シェアサロンと業務委託はどこが違う? フリーランスになる前に知っておきたい特徴とメリット

シェアサロンと業務委託はどこが違う? フリーランスになる前に知っておきたい特徴とメリット
公開日
更新日

美容師の働き方が多様化するなかで、言葉の意味の違いがわからないという場面に出くわすこともあるのではないでしょうか。そこで、今回注目するのが「シェアサロン」と「業務委託」。それぞれの働き方の違いやメリットなどを詳しく解説します。

フリーランスを目指したい人は、両者の特徴・相違点を知り、今後の働き方に役立ててみてください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

シェアサロンと業務委託の違いとは? 特徴を紹介

シェアサロンと業務委託の違いとは? 特徴を紹介
早速ここから、シェアサロンと業務委託の違いについて、それぞれの特徴を交えながら解説していきます。

シェアサロンとは?

シェアサロンとは、美容の施術をするためのスペースや個室を有料で借りられるサービスです。ひとつのサロンを複数人で共有しながら使うもので、施術のための設備や機械が整っています。そのため、高額な開業資金が準備できない人でも仕事を始めやすいです。

シェアサロンの利用料金は、月額固定や時間貸し、売り上げに対する歩合制などのパターンがあります。サロンによって料金体系が異なるため、契約前に確認しておきましょう。

では、シェアサロンの特徴を以下でさらに詳しくお伝えします。

集客|自身でおこなう

シェアサロンで営業する場合、集客は自分でする必要があります。もともと自分の顧客を持っている場合はスムーズですが、ゼロから始める場合は軌道に乗るまでが大変になるかもしれません。

SNSやブログなどで積極的に発信して見込み客を集めたり、美容ポータルサイトなどに掲載して宣伝したりして、ファンを獲得していきましょう。

なお、集客支援や将来的な開業をサポートしてくれるサロンもあります。集客に自信がない人は、利用するシェアサロンを決める際のポイントとして覚えておくとよいでしょう。

メニューや料金|自分で設定

シェアサロンのメニューや料金はどのようにして決めればいいのでしょうか。実は、自分で自由に決めることができます。自己ブランディングによって自分の価値を高めれば、料金を高めに設定しても顧客を獲得することができる可能性があるのです。

収益|還元率は高め

利用するサロンにもよりますが、シェアサロンは会社を挟まず個人で営業するため、収益の還元率が高めである場合が多いです。80%や90%のサロンもあれば、100%還元してもらえるところもあります。

その代わりとして、時間や月など所定の単位でサロンのレンタル料金(場所代)を支払うという仕組みです。

備品や薬剤|自己負担

シェアサロンの業務で使用する備品や薬剤などの消耗品は、基本的に自分で費用を負担して仕入れなければなりません。自身での調達が難しい場合、シェアサロンで販売しているものを自分で購入して使う方法もあります。

確定申告|必要

確定申告は、美容室に雇われているスタッフの場合は必要ありません。しかし、シェアサロンで働く場合はフリーランス扱いになるため、自分自身で確定申告をおこなうことが必要です。

業務委託とは?

業務委託とは、サロンと個人の美容師が業務委託契約を結んで業務をおこなう形式。雇用主と従業員の関係ではなく、従業員よりも自由な働き方ができますが、報酬体系は歩合制である場合が多いです。

以下では、シェアサロンと違う点を比較しつつ業務委託の詳細を紹介していきます。

集客|サロンがおこなう

シェアサロンでは自力で顧客を集めなければなりませんが、業務委託の場合はサロンが集客をおこなってくれます。そのため、自分の顧客を持っていない・集客が苦手な人も働きやすいといえるでしょう。

メニューや料金|サロンが設定

メニューや料金は、シェアサロンの場合は自分で好きなように設定できますが、業務委託ではサロンが決めた内容に従う必要があります。

収益|還元率はシェアサロンより低め

業務委託の収益は、成果報酬型(完全歩合制)であることが一般的。還元率はサロンによって違うものの、シェアサロンよりも低めのところが多いです。フリーの場合は40~50%、指名の場合は50~60%程度が目安とされています。

備品や薬剤|サロン負担

備品や薬剤は、シェアサロンは自分で用意する必要がありますが、業務委託であればサロンにあるものを利用できます。自己負担が少ない点はメリットです。

確定申告|必要

前述したように、業務委託はサロンの従業員として働く形式ではないため、シェアサロンと同様フリーランス扱いになります。そのため、自分で確定申告をしなければなりません。

シェアサロンで働くメリットと注意点

シェアサロンで働くメリットと注意点
前章では、シェアサロンと業務委託の違いに触れつつそれぞれの特徴を解説しました。ここからは、シェアサロンで働くことのメリットと注意点をお伝えします。

シェアサロンで働くメリットとは?

