美容室の効果的なプロモーションとは?集客に有効なプロモーションを行おう

さまざまな美容室の広告を紹介
作成日
更新日

美容室の広告といえば美容ポータルサイトが定番ですが、安定した集客のためには、ポータルサイトだけに依存しない戦略作りが必要です。

そこでおすすめなのが、Web広告プロモーション。うまく活用すれば、高い費用対効果を発揮します。ここでは、Web広告がおすすめの理由についてや、プロモーションを行ううえでのポイントについてご紹介します。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

そもそもプロモーションとは?

そもそもプロモーションとは?
プロモーションとは、簡単にいうと「販売促進」のことを指します。商品の販売、あるいは提供サービスを利用してもらうために、見込み顧客に向けて行われる一連の行動のことです。
まずは、プロモーションにはどういった方法があるのかについてご紹介します。

チラシやダイレクトメールの配布

プロモーション方法のひとつ目は、チラシの配布やダイレクトメールの送信です。店舗の紹介やメニューなどの情報を掲載した媒体を、消費者の手元へ直接届け店舗について認知してもらいます。

チラシ配布は、プロモーションの中でも代表的な手法のひとつです。特に周辺地域に対しての宣伝に効果的で店舗を知らない層へも認知を広げることができますが、興味を持たれないと捨てられてしまう恐れもあります。

チラシやダイレクトメールでプロモーションを行う際には、わかりやすい表現を使い店舗について興味を持ってもらうことが必要になります。
関連記事:エステ・美容サロンがDMを利用するメリットと活用のコツ|作成のポイントとおすすめ例文を紹介

広告の掲載

テレビCM、新聞や雑誌などに店舗の広告を掲載してもらうプロモーション方法もあります。こちらもチラシやダイレクトメールと同じく、直接購入やサービスの利用を直接狙うのではなく、まずは店舗の認知を広げることが主な目的になります。

試供品の配布、無料体験

販売している商品について試供品を配布したり、提供しているサービスの一部を体験してもらったりと、無料で提供するプロモーションの一種です。

実際に商品やサービスを直接試してもらえるため、購入や利用を考えている層には有効なプロモーションとなります。たとえば、ヘアケア用品の販売を行っている美容室の場合、カットやカラーを利用した顧客にサービスとしてヘアケアを体験してもらうことによって、ヘアケア用品の販売を促すことができます。

ネットツールを使用したWeb広報

プロモーションの手法には、インターネットを利用し、商品の販売や提供サービスの宣伝をする、Web広報もあります。

現在ではスマートフォンやパソコンが普及し、SNSなどのネット上で情報交換が盛んに行われているため拡散力が高く、テレビCMや新聞・雑誌に打ち出す広告と同じかそれ以上に、店舗の認知を広げるのに大きく役立ちます。

美容サロンにはネットでの集客がおすすめ

美容サロンにはネットでの集客がおすすめ
美容サロンでの集客には、ネットツールの使用が適していると考えられます。ここからは、ネットツールを使用したプロモーションがおすすめの理由について解説します。

店舗の雰囲気やメニューを余すことなく伝えられる

ひとつめの理由として、店舗の雰囲気やメニューの詳細など、伝えたいことを余すことなく掲載できる、ということが挙げられます。

自店舗のWebサイトを運営していれば、店内の様子を撮影した写真や、提供しているメニューを掲載することができます。

チラシや広告だと、どうしてもスペースに限りがあるため、掲載する情報を絞り、伝えたいことを簡潔にまとめる必要があります。しかし、Webサイトなら掲載できるスペースに限りがないため、伝えたい情報を全て掲載することができるのは大きな強みと言えるでしょう。

特に、美容室のような美容系サロンだと、メニューの仕上がり写真など、画像を掲載することが効果的だと考えられますが、チラシで写真を大きく掲載してしまっては、スペースを占領してしまいます。その点Webサイトなら、大きな写真は改めて別のページに表示させるなどといった工夫で、文字の情報と写真の掲載を両立させることができます。

お客様の声を「口コミ」として記載できる

お客様から寄せられたご意見を、口コミとしてWebサイトに記載することが出来ます。実は口コミは、大きな集客効果を見込める大切な要素の一つなのです。SNSなどネット上での情報交換が盛んだと前述しましたが、美容サロン選びにおいても、実際に店舗を利用したお客様の口コミを来店の決め手にするユーザーが増えています。

チラシや広告だと新しくご意見を頂くたびに作り直さなければいけませんが、Webサイトであれば口コミの更新も比較的容易です。頻繁に更新するため、口コミはSEO対策にも有用だとされています。
関連記事:口コミを自社HPに組み込んで予約数20%UP!?口コミを自社ホームページに組み込む3つのメリット

動画を活用できる

チラシや広告でできない、インターネットツールにおけるプロモーションの一番大きなメリットが、動画を活用できる点です。完成したヘアスタイルの写真を見せるだけではなく、ヘアセットやアレンジの手順を動画で見せることによって、見込み客の興味を惹きやすくなります。

美容に関するプロの手腕を見せることによって、店舗で提供するサービス自体に信頼感を持ちやすくなり、来店につながる可能性が高くなります。

SNSなら無料で利用できる

フェイスブックやインスタグラムのようなSNSは、個人で利用するだけでなく、ビジネス用のアカウントを作ることができます。こういったSNSは無料で利用することができるので、運用のための時間を取ればコストがかからずにプロモーションに活用することが可能です。

前述したユーザー同士の情報交換やレビューに加え、店舗の情報を投稿することによって、店舗の認知を広げることができます。特にインスタグラムは、画像や動画に特化したSNSです。

定期的に投稿する必要はありますが、費用を取らずにプロモーション活動ができるため集客において非常に有用だと考えられます。

広告から予約への導線にすることができる

ネットツールのプロモーションは、そのまま予約への導線にすることも可能です。電話や直接来店して予約をしようと思ったら、どうしても店舗の営業時間内に連絡をする必要がありますが、人によっては仕事や家庭の都合で難しい、ということもあります。

ポータルサイトへの掲載やインスタへの投稿、Webサイトから直接予約するシステムを利用することで、ユーザーが営業時間を気にすることなく予約することができるようになります。

営業時間を気にすることなく予約をすることができるのは、ユーザーにとっては利便性が高いため顧客獲得の機会損失を防ぐことにつながります。

美容室のプロモーションで気を付けるポイントは?

美容室のプロモーションで気を付けるポイントは?
美容室にはネットツールを利用したプロモーションがおすすめと前述しました。それでは、実際にプロモーションを行う際、どんな点に注目すればよいのでしょうか?美容室のプロモーションで気を付けたいポイントについて解説します。

まずはターゲットを明確にしよう

最初に、サロンの主な客層の年代や属性などを明確に把握しましょう。特にSNSを利用する場合、主なターゲットは若い世代になる傾向があります。しかし、「女性、20代」といった情報だけでは少々設定が不足していると言えるでしょう。現在では、ターゲット対象の設定も細分化する必要があります。

人物像だけでなく、「髪のボリュームで悩んでいる」「カラーリングに重点を置いている」「くせ毛がコンプレックス」など、美容室に求めるであろう細かな問題を置いてみるのも有効です。

サロンのコンセプトを絞ろう

次に、サロンのコンセプトを絞ります。サロンの雰囲気や、得意とする施術メニューなどから、どんなサロンなのかという伝えたいコンセプトを決めましょう。

お客様の目線から考えることも大切

お客様の立場に立って考えることも大切です。お客様が、美容室に何を求めてやってくるのかを推測し広告として押し出ましょう。

「ターゲットを明確にしよう」の項目でもお話しましたが、お客様がどんな悩みを持って美容室を訪れるのかを問題提起として置いてみるのもよいでしょう。たとえば、ヘアケアに重点を置き得意としているサロンなら、髪の傷みに悩んでいる人へアプローチするような内容にしてみるとよいですね。

効果があったプロモーションを分析しよう

プロモーションは、一度行ったら終わりではありません。実際にプロモーションを通じて来客があった場合、何が効果的だったのか分析をしてみましょう。

効果があったと思われるデータを、次回以降のプロモーションにも活用することで、さらなる新規顧客獲得につなげることができます。

検索・予約サイトも活用しよう!

検索・予約サイトも活用しよう!
WebサイトやSNSアカウントの運用だけでなく、サロンの検索、予約を行えるサービスも活用してみましょう。検索・予約が行えるポータルサイトは、都道府県を問わず登録することができるため、美容室を探そうとしている多数のユーザーが利用していると考えられます。

数ある美容室をユーザーがそれぞれ比較し、目当ての美容室を探しているため、店舗を知らないユーザーへの認知を広げることができます。また、探し出した美容室の情報ページから直接予約ができる、自分でWebサイトを作成する必要がないなど、いくつかのメリットがあります。

サイトによっては利用料が必要でコストがかかるデメリットもありますが、ポータルサイトへ登録するメリットは大きいと言えるでしょう。

実際に運営されているポータルサイトのなかから、美容に特化したおすすめのポータルサイトをご紹介します。

HOT PEPPER Beauty(ホットペーパービューティー)

ホットペッパービューティは、日本最大級の掲載店舗数を誇るポータルサイトです。利用するのには掲載料が必要ですが、お客様側の利用者も非常に多いため、登録する価値は大きいです。
HOT PEPPER Beauty(ホットペーパービューティー)

楽天ビューティー

楽天ビューティーは月間アクセス数が100万PV以上ある、美容に特化したポータルサイトで、無料で店舗の登録・掲載ができます。楽天ビューティーを利用して予約が入った場合に料金が発生する、成果報酬型の有料ポータルサイトのため、ポータルサイトの利用を試してみよう、という方にもおすすめですです。
楽天ビューティー

EPARKビューティ

飲食店や病院など、さまざまな業種で利用されている予約受付システム「EPARK」が提供する、美容業界に特化したサービスがEPARKビューティです。

Googleと連携することでGoogleの検索結果から直接予約を受け付けたり、ネットから予約が入った際に店舗にある電話でお知らせしてくれるなど、さまざまな機能が用意されています。また、店舗ページを代行で作成してくれるため、自分で行う作業が少ないのも魅力です。
EPARKビューティ

minimo(ミニモ)

美容室だけでなく、ネイルサロンやエステサロンなど、美容業界に特化したポータルアプリです。アプリなのでスマホがあれば登録することができ、お客様もアプリを通じて店舗の検索や予約を行えます。

店舗にパソコンがあれば、スタッフが各々のスマホでminimoを利用していても一元管理することも可能です。
minimo(ミニモ)

関連記事:minimo(ミニモ)とホットペッパーどっちが良い?併用するなら連携できるツールを使おう

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室のプロモーションはネット利用がおすすめ!集客に繋げよう

美容室のプロモーションはネット利用がおすすめ!集客に繋げよう
プロモーションは、一言で言うと販促活動のことです。美容室でも、集客するためにはプロモーション活動が必要になります。

プロモーションにはチラシや広告などさまざまな手法がありますが、美容室のプロモーションはネットツールと相性がよいと言えるでしょう。主な客層になる若い世代の女性はSNSなどを用いて個々で情報交換を行い、美容室に関する情報も集めています。

動画の活用や投稿から予約導線を作るなど、デジタルならではの強みを活かしてプロモーションを行ってみてください。

Googleで予約
BMS
PAGE TOP