美容師が独立するメリットとは?美容室開業時にやるべきことや売上UPのポイントも紹介

美容師が独立するメリットとは?美容室開業時にやるべきことや売上UPのポイントも紹介
公開日
更新日

お客様の髪型を、おしゃれに・かっこよく仕上げる美容師の仕事にあこがれる人は少なくありません。そのなかでも、将来的に独立してオーナーとして美容室を開くことを夢見る人も多いです。

独立にはメリットもありますが、開業までにはたくさんの準備が必要で、開業してからも経営者として上手に店舗を運用していかなければなりません。そこで、美容師の独立開業について、さまざまな角度から確認してみましょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容師が独立開業するメリットはどんな点?

美容師が独立開業するメリットはどんな点?
美容師免許は国家資格であり、免許を持っていれば独立を目指せます。美容師を目指す人や美容師として雇われて働いている人のなかには、ひとり立ちして自分の店を持つことを夢見る人も多いです。

では、独立すると何がよいのか、メリットを見てみましょう。

収入アップの可能性がある

現在働いているサロンで給与面に不満がある場合、独立して自分がオーナーになれば、売上から経費を引いたお金がすべて自分のものになります。その結果、収入が上がる可能性があるのです。

もちろん、独立さえすれば必ず収入が上がるというわけではありません。集客がうまくいかず経営が軌道に乗らないと、逆に収入が下がってしまうリスクがあることも頭に入れておきましょう。

自分の望む働き方や店づくりができる

独立すれば自分がオーナーなので、雇われの身に比べて営業時間や休みに融通が利き、自分の好きなように働くことができます。

さらに、内外装・インテリア・使用する商材などにこだわることで、自分の思い描くコンセプトやターゲットに合わせた店づくりを行える点も魅力です。

自分の理想を追求したい人にとって、独立はおすすめの方法といえるでしょう。

美容室の独立開業に必要な準備

美容室の独立開業に必要な準備
つづいて、所属していた美容室から独立して自分で開業するためには何をしておけばいいのか、事前に行うべき準備項目を解説していきます。

1. コンセプトやターゲットを決める

まず、美容室のコンセプトを決めましょう。どんなお店にしたいかがはっきり決まっていないと、強みやオリジナル性を出すのが難しく、お客様にも選んでもらいにくくなります。また、内装などの準備にも影響が出るので、明確に定めることが大切です。

コンセプトが定まったら、どんなお客様に利用してほしいのかというターゲットも設定しましょう。

2. 事業計画を立てる

コンセプトが決まったら、事業計画を練りましょう。提供するサービスの内容・開業資金の内訳・売上の計画などを具体的な数字で示すことにより、経営の方向性も見えてきます。

なお、事業計画書は融資や補助金・助成金の申請などの際にも必要なため、こまかい部分まで作り込むことが大事です。

3. 物件を探す

出店する場所も決めなければなりません。1で決めたコンセプトやターゲットをふまえた上で、適合する物件を探しましょう。

住宅街・駅近・商業施設の中など、狙ったターゲットにマッチする立地かどうかが重要なポイントです。地域性や周辺の環境、競合などもしっかり調査しておきましょう。

4. 開業資金を調達する

美容室の開業資金は、200万~300万円程度で収まる場合もありますが、余裕を見て1,000万円は用意したいところです。

しかし、自分の貯金だけで1,000万円を捻出するのは厳しいという人も多いのではないでしょうか。そこで、自己資金で不足する分は、日本政策金融公庫や銀行などから融資を受けたり、国・自治体が用意する補助金・助成金を利用したりする方法があります。

また、家族や親せきなどから借りる・援助を受けるのも1つの手段です。

5. 開業に必要な手続き・届け出を行う

美容室を新しく開業する際には、各方面でさまざまな手続きが必要です。どこに何を申請すればいいのでしょうか。

税務署|開業届

美容室に限らず、独立開業の際は、開業から1カ月以内に管轄の税務署に開業届を提出しましょう。税金の申告に必要です。また、必要に応じて、最大65万円の控除を受けられる「青色申告」の申請も行いましょう。

消防署|消防検査申請

美容室の開業では、安全性の確保も重要です。消防署に所定の書類を提出して消防検査の申請を行い、消火器や火災報知器などの消防設備が基準を満たしているかどうかチェックしてもらわなければなりません。

保健所|美容所開設届

保健所による衛生面の点検も義務付けられています。美容所の開設届や構造設備の概要書、店舗の平面図などの必要書類を提出のうえ、店舗の構造や設備について所定の検査を受けて合格しなければなりません。

清潔さ・明るさ・換気などが確認されるほか、床などに使われる材質にも決まりがあります。

6. 必要な工事をしてもらう

つづいて、内装工事や設備の整備など、営業に必要な工事を業者に依頼します。シャンプー台やセット面の数・配置などは、前述した消防署や保健所の検査に影響する部分でもあるので、業者ともしっかり打ち合わせや確認をしておきましょう。

工事の際は、過去に美容室の施工実績がある業者を選ぶと安心です。また、複数の業者から見積もりを取って適正価格を調べましょう。

7. 必要物品を購入する

開業までに、施術に必要な機械・道具・商材などはもちろん、電話・レジ・パソコン・冷蔵庫・洗濯機なども購入しなければなりません。

美容室の営業には何が必要なのか、以下の記事も参考にしながら物品をそろえてください。
美容室の開業に必要なものとは?備品リストを作ろう

8. 集客を行う

店舗の形だけ完成しても、お客様に来店してもらわなければ意味がありません。開業することをアピールしたり、お客様を呼び込んだりするための戦略を立て、実行しましょう。

周知や宣伝には、SNS・ホームページ・クーポンサイト・チラシなどを活用することが大切です。下記のページの内容もチェックして、集客に役立ててください。
美容室の集客方法5選−新規客獲得編【保存版】 | リザービア

美容室を独立開業したときの収入相場

美容室を独立開業したときの収入相場
美容室を独立開業した際のオーナーの給料は、売上次第の部分もあるので一概にはいえません。しかし、目安としては年収400~500万円と見ておくとよいでしょう。

従業員を雇わず1人で営業する場合、収入は売上から経費(仕入れ・家賃など)を引いた額です。しかし、そこから借入金の返済や税金(所得税・住民税など)の納付を行わなければならないので、実質手元に残るお金は減ります。

美容室を独立開業して成功するためのポイント

美容室を独立開業して成功するためのポイント
当然のことながら、開業自体よりも、経営を軌道に乗せることのほうが難しいです。前章の収入はあくまで目安であり、経営がうまくいけば上回る可能性があり、逆にうまくいかなければ下回ることも十分ありえます。

では、美容室の独立開業でしっかりと収益を上げて経営を成功させるためには、一体どうすればいいのでしょうか。

施術の腕前は絶対条件

美容室オーナーのなかには、20代前半など、若くして独立する人もいます。しかし、まずは美容師としての技術が一定水準以上でないと、お客様をつかむことが難しいです。

未熟な技術ではお客様からの信頼度も下がるため、10年ほどは雇われで経験を積み、テクニックを磨いてから開業するのが理想といえるでしょう。

最新の情報や技術を学ぶ

美容業界はトレンドの移り変わりが激しい世界で、アンテナが高く流行に敏感なお客様も多いです。

お客様のライフスタイルやニーズに合ったサービスを提供し続けるためには、美容師側としても常に学ぶことを怠らず、情報を仕入れたり新しい技術を習得したりすることに努めましょう。

経営ノウハウを身につける

独立するのであれば、美容師としてだけでなく経営者としての知識をつけ、集客・売上の目標を立てて戦略を練ったり、返済計画に沿って返済を進めたりすることも大切です。税金や法律関係なども勉強し、経営について学びを深めましょう。

なお、いくら売上がよくても、経費がかかりすぎては収益が上がりません。コストパフォーマンスも意識して、適切な価格設定を行いましょう。

予約管理を徹底し、利益の上がる仕組みを作る

独立して開業する際には、自分だけでなく、店全体の予約管理も大切なポイントです。

適切な価格設定なども大事ですが、安定的に利益を上げる上では営業時間外での予約を受ける機会損失を減らし、店舗として稼働率を上げていくことが大事です。

最初は一人営業ということであれば、必要性はそこまでないかもしれませんが、他スタッフもいる場合ならば、予約管理システムを導入するのもおすすめです。

導入すれば、インターネットで24時間予約の受付や管理ができ、顧客情報の管理もできるため、こまかい事務作業の手間が減らすことができます。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室の独立開業には「リザービア」の導入もおすすめ

美容室の独立開業には「リザービア」の導入もおすすめ
独立して自分の店を持ちたい、という意欲があるのはよいことです。しかし、美容師が独立する場合、開業前からやることが山積みです。多額の費用も必要になるため、資金繰りをしっかりと行い、準備を進めましょう。

また、開業するだけで終わらず人気のサロンに成長するには、様々な技術や流行・経営について勉強することも大切です。

開業にあたり、リザービアのような予約システムを取り入れることも検討してみてはいかがでしょうか。リザービアは、美容業界に特化した予約システムです。GoogleやInstagramとも連携できるので、集客から予約までの動線が作れて便利に活用できます。クーポンや自動メッセージ配信なども行えるので、リピート増加にも役立ってくれるでしょう。

手作業での予約管理や顧客データ管理に比べて業務負担も軽減されるため、スムーズな店舗運営をサポートしてくれます。

Reservia資料請求フォーム

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    開業前の場合は開業予定の都道府県をお選びください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください

    \30秒で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP