集客のできる美容室のホームページとは−HP制作のポイント3選+α!  

集客のできる美容室のホームページ HP制作のポイント3選+α
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室のホームページを制作せずに、検索ポータルサイトに登録しているだけで満足していませんか?

確かに美容サロンの大手ポータルサイトはそれなりに集客力があります。だから一見するとそれだけで十分にも見えてしまいますが、実はホームページは、そのようなポータルサイトにはない〝強み〟を持っています。

今よりも集客アップを目指すならば、やはりきちんとした手順と方法でホームページも作成する必要があるのです。
今回は、効果の出るホームページの作り方についてご説明します。
まずHPのメリットからご紹介し、そして集客アップに繋がる作り方、広告の出し方、最近話題の「IT導入補助金」の活用の仕方について順にご紹介します。

美容院のホームページの必要性・メリットは?

美容院のホームページの必要性

美容院のホームページを作る理由をまず確認していきましょう。メリットは3つ。それを踏まえた上で作成に取り掛かる方が目的がはっきりし、作りやすくなります。

1、お客様の不安を取り除ける

美容室を利用しようか迷っているお客様が第一に感じる不安といえば、プライベートな空間なだけに「怪しいところじゃないか」とか「きちんと技術があるのかなあ」といったことでしょう。

だから掲載できる情報に限度があるWebポータルサイトだけではなく、きちんとしたホームページも準備して、お客様の「抵抗感」をしっかり取り除く情報を発信することで、お店に足を運びやすい雰囲気を作れます。

2、お店の信頼度がアップする

ホームページ制作にはそれなりに時間やお金のコストがかかります。でもだからこそ、信頼感アップにつながります。
なぜならお客様もホームページを作る大変さを知っているから。

「ホームページがあるなら、お金や時間に余裕がある、きちんとしたサロンなんだ」というイメージを持ってもらえます。

3、お店の〝変化〟を伝え購買意欲を高めてくれる

実は人間の脳は、〝変化〟に富んだものに反応して、購買意欲を高める性質があるのはご存じでしょうか?
実際ファーストフード店や、衣料メーカーなどが絶え間なく新商品を投入し続けてていますが、それは〝変化〟を伝えて「ほしい!」というお客様の気持ちを高めようとしているという目的があるからなのです。[注1]
あなた自身も、普段通っているお店が新装開店などでしている時、なんとなくウキウキして、財布の紐が緩んでしまった経験はお持ちではないですか?

ポータルサイトは毎日更新するものでもないので、お客様の「行こう!」という気持ちを高める〝変化〟をなかなか伝えられません。お店のホームページを持ち、日々少しずつでも更新を続けながらサロンの活気を伝えることで、集客力アップが見込めます。

4、24時間365日受付

ホームページがあれば、いつでも予約やお問い合わせを受け付けることができます。特にお客様は「予約しよう」と決めた時に予約を取りたいもの。そのようなタイミングを逃してしまうと、今すぐ予約ができる近くの別の美容室を探してしまうでしょう。

美容室のサイト作りで重要なポイント

美容室のホームページを作成するにあたり、必ず押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

ポイント1.お店の雰囲気を伝える

美容室の雰囲気やイメージは店舗によって異なり、アットホームでこぢんまりとしたお店もあれば、ラグジュアリーな雰囲気を前面に出したお店もあります。 どんなお店を好むかはお客様によって異なりますので、まずは自分の店の雰囲気が伝わるよう、サイトには店の外観や内装の写真を掲載しましょう。

Instagramとホームページを連携させれば、魅力的な画像や動画を簡単に掲載することができ、お店の雰囲気を余すことなく伝えられます。

ポイント2.スタッフのプロフィールを掲載する

同じ店に勤める美容師でも、人柄や得意とする施術は大きく異なります。 お客様の悩みやニーズに合ったスタッフを担当させれば、施術後の満足度もアップし、リピーターとして定着してもらえる確率がアップしますので、サイトにはできるだけ詳しいスタッフプロフィールを掲載するようにしましょう。

具体的には、スタッフの顔写真とともに、美容師としての経歴や得意な施術、趣味や好きなことなどを掲載すると、お客様がスタッフを指名するときの参考になります。

ポイント3.メニューや価格はしっかり明記する

美容室のサイトでは、施術内容や価格ページへのアクセス率が高くなる傾向にありますので、メニューページはわかりやすく、かつ充実させることが大切です。 名前を見ただけでは内容がわかりにくいメニューがある場合は、素人でも理解しやすい簡単な説明を入れると、施術内容をイメージしやすくなります。

また、価格はできれば税込表記で統一するのがおすすめ。その場合、「価格はすべて税込です」などの注釈を入れ、表記以外の料金は発生しないことを明記しておくと、お客様も安心して利用できます。

ポイント4.店舗情報はわかりやすく記載する

美容室の位置や営業時間、定休日など、お客様がとくに気にする情報はトップページにわかりやすく掲載するのが基本です。 店舗の位置については、サイト上にGoogleマップのリンクを貼ったうえで、「◯◯駅から徒歩◯分」「◯番出口から右に曲がり、△店様のある交叉点を左折すると、すぐ左手が当店です」など、わかりやすいアクセス案内を出しておくと、初めての方でも迷わずに来店してもらえます。

集客のできるHPとは

続いて集客ができるホームページ制作のポイントを3つご紹介いたしましょう。

SEO対策をしている

Googleなどでよく検索されているキーワードの上位表示を目指す手法を「SEO(検索エンジン最適化)」と呼びます。検索エンジンでどのようにWebページが評価されるかということをよく理解し、上位表示されているかどうかは集客を大きく左右します。
ネットマーケティングに慣れていない人は、1ページ目にサイトが表示されるかどうかで圧倒的に集客が変わることに驚くことでしょう。

ブログも活用して新鮮な情報を頻繁に発信している

問い合わせやメニュー紹介ももちろん大切ですが、ブログページを作り、毎日の新鮮な情報を提供することによって、お店の活気を伝えられます。また上記で紹介したSEOの点からもブログは大切です。
というのもブログ記事で「お役立ち情報」を発信すると、そちらのキーワードからブログを読み、そして契約を得る流れを作ることができるからです。
ブログを利用した集客方法については以下の記事を参考にしてください。
美容室の集客できるブログの書き方!活用上手なサロン事例有り

スマートフォンの表示に最適化している

現在ではスマートフォンの利用者は8割を超えています。[注2]もはやPCの所有者よりも多い状態。
当然スマートフォンからホームページを見ることもかなり多くなってきています。ですので、スマホの小さな画面で見づらくなってしまうホームページはすぐ離脱されます。

さらにGoogleもモバイル対応しているかによって、検索順位を変更する傾向にありますので、HPをスマートフォン対応にもしておくことは集客の上で非常に大切なポイントです。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

インターネット広告を出せばリーチが増やせる

集客力は上記のポイントのみならず、「リーチ」も大切です。

上記でご紹介したポイントは「いかにお店を魅力的に見せるか」、つまりコンバージョン(成約率)に影響するポイントですが、リーチとは「どれだけ手広く、さまざまな人達にその情報を見せたか」。

リーチ数を決める要素は、広告の量です。例えばGoogleのリスティング広告(検索をした時に必然的に上の部分に表示されるシステム)や、FacebookやInstagram、Twitterといったソーシャルメディア広告。こうした広告を活用すれば、自動的にサロンの存在を多くの人に伝えられるようになります。

どちらかというとこちらは日々の努力というよりも、単純に広告にかけたコストで効果が決まる傾向があると言えるでしょう。予算の配分を、リーチを増やすことにも忘れずに回すようにしましょう。

IT導入補助金を利用しよう

ホームページの魅力と、リーチ数を高めることはわかっても、費用がかなりかかってしまうという問題が出てきます。
しかし今ではホームページ運営に助かる補助金制度[注3]があります。最後にこの制度について簡単にご紹介しておきましょう。
関連記事:【美容サロン必見】オススメ助成金4選と最新の補助金情報をご紹介

IT導入補助金の対象は?

IT導入補助金は、事業者登録届を出している中小企業、小規模事業者が対象です。

日本の経済力アップを目指して、経済産業省が運営しています。あらゆるIT設備の導入に補助が支給されるわけではないものの、内容としては「ソフトウェアの導入」や「クラウドサービスの利用」、「ITコンサルティングの利用」が主で、「ホームページの制作」も対象になりえます。

IT導入補助金の内容

補助金は導入にかかった費用の半分、上限額が50万円で下限額が15万円です。つまり支給される金額の一番低い金額が15万円であり、半分が保証されるのですから、もしホームページ制作などのIT設備導入にかかった経費が30万円以上ならば申請の条件を満たします。

まとめ

今回はサロンの集客力アップに不可欠な、ホームページの作り方についてさまざまな面からご紹介しました。

なによりホームページの良いところは一度きちんと作ってしまえば、半永久的にサロンを宣伝し続けてくれるところです。ですので、早く取り掛かれば取り掛かるほど効果は大きくなります。確かに日々の業務も大変ですが、補助金制度も上手に活用しながら制作していきましょう。
関連記事:効果的な美容室の宣伝とは?激化する集客競争を勝ち抜くお店づくり

 

[注1]『スタンフォードの自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル著
[注2]総務省|平成30年通信利用動向調査の結果 (令和元年5月31日付)
[注3]トップページ|IT導入補助金 
平成30年度補正予算「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の事務局公募について (METI/経済産業省) 

LINE連携予約
リザPOS
PAGE TOP