ヘッドスパには資格が必要?ヘッドスパニストになれる専門学校やドライヘッドスパスクールを紹介

ヘッドスパとは?どんな資格があるの?|ヘッドスパニストスクールや専門学校を紹介
公開日
更新日

近年、ヘッドスパは男女ともに人気の美容施術として注目されています。本来は、美容室のオプションメニューとして有名でした。しかし近頃はヘッドスパの専門店や、ヘッドスパの専門家であるヘッドスパニストという職業で活躍している方もいるほどです。

今回は、人気メニューのヘッドスパについて詳しく解説していきます。ヘッドスパを施術するための資格についても紹介しますので、あわせてご覧ください。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

ヘッドスパとは?

ヘッドスパとは?

ヘッドスパは、頭皮の洗浄とマッサージによって頭皮の健康を促進するとともに、リラクゼーション効果が期待できるメニューです。頭皮の毛穴を清潔に保つことで、健康的な美しい髪の毛を維持できる点が魅力です。さらに、トリートメントとマッサージを組み合わせることで、頭皮の血行を促進できます。

頭皮のマッサージによるリラックス効果への関心が高まっており、自宅でできるヘアケアグッズも豊富に発売されています。頭には健康にいいとされるツボが集中しているため、リラクゼーションを求めている人にも大変おすすめです。

年齢問わず人気があり、近年はヘッドスパメニューを専門にしている美容師の方もいます。

ヘッドスパにはどんな種類があるの?

ヘッドスパにはどんな種類があるの?

ヘッドスパには、用途に合わせてサロンごとにさまざまな種類があります。この項目では、代表的な6種類のヘッドスパについて紹介します。

炭酸ヘッドスパ

炭酸ヘッドスパは、高濃度の炭酸を含んだシャワーやシャンプー剤などを用いるヘッドスパです。炭酸の働きによって血行が促進され、酸素や水分などの栄養素が浸透しやすくなります。揉みほぐしも同時に行うことで、血行促進の相乗効果も期待できます。

炭酸ヘッドスパは取り扱っているサロンが多く、特に頭皮が汚れやすい夏に人気です。施術時間も比較的短く、料金もお手頃なので、集客につながりやすいメニューだと言えます。

オイルヘッドスパ

オイルヘッドスパは、毛穴の奥に詰まった汚れを乳化して、すっきり除去できる効果が期待できるメニューです。専用のオイルには美容成分がたっぷり含まれているので、毛穴の洗浄だけでなく栄養素も届けてくれます。

よりリラクゼーション効果を感じたい方は、アロマオイルを使用したヘッドスパがおすすめです。脳に直接働きかけるアロマの香りが、癒し効果をアップしてくれます。ただし、もともとべたつきやすい脂性肌の人には合わない可能性があるので注意が必要です。

クリームバス

クリームバスは、インドネシアのバリ島で400年ほど前に生まれた歴史の長いヘッドスパです。この方法が生まれた当時はオランダが統治していたため、バリとオランダの文化がミックスされて完成した方法だと言われています。

オイル系のようなしっとりとした保湿力が人気ですが、オイルほどはべたつかないため脂性肌の方でも受けられるのがポイントです。クリームなので流れにくく、しっかりと栄養素を与え保湿してくれます。取り扱っているサロンも多く、手軽に楽しめるメニューです。

超音波ヘッドスパ

超音波ヘッドスパは、超音波による振動を発生させながら揉みほぐしてくれるヘッドスパ専用のブラシを用いたヘッドスパです。人の手では叶えられなかった微細な振動で、毛穴の汚れをくまなく洗浄してくれます。

頭皮ケアが注目されている現在は、家庭用に販売されているブラシも多く見受けられます。サロンで使用されているのはプロ用の商材なので、違いが気になる方はぜひお試しください。

クレンジングヘッドスパ

クレンジングスパは、頭皮の毛穴洗浄を重視して考えられたヘッドスパです。クレンジング専用のジェルやオイルなどを使用して、しっかりと頭皮の毛穴の汚れをオフしていきます。洗うだけでは落ちないような毛穴汚れをすっきりと落とせます。

もちろん他のヘッドスパと同様に、揉みほぐしもしっかり行っていくので、頭皮の血行促進も期待できます。血行促進により、本来の髪の健康を取り戻すエイジングケア効果も。加齢により髪の毛が細くなってしまった方や、男性に人気のヘッドスパです。

ドライヘッドスパ

ドライヘッドスパとは、水もオイルも使用しないいわゆる「頭皮のマッサージ」です。リラクゼーション効果を目的としていて、ヘッドスパ専門店で多く取り入れられています。

揉みほぐしの技術に特化しているので、頭皮の血行促進はもちろん、リラックス効果も抜群です。

水やオイルなどを使わない分、気軽に短時間で試せるのもドライヘッドスパの魅力です。その手軽さから、男性にも人気があります。また、摩擦が少ない分頭皮にも優しいと言われています。

ヘッドスパを行うのに必要な資格は?

ヘッドスパを行うのに必要な資格は?

「美容師として働いているけど、ヘッドスパを施術するには資格が必要?」「ヘッドスパが好きだから、自分でも勉強してみたい」

そんな方のために、この項目ではヘッドスパの施術にあたってどのような資格が必要なのかをまとめました。

ヘッドスパの国家資格はない

美容師になるには美容師免許が必要ですが、ヘッドスパは施術するための国家資格がありません。そのため、スパメニューのみを取り扱うヘッドスパ専用サロンで働くには資格は不要です。

しかし頭部をケアする職業として、美容師免許を持っているヘッドスパニストは大変重宝されています。

ヘッドスパの国家資格はありませんが、髪や頭皮の知識のプロになるべく美容師免許取得を目指すのも選択肢のひとつです。ハードルが高いと感じる方は、この後紹介する民間企業によるヘッドスパ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

施術する内容によっては「美容師資格」が必要になる

「洗髪行為」は美容師のみに許されている資格のため、美容室で行われるようなシャンプーやトリートメントを用いたヘッドスパは美容師免許がなければできません。ヘッドスパ専門サロンで提供されているのは、髪を濡らしたりする必要のないドライヘッドスパです。

ヘッドスパニストが頭皮のコリや血行促進を改善に導く一方で、美容師は髪や頭皮を清潔に保つ専門家という位置づけになっています。

民間資格がいくつか存在する

ヘッドスパニストに国家資格はありませんが、民間企業が提供している資格はいくつかあります。知識や腕試しに受ける方も多いので、すでにヘッドスパニストとして働いている方は検討してみてはいかがでしょうか。

ヘッドスパにおすすめの資格を紹介!

ヘッドスパにおすすめの資格を紹介!

国家資格ではないとはいえ、民間資格の取得にはいくつかのメリットがあります。たとえば、知識や技術を有している証明となるため、就職や転職の際に有利になります。また、キャリアアップやスキルアップになるため、給与など待遇の向上も期待できるでしょう。

そのため、ヘッドスパニストになるのであれば、なにか資格を取得することをおすすめします。ここからは、ヘッドスパニストにおすすめの資格を見ていきましょう。

ヘッドセラピスト認定|日本ヘッドセラピスト認定協会

ヘッドセラピストは、一般社団法人日本ヘッドセラピスト認定協会が認定する資格です。3級~1級まで順番に取得していく仕組みで、練習会も随時行っています。試験は完全予約制で、実技試験のみの実施です。試験料は11,000円です。

モットーは「科学的根拠のあるヘッドマッサージ」。スクールや講座も開講しているので、未経験の方はチェックしてみてください。

ヘッドセラピスト認定試験 – ヘッドマッサージ・ヘッドスパ資格講座

ヘッドマイスター|一般社団法人ドライヘッドスパ協会

ヘッドマイスターは、一般社団法人ドライヘッドスパ協会が認定する資格です。メディアにも多く取り上げられ、話題となった人気店「悟空のきもち」の代表が設立しました。

ドライヘッドスパ専門の講座を受講できるのは全国でここだけだそうです。ドライヘッドスパは設備いらずで開業できるため、副業を始めたい方にも人気があります。

ヘッドマイスターとは|一般社団法人ドライヘッドスパ協会

ヘッドリンパケアセラピスト|一般社団法人日本能力開発推進協会

ヘッドリンパケアセラピストは、一般社団法人日本能力開発推進協会が認定する資格です。アロマオイルの専門知識やヘッドリンパマッサージの技術があることを証明するプロの資格です。基本的なリンパマッサージの技術から、サロン開業のノウハウまで学べます。

美容業界に携わる方はもちろん、福祉関係の職業の方にも人気があります。

ヘッドリンパケアセラピスト | 日本能力開発推進協会 (JADP)

ヘッドスパ検定|一般社団法人日本ヘッドスパ協会

ヘッドスパ検定は、一般社団法人日本ヘッドスパ協会が認定する資格です。3級~1級まで順番に取得していく仕組みですが、受験資格があるのは理美容専門学校の学生で、学校を通さないと受験できません。学科試験と実技試験で構成されています。

理美容師資格を取得していることが前提の資格ですが、持っていると就職や転職の際に周りとの差が付けられます。

資格・検定案内 | 一般社団法人日本ヘッドスパ協会

ヘッドセラピスト2級・1級検定|日本ヘッドセラピスト協会

ヘッドセラピスト検定は、日本ヘッドセラピスト協会が認定する資格で、2級と1級の二つの難易度があります。2級は筆記試験のみ、1級はドライヘッドスパとクリームバスの検定に分かれており、実技検定とレポートです。

ヘッドセラピスト検定は、協会の認定校で、検定受験対象の講座を修了すると受験資格を得ることができます。

資格取得 – 日本ヘッドセラピスト協会

ヘッドセラピスト認定講師(技術指導者)|日本ヘッドセラピスト協会

日本ヘッドセラピスト協会は、一つ前に紹介したヘッドセラピスト検定2級・1級以外に、ヘッドセラピスト認定講師の資格も認定しています。

この資格は「認定講師」の名前通り、日本ヘッドセラピスト協会認定の指導者として、技術者の指導を行うための資格です。認定校の講師をしたり、ヘッドスパスクールの開校をしたりといった活躍をすることができます。

資格取得 – 日本ヘッドセラピスト協会

ヘッドスパニストスクール・専門学校を紹介!

ヘッドスパニストスクール・専門学校を紹介!

この項目では、ヘッドスパに関する知識や技術を高められる専門学校や、おすすめの講座を紹介します。

ドライヘッドスパ協会 ヘッドマイスター育成校

ドライヘッドスパ協会では、ヘッドスパニスト講座を開催しています。東京と大阪にスクールがあり、連続7日間のスケジュールを確保できれば、無料の宿泊施設を利用して通学可能です。遠方にお住まいの方でも安心して受講できますね。

受講料は試験料も含めて353,000円(税別)です。卒業後の補講は無料で受講できます。水のいらないドライヘッドスパなら水回りの設備が不要で、副業として考えている人や将来的に開業したい方におすすめです。

ドライヘッドスパ協会 ヘッドマイスター育成校

Head Life

Head Lifeは、日本ヘッドセラピスト協会が認定する、ヘッドセラピスト資格取得を目指す講座です。自分のスケジュールに合わせて講義の予約を取り、期間内に受験し合格を目指します。

個人レッスンや短期集中コースなど、自分に合った内容を予約できるのがメリットです。普段は別の仕事を掛け持ちしている方におすすめです。

Head Life

国際文化理容美容専門学校

国際文化理容美容専門学校は、理美容業界全般の知識や技術が学べる専門学校です。ヘッドスパニストはもちろん、理美容師免許をはじめとした資格の取得を目指せます。

渋谷と国分寺にキャンパスがあり、少人数制で最新の技術を実習で習得できるのも専門学校の強みです。

クラス担任制で、入学してから就職までサポートしてくれるのも安心ですね。現在、高校に通っている人はもちろん、理美容室で働いている方も通信課程で入学可能です。

国際文化理容美容専門学校

ミス・パリビューティ専門学校

大手サロンを経営するミス・パリビューティ専門学校は、全国に4校展開する理美容専門学校です。ヘッドスパニストはもちろん、理美容師免許をはじめとした資格の取得を目指せます。全国に何店舗も展開している大手だからこそ、就職率の高さが魅力です。

通信課程では、3年間で美容師免許取得を目指します。また、東京校と大阪校では専門実践教育訓練指定講座の認定を受けているため、現在雇用保険に入っている社会人の方は学費の50%が支給されます。

ミス・パリビューティ専門学校

マリールイズ美容専門学校

マリールイズ美容専門学校は、100年以上もの歴史を持つ理美容専門学校です。専門学校では珍しく、授業のカリキュラムにヘッドスパの選択授業があります。もちろん理美容師免許も取得できるので、卒業してからの就職が有利です。

理美容専門学校の平均学費200万円~300万円(昼間過程2年)に対してマリールイズ専門学校の学費は198万円で良心的と言えます。

マリールイズ美容専門学校

東京ベルエポック美容専門学校

東京ベルエポック美容専門学校は、江戸川区西葛西にある、アクセス良好で通いやすい理美容専門学校です。美容業界の最先端で活躍する講師を月1回招いて、業界トップレベルの講座を行っているのが特徴です。

こちらもヘッドスパニストの資格はもちろん、理美容師免許も取得できます。

東京ベルエポック美容専門学校

ドライヘッドスパのスクール・講座を紹介

ドライヘッドスパのスクール・講座を紹介!

ここからは、ドライヘッドスパにスポットを当て、ドライヘッドスパの技術を学ぶことができるスクールや講座、通信講座を紹介します。

ヘッド専門店開業コース|日本ヘッドセラピスト認定協会

日本ヘッドセラピスト認定協会では、各種の資格認定のほかに、ヘッドスパの講座も開講しています。そのなかの一つが、ヘッド専門店開業コース。

このコースではプロのヘッドセラピストとしての知識や技術を習得できるほか、ヘッドマッサージ専門店を開業するための経営・集客ノウハウなどを、一つのパッケージとして学べます。

サロン勤務の経験はないが、ゆくゆくは開業を見据えている、という方におすすめです。

資格講座一覧

癒し〜ぷ技術講座|癒し~ぷ

東京から沖縄まで、各地でドライヘッドスパ専門店を展開している「癒し〜ぷ」は、技術者を育成する講座を監修しています。ZOOMでの座学と実技講座の、最短3日間で修了する講座を、4名までの少人数クラスで受講可能です。

技術講座の修了時にはディプロマが発行されますので、就職活動にも活かすことができるでしょう。

ヘッドスパスクール

ヘッドミントの技術スクール|日本ドライヘッドスパスクール協会

全国に18店舗展開するドライヘッドスパ専門店、「ヘッドミント」が運営するスクールで、3日間の講座を受講することができます。

スクール受講前に無料施術を受けられたり、技術習得ができていないときの無償補修があったり、卒業後にも月1回の合同無料レッスンが受けられたりと、手厚いサポートが魅力です。

日本ドライヘッドスパスクール協会

快眠ドライヘッドスパスクール|myu

ドライヘッドスパ専門店myuが運営するスクール。

2時間の体験コースから、5カ月間のマイスターコースまで、いくつかのコースが用意されているため、自分の目的に合った講座で学習することができます。

myu快眠ドライヘッドスパスクール

ドライヘッドスパスクール|森の眠り

香川県にある睡眠をテーマにしたドライヘッドスパ専門店、「森の眠り」が開講しているスクールは、四国初のドライヘッドスパスクールです。

サロン運営の中で蓄積したノウハウをもとに、少人数で集中して実践的な学習ができ、卒業後にも無料補講などのフォローを受けることも可能。1回3時間、7日間のコースのほか、小顔コースと肩こり・体ほぐしコースの3つのコースから選ぶことができます。

ヘッドスパ専門店を新規開業するなら予約システム「リザービア」がおすすめ

ヘッドスパ専門店を新規開業するにあたって、技術や知識を習得することや、それを証明する資格の取得ももちろん大切ですが、円滑な運営を続けるには業務効率化が欠かせません。

そこでおすすめしたいのが、予約システム「リザービア」。全国で5,000店舗以上の導入実績を持つ美容業界に特化した予約システムで、ヘッドスパ専門店にも対応しています。

リザービアを利用することで、24時間365日、いつでも予約を受け付けることができ予約獲得の機会損失を防止。さらにメニューのオプション選択やメッセージの自動配信、予約集計など、スムーズなサロン運営をサポートするシステムです。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

美容師資格を取得すればヘッドスパニストの求人にも有利

美容師資格を取得すればヘッドスパニストの求人にも有利

ヘッドスパニストになるための国家資格はありませんが、シャンプーやトリートメントが必要な施術は美容師免許が必要です。

ヘッドスパの技術はスクールや講座でも習得できますが、美容師免許があると就職した際に優遇されたり、対応できるメニューの幅が広がります。さまざまなシーンで活躍できる場が増えるため、美容師免許の取得をおすすめします。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP