個人事業主がキャッシュレス決済を導入すべき理由とメリット|おすすめの決済サービス8選と注意点も紹介

個人事業主がキャッシュレス決済を導入すべき理由とメリット|おすすめの決済サービス8選と注意点も紹介
公開日
更新日

現金を数える手間が必要なく、手軽に会計を済ませられるキャッシュレス決済が人気です。
最近では、低コストで導入できるオンライン決済代行サービスが登場し、以前よりも取り入れやすくなっています。

この記事では、キャッシュレス決済の種類や個人事業主がキャッシュレス決済を導入することで得られるメリット、おすすめのオンライン決済代行サービス8選や注意点を紹介します。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

個人事業でキャッシュレス決済を導入するべき理由とは?

個人事業でキャッシュレス決済を導入するべき理由とは?
個人でサロンを運営している場合、一日の来店客数にも限りがあるため、現金のみの取り扱いでも問題はないと考える方もいるのではないでしょうか。ですが、キャッシュレス決済が一般化している現代では、個人店においても導入するべき理由について知っておいて損はありません。

個人サロンがキャッシュレス決済を導入すべき理由について見ていきましょう。

政府も後押しするキャッシュレス化

昨今、その利便性の高さからキャッシュレス決済を導入する店舗は増えています。また、現金を持ち歩かずキャッシュレスで済ませたいという人も増えているのが現状です。

さらに政府によるキャッシュレス化への後押しがある点も見過ごせません。内閣府が令和3年に発表した成長戦略フォローアップの一環として、デジタルガバメントの推進があります。[※1]

デジタルガバメントとはコンピュータやインターネット通信などのIT(情報通信技術)を活用して、各企業や行政、市民全体の利便性の向上や事務作業の簡素化によって効率的な社会の仕組みを構築すること。

つまり官民をあげてデジタル社会を作り上げることを目指しているのです。将来的に80%のキャッシュレス決済比率を目指すことも決定しているため、これからますますキャッシュレス決済の需要は高まると考えられます。

引用元
※1:成長戦略フォローアップ案|内閣官房

キャッシュレス決済導入に使える補助金も

政府が推進しているデジタルガバメントと関連して、キャッシュレス決済導入の際に補助金が使える可能性があります。

たとえば、「IT導入補助金」ではソフトウェア・ハードウェアの購入や導入関連費用の補助金を申請でき、「小規模事業者持続化補助金」では、条件を満たした小規模事業者に最大で200万円の補助を受け取ることができるもの。

申請をすれば必ずもらえるというものではありませんが、キャッシュレス決済導入時には是非活用しましょう。

引用元
小規模事業者持続化補助金ガイドブック|全国商工会連合会

キャッシュレス決済の種類と個人事業主にとってのメリットを紹介

キャッシュレス決済の種類と個人事業主にとってのメリットを紹介
店舗での会計時に、現金のやり取りをせずに支払いができるキャッシュレス決済。お金を数えたりお釣りを出したりする手間が減ってスタッフから喜ばれた、導入してよかったなどの声が多く挙がるようになりました。

本記事では、多くのキャッシュレス決済代行サービスの中からどの会社を選んだらよいか迷っている個人事業主に向けて、キャッシュレス決済を導入するメリットを紹介します。

キャッシュレス決済にはどんな種類があるの?

まずは、キャッシュレス決済にはどんな種類があるのかをチェックしていきましょう。キャッシュレス決済は大きく分けて5種類あります。お店によって利用できる支払い方法が異なりますので、お店に合ったものを選びたいですね。それでは見ていきましょう。

1. クレジットカード決済

クレジットカード決済は、カードを使うキャッシュレス決済です。1回払いのほかに3回以上の分割払いも可能です。便利な「リボ払い」や「ボーナス一括払い」を選ぶことができます。お客さまにとって無理のない分割払いを利用できる点が魅力です。

クレジットカード払いは、締日に集計された利用額をカード会社が決めた日に銀行口座から引き落とすシステムです。

2.デビットカード決済

デビットカード決済も、主にカードを使うキャッシュレス決済です。カードを利用すると即時に引き落とし口座から利用代金が引き落とされます。引き落とし口座にお金を預けておかないと利用できないのがデビットカードの特徴です。

3. 電子マネー決済

電子マネー決済は、カードやスマートフォンを使うキャッシュレス決済です。専用のカードやアプリにチャージすることで使用できます。電子マネーは「先払い型」「即時払い型」「後払い型」の3つの支払い方法があり、カードやスマホを専用端末にかざすだけで、暗証番号やサインは必要ないのが特徴です。

4. スマートフォン決済

スマートフォン決済とは、言葉のとおり主にスマートフォンを使うキャッシュレス決済です。あらかじめダウンロードしておいたアプリを使い決済を行います。アプリには、Suica、nanaco、PayPay、メルペイなどがあり、種類が豊富です。

5. QRコード決済

QRコード決済は、主にスマートフォンを使うキャッシュレス決済です。事前にダウンロードしておいた「QRコード決済アプリ」でQRコードやバーコードを表示させて読み取ります。読み取りは店舗側、お客さまのどちらかが行う流れです。

個人事業主がキャッシュレス決済を導する3つのメリット

キャッシュレス決済には大きく分けて5つの種類があり、どの決済方法でも手軽に利用できるサービスということが分かりました。

次は個人事業主がキャッシュレス決済を導入するメリットを3つ紹介します。

1. 現金を使わず会計できる

1つ目のメリットは会計業務やレジに関する業務を簡素化できることです。現金を使わずに会計ができるので、お客さまからお預かりしたお金を少なく数えてたり、お釣りを多く渡してしまったりなどのミスを防げます。

常にお釣り用の小銭を準備しておかなくてはいけない心配も少なくなるでしょう。また、売上金を銀行に預けに行く手間も省けて、他の業務が効率よく進むと考えられます。

2. 売上のチャンスを逃さない

現金の取り扱いしかない店舗では、顧客に購入の意思があってもその時に持ち合わせがなければ売上につながらず、機会損失となります。キャッシュレス決済という選択肢があることで顧客はサービスを受けることを諦める必要がありません。

また、現金での支払いはサービスや物とを等価交換するためお金はマイナスになるだけですが、キャッシュレス決済をすることでポイントがつく場合など、顧客にとってはプラスαのお得感があります。

そのため、あえてキャッシュレス決済を利用することも考えられ、ポイントを貯めている顧客の場合、特定の支払い方法を選べることが購入店舗決定の理由となることも。あらゆる顧客のニーズに応えることで、売上を伸ばすチャンスを逃さずにすむでしょう。

3. 顧客側のニーズが高まりつつある

2つ目のメリットはキャッシュレス決済を利用する人が増え、顧客側のニーズが高まりつつあることです。キャッシュレス決済は利便性が高く、すでに多くの人が利用しています。中には「できる限りキャッシュレス決済を利用したい」と考える人も。

また、2019年10月から2020年6月まで実施された経済産業省によるキャッシュレス・ポイント還元事業をきっかけにキャッシュレス決済を始めた人も多いようです。

4. 売上管理の効率化を図れる

三つ目のメリットは、売上管理の効率化を図れること。決済データがシステム上に保存されるので、売上管理が簡単になります。

また「何曜日の売上が多いのか」「先月と比較してどのくらい売り上げが増えたのか」といった情報を管理できるので、マーケティングにも活用可能です。取引データを会計ソフトと連携できるサービスなどもあります。

お店に合った決済サービス・代行会社を選ぶ3つのポイント

お店に合った決済サービス・代行会社を選ぶ3つのポイント
個人事業主がキャッシュレス決済を導入すると多くのメリットがあることが分かりました。

実際にキャッシュレス決済を導入するにあたり、「自分に合った決済サービス」「代行会社を選ぶポイント」についても詳しく紹介します。

1. 顧客に合わせたタイプを選ぶ|クレジットカード・電子マネーなど

ひとつのキャッシュレス決済で複数の決済に対応するにはマルチ決済端末かどうかを確認するのも大切。

まず、お客さまがどのような決済サービスを必要としているかを考える必要があります。

例えば、学生さんが多く利用する店舗の場合、クレジットカードを選ぶ方は少ないと考えられますよね。プリペイドカード決済ならスマホでも使えるので、学生さんも利用できます。

キャッシュレス決済と一口にいっても、対応している決済の内容には違いがあるため注意しましょう。一台の端末で複数の決済方法に対応できるものと特定の決済方法だけに対応したものがあるため、導入前には自店のニーズとともに確認することが大切です。

2. 営業スタイルに合った決済代行会社を選ぶ|対面・オンライン

営業スタイルに合った決済代行会社を選ぶということも大切です。対面のみで決済サービスを利用するのか、ECショップなどのオンライン販売も同時に行うのかによって合うサービスは異なります。

毎日使うヘアケア用品がなくなりそうとなった場合に店舗に行く時間がない方にとっては、オンライン販売はとても便利なシステムです。

現在は対面のみだとしても、ゆくゆくはオンライン販売を考えている個人事業主さまは、将来を踏まえてオンライン決済も検討してみてはいかがでしょうか。

契約した決済サービスに対応しているかもチェック

自分に合った決済サービスを見つけるには、お客さまがどのような支払い方法を必要としているかを考えることも大切です。

まずは、客層や性別などをピックアップしてみましょう。常連のお客さまに何気なく聞いたり、アンケートを行ったりして、お客さまが求めている決済サービスを探すのも一つの手です。

情報が集まったら必要な決済サービスに対応しているかをチェックしましょう。

入金サイクル・スケジュールも要確認

お店でクレジット決済を行なってから口座に入金されるまでの期間を「入金サイクル」と呼びます。
決済代行サービス会社は「締め日」「入金日」を設定しており、それぞれ会社によって入金サイクルが異なるので注意が必要です。

入金待ちで手元に資金がないなどの事態にならないように、入金サイクル・スケジュールも必ず確認しましょう。

使いやすさ・利便性も大切

支払い時に操作に時間がかかったり、決済が完了しなかったりしてしまうと、お客さまの印象はよくありません。トラブルに繋がる可能性もあります。

トラブルを防ぐためにも、できれば使い方が簡単でシンプルな決済方法を選びましょう。利便性の高い機能があれば更によいですね。

3. 維持費で選ぶ|導入費用・決済手数料

オンライン決済を選ぶ際に必ずチェックしておきたいのが「維持費」です。利用中は毎月料金が発生するので、できる限り価格を抑えたい!と低価格のものを選んでしまいがち。

しかし、サービス内容が物足りないなどの後悔を防ぐためにも、費用の詳細をしっかり確認しましょう。導入費用・決済手数料・維持費など、トータル的に比較して選んでいきたいですね。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

おすすめのオンライン決済代行サービス8選を紹介!

おすすめのオンライン決済代行サービス8選を紹介!
「オンライン決済システム」を導入するためには、「オンライン決済代行サービス」との契約が欠かせません。

導入を検討してる方に向けて「おすすめのオンライン決済代行サービス8選」を紹介します。各社それぞれの特徴を理解して、自分に合った代行サービスを選びましょう。

※2023年5月末時点

  初期費用
月額費用
対応の決済 周辺機器 入金サイクル
Square 初:無料
月:無料
(端末費用別)
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover、PayPay、交通系ICカード(PiTaPaを除く)、QUICPay
iD
磁気カード専用リーダー
ターミナル型決済端末
タブレットPOS

三井住友銀行・みずほ銀行→翌営業日に入金

その他の金融機関→毎週水曜日締め、金曜日に入金

楽天Pay 初:無料
月:無料
(端末費用別)
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
楽天Edy
nanaco
WAON
ApplePay
iD
交通系ICカード
インバウンド決済※
オールインワン決済端末ターミナル

楽天銀行→毎日翌日入金

その他の金融機関→毎月1~2回の入金

SBペイメントサービス

要問合せ

(端末費用別)

Visa、MasterCard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover
キャリア決済、コンビニ決済、後払い決済、PayPay
LINE Pay
楽天ペイなど各種Pay決済
インバウンド決済※
オールインワン決済端末ターミナル
カード決済専用端末
マルチ決済端末
POS連動型マルチ決済端末

月2回入金

15日締め→末日払い

末日締め→翌15日払

STORES 決済 初:無料
月:無料
(端末費用別、条件達成で無料)
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
交通系ICカード
WeChat Pay
STORES決済端末

手動入金→振込依頼の操作完了後、翌1〜2営業日

自動入金→月末締め、翌月10日確定後、20日入金

AirPAY

初:無料
月:無料

(端末費用別、条件達成で無料)

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
Union Pay
Apple Pay
交通系ICカード
iD
カードリーダー
プリンター

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行→月6回(10.15.20.25.末日.翌月5日)

その他の金融機関→月3回(15.25日.翌月5日)

PayPal

初:無料
月:無料

Visa、Mastercard、American Express、JCB
Discover
国際ブランドがついたデビットカード

即時にアカウント入金

銀行引き出しは最短3日

GMO PAYMENT GATEWAY

初:無料
月:無料~5,000円(税抜き)

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club
PayPay
スマートフォンキャリア決済
後払い決済、コンビニ決済
電子マネー決済
マルチ決済端末

月毎の売上金が翌々月20日

オプションで翌月15日入金も可

PAYGENT

初:要見積もり
月:要見積もり

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover
コンビニ決済
ATM決済(ペイジー)
スマートフォンキャリア決済
Paidy、Google Pay
PayPay
PINパッド端末

月末締め、翌月9営業日後に入金

オプションで5営業日入金に短縮、締め回数を2~4回にすることも可

※インバウンド決済とはアジア各国で使用されているスマホ決済を国内で利用可能にしたサービス

1. Square

Square(スクエア)は、初期費用や月額使用料などの固定費が無料。費用は決済ごとに発生する決済手数料のみです。

売上の入金は、売上金額に関係なく最短で翌営業日に入金されるので資金繰りにも困りません。入金依頼が不要な点も魅力的です。また、導入時の面倒な手続きは一切なく、オンラインで簡単に申し込みが完了します。

Square

2. 楽天Pay

楽天Pay(楽天ペイ)は楽天会員が利用できる決済サービスです。期間限定のキャンペーン適用により、QR決済手数料が全額キャッシュバックされ、実質決済手数料が無料になります。

また振込口座を楽天銀行に指定すると、365日いつでも翌日に自動入金されるので、入金が遅いなどの心配もいりません。楽天ポイントを活用した各種キャンペーンや割引クーポン発行など会員様向けのマーケティングも可能です。

楽天Pay

3. SBペイメントサービス

SBペイメントサービスは、QRコード決済に特化した店舗向けの決済サービスです。利用方法はアプリ提供・端末提供・API提供の中から選べます。

アプリ提供では、手持ちのスマートフォンやタブレット端末に導入して使用できるので初期費用や月額費用を抑えることが可能です。また、アプリ内で取引履歴の確認や返金対応もできます。

SBペイメントサービス

4. STORES 決済

STORES(ストアーズ)決済は、決済端末とスマホだけで始められる決済サービスです。初期費用・月額などの固定費は0円、必要な費用は決済手数料のみです。申し込み後、最短3営業日で使用できます。

入金方法は、決済日から最短翌々日入金可能な「手動入金」と、毎月決まったサイクルで振り込まれる「自動入金」の2パターンから選ぶことができます。新規加入者を対象に、専用の決済端末が無料になるキャンペーンを実施中です。

STORES 決済

5. AirPAY

AirPAY(アリペイ)とは、手持ちのiPadやiPhoneと専用のカードリーダーだけで簡単にはじめられる決済サービス。導入・運用費用は0円、必要なのは決済手数料のみです。

入金はみずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行を利用の場合は月6回、他の銀行は月3回となります。期間中に新規申し込みをすることで、iPadを無料で貸与してもらえる「導入キャンペーン」を実施中です。

AirPAY

6. PayPal

PayPal(ペイパル)は、世界で多くの方が利用している決済サービスです。初期費用や月額手数料0円、発生するのは決済手数料のみなので、無駄なコストがかかりません。

手持ちのスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードすることで使用できます。新たに端末を準備する必要がないのが利点です。入金は決済後即時にアカウントに入金され、銀行からの引き出しは最低3営業日ほどで実行できます。

PayPal

7. GMO PAYMENT GATEWAY

GMO PAYMENT GATEWAYは、様々なオンライン決済サービスを行っております。中でも個人事業主向けの「イプシロン」は、初期費用無料で最短1営業日で導入可能という他にはないスピーディさが魅力です。

入金サイクルは、決済サービスや契約サービスごとによって異なりますが、入金サイクルを早めるオプションを利用することで、資金繰りがスムーズになります。

GMO PAYMENT GATEWAY

8. PAYGENT

PAYGENT(ペイジェント)は多様な利用方法を選べる決済サービスです。事業主のビジネスモデルに合わせた豊富な決済手段を導入しており、購入者に合わせた支払い方法を選べます。

申し込みからサービス開始まで約6週間と長めの印象ですが、審査や導入の際に分からないことがあったら相談できる専門知識が豊富なスタッフさんがサポートしてくれるので安心です。

PAYGENT

初めてキャッシュレス決済を導入する際の注意点

初めてキャッシュレス決済を導入する際の注意点
キャッシュレス決済を導入する際には、決済方法の対応や手数料などさまざまなポイントをチェックしなければなりませんが、それだけではなく、キャッシュレスならではの注意点もあります。

ここではキャッシュレス決済を導入する時に気をつけたいポイントを3つ紹介しますので、チェックしてみましょう。

1. キャッシュレス決済導入前にインターネット環境を整える

オンライン決済を導入するためには、インターネット環境が必要です。また、端末を購入したり、なんらかの初期費用が発生したりする場合があるので、事前に確認をしましょう。

初期費用や月額手数料が無料になるキャンペーンを利用して申し込むのもひとつの手です。
インターネットの環境が整っていない方は、インターネット契約のための費用や時間が余分に必要になるので早めに開通手続きを行いましょう。

2. 普段からセキュリティには気を配る

キャッシュレス決済ではインターネット回線を利用するため、ウイルスに感染してしまうリスクがあることを忘れてはいけません。ウイルスに感染すると不正アクセスや情報漏洩などの問題も起こり得るため、細心の注意を払う必要があります。

顧客の個人情報や決済情報などが漏洩することは大きな問題です。そのため、普段からセキュリティには気をつけ、連携するシステムや端末は常に最新の状態にアップデートしておく、安全でないサイトへはアクセスしないなどの対策を行いましょう。

3. 導入には審査がある

個人・法人に関わらず、キャッシュレス決済は申し込めば誰でも利用できるものではない点も注意が必要。販売の実態がわかる販売許可証や美容院であれば美容所登録書、免許証などの提出が求められることもあるなど、多くの場合審査があります。

申し込みから契約までをスムーズにするために、事前に必要書類を確認し準備しておくのがおすすめです。

POSレジ連携でキャッシュレス決済対応もできる予約システム「リザービア」がおすすめな理由

POSレジ連携でキャッシュレス決済対応もできる予約システム「リザービア」がおすすめな理由
美容サロンやトータルビューティーサロンなどの予約システムとして全国4,500店舗で導入実績のある予約システム「リザービア」は、美容室やエステサロン、整体院などの業態にピッタリの機能を備えています。

リザービアはPOSレジと連携することでさまざまなキャッシュレス決済に対応が可能です。リザービアの便利な機能を紹介します。

予約と設備を紐づけて予約枠を調整。集客も有利に!

美容系のサロンやリラクゼーションサロンなどでは、設備の管理と予約枠を紐づける機能が必要です。スタッフに空きがあっても設備が埋まっていては、結果的にお客さまをお待たせしてしまうことも考えられます。

リザービアでは、サロンで利用できる設備をあらかじめ登録しておくことで、予約時に自動で制御し、同じ設備を使用するメニューの予約を制限する機能があるため、ダブルブッキングの心配がありません。

また、GoogleやInstagram、自社サイトと連携させ新規集客にも有効活用できます。LINE連携機能で、LINEに登録してもらったり、専用予約アプリをダウンロードしてもらったりすることでリピータ―の囲い込みも有利になります。

POSレジとの連携でスムーズな会計・売上集計が可能に

iPadレジとして使えるPOSレジのA’staff Cloud Smartと連携することで会計や売上集計がスムーズに行えます。A’staff Cloud SmartのPOSレジはオールインワン端末を採用。あらゆる決済手段に対応できるのも便利です。

集客に活かせるリザービアと連携させ、操作性のいい電子カルテや売上管理も可能。あらゆるセグメントの分析によって、売上アップの施策もスピーディに行えます。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

キャッシュレス決済で売上アップも期待できる!自店にピッタリの決済サービスを選ぼう

キャッシュレス決済で売上アップも期待できる!自店にピッタリの決済サービスを選ぼう
個人事業主だからといって、現金取り扱いのみでは売上の機会損失につながる可能性を否定できません。政府の後押しもあるため、今後ますますそのニーズは高まっていくと考えられます。

自店の顧客層に合わせた決済手段を把握し、ピッタリのキャッシュレス決済を探してみましょう。店舗運営にはPOSレジとスムーズに連携できるリザービアの導入がおすすめです。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP