エステサロンを経営するために知っておきたい基本の基|経営がうまくいくコツや成功事例を紹介

エステサロンを経営するために知っておきたい基本の基|経営がうまくいくコツや成功事例を紹介
公開日
更新日

「エステの技術が身についてきたから独立したいけど、不安」「独立って実際何から始めればいいの?」このように考えているエステティシャンの方も多いのではないでしょうか。

エステ業界に従事すれば、誰もが一度は考える「エステサロン経営」ですが、実際に始めるとなると経営の部分が心配になってきますよね。

開業して成功するには、エステ技術と同じくらい、またはそれ以上に経営のスキルが必要になってきます。開業当初は、みんな同じように経営の素人です。1つの事業を成功させるには戦略的に準備していかなければいけません。

そこでこの記事では、成功へ導くためにどのような手順を踏んでいけばいいのか、エステサロン経営の基本を解説していきます。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

エステサロン開業までに踏むべき段階とは

エステサロン開業までに踏むべき段階とは
エステサロンを実際に開業するにあたって、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。ここでは、エステサロン経営をスムーズに進められるよう、準備の手順を詳しく解説していきます。

事業計画を立てる

開業資金や運用資金の補填として銀行からの借入を検討する方も多いでしょう。借入の際は「事業計画書」の提出が必要になってきます。

事業計画書とは、どのようなエステサロンを目指し、サービスを提供するのか、今後どのように事業を展開していくのかなどを具体的に記したものです。

計画をするにあたって、毎月、毎年の収支も予測できなければいけません。そのため、この時点である程度のメニューや料金は決めておくのをおすすめします。

事業計画書の内容が綿密であればあるほど、経営していく上での軸ができあがっているため、ブレにくい経営戦略を立てられます。

コンセプトを決める

事業計画書を作成すると同時に、サロンのコンセプトを決めていきましょう。どのようなサロンにしたいのかをあらかじめ決めておけば、メニュー・サービス内容や内装のコーディネートに至るまでスムーズに選択できます。

なるべく具体的に決めておくと、全体として統一感ができて、ターゲットの客層にわかりやすいサロンが作れますよ。

なかなか考えがまとまらないのであれば、思いつくままに箇条書きで挙げてみてはいかがでしょうか。また、既に成功しているサロンを参考にするのもイメージが沸きやすいのでおすすめです。

ターゲットの選定

エステサロンを経営する上で、ターゲットとしたいお客様を決めましょう。年齢や職業など細かくイメージすることでお店のコンセプトや集客の方法を考えやすくなります。

ターゲットを決めておかないと、運営していくうちにだんだんと店舗のイメージや集客方法にズレが生じ、効率が悪くなってしまいます。

開業当初からすべてのお客様に愛されるサロンはありません。最初は客層やターゲットを絞って経営していくことで、自分のサロンに最適な経営方針を固められますよ。

市場調査、出店エリアの調査

店舗を出したいエリアの市場調査を行って、どのようなエリアなのかきちんと把握しておきましょう。

せっかく大変な準備を重ねて出店しても、同じようなコンセプトのサロンが近くにあっては十分な成果を発揮できません。自分の店舗が、そのエリアで差別化できているか把握しておくことが成功への第一歩ですよ。

狙いのターゲット層が来店できそうなエリアかどうかも一緒に考えてみると良いでしょう。難しければエリアに合わせたターゲットを再設定し、コンセプトも練り直す必要があります。

資金調達

事業計画書を作成するとともに、十分な開業資金の調達をしていきましょう。エステサロン開業資金の相場は自宅サロンの場合70万円~になります。家賃10万円の賃貸マンションなら140万円~、テナントを借りる場合は400万円以上になることも。

当然ですが、運営していくにあたって運用資金も残しておかなければいけません。

開業資金に不安のある方は、一般の金融機関や日本政策金融公庫を活用して融資を受けることも検討してみてください。国が定めている返済義務がない補助金や助成金プログラムを活用するのもおすすめです。

物件の準備

開業資金のめどが立ったら、さっそく物件を探しましょう。アクセスの良い好立地なエリアは集客しやすく、利便性も高いので人気ですが、家賃はその分上がってきます。自分の予算感と擦り合わせながら決めていくと良いでしょう。

また、賃貸マンションやテナント店舗でも家賃は大幅に変わってくる上、スタッフもより多く雇う必要が出てきます。初めて開業する方は、なるべく低リスクな物件をおすすめします。

しかし既に固定顧客を抱えている方は、開業資金とのバランスを考えながら挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

広告宣伝

広告の宣伝は、開店前から行うのが重要です。いざサロンがオープンしても、予約がなかなか埋まらずに固定費だけが消えていくのでは意味がありません。サロンの開店前から、広く認知してもらう必要があります。

SNSやブログを使えば宣伝費もほとんどかからない上に、運用次第で多くのお客様の目に留めることができます。開店準備の風景や、決まったことから順番にリリースしていくのをおすすめします。

関連記事:【エステサロン開業・独立を目指している方へ】失敗しない為の経営のコツ

いざ開業したら・・経営の基本を押さえよう

いざ開業したら・・経営の基本を押さえよう

エステサロン経営を軌道に乗せるには、経営スキルが大変重要になってきます。今までは技術を磨くのに専念できていたのが、今度からは店舗経営を重点的に考えていかなければいけません。ここでは、事業経営の基本を4つ紹介していきます。

1. 集客|集客方法の工夫

これまでは会社が行っていた集客も、これからはすべて自分でやらなくてはいけません。お客様に来ていただかないことには売り上げが作れないため、1人でも多くのお客様に来ていただけるように最優先で考えていく必要があります。

まずは店舗のHPを作成し、いつでもお客様がアクセスできるような環境を整えましょう。店舗の公式HPがあって、正しい情報にアクセスできることは安心感があります。

HP作成がなかなかできない場合は、手っ取り早く公式のSNSアカウント作成をおすすめします。多くのユーザーが利用している上、操作も難しくないのでその日から運用を始められますよ。

2. 売上管理をしっかりやる

開業資金を使い果たして経営難に陥らないためにも、売り上げの管理は日々徹底して行いましょう。想像よりも集客できなかったら集客に力を入れる、来客数に対して単価が見込めないのであれば値上げを検討する、など考えられることは日々変化していきます。

そのためには日々の売り上げを細かくデータ化しておくことで戦略を立てるのに活用できますよ。

3. 経営戦略を練る

経営していく中で「もっとこうしたほうがいいな」というポイントを集め、日々改善していきましょう。それでも最初は上手くいかないことが多いかもしれません。あきらめずに何回もトライ&エラーを繰り返して、サロンに最適な経営のスタイルを見つけていきましょう。

4. スタッフ育成に力を入れる

当然ながら、店舗スタッフの質は固定客を獲得するのに大変な影響があります。技術はもちろんですが、接客サービスの質などもお客様がサロンをリピートする重要な要素です。

サロンのコンセプトに合わせたスタッフになってもらえるよう、しっかりと教育の時間を確保していきましょう。優秀なスタッフを育成することが、エステサロン経営を成功させる近道かもしれません。

エステサロンの成功事例を紹介

エステサロンの成功事例を紹介

ここでは実際に、経営に成功した事例をご紹介します。

西葛西駅から徒歩1分の場所にある脱毛サロンPur・Blanc【ピュール・ブラン】。オープン当初はターゲットを主婦層に設定していましたが、思ったように集客が見込めなかったようです。

その原因は西葛西というエリアで主婦層は多いものの、家計をやりくりしている主婦層だからこそコストに厳しく、期待していた反響はありませんでした。

その経験を活かし、ターゲット層を働く女性にガラッと変えて、HPや集客方法もオンラインで予約できるシステムに変更しました。お店の売りでもあった「超短時間脱毛」は30分程度で終わるため、休憩中に来店するOLさんもいるのだとか。

サロンに合ったターゲット層に設定したため、今では毎日朝から晩まで予約が詰まっている繁盛店となりました。

成功事例を詳しく知りたい方は下記インタビューをご覧ください。
脱毛エステサロンでリザービア導入後に半年ですべての営業日が「満員御礼」になった秘密をご紹介

サロン開業時に導入したい予約管理システム|エステサロンがシステムを導入するべき理由

サロン開業時に導入したい予約管理システム|エステサロンがシステムを導入するべき理由

エステサロンで予約システムを導入すれば、予約状況を一目で把握できたり、顧客の予約機会を増やしたりできるため、店舗業務の効率をぐんと上げてくれます。効率化できて浮いた時間は経営戦略の時間に活用できるため、導入する店舗が多い傾向にあります。

この項目では予約システムを導入するメリットについて解説していきます。

予約・顧客管理の効率化でミスを防ぐ

予約システムを導入するメリットは、予約状況・顧客情報を簡単な操作で管理できることです。人の手で管理するのではどうしても防げない予約のダブルブッキングを、オンライン上なら大幅に削減できます。

また、顧客情報もカルテで一緒に保存しておけるため、一度来店したお客様へのクーポン配布や新メニューのお知らせを一斉にメールで送付も可能です。

ユーザビリティの高いアプローチが可能に

顧客情報を登録して管理できるため、1人1人に合わせたメニューの提案や、サロンでの過ごし方を提案できます。

また、毎回施術スタッフが違っていたとしても共有のカルテに情報をどんどん蓄積できるため、お客様が来店すればするほどユーザビリティの高いサービスを提供できますよ。

集計機能で経営戦略を立てるのに有効

予約システムにはデータの集計機能も備わっています。新規の予約とリピーターの予約の比率やどのようなクーポンが多く使われているかなど、さまざまな視点から集計データを分析できます。経営戦略を立てる上で、改善案を打ち出すのに大いに役に立つことでしょう。

エステサロンに特化したシステムならリザービアが最適

エステサロン経営で予約システムを導入するなら「リザービア」がおすすめです。全国4,500店舗以上の導入実績があり、LINEやInstagramなどの使い慣れている外部ツールとも連携できますよ。

単に予約ができるだけでなく、お客様が予約しやすいような導線を作れる予約システムです。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

基本を知って実行!エステサロンの経営を軌道に乗せよう

基本を知って実行!エステサロンの経営を軌道に乗せよう
エステサロンは国家資格がなく、美容業界の中では開業しやすい職種だと言われています。しかし、経営を軌道に乗せられず廃業になってしまう店舗も少なくありません。エステサロン経営には、技術だけでなく経営のスキルも大変重要です。

まずは基本に忠実に、できることからコツコツと積み上げていきましょう。

引用元:
新規開業資金(女性、若者/シニア起業家支援関連)-日本政策金融公庫

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP