方法10選を紹介

ここからは、エステサロンの集客におすすめの方法を10個紹介していきます。

1. ホームページ・WEBサイト

1つ目は、ホームページです。自サロンのホームページを作成し、サロンの店舗情報や施術メニュー、予約方法など、自店に関する詳しい情報を掲載しましょう。

2. ブログ

2つ目は、ブログを利用して集客する方法です。ホームページの制作は、専門知識が必要で費用もかかるため、断念する場合もあるかもしれません。

一方、ブログは無料で手軽に始められ、読んだ相手に興味や親近感を抱かせるようなお役立ち情報や、最新の店舗情報を伝えることが可能です。

3. WEB広告

3つ目は、WEB広告を利用して集客を行う方法。関連ワードが検索された際に表示される「リスティング広告」やSNSで表示される「SNS広告」などがあります。比較的低予算で始められ、ターゲットを絞り込める点が大きなメリットです。

4. SNS

4つ目は、SNSを活用する方法です。Instagram・Twitter・FacebookなどのSNSにエステサロンの写真や動画などを投稿し、見る人にアプローチしましょう。

また、一度来店してくれたお客様には、サロンの公式LINEと友達になってもらい、LINEでダイレクトに情報を送るのもおすすめです。

なお、リザービアにはLINEやInstagramと連携して予約できるオプション機能があります。興味がある方は下記ページもご覧ください。
LINE連携
Instagram連携

5. Googleマップ・Googleビジネスプロフィール

5つ目は、Googleが提供する「マップ」や「ビジネスプロフィール」機能(無料)を利用する方法。

マップ上に自店の位置情報を掲載したり、ビジネスプロフィールにサロンの店舗情報を載せたりすると、お客様が初めて来店する際に場所がわかりやすい・検索されたときに表示されやすいなどのメリットがあります。

リザービアの「Googleで予約」機能を使えば、検索結果からそのまま予約を入れてもらうことも可能です。
Googleで予約

6. チラシ・ポスティング

6つ目は、チラシのポスティングや設置です。ポスティングならエリアを絞って配布でき、ターゲットがよく利用しそうなお店などに設置してもらえば、興味を持った方に手にしてもらえます。

チラシ集客のコツなどは下記にまとめているので、ぜひチェックしてください。
自宅エステサロンの集客を成功させる!チラシ作りの7つのポイントと注意点を紹介

7. 看板を出す

7つ目は、サロンの看板を出して集客する方法。店の前を通る人に対し、視覚的に訴えることができます。店のイメージに合う看板を作って、通行人に効率よくアピールしましょう。

8. ポータルサイト

8つ目は、美容のポータルサイトに掲載する方法。エステサロンを探しているお客様が見るため、高い集客効果が期待できます。次章でおすすめのサイトを紹介するので、参考にしてみてください。

9. 紹介カード・口コミ

9つ目は、紹介カードや口コミです。紹介や高評価の口コミは、実際に利用してくれたお客様が自店に満足してくれたことの表れ。来店を迷っている人の後押しやリピーター獲得にも役立つので、普段からお客様に口コミを投稿してもらうよう声かけするのもおすすめです。

10. お礼状・DM|リピーター

最後に、リピーター獲得対策として、お礼状やDMを送る方法を挙げます。来店への感謝の気持ちを伝えたり、適切な間隔で次の来店をすすめる案内を送ったりして、お客様との距離を縮めましょう。

リザービアには、顧客の掘り起こしにも使えるメッセージ自動配信機能があります。来店日から最大60日後まで何度でもメッセージを送れるほか、配信対象も絞り込めるので便利です。
メッセージ自動配信
メッセージ自動配信機能の詳細

エステサロンの集客に役立つサイト・アプリ8選

エステサロンの集客に役立つサイト・アプリ8選 ここでは、前章でお伝えした「ポータルサイト」のうち、エステサロンの集客に活用しやすい8つのサイトやアプリを紹介します。

1. ホットペッパービューティー

国内最大級の美容系集客サイト「ホットペッパービューティー」。リラク・ビューティサロン分野では、78,000店舗以上(2023年3月現在)が掲載されており、年間に6,300万件以上の予約が入っています。

掲載料金はランク毎/エリア毎に異なるので問い合わせが必要になります。脱毛で検索しても、マッサージで検索しても、リラクゼーションで検索しても、必ず上位に上がる有料ポータルサイトです。

ホットペッパービューティーがいつも上位にくるのは、掲載店舗数の多さに加え、長年サービスが運用され、写真の掲載数や文字量が多く、24時間予約可能、どこよりも安いメニューが掲載されているなど、ネットユーザーのニーズに適合しているのも理由のひとつです。

一方、リピート率が低いことがデメリットとしてあげられます。初回のお客様をホットペッパーで毎月60名以上獲得して、その後リピーターとしてどのくらいお店を使い続けてくれるかが勝負になってきます。
関連記事:ホットペッパービューティーの掲載料は?プランごとの特徴や利用すべき3つのメリットを紹介!

2. 楽天ビューティー

「楽天ビューティー」の特徴は、楽天会員へのポイントサービスなどを背景に本家楽天経由で美容にもアクセスがくる点です。楽天会員であれば、ほかのポータルサイトに浮気せずに楽天ビューティーを利用するはずということです。

エステサロンでクレジット支払いを導入している、楽天カードを利用できるなど、楽天と縁があるサロンならなおさら楽天ユーザーをサロンに誘導することができます。

また、楽天ビューティーは固定費用0円で、楽天ビューティーからの反響数に応じて成果報酬で費用(電話予約は1件1,000円、ネット予約は成果報酬15%)が決まるので、反響がなければ支払わなくてもよいというシステムです。

資金が厳しく広告費用を捻出するのが難しいというサロンにとって、うれしいシステムといえるでしょう。なお、2023年12月末まで、ネット予約での成果報酬が15%→10%に下げられており、通常よりサロンの負担額が安くなります。

3. ビューティーパーク

ビューティーパークは、業界最大規模の200,000サロン(2023年3月現在)の掲載がある、美容サロンに特化したポータルサイトです。

一般的に、ポータルサイトへの掲載は、掲載料もしくは成果報酬料として予約数に応じた費用がかかりますが、ビューティーパークなら掲載料は月額固定のみ。広告費の収支を把握したい方へおすすめです。

ポータルサイトの利用に慣れておらず、まずは試しに使ってみたい場合はビューティーパークから始めてみるのはいかがでしょうか。

4. minimo(ミニモ)

サロン集客アプリ「ミニモ」は、スマホが浸透した若い層(10代~20代の女性)に人気の集客アプリです。高い割引率や無料のモデル募集で来店者を増やし、リピートに繋げることで売り上げを見込めます。画面がTwitterのようにシンプルで見やすいのも特徴。

ミニモの掲載料は0円で、集客ができたら成果報酬で手数料(1人当たり660円以下)を支払うシステムです。そのため、楽天ビューティーと同様、集客ができなかったときのリスクを減らすことができます。

掲載エステサロンの店舗数はまだまだ少ないので、うまく使えば潜在顧客の掘り起こしができる可能性も。

なお、試しにエリアを「東京都」、検索ワードを「エステ」として検索したところ、327件ヒットしましたが、検索ワードを「エステサロン」に変更すると9件しか表示されませんでした。

そのため、検索機能の強化にはまだ伸びしろがありそうです。
関連記事:ホットペッパービューティー・ミニモ・インスタと予約連携ができるリザービア

5. OZmall(オズモール)

首都圏OL女子向けのポータルサイト「OZmall」(オズモール)に掲載されているサロンはすべて、編集部が厳選したより高級なサロンです。

たとえば、リラクゼーションサロンの掲載基準は、最低60分の定価が4,000円以上です。ですので、価格競争に巻き込まれにくいし、さらに、オズモールによる新規客の再来店の客単価はより高い水準を維持できる、というメリットがあります。

また、オズモールのサロンは、各特徴によってカテゴリー化されています。ユーザーにとって、自分のニーズに合わせて、検索しやすいです。一方、特徴が明確で強いサロンにとって、自分得意分野のカテゴリーにヒットされる可能性が高いです。

最後に、サロン掲載サービス以外に、バナー広告や、タイアップ企画広告などのサービスも提供し、組み合わせ利用できます。しかし、掲載料が高くて広告効果が出ないと広告費がもったいないので、広告掲載の経験者サロンにおすすめです。

6. エキテン

リラク・ボディケアに強いエキテンは、現在掲載されている店舗が523万件以上あります。ポータルサイトの中でも数少ない、無料掲載ができるサイトです。無料ながら、アクセス解析や口コミ促進ツールなどの機能まで使えます。

エキテンは顧客の口コミを重視するので、店表示の並び順には「評価の高い順」や「口コミの多い順」も。したがって、PR機能がない無料掲載プランを利用しても、サロンの口コミが増えれば上位に表示される可能性は十分あります。

7. EPARKリラク&エステ

12,000店以上が掲載されているEPARKリラク&エステには、直接アクセス率(このサイトを直接訪問すること)が高いという特徴があります。言い換えると、顧客ロイヤルティが高く、このサイトを愛用している顧客の割合がとても高いということです。

したがって、EPARKリラク&エステで集客すると4,000万人以上に見てもらえる可能性があり、より安定的な顧客層を獲得できます。

EPARKリラク&エステの顧客は、経済性を重視するという特徴もあります。EPARK自身は、魅力的なポイントシステムを保有し、外部のポイントサイトとも連携しています。

外部のポイントサイトから流入する顧客も少なくないようです。ですので、キャンペーンやポイントなどが上手に運用できるサロンにおすすめです。

しかし、EPARKリラク&エステのアプリの機能はまだまだ完備していないので、アプリ好きのオーナーさんは、お気を付けください。

8. Beauty navi(ビューティーナビ)

Beauty navi(ビューティーナビ)は、美容系サロンのポータルサイトです。エステサロンの登録は全国で135件(2023年3月現在)とまだまだ発展途上のサイト。その分ライバルは少ないので、参入のチャンスといえるかもしれません。

各ポータルサイトの特徴と掲載料のまとめ

各ポータルサイトの特徴と掲載料のまとめ

これからは、以上の内容にもとづいて、各ポータルサイトの特徴をまとめしました。

わかりやすくにするため、データを簡略化しますので、詳しい情報は参考資料にてご確認ください。参照資料のURLは、文末に添付いたしました。まずは、各サイトのユーザーの構成となります。

次は、各サイトの掲載店舗数や掲載サービス、掲載店舗の地域についての図表です。

最後は、各ポータルサイトの掲載料金についてのまとめ図表となります。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

サロンに合った集客方法でお客様を呼び込もう

サロンに合った集客方法でお客様を呼び込もう エステサロンの集客には、上手く行うためのポイントや注意したい法律などがあります。失敗や違反をしないようにきちんと知識をつけた上で、自店に見合った集客を実施し、お客様にアプローチしましょう。

リザービアでは、前述した内容以外にも、集客をサポートする機能やフォロー体制を整えています。集客のセミナーやアドバイスなども行っているので、大いに活用してください。

引用元:日本エステティック振興協議会

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP