リラクゼーションサロン・マッサージ店での集客・宣伝方法13選

リラクサロンの集客方法13選
作成日
更新日

リラクゼーションサロンやマッサージ店では、集客・宣伝が非常に重要となります。
飲食店のようにメニューが目で見えるわけでなく、お客様にとってメリットがわかりづらくなりやすいため

「どんな店なのか」
「どんなメニューを提供しているのか」
「施術を受けるとどんなメリットがあるのか」

などを、わかりやすく伝えなければなかなか集客に結びつかないのです。

宣伝の方法は非常に多くあり、すべてを実践していくと時間も費用もかかってしまいます。また、店舗に合った宣伝をしなければ集客は見込めません。
そこでこの記事では、集客や宣伝方法がありすぎて悩んでいる人のために、

  • 集客や宣伝のポイント
  • 宣伝方法
  • 集客、宣伝でアピールすべきポイント

を紹介します。
集客や宣伝を成功させて、人気のお店づくりをしてみてください。

リラクゼーションサロン・マッサージでの集客のポイント

集客のポイント

リラクゼーションサロン・マッサージの集客のポイントとしては「お客様の悩みを解決できるかどうか」をアピールするのがポイントです。
リラクゼーションサロン・マッサージ店を訪れるお客様は、自分の悩みを解決できるお店かどうかを調べてから来店されることがほとんどだからです。

お客様に選ばれる店舗とするには、次の4点を大切にしましょう。

店舗の強みを明確にする

店舗の強みとは、お客様が店舗を訪れて得られるメリットとほぼ同じです。

マッサージスタイル、価格、お店の雰囲気など、他店よりもどんな点で優れているか考えてみましょう。強みがわからない場合は、お客様に「なぜ自分のお店を選んでくれているのか」を聞いてみると見つけられるかもしれません。

強みが見つかれば、どんな点で訴求していけばいいのかがわかりやすくなります。強みをそのままキャッチフレーズにすれば、すぐに宣伝を始めることも可能です。

しかし注意したいのが、コンセプトから逸脱しないことです。
「たくさんのお客様に訪れてもらいたい」と
いった気持ちから、万人受けするような宣伝をしてしまうと、結果誰にも刺さらず、集客につながらないこともあります。

ターゲットを絞って訴求する

店舗の提供できるメリットはどんなお客様にとってもっとも響くのか、つまり「ターゲット」はどんな層かを考えることが重要です。注意したいのは、一般的なお客様はリラクゼーションサロン・マッサージを選ぶ際に
「〇〇式」
「〇〇流」
といった「ブランド」をあまり意識しないこと。

お客様にとって大切なのは
「痛みが和らぐのか」
「きちんと効果はあるのか」
といった「効果」に関する点です。

店舗側が知ってもらいたいことを発信するのではなく、お客様の目線で知りたいことを具体的に発信することが集客につながります。

安易な値下げはしない

サービスを知ってもらうために値下げをして施術する、初回無料で施術するなどの集客方法はあまりおすすめできません。値下げのサービスがすべてダメなわけではありませんが、値下げをするには収益が少なくなっても耐えられる資金力が必要です。

資金と人材が潤沢な店舗でなければ、値下げをして多くのお客様が来店しても対応に追われるばかり。利益は上がらず、その後の安定的な集客につなげる前に疲弊してしまいます。

また、人は相場より安い料金に対して「安い理由」を探してしまうものです。
「スタッフの接客がいまいちだから安いんだろう」
「人気がないのかな」
など、安いなりの理由を考えてしまいます。

もちろん、施術を受けた後にサービスが素晴らしければ「料金以上のサービスをしてもらえた」と感じてもらえることもありますが、安易な値下げは「安っぽさ」として映ってしまうこともあるため注意しましょう。

リピートしたくなる仕組みを作る

「顧客満足度は高いのにリピート客につながらない」といった場合には、リピートのハードルを下げる施策を行っているかどうか振り返ってみましょう。

ポイントカードやリピート客に対するクーポンなどは「クーポンの有効期限があるから行かないと損かも」「せっかくなら期間内に行こう」と、再来店につながりやすくなります。
また店舗側にとって「お客様がリピートしてくれれば売り上げが上がるから」といった気持ちでリピートを勧めたとしても、お客様には響きません。

リピートがお客様のメリットにつながること、なぜリピートした方がいいのかをきちんと説明し、ご理解いただくことで、はじめて「もう一度来てみようかな」といった気持ちが沸いてくるのです。

店舗側の目線でなくお客様の立場に立って考えたとき、どうしたらリピートしたくなるかを考えてみましょう。

リラクゼーションサロン・マッサージの集客・宣伝方法

集客方法

リラクゼーションサロンやマッサージ店での集客・宣伝方法をご紹介します。
効果を出すためのポイントや注意点もあわせて解説するので、それぞれの特徴に留意し、店舗にあった方法を取り入れてみてください。

ポータルサイト

日々多くの人がアクセスするポータルサイトは、多くの人に情報を見てもらえます。

とくに開業したばかりで認知度を上げたい店舗に向いていて、自社サイトで集客できるようになるまでの手段としておすすめです。同時に表示される競合も多いため、他店舗と差別化できる強みが必要になります。

また、ポータルサイトだけで集客することは難しいので、他の集客・宣伝方法と組み合わせて実施しましょう。

クーポンサイト

新規顧客の獲得に効果的なクーポンサイトは、ブログやホームページと比較して即効性の高い媒体です。しかし掲載費がかかるため、開業したばかりのサロンにとってはハードルが高いでしょう。

広告費やメニュー価格と売り上げのバランスを考慮して掲載する必要があり、原稿作成の準備もあるため、事業がある程度軌道に乗り始めてから検討するとよいでしょう。

チラシ配布

チラシ配りは、サロン周辺に住む人に直接情報を届けられます。予約方法や電話番号、スマホですぐに読み取れるQRコードなどをしっかり掲載することが大切です。

チラシは自作するほか、クオリティにこだわりたい場合には業者に作成を依頼する方法があります。リラクゼーションサロンやマッサージはイメージが重要な部分もあるため、できるだけプロに作成を依頼するとよいでしょう。業者のなかにはチラシの作成から配布まで一貫して請け負ってくれるところもあります。

チラシ配りは継続して行わなければ効果が期待できませんから、店舗で手の空いているスタッフが順番に行って続けられる仕組みを作りましょう。

なお、チラシは1000枚出して1成果という数字を追っていく集客方法なので24時間いつでも予約を受け付けられる予約システムを導入し、QRコードから直接予約ができるようにしてあげましょう!

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • チラシの反響率UP
  • LINEアットからも予約が可能
  • 予約は一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

ポスティング

ポスティングは、エリアや物件などでターゲットを絞って宣伝できるのが強みです。業者によっては、40代以降の女性が多く住む戸建て住宅を中心に配布、20~30代をターゲットとして一人暮らし用マンション・アパートをメインに配布といった配り方も可能です。

チラシのデザインや内容は、ターゲットの興味を引く・自分にとって関係があると思ってもらえる内容にしましょう。

WEB広告

WEB広告でリラクゼーションサロンやマッサージ店と相性がよいのは、リスティング広告(検索連動型広告)です。

リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページに、検索キーワードと関連した広告を掲載する広告手法です。費用はクリック課金制(1クリックあたりいくら、という課金方式)で、予算上限を決めて出稿できます。

たとえば「大宮リラクゼーションサロン」といった直接的なキーワードのほか「肩痛い」「ご褒美サロン」といったキーワードで出稿も可能なため、サロンのコンセプトやメニューに合わせて出稿するとよいでしょう。

広告は1度出稿して終わりではなく、効果検証を積み重ねていくことが重要となります。
予算の兼ね合いもあるので、まずは少額から運用をスタートし、効果をみつつ少しづつ予算UPをするのが良いでしょう。

ブログ

導入コストが少なく、手軽に始められるのがブログです。
SEO(検索エンジン最適化)を理解し、ターゲットユーザーが検索しそうなキーワードに適したページを作成していけば集客につなげられるでしょう。

レンタルブログでなくドメインを取得してブログを作成すれば、中長期的にお客様を呼び込む資産となるメリットもあります。公式サイトのドメイン下でブログを運営すれば、コンテンツマーケティング(顧客の興味に沿ったコンテンツを用意し、集客経路とするマーケティング手法)として公式サイトへのアクセスを増加させることも可能です。

しかし検索エンジンにページを評価されるには期間がかかるため、他の宣伝方法と組み合わせて、長期的な目線で運用していくことをおすすめします。

YouTube

YouTube

施術内容を動画コンテンツとして製作すれば、リラクゼーションサロンやマッサージ店の「実際に施術を受けるまでどんな施術かわからない」という弱みを解消できます。

また、YouTube動画には

  • サロンを知らなかった層からの集客が狙える
  • 視覚と聴覚でわかりやすく伝えられる
  • 関連動画や検索ワードから、短期間にアクセスを伸ばせる可能性がある

といったメリットもあります。
デメリットとしては、動画製作には非常に手間がかかることが挙げられるでしょう。動画の撮影から編集作業に追われて日常業務がおろそかになっては元も子もありません。

本格的に動画を製作していく場合には、部分的に外注する、動画製作を含めた宣伝に対応できるスタッフを雇用する方法も検討しましょう。

インスタグラム

instagram

写真と文章で知名度を上げられるのがインスタグラムです。誰でも無料で始められるので、情報発信が気軽にできます。

SNSはリラクゼーションサロンやマッサージ店を認知させるために非常に効果的であるため、ブログやホームページとあわせて活用していくのが集客のポイントです。しかし、リラクゼーションサロンやマッサージ店では、あまり目に見える商品が無いので撮影するものやのテクニックでフォロー数が左右される注意点があります。

ツイッター

twitter

企業やさまざまな店舗もツイッターを活用して集客を狙っているのがツイッターです。

特徴的な情報発信ができれば、瞬間的に話題になる可能性があります。しかし、文章中心で情報を発信しなければならない点や、一過性の話題にしかならない点から継続的な集客につながりにくく、あまりおすすめはできません。

もしツイッターを活用するのであれば、ブログやホームページとあわせて活用するのがおすすめです。

LINE公式(旧LINE@)

LINE公式アカウント

LINEの公式アカウントを作って集客をするのも効果的です。

メッセージの一斉配信を活用したり、登録時の特典を用意したりすれば、リピーターになってくれる可能性があります。無料のプランから試して利用できるので、店舗の規模に関係なく利用できるのがメリットです。

しかし、友達追加してもらわなければアプローチができないので、新規の集客というよりもリピート集客の側面が強い媒体となります。
前述した登録時の特典を用意して友達追加のハードルを下げなければなりません。

また、いつでも好きなタイミングでブロックできてしまうので、配信の頻度や、文章に気をつけなければならない注意点もあります。配信数が増えると有料になってしまう点も覚えておきましょう。
関連記事:LINEを活用した予約システムとは?導入方法や選び方を解説

Googleマイビジネス(MEO対策)

リラクゼーションサロンのように実店舗型のビジネスを行っているのであれば、無料で掲載できるGoogleマイビジネスを活用しない手は無いでしょう。
営業時間や、メニュー、写真、住所などの基本情報が掲載でき、「近くのマッサージ」とGoogleで検索すれば近所のマッサージ店が表示されます。
検索結果の上位に表示させる為には、MEOを行う必要がありますが、Googleマイビジネス上の情報量、インターネット上の情報量(サイテーション)を意識する事で最低限のMEO対策ができます。

    • Googleマップに予約ボタンが表示される
    • 予約ボタンから3タップで予約完了
    • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
    • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

紹介

お客様のお友達を紹介してもらって集客をする方法です。「友達の紹介でお客様とお友達にクーポン配布」といったサービスが一般的で、新規の顧客獲得とリピーター獲得に強みを持っています。

既存客の満足度を上げるとともに新規顧客を得られるので、サロンによってお得な方法といえます。しかし既存客にお友達を紹介してもらうには、

  • ある程度長く通っていただけている
  • サービスへの満足度が高い
  • アクセス可能なエリアにお友達がいる

といった条件を満たさなければならず、あまり多くの集客は見込めないでしょう。

リラクゼーションサロン・マッサージでアピールすべきことは?

アピールポイント

リラクゼーションサロン・マッサージ店の集客・宣伝では何をアピールすればよいのでしょうか。ここで、お店の特徴とアピール方法の例をご紹介します。アピール方法を参考にして、お店独自のアピールをして集客を狙ってみてください。

サロンのコンセプト・強み

サロンの集客・宣伝において、コンセプトと強みのアピールは欠かせません。他店より優れているコンセプトがあれば、全面的に主張しましょう。
お客様のニーズに合っていなかったり、狙ったターゲットが集客できなかったりすると、リピーターを作れません。
「どういう想いで開業をしたのか」
を思い出せば、サロンコンセプトをプッシュできるでしょう。

そして、もう一つは強みです。たとえば、痛くないマッサージが強みだったり、すぐに効果が実感できるのが強みだったりする場合は、キャッチフレーズとしてアピールしましょう。
お店ならではの強みを発信できれば、ターゲット層やニーズも見えてくるので、集客のアプローチが限られてきます。まずはお店のコンセプトと強みを見つけてからアピールする方法を考えましょう。

サロンの雰囲気

リラクゼーションサロンの場合は、とくに店舗の雰囲気も重要です。
居心地がよく、何度も癒やされたくなるような空間を演出できれば、おのずとリピーターが増えていくでしょう。雰囲気といっても、目に見えるものと見えないものがあります。
キレイな店内は前提として、ターゲット層に合わせた内装にしたり、設備を充実させたりして、照明を上手に使って「目に見える」雰囲気を作ります。

そして、店内BGMやアロマを設置して、心身共に癒やされるような「見えない雰囲気」も作ります。最後に「疲れを癒す空間で施術が受けられる」といったアピールを行うと効果的です。
サロンの雰囲気は1人で作るものではなく、スタッフ全員が協力して作るものであるため、スタッフ同士で話し合って雰囲気を決めてくださいね。

スタッフ

スタッフの技術や知識も必要ですが、接客マナーや対応力も必要です。
お客様は日頃の疲れを落とすために店舗を訪れるのに、不快感を与える接客態度は望ましくありませんよね。スタッフの身だしなみや表情、言葉遣いなどもサロンの雰囲気に影響をします。

居心地が悪いサロンではお客様が来店しない可能性もあります。技術や知識は経験しながらでもよいかもしれませんが、マナーや対応力は最低限でも身につけておきましょう。

施術内容

施術の効果を意識するお客様が多数だと記載しましたが、施術内容を気にするお客様もいます。したがって「あまりイメージできない施術」を提供している場合は、施術のステップごとに写真を撮影して、施術のイメージができるようにするのがおすすめです。

多くのサロンでビフォーアフターを掲載して信頼性を上げているので、ぜひ取り入れて集客につなげましょう。

お客様の声

ECサイトで商品を購入する際に口コミをチェックするように、お客様もサロンの口コミをチェックしています。
お客様の声は、お客様を獲得する上で重要であるため、お客様の声を集めましょう。アンケートを作って答えてもらったり、口コミサイトやSNSでもらったりするのがおすすめです。

サロンの場合は、写真を撮って信頼性を上げていく方法もあります。当然、撮影した場合は、掲載の許可を必ず取る必要がありますが、許可が得られた場合は、新規顧客の獲得に有利になります。

お店の新しい魅力に気付いたり、改善点が見つかったり、スタッフのモチベーション維持にもつながります。アンケートの協力を断られるかもしれませんが、真摯にお願いして協力してもらいましょう。

キャンペーン

新規顧客の獲得やリピーターを獲得するのにキャンペーンは有効です。中でも季節に合わせたキャンペーンや、客層に合わせたキャンペーンを実施すれば効果的です。

一般的に、割引のイメージがありますが、来店の際に自宅でできるマッサージ法や、1人で癒やされる方法などを提供すれば、お金がかからないキャンペーンが実現できます。定期的にキャンペーンを使って、活気があるサロンを作ってみてください。
関連記事:サロンにおける効果的な売上げアップキャンペーン

出張・訪問マッサージの集客で意識すべきポイント

意識するポイント

出張や訪問マッサージでは、違ったアプローチをして集客を行わなければなりません。出張や訪問マッサージを提供している店舗は以下の点を意識して集客しましょう。

顔写真を掲載する

出張・訪問マッサージでは、来店のハードルが高いと感じているお客様が一定数います。なぜなら
「どういう人が来るかわからない」
からです。自宅といったプライベートの空間に知らない人を入れてしまう抵抗、住所がわかってしまう不安などの気持ちがお客様にはあります。

したがって、ちゃんとマッサージ師の顔写真を掲載する事で来店のハードルを低くしましょう。スタッフ全員の写真など意識して、暗い照明は避けて撮影のもポイントです。

料金設定を明確にする

オプションを用意しすぎると、料金体系が複雑になってしまい
「最終的にいくらかかるのか」
がわからなくなってしまいます。

料金体系を部位別や状況別など、シンプルにした料金設定を作りましょう。また、時間もあわせて明記しておくと、お客様の都合で選ばれやすくなるので、施術時間も明確にしておきましょう。

口コミを集める

口コミは、出張・訪問マッサージでも有効です。人気のあるお店をお客様が利用していきますが、口コミ評価をチェックされているためです。
1つでも多くの口コミを集めるようにしましょう。集め方は上記で説明した方法などを参考にしてください。

まとめ

リラクゼーションサロンやマッサージ店で行う集客・宣伝方法についてご紹介しました。もし、最適な宣伝方法が見つからなかった場合は、他の店舗に足を運んで情報収集したり、お客様の立場になって考えてみたりすると、新しい発見があるかもしれません。

どうやってお店を多くの人にマッチさせるかを考えて、お店の強みと合わせて発信するのが重要です。またお客様は、サロンの違いがわかりづらいと感じている人もいるため、きちんと魅力を発信して集客につなげましょう。

しかし、集客方法は非常に多くあり、コストの面などですべての店舗が同じ方法で集客できるわけではありません。お店の規模に合った最適な方法を上記で見つけて、独自のアピールをして集客を狙ったり、リピーターを作ったりしてください。

A’staff Cloud Smart
インスタ連携予約
PAGE TOP