ホットペッパービューティー、ミニモ・サロンボードと予約連携が可能なリザービア

予約の一元管理
作成日
更新日
予約の一元管理
  • ミニモもホットペッパーも一括管理
  • 予約管理の手間を最小限に
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 新規リピート率のアップ


無料
かんたん30秒で資料請求

サロン運営に悩みはつきものです。
複数の集客サイトに掲載していて、ダブルブッキングが起こってしまったり、クーポンサイトによる新規集客ばかりで利益が出なくなったりといった課題が表面化することもあるでしょう。

そんなお悩みは、リザービアの予約一元管理システム「BMS」ですっきり解決しませんか?

この記事では、リザービアやBMSについて解説したうえで、他のサイトとの連携やBMSの導入事例も紹介します。

そもそもリザービアとは

リザービアとは、業界を牽引する大手美容室や急成長サロンなど、幅広い業種・業界で利用されている、「美容室やネイル・エステサロンに特化した予約管理システム」です。
ヘアサロンやネイル・エステサロンの他に、まつエクサロンやトータルビューティーサロン、治療院にも対応しています。
リザービアが人気の理由は、「集客できるお店づくりを支えている」点にあります。

リザービアでは、自社予約数の最大化を実現すべくリリースから継続して機能開発を続けており、営業時間内の電話・メール・オンラインミーティングや24時間のチャット対応、リザービア導入店のみが受講可能な「サロン経営セミナー」の開催も行っています。

ここからは、具体的にリザービアにどんな機能があるのかみていきましょう。

予約に関する機能

予約に関する機能

リザービアの予約台帳はスマホに対応しています。

パソコンにインストールして使うシステムの場合だと、スタッフの退勤後にネット予約が入った場合、翌日出勤するまで最新の予約状況を把握することができませんでした。

リザービアなら、システムをパソコンにインストールする必要がありません。
システムへ接続するための情報が分かれば、通勤中でも自宅でもスマホで簡単に確認が可能です。

そのほか、予約に関する便利な機能としては以下のようなものが挙げられます。

  • カンタン予約
    予約台帳の「カンタン予約」ボタンを使えば、電話予約もわずか4秒で確定させることが可能です。
  • 多言対応
    店舗での管理画面もユーザーが目にする画面も、いずれも「日本語・英語・中国語(簡体字/繁体字)・韓国語・タイ語」の5ヶ国語に対応しています。そのため、インバウンドユーザー獲得時や海外出店時にも活用可能です。
  • 設備管理
    メニュー・クーポンと設備との紐付けが可能です。例えば専用個室やベッド、託児スペースなど、特定メニューで使用する機材を設定しておけば、予約枠を柔軟に制御できます。
  • シフト設定・受付枠管理
    営業時間・席数・対応不可設定、シフトパターン・基本スケジュール登録、クーポンサイトとのシフト連動機能など、シフトや受付枠管理において必要となるさまざまな機能を搭載しています。
  • スタッフ設定
    • 指名通知メール受信
      指名予約が入った時に、指名スタッフへ通知のメールが届くように設定できます。直前の予約(直前に予約できない設定も可能)でも見逃す心配が軽減します。
    • 所属店舗管理
      複数店舗をまたぐスタッフがいる場合でも、店舗所属機能を使えば複数店舗で予約を受け付けることが可能です。
    • スタッフのWEB表示ON/OFF
      既存顧客しか予約を受け付けたくない場合や電話予約のみ受け付けているスタッフがいる場合は、この機能を使うことで表示の制御ができます。
  • 予備ライン設定(WEB側には公開しないライン)
  • 同時施術人数設定

顧客管理に関する機能

顧客管理の機能

  • 予約集計
    売上アップのための施策検討に欠かせない、「アプリ予約」「店舗予約」「新規or既存」「キャンセル」などの各種予約比率がわかります。集計期間中にどのクーポンがどれだけ利用されたかも把握できるため、PDCAサイクルを回しつつ改善策を検討できます。
  • 顧客管理
    お客様の会員種別(アプリ会員なのかLINE会員なのかゲストなのか)や名前、電話番号、来店回数、前回スタッフ、前回メニュー、前回クーポンなどの複数項目から会員を検索・管理できます。

複数条件検索から、クーポン付きのDM配信やアプリへのプッシュ通知、スタンプの付与などが可能で、リピート率向上に向けた施策に有用です。
(関連記事:DMで失客ケア−美容室のDM活用のポイント3選!

  • メッセージ自動配信機能
    施術日から最大60日後まで、配信制限なく自動メッセージを登録することが可能です。配信対象顧客も、前回のメニューや指名スタッフごとに設定できます。来店当日のお礼メールや来店1週間後のフォローメール、来店50日後の再来店促進メールなど、幅広い使い方が可能です。

専用の予約アプリ「サロンカード」

専用の予約アプリ「サロンカード」

紙のスタンプカードを使用している場合、お客様が来店時にカードを忘れてしまうと、新しいカードを発行したりメモを残したりと、手間と時間がかかってしまいます。場合によっては来店ポイントを貯められず、お客様が不便に感じてしまうかもしれません。
(関連記事:ポイントカードを導入している美容室のリピート率が高い理由

一方、無料の予約アプリ「サロンカード」なら、情報がスマホに集約されているので、紛失や忘れてしまう心配がありません。お客様は毎回しっかりとポイントを貯められます。

また、サロンカードであればより簡単に予約を完了できます。お客様は過去の予約履歴を確認して、「前回と同じ内容で予約」ボタンを押すだけで簡単に予約が完了します。

そのほか、以下のような機能も利用可能です。

  • お友達紹介機能
  • 口コミ投稿
  • クーポン受信

このように、サロンカードはお客様にとって簡単・便利な機能を搭載しています。アプリの利用によって、リピーター率の向上が見込めるでしょう。

豊富な追加オプション

リザービアでは、さまざまなオプションも選択可能です。

例えば「LINE連携予約」を使えば、予約アプリのサロンカードをダウンロードしなくても、お客様はLINEでいつでも予約ができるようになります。リマインドやキャンセルも、LINE公式アカウント内で完結可能です。

そのほか、後述する「BMS」ではホットペッパービューティーなどの他サイトとの連携が、「インスタ連携予約」ではインスタグラムとの連携が可能です。豊富なオプションを利用することで、より効率的な集客・予約管理を実現できます。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

サロンのお悩み解決!BMS(ビューティーマネジメントシステム)とは

BMSはリザービアのオプションの一つで、サロンの予約枠を一元管理し、予約のダブルブッキングを起こしにくくするシステムです。

BMSには、サロン経営におけるさまざまなお悩みを解決し、便利で快適なサロン経営をお手伝いするための機能が備わっています。ここからは、BMSにどんな機能があるのかを解説します。

トータルビューティー対応

トータルビューティー対応機能は、同一店舗内でネイルやエステなどを提供している複合店舗向けの機能です。
「トータルビューティー」とは、ヘア・メイク・ネイル・エステなどを総合的に提供する総合美容を指します。

トータルビューティーを提供するサロンでは、例えば美容師がネイリストを兼務していることがあります。その場合、当該担当者にネイルの予約が入った際は、同時刻にヘアカットなどの業務にあたることはできません。

大手クーポンサイトを利用し、ネイルとヘアの両方を掲載していると、どちらかの予約が入ってももう一方の予約枠が埋まることはありません。そのため、スタッフが手動で予約枠を調整する必要があります。

一方、トータルビューティー対応機能を利用すれば、どちらかの予約が決定するともう片方の予約も自動で埋まります。キャンセルもまた同様です。
予約を手作業で変更する手間や人的ミスがなくなるため、ダブルブッキングのリスクを最小限に抑えることが可能です。

シフトの自動更新

BMSで設定を行えば、定期的に最新のシフト情報をクーポンサイトに送信することが可能です。

シフトの更新を忘れると、せっかくの空き枠を埋めることができなかったり、場合によってはダブルブッキングになってしまったりといったリスクが生じます。BMSを活用することで、最新のシフト情報を掲載することができるため、こういった機会損失を最小限に抑えられるでしょう。

予約連携の対応時間を削減

BMSであれば、クーポンサイトやSNS、アプリ、LINEからの予約の全てをリザービアで一元管理できるようになります。

クーポンサイトやSNSなどの各種予約媒体を運用している場合、それぞれから受けた予約を手作業で集約するひと手間が必要です。また、情報を予約台帳に集約している間にネットで予約が入ってしまったり、電話予約の対応をしている間にアプリから予約が入っていたりと、ちょっとした時間差でダブルブッキングが発生してしまうこともあります。

その点、BMSを活用すれば、上記のような事態を未然に防ぐことができます。予約連携対応の手間が省けるので、施術に集中できるようになることもポイントです。

BMSを使えば、さまざまな集客サイトとも連携可能!

予約の一元管理

ここまではBMSの基本機能をみてきましたが、BMSの予約連携機能を使うことで、さまざまなサイトとの連携も可能です。ここからは、主な連携先について解説します。 

ホットペッパービューティー

国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロンの検索・予約サイトである、「ホットペーパービューティー」とも連携できます。

ホットペッパービューティーと予約連携できる「サロンボード」とは?

ホットペッパービューティーには、「サロンボード」という予約・顧客管理システムがあります。

サロンボードは、サロンの予約業務をサポートし、業務の効率や集客力を向上させるさまざまな機能を搭載しています。ホットペッパービューティーに掲載をしているサロンは、このシステムを無料で利用可能です。
関連記事:ホットペッパービューティーを活用した集客方法8つのコツ

サロンボードと連携するメリット

BMSを使ってサロンボードと連携することで、ホットペーパービューティーでの予約枠についてもリザービアで一元管理できるようになります。

ホットペーパービューティーは幅広い世代で利用されており、掲載サロン あることから、自分に合ったサロン探しができるのが特徴です。ホットペッパーとの連携により、新規顧客の獲得に繋がり、より安定したサロン経営を目指せます。

ミニモとの連携

BMSは、美容室やネイルサロン・エステ・まつエクサロン・リラクなどのサロンスタッフを直接予約できるアプリの「ミニモ」とも連携できます。

ミニモ掲載で利用できる「サロンツール」とは?

「サロンツール」は、ミニモに掲載しているサロンが無料で利用できるWebツールです。

サロンツールを使うと、同一店舗で複数のスタッフがミニモを利用している場合に、各スタッフのミニモ上での予約状況やお客様とのメッセージのやりとりなどをまとめて確認することができます。予約状況を把握できるだけでなく、接客マナーの向上や、分析機能を活用することで売上アップを狙えるのもポイントです。

サロンツールと連携するメリット

BMSを使ってサロンツールと連携すれば、ミニモアプリ上での予約もリザービアで一元管理できるようになります。

ミニモでは、お客様がサロンスタッフの口コミを事前に確認したうえで、指名したスタッフに当日の施術を担当してもらえます。アプリ上で、お願いしたいスタイルなどを相談・質問できるというのも特徴です。こういった特徴などから、ミニモは利用者の約9割が20代女性となっています。連携によってバッティングを防いで手間なく予約管理を行いつつ、顧客拡大を狙えます。

リザービアはインスタとの連携も可能!

リザービアのオプションを利用することで、インスタと連携することも可能です。ここからは、インスタと連携するメリットや連携方法について解説します。

インスタと連携するメリット

インスタと連携することで、専用の予約ページを作成でき、インスタへ投稿した写真は「ギャラリー機能」でハッシュタグ毎に自動分類して掲載、予め紐付けてあるメニューから予約することができます。

また、リザービア上で得た口コミのうち、自分が担当した施術の口コミだけまとめて表示することもできるので、インスタプロフィールページからのリンク先を、リザービアの専用ページにしておくことで、初めてのお客様も安心して予約できます。

お客様目線での予約までの流れとしては、まずはインスタに投稿された気になる写真から「専用スタッフページ」に移行します。その後「メニュー」を選択したら、あとは日時と予約者情報を入力するだけで予約完了です。

このように、インスタを利用しているお客様が「いいね」と思ったらすぐに予約できるという流れが形成されるので、予約数アップを実現できます。

インスタと連携する方法

リザービアの「Basic Sプラン」か「Advanceプラン」に加入していれば、申し込みが可能です。申し込み後は、リザービアの担当者からセットアップ方法などを説明させていただきます。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

リザービア「BMS」の導入事例

最後に、実際にBMSを導入したサロンの生の声を紹介します。

ヘアサロン:imiu(イミュウ)

「以前は、一番安いプランでクーポンサイトに掲載していました。しかし、スタッフが辞めたことでそこまで集客が必要なくなったことと、年数が経つにつれて掲載料金がどんどん上がっていったことが、掲載を辞める決め手となりました。

以前のクーポンサイトでもWeb予約を受け付けていたので、リザービアにうまく移行できるかどうかの不安がありました。しかし、担当スタッフからスムーズに移行する策を教えてもらい、すんなり移行できたのが良かったです。また、移行する期間は、案内チラシなどでしっかりとお客様に説明しました。

成功事例全文>リザービア導入後クーポンサイトを脱却!「クーポンサイトに頼らない」が集客のコツ?

まつエク・ヘアサロン:株式会社Lib Works

「当店は、ヘア・まつ毛の両方のエクステについて 自社サイト・インスタグラムからの集客に成功しています。ビフォーアフターの写真をインスタグラムに載せているのですが、ヘアはバックショットを、まつエクは目元のみを掲載しているので、快く承諾してくださるお客様も多くいらっしゃいます。

集客に以前利用していたクーポンサイトも、ランクを落としました。その分は福利厚生に当てています。また、労働時間も少なくするよう心がけて、残業をしないでも良いような仕組みを取り入れています。給料・待遇・雇用などを強化したことで、 ここ3~4年で離職率が大幅に減りました。

成功事例全文>年間380万円クーポンサイトの広告費を削減したのに売上が伸びている理由とは?

エステサロン:Pur・Blanc【ピュール・ブラン】

「最初は別の会社の予約システムを使っていましたが、操作が複雑だったり、Web予約ができてもいろいろなところから予約が入ってしまうと結局自分で予約表に書き写さなければならなかったりと、予約管理がとにかく大変でした。

その点、リザービアなら操作が簡単で、多くの美容系ポータルサイトと連動し予約を一元管理できるので、とても楽だ!と思い導入を決めました。

成功事例全文>脱毛エステサロンでリザービア導入後に半年ですべての営業日が「満員御礼」になった秘密をご紹介

【まとめ】BMSを活用してより良いサロン運営を!

今回は、リザービアとオプション機能の「BMS」について解説しました。

リザービアのBMSを利用すれば、他のサイトとの予約連携機能やトータルビューティー対応機能でダブルブッキングを防止するだけでなく、ホットペッパービューティーやミニモ、インスタなどのSNSと連携することで集客力をアップさせることが可能です。

少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

 

参考URL

https://salonboard.com/#case
https://salonboard.com/function/
https://www.recruit.co.jp/newsroom/recruit-lifestyle/news/beauty/news1255_20140529.html
https://salonboard.com/#case
https://faq.minimodel.jp/faq/show/411?category_id=42&site_domain=default
https://ribiyo-news.jp/?p=32469
https://bms.rsvia.co.jp/#function
https://minimodel.jp/info/faq#salon
https://tokusengai.com/_ct/17424329
http://www.hbnews.ribiyo.co.jp/2021/06/29/rsvia/
https://beauty.hotpepper.jp/doc/keisai/keisai.html

 

SALON CARD
A’staff Cloud Smart
PAGE TOP