美容室・ネイルサロンの廃業率は高い?! サロン経営に失敗する理由と生存率を上げるために必要な戦略を解説

美容室・ネイルサロンの廃業率は高い?! サロン経営に失敗する理由と生存率を上げるために必要な戦略を解説
作成日
更新日

街を歩きながら通りを見渡すと、あちこちに美容室やネイルサロンがあります。しかし、気がついたらお店が変わっている、なんてことを経験したことはないでしょうか。

今回は、美容室やネイルサロンの廃業率、そしてサロン経営に失敗する理由と生存率を上げるために必要な戦略をくわしくご紹介します。

サロンの廃業率はどれくらい?

サロンの廃業率はどれくらい?

美容室やネイルサロンの廃業率ですが、1年以内で閉店するサロンは60%、3年以内だと90%、10年以内では95%といわれています。これほどまでに高い廃業率の厳しい美容業界で生き残っていくには、たいへんな苦労が必要です。

ましてや個人経営のサロンとなると、フランチャイズやチェーンのサロンに比べるとより厳しい状況となることは容易に想像がつくでしょう。個人経営のサロンがこの高い廃業率の業界を生き残るためには、緻密な経営戦略が要となります。

なぜ? サロンの廃業率が高い理由とは

なぜ? サロンの廃業率が高い理由とは

では、なぜここまで美容室やネイルサロンの廃業率は高くなっているのでしょうか。ここでは、サロンの廃業率が高い理由についてくわしく説明します。

顧客の取り合いになる現実

最近のデータでは、過去5年間で毎年約3,000店舗ずつ増えているほどの開業ラッシュであるのがサロン業界。このような状況であれば、周りにサロンが増えてしまうのは避けられない現実となります。

街中や駅近など、よい立地に開業した場合は周りに同様のサロンが集中される状況が起こってしまうでしょう。そうなると、顧客の取り合いとなり、顧客獲得のためのクーポンやサービスを乱発してしまい、経営が窮地に陥ることがあります。

小規模な店舗は資金力で戦えない

サロンを開業する場合、最初は個人経営などの小規模店舗になることが多いです。小規模な店舗の場合、どうしてもフランチャイズやチェーン店といった大きな規模の店舗との資金力の差によって、苦戦を強いられる場合があります。

「資金力がないばかりに大きな広告を出せない」「大型のクーポンやサービスを提供できない」といった苦しい場面に遭遇することもあるようです。

経営に失敗するサロンの特徴とは?

経営に失敗するサロンの特徴とは?

厳しいサロン業界で生き残るためには、どうしたらよいのでしょうか。経営の失敗するサロンの特徴とその原因から、成功のための経営戦略につなげていくことが得策です。

ここでは、成功する経営戦略の参考になるよう、失敗するサロンの特徴とその原因について解説します。

資金力と投資のバランスがとれていない

サロンの経営が失敗する理由のひとつとして、自分が持っている資金と、投資する場所のバランスがとれていないことが挙げられます。

じゅうぶんな資金を持っていないにも関わらず、設備や内装にこだわりすぎてしまい、開業後の広告・宣伝費といった集客に関わる費用のための資金を残していない場合などがあるようです。

自分が持っている資金をしっかりと把握しないまま曖昧な計画で使ってしまうことで、開業後に資金繰りが行き詰まってしまいます。

頑張らなくても集客できると思っている

サロンで雇われていたときに指名客が多くいた人にありがちですが、指名客が多かった実績から、頑張らなくても集客できると思っているケースです。

自分の力を過信してしまい、自分を指名してくれたお客様が開業後もお店に来てくれると考えて、集客をおろそかにしてしまうケースは少なくありません。

このような場合は、実際に開業してみると今まで指名してくれたお客様どころか、新規のお客様にも来てもらえず経営が行き詰まってしまうことがあります。

サロン経営で生き残るためには? 成功のための戦略を持つ

サロン経営で生き残るためには? 成功のための戦略を持つ

ここまでは、サロン経営が失敗するサロンの特徴をみてきました。これらは決して他人事ではなく、自分自身も同じ道を歩んでしまう可能性があります。

では、これらの失敗するサロンの特徴を踏まえて、サロン経営で生き残るためにはどのような戦略を立てていけばよいか、その成功のための経営戦略を確認しておきましょう。

個人の開業でも経営という視点を持つことが大切

とくに指名客が多く人気のあった美容師にありがちなケースとして、開業しても技術でやっていけると思っているということがあります。個人で開業するとしても、技術だけでは決して経営がうまくいくことはありません。開業前に経営に関する知識を習得しておきましょう。

開業前は準備のために多くの資金を投入しますが、開業後も広告宣伝費や消耗品費、家賃などランニングコストがかかります。経営の知識がないと、このようなことに気づかずに資金を使ってしまい、早々に行き詰まってしまいますので、事業計画や資金繰りといった経営に関する知識が大切です。

技術力・接客力・経営力

厳しい美容業界で生き残るには、技術力だけでは成功しないとお伝えしましたが、もちろん技術力も必要です。また、お客様とのコミュニケーションをしっかりととり、悩みを聞き出す、そして悩みを解決に導くという接客力も重要となります。

そして、先々まで見据えた経営戦略の立案や計画の実行を継続していく経営力が必要です。最終的にはこれらの各能力を合わせた総合力をつけることが、美容業界で生き残るための秘訣となります。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

サロンコンセプトをしっかり決める

サロンコンセプトをしっかり決める

競合の多い美容業界でサロンが生き残るためには、経営戦略が重要となります。その経営戦略を考えるうえで大事なことが、サロンのコンセプトをしっかり決めることです。

ここでは、サロンのコンセプトを決めることが大事なその理由をくわしく説明します。

なぜコンセプトを決めることが重要なの?

経営戦略を考えるうえで、サロンのコンセプトを決めることがなぜ重要なのでしょうか。実は、そこにはしっかりとした理由が存在します。

つづいては、サロンのコンセプトを決めることが重要と考える理由をご紹介します。

店舗運営の方向性が決まる

まずひとつめの理由は、店舗運営の方向性が決まることです。コンセプトを決めるということは、店舗をどのような方法で運営していくかという目標を決めることであり、これがないとブレが生じ、統一性のない運営となってしまいます。

最初にコンセプトを決めておくことで、店舗の内装だけでなく広告を出すかといった方針まで、しっかりとした方向性が定まっていくでしょう。

ターゲット層の絞り込みとリピーター獲得

もうひとつの理由として、コンセプトを明確にしておくことで、ターゲットとする顧客層を絞り込めるようになります。

このことから、どのような広告・宣伝をおこなうかといった集客に関する方針を決めることができ、効率のよい集客結果が得ることが可能です。

ターゲット層を絞り込んだ広告で効率のよい集客ができ、結果としてリピーターの獲得につながります。

コンセプトを決めるための考え方などは、以下の記事を参考にしてくださいね。
参考記事:【ネイルサロン】ターゲットを決める!上手に経営をする為のコンセプト計画案!
参考記事:【美容室】これから集客していく為のサロンコンセプト計画案!

新規客だけでなくリピーター獲得も大切!

新規客だけでなくリピーター獲得も大切!

サロンを開業して、安定した経営をつづけていくには、新規顧客だけではうまくいきません。長く通ってくれるリピーターの獲得も大事な要素です。

そのためには、長くお客様に愛されるお店作りが大切となり、顧客満足度をあげる必要があります。そこで、機能が豊富でさまざまなツール連携している予約システムを導入することで、スムーズでストレスのない予約が可能になります。結果として、リピーター獲得につながっていくでしょう。

さまざまな連携機能で集客の間口を広げる

予約システムのリザービアは、Googleマイビジネスやインスタ、LINEといった主要なSNSと連携しているため、サロンメニューまでの遷移がスムーズにおこなえます。これによりお客様がストレスなくスムーズに予約できるので、一歩先行く集客が可能です。

ほかにも、サロンカード機能、公式サイトの埋め込みといった豊富な機能でリピーター獲得にも一役買ってくれるなど、サロン運営に便利なシステムを豊富に搭載しています。

予約の一元管理
  • 複数の集客サイトを使っている
  • それぞれの媒体で設定が面倒
  • 予約のダブルブッキングが起こる
  • 既存集客がおろそか


無料
かんたん30秒で資料請求

マネジメント思考で長く生き残るサロンにしよう

マネジメント思考で長く生き残るサロンにしよう

廃業率が高く、厳しい美容業界で生き残るためには、経営の知識はもちろん、マーケティングに関する知識の学習も必要です。これらの知識をベースにして店舗を運営していくことで、末永くお客様に愛されるサロンとなることでしょう。

リザービアでは、システムに関するサポートだけでなく、経営者に向けたセミナーの開催や経営に関する相談を受け付けています。
お気軽にご相談ください。

A’staff Cloud Smart
SALON CARD
PAGE TOP