シェアサロンで働くと、どんな点がよいのでしょうか。メリットを見ていきましょう。

1. 収入を増やせる可能性がある

シェアサロンの特徴のなかで説明したように、シェアサロンでは収益の還元率が高い傾向があります。

顧客が増えれば増えるほど収入も上がり、自分の頑張り次第で収入をどんどん増やしていける可能性があるので、美容師としてしっかり稼ぎたい人にとっては夢の広がる仕事といえるでしょう。

2. 比較的自由に働ける|時間・薬剤など

シェアサロンで仕事をする場合、自分の都合に合わせて顧客の予約を入れることができます。そのため、時間の融通が利くことに加え、使う薬剤や備品なども自分で決められるので、比較的自由度が高いです。

型にはまったような働き方や決められた枠組みのなかで働くのが苦手な人は、シェアサロンで活動してみてはいかがでしょうか。また、育児や家事などのすき間時間を有効活用したい人にもおすすめです。

シェアサロンで働く注意点とは?

つづいて、シェアサロンで働く場合の注意点も紹介します。

1. 集客力がないと収入が増えない

シェアサロンで活動する場合、すべて自力で集客する必要があります。たくさん顧客を獲得できれば収入が上がりますが、反対に集客力がなければ収入につながりません。そのため、SNSやポータルサイトなどを活用して、しっかり見込み客にアプローチしましょう。

2. 責任が重くなる|トラブル処理・確定申告など

シェアサロンで働くとフリーランス扱いになるため、トラブルが発生した場合などはすべて自己責任になり、自分で解決しなければなりません。また、確定申告など売り上げや税金の管理も自分でおこなう必要があり、美容室で雇われる場合に比べると責任が重大です。

業務委託で働くメリットと注意点

業務委託で働くメリットと注意点
つづいて、業務委託形式で働く場合のメリットと注意点を、シェアサロンと比較しつつ紹介します。

業務委託で働くメリットとは?

業務委託で働く場合のメリットとはどのような点なのでしょうか。

1. 集客をサロンがおこなってくれる

シェアサロンと違って、業務委託の場合、集客はサロン側がおこないます。そのため、業務を委託された側は集客方法に頭を悩ませる必要がなく、施術の仕事に集中できるのです。

2. 薬剤や備品を自己負担しなくて良い

シェアサロンでは、必要な消耗品を自腹で用意しなければなりません。しかし、業務委託ではサロンのものを利用できるので、薬剤や備品に費用を割かなくてもよいのです。

業務委託で働く注意点とは?

業務委託における注意点も見ていきましょう。

1. シェアサロンより還元率が低め

業務委託ではシェアサロンより収益の還元率が低めの傾向があるため、がっつり稼ぎたい人には物足りない可能性もあります。

個人でも集客力がある場合は比較的安定した収入を見込めますが、固定客がつかずフリー客ばかりを相手にしていると、なかなか希望通りの収入を手に入れられないかもしれません。

リピーターとして指名してもらえるように、日々美容の知識や施術のテクニックを磨くことも大切です。

2. 責任は重め|契約書の内容をチェックしておこう

業務委託はフリーランスのため、シェアサロンで働くときと同じように個人の責任は比較的重めです。

委託する側(サロン)と委託受注者として両者が対等な関係で契約をしているので、サロンに雇用されている「従業員」とは立場が異なり、労働基準法の適用範囲外になります。

そのぶん、出勤日や勤務時間、業務のやり方などはサロンの従業員よりも自由度が高く、サロン側から指示することは基本的にできません。

ただし、勤務の実態や内容によっては、「業務委託」ではなく「雇用契約」とみなされ、労働組合法が適用されることもあります。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

フリーランスになる前に自分に合った働き方を研究しよう!

フリーランスになる前に自分に合った働き方を研究しよう!
シェアサロンと業務委託はフリーランスという面では同じですが、働く場所や働き方、収入の仕組みなどに違いがあることがわかりました。

自分で顧客を呼び込む力がある・規定に縛られず自由に仕事をしたいという人はシェアサロン、集客は苦手だがある程度自由に働きたい・サロンの力を借りながら腕を磨きたいという人は業務委託が向いているでしょう。

しかし、それぞれ責任を伴う仕事でありながら、思ったより稼げず苦労する可能性もあります。フリーランスになる前に、自分に合った働き方をよく考えることも大切です。自分の強みを活かせる働き方を見出し、活躍の場を広げていってください。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください