長続きさせるためのフランチャイズ美容室の開業

作成日
更新日
インスタ連携予約
LINE連携予約

「美容室を開業するならフランチャイズサロンが安全」
といわれるケースも多いように、個人経営に比べると低いリスクではじめられます。

とはいえ、フランチャイズの仕組みや開業の仕方が分からないといった人も多いですよね。そこで今回はフランチャイズサロンの開業をテーマにご紹介します。

個人経営との違いから、開業するまでの流れまでまとめました。美容室の開業を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フランチャイズとは

フランチャイズ(FC)とは、特定の店舗の名前をもとに決められたサービスを提供する契約です。本部と呼ばれるフランチャイザーが店舗の看板やサービスを提供する代わりに、加盟するフランチャイジーは加盟金を支払います。

美容室の場合は、本部となるサロンに加盟金を支払い契約すると、サロンの看板とメニューをそのまま活用して営業できます。加盟先のサロンから指導や教育を受けられ、安心して美容室経営にのぞめるのがポイントです。

次の項目では、フランチャイズと個人経営の具体的な違いをご説明しますね。

フランチャイズと個人経営は「自由度」と「サポートの充実度」が違う

フランチャイズと個人経営は、仕組みが異なります。開業を検討している方は、それぞれの特徴を把握したうえで決断すると良いでしょう。

主な違いは「自由度」「サポートの充実度」が違います。それぞれのメリット、デメリットと合わせてご説明しますね。

フランチャイズ美容室を開業するメリット・デメリット

フランチャイズサロンのメリットとデメリットを表にまとめました。


フランチャイズサロンは初期投資をおさえて、低リスクで始められます。本部のサロンに援助してもらえるからです。サロン内の設備も決められているので、コスト削減が期待できます。加盟するサロンの知名度が高ければ、集客も難しくありません。

経営のアドバイスやビジネスの知識も得られるのも大きなメリット。サポートを受けつつオーナー経験を積み、独立を検討している人に向いています。

一方でフランチャイズサロンではオリジナリティが出しづらいです。本部のサロンの指定どおりのお店を営業しなければなりません。加盟金を支払う必要があり、一定額の利益が減ってしまうのも欠点といえるでしょう。

個人経営サロンを開業するメリット・デメリット

個人経営のメリットとデメリットは次のとおり。

個人経営のメリットは、自分の自由にサロンを営業できること。内装や料金メニュー、スタッフまですべて自分で決められます。ただし初期投資にかかる金額も、少なくありません。土地の契約から設備投資まで自分で行う必要があります。

フランチャイズと違い経営に関する相談相手がいないのがデメリット。結果的に売り上げが伸び悩み、廃業してしまうケースも多いです。

個人事業主は開業後3年以内に約6割以上が廃業するといわれるように、経営し続けるのは簡単ではありません。
https://saino.biz/business-survival-rate/

フランチャイズサロンを開業するための5ステップ

フランチャイズサロンを開業したい場合は、次の5つのステップを行います。

  1. フランチャイズの募集広告を見つける
  2. フランチャイズに関する説明を受ける
  3. 加盟申請し選考を受ける
  4. 契約を結ぶ
  5. 開業

フランチャイズサロンを開業するには、フランチャイズの加盟するオーナーを募集する広告を探します。希望のサロンを見つけたら応募し、具体的な説明を聞きにいきましょう。

契約内容に問題がなければ、加盟申請を行って選考を受けます。審査に通れば契約を結び、お店を開業できる流れです。

フランチャイズ募集が見つかるおすすめサイト3選

フランチャイズサロンの募集を見つけるには、募集サイトを活用するのがおすすめです。
具体的には次の3つのサイトが挙げられます。

サロンFCナビは美容サロン専門のマッチングサイトです。募集数も豊富で、知名度の高い店舗を多く掲載されています。美容室の募集を探すなら最初にチェックするのをおすすします。

希望の募集がなければ、フランチャイズビズとフランチャイズ加盟募集.netで探してみましょう。美容室だけではなくネイルやエステサロンの情報も記載されていますが、希望の店舗が見つかるかもしれません。

安心して開業したいならフランチャイズ美容室は1つの手

今回は「フランチャイズサロンの開業」をテーマにご紹介しました。個人経営に比べて自由度はへりますが、初期投資も少なく経営のサポートが受けられるメリットがあります。

少ない資金をもとに安心して開業したい方にはおすすめですよ。気になる方はぜひ一度、フランチャイズ募集サイトをチェックしてみてください。サロン経営のイメージがつきやすくなるはずですよ。

LINE連携予約
インスタ連携予約
PAGE TOP