美容室の売上をあげる方法を整理しましょう〜客数増加編〜

作成日
更新日
LINE連携予約
Googleで予約

お店の売上を伸ばすために何を目的とするべきか と聞かれたら、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

美容室の経営は、

客数UP
単価UP
来店回数UP

を経て、「VIP顧客数UP」を図ることで、安定した売上を作っていけるといわれています。

来店回数編ははこちらからご一読ください
美容院の売上を上げる方法を整理しましょう〜来店回数編〜

 

通常、美容室ではまず客数(来店者数・動員数)を集めることから始まります。
売上を上げるために「客数」、「来店回数」、「客単価」はどれも重要な指標ですが、 駆け出しのスタイリストが取り組む順序としては、まずこの「客数UP」が非常に重要になります。
もちろん、熟練のスタイリストの方のように多くのお客様が既にいらっしゃる場合でも同様です。

近年美容室では、集客は大手広告媒体に頼り切ってしまっているケースが多く見受けられますが、
そこにはメリットの一方で、デメリットもあるということをきちんと認識した上で付き合わなければいけません。
なぜならば、広告媒体には「一人の人間に対し、より多くのサロンへ行ってもらう」仕掛けづくりがされているからです。
参照:ホットペッパービューティー掲載の美容院必見! お店のホームページに独自のネット予約が必要な3つの理由とは?

これらを踏まえたうえで、今回は自社で出来る集客の方法についてもご紹介させていただきます。

「集客」と一括りにしていますが、集客を分解すると下記のようになります。

既存集客
新規集客

では、既存集客はどのようなものがあるでしょうか?

既存集客というと分かりにくいかもしれません。
既存の方で売上を作る方法と考えていただき、下記の記事もご参考ください。
→→美容院の売上を上げる方法を整理しましょう〜来店回数編〜

一方で、新規集客というとどのような方法があるでしょうか?
・自然検索への対策(例:自社メディアの強化をして集客)
・既存のお客様からのご紹介
・リスティング広告などによる集客

これらどれもが自社で行える集客といって問題ないかと思います。

今回は新規・既存それぞれの集客のうち、新規のほうに焦点をあてたいと思います。
新規集客には、
・自然検索(例:自社メディアの強化をして集客)
・既存のお客様からのご紹介
・リスティング広告などによる集客

この3つの方法があるとお伝えしましたが、「自然検索」はさらに細分化することができます。

1)SEO(自社HPの強化により閲覧数UP・予約数UPに結び付ける方法)
2)MEO(グーグルマイビジネスで閲覧数UP・予約数UPに結び付ける方法)
3)SNS(例:Instagramの投稿による集客)

この1〜3は自社で行うことが可能で、かつ無料で出来ることがほとんどです。

さらにこれを細分化したのが下の図の⻩色に塗りつぶした部分です。

1)SEOへの対策による集客はこちらの記事も参考にしてみてください
ブログ以外にも?口コミ活用で美容室のホームページ集客が可能になる訳

2)MEOはまだ美容室においては対策されてない会社が多く、今最もするべきものかもしれません。 MEOって何?という方は、是非「グーグルマイビジネス MEO」などで検索してみてください。

3)SNSについては、既に2015年頃から徐々に広がり、若い顧客層をターゲットにする美容室にとっては当たり前のツール になっています。

こちらの記事にメリット・デメリットなど詳しく掲載されています。
美容室のネット集客はインスタ?FB?予約までの動線が重要

 

 

この記事の目次

それぞれの特性を理解したうえで地盤となる「客数」を確保することは、結果的に「単価UP」や「来店回数UP」の施策を打つ時に効果が大きくあがります。
集客の方法は広告掲載だけだと決めつける前に、上記を参考に自社で行えるものにもトライしより多くのお客様にご来店いただけるよう考えてみるのはいかがでしょうか?

LINE連携予約
SALON CARD
PAGE TOP