エステサロンの経営者として活躍しつづけるポイントとは?経営戦略を立てよう!

エステサロンの経営者として活躍しつづけるポイントとは?経営戦略を立てよう!
公開日
更新日

エステの仕事は、美のプロとして人を美しく導く仕事として人気があります。男性の脱毛などの人気も出てきた中で、経営者として華々しく活躍してみたいと考える方も多いはずです。

しかし、資格の取得がなくても開業できるエステ業は、続けていくための経営的な戦略の不足による廃業も多いのが現状。人気のエステサロンとして長く愛され活躍していくには、どう行動していけばよいか気になりますよね。

今回は、エステサロンの経営者として活躍しつづけるポイントや経営戦略について紹介していきます。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

エステサロンの経営者とは

エステサロンの経営者とは
エステサロンの経営者とは、エステサロンを運営するオーナーのことです。エステサロンの経営者として従業員を雇って運営するパターンや、経営者が施術者と経営を兼任して運営するパターンなどがあります。

エステサロンの経営者の中には、エステ施術の技術には自信があっても経営は初心者という方が多いです。経営を続けていくには、エステの技術だけでなく経営に関する知識も身につけていかなくてはなりません。

美容系は経営し続けることが難しい業界

美容系のサロンは、1年以内には約60%が姿を消してしまうといわれる厳しい世界です。1年がんばって残ったあとも、10年つづく頃には約90%が廃業するといわれています。

このような現状から美容系のサロンは、経営を続けていくのが非常に大変だということがわかるでしょう。

廃業率が高い理由は、「小規模での経営」、「競争率が高い」、「流行の移り変わりが早い」などの原因が考えられます。そのため、経営を続けていくための知識や戦略を練ることがとても大切です。

実はまちがい!衰退を招くキケンな勘違い

実はまちがい!衰退を招くキケンな勘違い
エステサロンを経営するにあたって、実は危険な考え方について確認してみましょう。自分自身が経営者で、このような考えを持っている場合は注意が必要かもしれません。経営者としてお店を発展できるような新しい考え方を身につけていくきっかけにしてみましょう。

現状維持を目標にしてしまう

1つ目は、現状維持を目標にしてしまう考え方です。今の売り上げや集客状況、メニューの内容など、経営に関するすべてに置いて現状維持という目標を掲げることは、現状維持どころか衰退へ向かう可能性があります。

なぜなら、お客様のニーズや美容業界のトレンド、競合店が新たにオープンするなど常に周りは変化していくからです。変化する周りの状況を察し、経営の施策や目標も変化しつづけることで経営は発展していくでしょう。

技術力さえあればいいと考える

技術力がある場合は、このまま技術力を磨き続けることで経営がうまくいくと考えるかもしれません。たしかに技術力は、エステサロンが繁盛する要素として大切なのですが、それを知ってもらう宣伝力や経営戦略も必要です。

技術力は、お客様に施術を受けてもらってはじめて伝わります。まずはお店に興味を持ってもらわなければなりません。技術力を伝えるには、集客や宣伝の方法を工夫したり、口コミを広めてもらえるように接客で一言添えたりなどのアクションが必要でしょう。

エステサロン経営者として活躍しつづけるためのポイント

エステサロン経営者として活躍しつづけるためのポイント
エステサロンの経営者として活躍しつづけるためには、どのように行動していくべきでしょうか。エステティシャンとしての知識を持ちつつも、経営者として足りない部分はなにかという視点を持つことが大切です。

また、下の記事で「美容系サロン経営者の平均年収」について解説しています。美容系サロンの経営者の年収が気になる方は参考にしてみてください。

美容室オーナーの平均年収はどれくらいなの? 年収を上げる3つのポイントを紹介

エステサロン経営の知識を身につける

エステサロンの経営者として活躍しつづけるには、技術力だけでなく経営についての知識を身につけることが重要です。

経営の知識といっても、幅広い知識が必要になります。苦手と感じる分野は、その道のプロに聞いたり、委託したり、セミナーを受けたりして解決できます。

では、実際に具体的にどんなことを学べばよいのかについて下で説明していきます。エステサロンの経営者として活躍し、年収を上げていくためにもいろんなことを学んで実践していきましょう。

集客の方法を学ぶ

売り上げを上げていくには、集客力が必要です。お客様をどんどん増やしていくために、集客についてのノウハウを学ぶことは大切なポイントです。SNSやホームページ、広告などを使って宣伝して集客する力を身につけましょう。

伝え方やデザイン、投稿頻度など集客に結びけられるように工夫する必要があります。

新規顧客の獲得だけでなく、リピーターをつくるための集客術についても学ぶ必要があります。リピーターを確保することでエステサロンの経営を安定させていけるからです。

売り上げアップのために収支のバランスについて学ぶ

経営を安定させていくには、収支のバランスを整える必要があります。

知識がないまま運営を行うと、固定費や消耗品費などの経費が売り上げを圧迫してしまっていることも。逆に、コストを抑えすぎてお客様からみて魅力の感じにくいサロン環境にしてしまうこともあるかもしれません。

収支のバランスがアンバランスな状況では、経営も安定しません。経営に関するお金について学ぶことで、収支のバランスをとりつつ経営を安定させていけるようになるでしょう。

特定商取引法の知識で規約違反をふせぐ

商売を行うなかで、特定商取引法について学ぶことはリスクを減らすという意味でも重要です。事前に知識を身につけることで、規約違反やトラブルを回避することもできます。経営を続けていくには必要な知識といえるでしょう。

たとえば、1ヶ月間のうちに総額が5万円を超える契約を行うのは規制の対象になることは知っていますか。このような決まりを知っておけば、メニュー作りの際にも活かせます。トラブルや規約違反はお客様との信頼を失いやすくなってしまいます。

知識を得ることで避けられるリスクは避けるべきです。

エステサロンの経営について学ぶには

エステサロンの経営について学ぶには
エステサロンの経営について学ぶにはどうしたらよいでしょうか。時には外部の力を借りて自分自身のスキルアップを図るのも大切です。エステサロンの経営の知識は、どのような場所で学べるのかについて解説 するので参考にしてみてくださいね。

スクールに通う

1つ目は、スクールに通う方法です。エステサロンの経営に関するスクールとは、一般的にエステサロンを経営しているオーナーが、開業のノウハウを教えるといった形で行われています。

講師自身がもともとエステサロンを経営していた経験からノウハウを教えてくれるので、より実践的な内容を教わることができるでしょう。また、おおよそ1対1もしくは同じ受講生と共にという形で開校されています。

専門学校に通う

2つ目は、専門学校に通う方法です。専門学校では、エステの技術はもちろんのこと、経営者としてサロンを経営する方法を勉強できるところが多くあります。エステの技術や資格を取得しつつ、経営についても学びたい方におすすめの方法です。

専門学校といってもそれぞれ特徴があるので、自分の求めるスキルを身につけられるような内容の授業が開講されているところへ行きましょう。専門学校では、集団での長期の受講という形が多く、まとまった時間やコストが必要ですが、トータルで知識を得られます。

セミナーで学ぶ

セミナーは、集客で活用するSNSの使い方について学びたい!など部分的な知識を身につけたいときにおすすめです。1日で終わる内容のものが多く、短期間でピンポイントで知りたい知識をプロから聞くことができます。

自分自身が学びたい内容のセミナーを探して受け、知識をどんどん広げていけます。オンラインで開講されているものも多くあるので、気軽に受けやすいです。まとまった時間がとれない方やピンポイントで知識を得たい方はセミナーがよいでしょう。

コンサルティングを受ける

コンサルティングは、専門家と1対1で経営についてとことん掘り下げて考えていけるのが特徴。それぞれのサロンの状況に合わせたコンサルティングをしてもらえるでしょう。

コンサルティングを依頼するときは、エステサロンの実績があるコンサルティング会社だと安心です。

これまでコンサルしてきた成功事例をもとに、オーダーメイドで経営プランについて提案してもらいたい方におすすめの方法です。

サロン経営者に役立つ資格

サロン経営者に役立つ資格
ここからはサロン経営者に役立つ資格について紹介します。エステサロンを開業するのに、資格は特に必要ありません。しかし、持っておくと知識を経営や施術に活かせる資格があります。

エステサロンを経営するのに役立つおすすめの資格は、どのようなものがあるのか確認してみましょう。

中小企業診断士

中小企業診断士の資格は、企業の経営理論や運営管理などを学べます。運営の法務の知識も身につけられます。

中小企業の経営の課題について診断やアドバイスを行えるので、自分自身が運営するエステサロンの店舗においても客観的に経営の状況を判断できるようになるでしょう。

経営について本格的に学んでいきたい方におすすめの資格です。中小企業診断士を持つことでエステサロンだけでなく、さまざまな局面で経営についていい方向へいけるような判断を下しやすくなるでしょう。

簿記

簿記の資格は、収支のバランスについて判断できるようになる資格です。経営者として欠かせない経営の管理や分析の基礎も身につけられるでしょう。お金について正しい判断ができるようになると、経営においてもメリットが大きいです。

日々の取引を帳簿に記入するなど、決算書を作成できるような知識が身につくのも魅力です。決算書を読めればオーナーとして数字で今のお店の状況を判断できるようになります。

美容師国家資格

美容師の国家資格は、髪を切るときだけの資格ではありません。この資格を取得することで、まつ毛エクステやまつ毛パーマの施術も行えるようになります。エステサロンのメニューにマンネリを感じているときなど、施術の幅を広げることができるでしょう。

また、エステサロンは資格が必要ないとはいえ、美容師の国家資格を持つことで、お客様からみた信頼度がアップしやすいです。美容のプロとして自信を持ってお店を運営できるようになるでしょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様は無料利用可
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

エステサロンの経営者として活躍し続けるには幅広い経営の知識が必要!

エステサロンの経営者として活躍し続けるには幅広い経営の知識が必要!
エステサロンの経営者として活躍しつづけるには、経営に関する幅広い知識を身につけることが大切であると紹介してきました。経営戦略を立てたり、新しい知識を身につけるのは大変ですが、その努力の分だけ、経営に活かしていけるでしょう。

経営について学び、その知識をもとに行動し続けてていくことがエステサロンを長くつづけるのに大切なポイントです。

引用:
中小企業診断士ってなに?-中小企業診断協会
理容・美容のページ-厚生労働省
簿記-商工会議所の検定試験

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください