マツエクサロンの宣伝に何を使う?おすすめの広告媒体や宣伝法を伝授

マツエクサロンの宣伝に何を使う?おすすめの広告媒体や宣伝法を伝授
作成日
更新日

この記事では、マツエクサロンの宣伝方法や、集客に悩むサロンの原因などをご紹介します。固定客をつかみ、安定した客層のいるサロンと、なかなか顧客がつかめないサロンの違いはどのようなところにあるのでしょうか。

宣伝方法やサービスを見なおしてみるよいきっかけになるかもしれません。ぜひ、参考にしてみてください。

マツエクサロンの集客は難しい?あまりおすすめできない集客法ふたつ

集客は難しい?あまりおすすめできない集客法ふたつ

集客方法によってはお金がかかったり、集客効果があまり得られなかったり……「宣伝がうまくいかない!」と感じているマツエクサロン経営者の方も多いでしょう。集客効果を感じられない場合は、宣伝方法を見なおしてみるとよいかもしれません。
ここではあまりおすすめできない集客方法をふたつお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。
関連記事:ホットペッパービューティーを活用した集客方法8つのコツ

1.宣伝のために価格を下げる

ついやりがちなのが、多くの方の目に留まるよう大幅に価格を下げる集客方法です。
安さに魅力を感じ一時的にお客様は増えるかもしれません。しかし一度安い価格で施術をしてもらうと、どうしても定価を割高に感じてしまう方も多いです。結果リピーターとなってくれるお客様は少ない傾向にあります。

2.ひとつの宣伝法に頼る

「ホームページを作っているから大丈夫だろう」などとひとつの宣伝法に頼りきることも、あまりおすすめできません。「どの宣伝方法が効果的なのかわからない」という場合には、宣伝の予算内でできるだけの宣伝を試してみましょう。
SNSやブログなど、費用がかからない宣伝方法はいくつもあります。一定期間継続することで、効果が見えてくることもあるでしょう。

ターゲットを絞ることで集客しやすい

ターゲットを絞ることで集客しやすい

自分のサロンがどの年齢層やどんな客層をターゲットにしているか、明確にすることも大切です。メインの客層を絞ることで、集客方法がみつかる場合もあります。やみくもに宣伝している場合は、まずターゲットとなるメイン客層を考えてみましょう。

年齢層や客層を明確にする

マツエクサロンの宣伝方法は、立地や客層などによって変えることも大切です。たとえば20~30代の働く女性をターゲットとするのであれば、InstagramなどのSNSでサロンの雰囲気や施術の様子、マツエクの仕上がりなどを載せる方法があります。自分のマツエクサロンにどの宣伝法が適しているのか、見極めることも必要です。

マツエクサロンの宣伝にはインスグラムが効果的

マツエクサロンの宣伝にはSNSが効果的

「インスタは無料で宣伝ができるが難しい」「なかなか『いいね!』がつかない投稿を続けるのも無駄に感じる」そんな風に考える方もいるかもしれません。しかしインスタは、使い方次第で大きな宣伝効果を得ることができる媒体のひとつです。
ここでは、マツエクサロンの宣伝にインスタが効果的な理由をお伝えします。
関連記事:インスタ初心者マツエクサロンの集客術

お客様に写真を撮らせてもらう

マツエクサロン選びのひとつに「仕上がりの美しさ」が挙げられるでしょう。実際に施術をしたお客様に写真を撮らせてもらい、インスタに掲載させてもらえればお店の宣伝材料となります。
マツエクサロンの写真は目元のみなので、比較的お願いしやすいです。施術前の写真も撮っておくと、施術後との違いがわかりやすいでしょう。

動画広告も効果的

動画広告は、音と映像で写真よりも印象に残りやすいです。話題のBGMなどを使用することで、多くの方の目に留まる機会も増えるでしょう。
多くの方がインスタを利用している時代なので、魅力的な動画であれば拡散されることも多いです。施術のビフォーアフターだけでなく、店内の紹介やスタッフ紹介など、さまざまな動画広告を試してみましょう。

タグ付けで拡散効果も

マツエクサロンの投稿にハッシュタグをつけると、拡散効果が期待できます。Instagramにはハッシュタグという機能があり、気軽に検索できるのです。
たとえば「♯〇〇県マツエク」や「♯〇〇市マツエクサロン」など、場所を特定するワードを入れておくと、その地域でサロンを探している方にひっかかりやすくなります。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

広告媒体は費用がかかることに注意

広告媒体は費用がかかることに注意

お店の宣伝によく使われる広告媒体は、費用がかかるものがほとんどです。広告媒体を使って集客を考えている方は、費用がいくらぐらいかかるのかを事前にチェックしておきましょう。ここでは、宣伝のために使われることが多い広告媒体を3つご紹介します。

リスティング広告

リスティング広告は、ユーザーが検索したキーワードに応じて表示される広告のことです。検索結果の上部に表示される、見出しの前に「広告」と書かれているサイトがリスティング広告のページです。
マツエクサロンに興味を持つお客様が検索しそうなキーワードを設定。自然と目に入り、宣伝効果が見込める上、費用は1,000円からと、比較的少額で利用できます。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、お店ならではの魅力にスポットをあて、そのお店に興味を持つお客様を集めることができるWebサイトです。サイトが表示されるのは、興味や関心のある客層のみなので、リピーターにつながりやすいという特徴があります。
ただし自然検索なので、上位表示されるまでに時間がかかるのがデメリットです。

ポスティングチラシ

ポスティングチラシは、お店の宣伝で使われるチラシです。1枚5円など枚数によって価格が異なるため、費用や配布するエリアなどを決めておくとよいでしょう。
チラシに情報を入れすぎるとわかりづらくなってしまうため、魅力を感じるデザインも重要です。チラシにマツエクサロンのクーポンを付けるなど、宣伝を工夫してみましょう。

リザービアで新規顧客からリピーターを増やそう

リザービアで新規顧客からリピーターを増やそう

「新規開店したがなかなかお客様が集まらない」「新規顧客からリピーターにつながらない」マツエクサロンの集客や宣伝にお悩みの方は、リザービアを導入してみてはいかがでしょうか。
リザービアは、全国の人気美容サロンなどでも利用されている予約システムです。

リピート率が上げやすい

現代の美容業界は、クーポンサイトを利用するお客様が多く、クーポンのあるお店を転々とすることを繰り返すためリピーターにつながりにくいです。リザービアでは、次回予約をアプリ経由に促すことでリピート率が効率的に上げやすい仕組みを作ることができます。

複数の媒体からの予約が可能

InstagramやFacebookなど複数のSNSや、リザービアの予約アプリ、Googleマイビジネスなど、複数の媒体からの予約が可能です。24時間予約ができるため、多くの方の予約が期待できるでしょう。
マツエクサロン側は予約やキャンセルを一元管理できるため、ダブルブッキングの心配もありません。

予約も管理もわかりやすく操作しやすい

リザ-ビアでは、面倒な会員登録が不要な「カンタン予約」を取り入れており、高い予約成功率を実現しています。入力は3項目のみ。スマホでもストレスなく予約可能です。
マツエクサロン側の予約管理画面はわかりやすい設計。Webからの予約は自動取り込みされるので、パソコンの操作が苦手な方でもかんたんに管理できます。

宣伝、集客のお悩みはリザービアで解決!

リザービアを使うことで、宣伝や集客などマツエクサロンの悩み解決につながるでしょう。現在導入している美容サロンからも「リザービア経由のお客様が増えた」などのうれしい声をいただいています。
マツエクサロンの宣伝や集客にお悩みの方は、ぜひリザービアの導入を検討してみてくださいね。

A’staff Cloud Smart
SALON CARD
PAGE TOP