マツエク サロンのフランチャイズ(FC)開業で押さえるべき基礎知識

マツエクサロンのフランチャイズ開業で押さえるべき基礎知識
作成日
更新日

マツエクサロンをフランチャイズで開業する場合は、加盟するフランチャイズ本部の選定をしっかり行うことが大切です。
フランチャイザーの説明をしっかり受け、パッケージ化されたノウハウの内容やサポート範囲、ロイヤルティの支払い方法などをきちんと理解していきましょう。

フランチャイズでの開業は本部のブランド力を活用できるという大きなメリットがありますが、利益確保のほか、新規顧客の獲得、顧客リピーター率の改善など、オーナーである自分自身の営業努力も必要です。

今回は、マツエクサロンのフランチャイズ開業について、開業の流れや成功ポイント、失敗するケースなど、押さえるべき基礎知識を解説します。

マツエクサロンのフランチャイズとは?

マツエクサロンのフランチャイズとは?

マツエクサロンの開業を考えたときの選択肢の1つとして、フランチャイズがあります。
フランチャイズとは、個人(または法人)が、フランチャイズ加盟した本部(フランチャイザー)からマツエクサロン運営マニュアルやノウハウ、ブランド力、商品を使用する権利などをもらい、その対価としてロイヤルティを支払う業務形態です。

本部の確立されたビジネスノウハウがパッケージ化されているため、その業界でのビジネス経験がなくても、成果を出しやすい仕組みになっています。フランチャイズの営業形態として代表的な業種としては、コンビニエンスストアやファストフード店などがあります。

未経験でも参入しやすい

マツエクサロンにおけるフランチャイズも同様です。
いくらアイリストの経験があっても、自分のマツエクサロンを持つとなると、経営面において高い障壁があります。

店舗を運営していくためには、業界への深い知識や経営ノウハウほか、集客をするための営業力も必要です。
その点、フランチャイズなら、運営に関するノウハウがパッケージ化されているだけでなく、本部の知名度や宣伝力を利用できるため、独自開業よりも集客がしやすいでしょう。
また、本部から美容師免許を持ったスタッフの派遣、オリジナル美容・化粧商品の開発ほか、フランチャイザーによっては自社アイラッシュスクールでのスタッフ教育や、大型商業施設内への出店などをサポートしてくれます。

経営が未経験のアイリストや、全く別の業界から参入を考えている人でも、フランチャイズなら参入障壁が低く、マツエクサロンのオーナーになることが叶うでしょう。

美容師免許がなくてもフランチャイズのオーナーになれる

マツエクサロンの開業には美容師免許が必須ですが、必ずしもオーナーが免許を取得している必要はありません。

実際に施術を行うアイリストが免許を持っていれば開業が可能です。
美容師免許のない人が独自開業する場合、開業前に美容師免許を持っているアイリストを募集するところから始めなければなりません。
その点、フランチャイズであれば、本部が美容師免許を持ったアイリストを派遣してくれるところもあるため、自分でアイリストを探す手間が省けます。

フランチャイズに加盟するとロイヤルティが発生する

前述したとおり、フランチャイズに加盟した場合、加盟者であるフランチャイジーは、確立されたマニュアルやブランド力を利用できる対価として、ロイヤルティを支払う必要があります。

ロイヤルティの形態は定額タイプや売上の何割かを支払うタイプなどがあり、フランチャイジーは加盟している限り支払いを続ける義務があります。利益が生じなかった月があっても、それは変わりません。
なかには赤字補填があったり、黒字の月のみロイヤルティが発生するフランチャイズグループも存在します。

マツエクサロンとアイラッシュサロンの違い

マツエクサロンとアイラッシュサロンの違い

まつげエクステを施術してくれるサロンのなかには、「マツエクサロン」ではなく「アイラッシュサロン」と称しているサロンもあります。
この2つには、何か違いがあるのでしょうか。

アイラッシュとは、まつげエクステやまつげパーマ、まつげのトリートメントなど、目元に施すおしゃれ全般を指す言葉です。
一方、まつげエクステは、まつげの根元部分に人工まつげを付けることを指します。
とはいえ、マツエクサロンと称していても、まつげエクステだけでなく、まつげに関するおしゃれ全般のメニューを揃えているのが一般的です。

マツエクサロンとアイラッシュサロンは、名称が違うだけで、メニューや施術内容にはほとんど違いがないといってよいでしょう。

マツエクサロンのフランチャイズ開業の流れ

マツエクサロンのフランチャイズ開業の流れ

マツエクサロンをフランチャイズで開業する際の加盟先選びから加盟申請、マツエクサロン開業までの大まか流れは次の7ステップです。

1. フランチャイズ加盟募集の広告をチェックする

まずはフランチャイズオーナー募集の広告を探すことから始めます。大手マツエクサロンの公式サイトを見ると、フランチャイズ加盟の募集をしているところがいくつかあります。
また、フランチャイズ加盟募集サイトなどを利用するのも便利です。

2. フランチャイズ加盟先を複数選ぶ

マツエクサロンのフランチャイズ加盟募集を見つけたら、加盟先の候補をいくつか選びましょう。

候補先を選ぶ際は、自開業時に必要な費用や契約期間、ロイヤルティの形態、店舗件数や展開エリアほか、支援体制などもしっかりチェックすることが大切です。資料請求ができる場合は積極的に行いましょう。
資料請求はほとんどの場合無料ですが、なかには有料のケースもあります。

3. フランチャイズ事業説明会に行く

候補のフランチャイザーが決まったら、フランチャイズ事業説明会に行きましょう。募集サイトのフォームなどから事前予約の申込みをします。

事業説明会では、マツエクサロンとしてのフランジチャイザーの実績やブランド力、フランチャイズ加盟することで得られるメリット、契約締結からサロン開店までのスケジュールほか、フランチャイズ開業にかかる具体的な費用、ロイヤルティについての詳細、収支プランなどが担当者から説明されます。

出店形態などについて疑問がある場合は、積極的に質問しましょう。複数の説明会に行く場合は、フランチャイザーの比較表を作成しておくのがおすすめです。

説明会で情報収集をしたあとは、本部のフランチャイズ店舗(フランチャイジー)に実際に足を運び、店舗の様子を確認したり、施術を受けてみましょう。オーナーから直接話を聞くことで、フランチャイジーとして開業したあとの事業がどのようなものかを把握することも大切です。

4. フランチャイザーを決定する

4. フランチャイザーを決定する

説明会で配布されたパンフレット、フランチャイジーを見学したときの様子などをから候補のフランチャイザーを比較し、加盟する本部を決定します。比較ポイントには、次のようなものがあります。

  • 資本金の額
  • 株式上場しているか
  • 創業・マツエクサロン事業の開始年
  • フランチャイズ店舗数(直営店・加盟店の合計)
  • 経営理念
  • 開業までにかかる費用(必要投資額)
  • 収益見込みはいくらくらいか
  • 独自商品の市場価値
  • フランチャイジーの信頼性
  • 物件選びや内装工事を任せられるか

必要投資額と収益見込みの詳細は、「 経営計画書」を確認しましょう。

必要投資額の内訳としては、フランチャイズ加盟金ほか、サロンの店舗取得に必要な権利金や保証金、店舗の改築な内装工事、必要な設備を設置するために必要な資金、備品やや施術器具、消耗品などを購入する資金、その他開店経費や雑費などさまざまなものがあります。

収益見込みは、フランチャイザーが加盟店の損益計算書から試算した予測額です。自身の事業計画や資金、などとも照らし合わせながら、よく検討しましょう。

マツエクサロン開店当初は売上金が期待できないケースもあるため、必要投資額は多めに見積もることがポイントです。

5. 加盟申請をして契約の締結をする

加盟するフランチャイザーが決まったら、本部が指定する加盟申込書に必要事項を記入し、加盟申請を行います。加盟申請をすると契約書が提示され、問題がなければフランチャイズ契約の締結となります。

フランチャイザーによっては、加盟申請を受けた際、申込者から「申込金」を徴収する倍があります。申込金は申請の選考から契約までにかかる経費に使用され、フランチャイザーによっては申込金を加盟金の一部に充ててくれる場合もあります。また、選考の結果契約に至らなかった場合、選考に使用した実費を差し引いた額を返却してくれるところが多いですが、一切返却してくれないケースもあります。また、申込金を納めたあとに加盟を取り消すと、申込金が返ってこないこともあるため注意が必要です。
少しでも気になる部分があれば、本部の担当者に確認しておきましょう。

契約締結が完了すると、契約内容にしたがって加盟金(契約金)や保証金、ロイヤルティなどの金銭を支払う義務が生じます。ロイヤルティの支払い方式はフランチャイザーによってさまざまなので、契約書や運営規則などの書類をよく読んで、しっかり把握しておくことが大切です。

6. 教育研修や物件検索など開業前にサポートを受ける

フランチャイズ契約が済んだら、物件選びや内装工事、備品の搬入など、本部のサポートを受けながら、フランチャイズ店舗を開店するための準備をします。保健所や消防署へ申請もサポートしてくれます。
また、店舗の準備だけでなく、求人活動や掲載、面接、技術チェック、採用など、人材確保のための求人サポートも行ってくれるため、未経験の人でも店舗オープンまでの準備をスムーズに進められます。

7. マツエクサロン開業

マツエクサロンのフランチャイズ店舗が無事オープンしたあとは、エリアマネージャーによる定期巡回や本部での技術研修など、運営が安定するよう、本部からさまざまなサポートが受けられます。

開業後のサポート体制に関しては、加盟しているフランチャイザーによって異なります。できるだけフォロー体制が整っているところを選べば、他業種からマツエクサロンを始める人や、開業未経験の人でも安心です。

マツエクサロンのフランチャイズで失敗するケース

マツエクサロンのフランチャイズで失敗するケース

マツエクサロンをフランチャイズで開業することは、個人で開業するよりも5年後の生存率が高いといわれています。
しかし、フランチャイジーはあくまで「独立した事業」であり、事業である限り一定のリスクがあることは十分自覚しておきましょう。

マツエクサロンのフランチャイズで失敗するケースで最も多いのが、ロイヤルティの問題です。ロイヤルティの形態はフランチャイザーによって異なります。

月々決まった額を納める定額制であれば特に問題ありませんが、売上高の何%かを支払う形態の場合、売上高の範囲や具体的な計算方法について、自分がしっかり理解するまで担当者に説明してもらうことが大切です。

また、ロイヤリティの算定ベースについてもきちんと確認しておきましょう。算定ベースは売上高だったり純利益だったりと、フランチャイザーによってさまざまです。

加盟後、ロイヤリティについて完全に理解をしていないと、サロンオープン後、自分が思っていた以上にロイヤルティが高かった、という問題に発展する可能性があります。

マツエクサロンのフランチャイズを成功させるポイント

フランチャイズに加盟してマツエクサロンを開業すると、本部からさまざまなサポート受けられるため、独立開業よりも運営が軌道に乗りやすいというメリットがあります。しかし、それだけではマツエクサロンを成功させることは難しく、当然オーナーである自分自身の判断や営業努力にもかかってきます。
マツエクサロンのフランチャイズを成功させるためには、次の3つのポイントを押さえましょう。

1. 利益確保

マツエクサロンのフランチャイズを成功させるためには、運営ノウハウやブランド力を提供するフランチャイザー側のパッケージが、収益性の高いものかどうかが大きなポイントです。

商品の原価率、初期投資回収期間ほか、ロイヤルティを支払ったあとの営業利益率についてもしっかり確認しましょう。
たとえば、まつげのエクステなど使用する商品の原価率が低ければ、施術1回あたりの売上が高くなります。

初期投資回収期間は、フランチャイズへの加盟から開業までに投下した資金を回収できるまでの期間です。
一般的には、加盟金や保証金、販売促進費、研修費、店舗物件賃貸にかかった費用、内外装工事費、店舗設計、設備費、備品費ほか、スタッフの給料などを含めた「投資額」にキャッシュフローを除法して計算します。

投資金投資回収期間が短いフランチャイザーを選ぶことで、早期黒字化を目指せるでしょう。

フランチャイズ開業では、パッケージの対価として毎月ロイヤルティーを支払う義務があります。収益性について考えるなら、ロイヤルティーを支払ったあとの営業利益率がきちんと確保できるかどうかもしっかり確認することが大切です。

2. 新規集客

マツエクサロンの運営が軌道にのるかどうかは、新規の顧客をどれだけ集められるかも重要です。

本部のブランド力を利用でき、ある程度既存会員の集客も見込めるフランチャイズでは、個人開票よりも集客のアドバンテージが高い状態から営業をスタートできるメリットがあります。
しかし、それだけでは運営を安定させることはできません。
マツエクサロンのメインターゲットである20〜40代の女性を中心に、効果的な宣伝や広告を展開する必要があります。

マツエクサロンの効果的な宣伝方法としては、SNSやブログ、YouTubeなどインターネットを活用する方法や、ポスティングやフリーペーパーの配布、リスティング広告、口コミなどが挙げられます。

とくにインスタグラムやTwitterを活用した宣伝は、若い女性がターゲット層に当てはまるマツエクサロンでは必須といっていいでしょう。上述した2つのSNSは無料で始めらるうえ、マツエクを施術した美しい目元の画像をアップしたりと、視覚に訴えることができるところも強みです。

検索結果に連動して表示されるリスティング広告は、SNSよりも即効性がある宣伝方法です。ただし、広告を掲載するにはそれなりの費用がかかるため、いざというときに使用するのがよいでしょう。

また、女性がターゲット層のマツエクサロンは、口コミを大切にすることも重要です。来店してくれた顧客はすべて口コミレビューであるという認識のもと、感謝の気持ちを忘れずに接客することが大切です。丁寧で顧客がくつろげる接客を続けていけば、自然と良い口コミが広がっていきます。

3. 顧客リピート率の改善

マツエクサロンの売上を安定させるには、リピーターの確保が重要です。その理由は、新規顧客を獲得するためのコストが、既存顧客を維持するコストの5倍のかかるといわれているからです。
また、顧客がマツエクサロンを利用する一般的な周期がおよそ3週間から5週間のため、リピーター付かなければいつまで経っても売上が安定しないでしょう。

顧客リピート率を上げるためには、丁寧な接客や技術力の高い施術の提供で、顧客の満足度を高めることが基本です。
さらに、顧客一人ひとりのニーズに合わせたカウンセリングやまつげデザイン、流行やシーズンに合わせたメニューの提案など、顧客の心によりそう工夫を積極的に行うことが大切です。

継続来店や次回予約、友人招待を条件とした割引サービスやお得なダイレクトメール、クーポンメール、誕生日DMの配信なども効果的です。来店後のお礼のお手紙を送るのも良いでしょう。

顧客の負担にならない範囲の工夫でリピーターを確保しましょう。
また、顧客が思い立ったときに気軽に予約ができるよう、インターネット予約管理システムを導入するのがおすすめです。

顧客リピート率改善のためのインターネット予約システムなら、リザービアがおすすめです。
スマホ対応の予約台帳で場所を選ばず予約状況を確認できるうえ、予約アプリでポイントカードやクーポンの配信ができます。

過去の予約履歴から簡単に次回予約ができたり、友達紹介機能やクーポンの受信機能などが利用できます。LINEとの連携ができる予約にも対応しており、リピーター確保に繋げやすいでしょう。


無料
集客サイトの効果を最大化する方法を相談する

まとめ

自身の事業計画や開業資金を合った加盟店を選ぶ

マツエクサロンのフランチャイズ開業は、フランチャイザーであるチェーン本店の運営ノウハウやブランド力、マニュアルを活用できるだけでなく、開業前・開業後とさまざまなサポートを受けられます。一方で、その対価として支払うロイヤルティについても理解しておく必要があるでしょう。

マツエクサロンの加盟店を選ぶときは、収益見込みや開業資金、サポート内容などを比較し、自身の事業計画や開業資金に合ったところを選ぶことが大切です。

リザPOS
LINE連携予約
PAGE TOP