ネイルサロンにはキャッシュレス決済を導入するべき?PayPayなどおすすめの決済方法を紹介

ネイルサロンにはキャッシュレス決済を導入するべき?PayPayなどおすすめの決済方法を紹介
公開日
更新日

現金を介さずに支払いを済ませられる「キャッシュレス決済」は、導入している店舗がどんどん増加中。自店でも取り扱ったほうがいいのか、悩んでいるネイルサロンもあるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、導入したほうがよいでしょう。特にPayPayなど利用者の多い決済サービスは、店で使えることによってお客様からも喜ばれやすいです。

そこで、ぜひ取り入れたい決済サービスの種類や、キャッシュレス決済導入のメリット、おすすめサービスの概要などをお伝えします。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

ネイルサロンで導入したいキャッシュレス決済には何がある?

ネイルサロンで導入したいキャッシュレス決済には何がある?
現代においては支払い方法が多様化しており、現金がなくても支払える「キャッシュレス決済」を日常的に使う人が増えてきました。そこで、ネイルサロンでぜひ導入してほしいキャッシュレス決済の種類を挙げます。

QRコード決済|PayPay・メルペイ・楽天ペイなど

QRコード決済は、スマートフォンアプリがあれば使えるため便利。お客様もスマホひとつで身軽に来られます。

ネイル施術後は指先に触れるものにも気を遣うので、ネイルサロンではとくにおすすめです。お客様に店頭のコードを読み込んでもらう、もしくは店側がお客様のコードをスマートフォンやタブレットなどで読み取る形式で決済が行われます。

クレジットカード|VISA・JCB・銀聯など

クレジットカードはポイントを貯めている人もいるので、やはりぜひ導入したいもののひとつ。施術料金が高額の場合にも喜ばれやすいでしょう。ただし、クレジットカード決済を導入する場合はカードの読み取りを行える機器が必要です。

電子マネー|Suica・iD・nanacoなど

電子マネーには、「交通系」と呼ばれる「Suica」「nimoca」「ICOCA」などや、「流通系」と呼ばれる「nanaco」「WAON」など、「クレジットカード系」と呼ばれる「iD」「QUICPay」など、たくさんの種類があります。

事前にチャージして、その範囲内で使えるというタイプが多いのが特徴。電子マネー決済では、クレジットカードと同じく、読み取り用の端末が必要になります。

ネイルサロンにPayPayなどのキャッシュレス決済を取り入れるメリット

ネイルサロンにPayPayなどのキャッシュレス決済を取り入れるメリット
ネイルサロンでキャッシュレス決済ができると何がいいのでしょうか。導入のメリットを解説します。

1. 会計がスマートに行える

現金を扱わないため、会計にかかる手間を削減できます。現金を数えたりおつりを渡したりする必要もなく、スピーディーに決済が完了するでしょう。お客様側にとっても、スマホ1台やカード1枚で会計できて便利です。

2. 現金の過不足や盗難対策にも

キャッシュレス決済を導入すると、現金のみしか扱わない場合に比べて、用意しておくおつりやレジに入っているお金が少なくて済みます。万が一強盗などが入った場合でも、多額の現金を管理する際に比べて被害を最小限に抑えられるでしょう。

3. ポイントやキャンペーン目当ての顧客に喜んでもらいやすい

「ポイ活」と呼ばれる、ポイントを貯める活動をしている人も増えてきました。キャッシュレス決済のなかには、使った金額に対してポイントが還元される、もしくはキャンペーンなどでキャッシュバックを受けられるといったものがあります。

逆に、貯めたポイントを支払いに使うことができる場合もあるので、ポイントやキャンペーン目的のお客様に喜ばれやすいです。

4. 売上の向上に期待できる

キャッシュレス決済は、お客様の手持ちの現金が少なくてもスマホアプリやクレジットカードなどで支払えるため、単価をアップしてもらえる可能性があります。

たとえば、高額メニューの利用や回数券の購入、店頭販売商品の購入など。前項のポイント還元とも相まって、現金のみの場合に比べて売上が上がることに期待できるでしょう。

5. 衛生面でも好印象

新型コロナウイルスの流行によって、衛生面に敏感なお客様が増えました。小銭やお札は不特定多数の人の手に触れている可能性が高いため、なるべく触りたくないと考える人も。しかし、キャッシュレス決済なら現金に触れずに済むので衛生的です。

ネイルサロンでキャッシュレス決済を取り入れる際の注意点

ネイルサロンでキャッシュレス決済を取り入れる際の注意点
ネイルサロンにキャッシュレス決済を導入するときの注意点も確認しておきましょう。

1. 決済手数料がかかる

お客様がキャッシュレス決済を使用するごとに、店側に決済手数料がかかります。手数料は利用する決済会社によって異なりますが、数%~10%前後。なるべく手数料の低い決済会社を選ぶほか、引かれることをふまえた上で料金設定を行うことが大切です。

2. 資金繰りが大変になることも

入金サイクルは決済会社によって異なります。早いところは翌日に入金される場合もありますが、1ヶ月分をまとめて翌月、というところもあるので、月々の支払いなどを圧迫する可能性も。資金繰りに苦労しているサロンは、十分注意しましょう。

ネイルサロンでぜひ導入したい決済方法

ネイルサロンでぜひ導入したい決済方法
ここからは、ネイルサロンに導入するのにおすすめの決済方法を紹介します。

PayPay

PayPayは、初期費用無料ではじめられるサービスです。専用機器が不要なため、端末費用もかかりません。PayPay単独でも5,700万人もの利用者がいる(2023年4月現在)ほか、LINE Payと提携されたため、LINE Payユーザーも取り込める点も魅力です。

お客様がPayPayで支払った分の売上金は、月1回無料で振り込まれます(月末締め最短翌日払い)。所定の手数料を支払えば、それ以外のタイミングで入金してもらうことも可能です。

PayPayの導入方法や料金の詳細は、下記ページでご確認ください。
PayPayの導入方法とは? 導入費用はどれくらいかかる?|導入のメリットと注意点
PayPayの加盟店が負担する決済手数料はいくら? 導入するメリットと注意点|導入方法を紹介

メルペイ

メルペイは、大手フリマアプリ「メルカリ」が提供するコード決済。ユーザーは、自分のメルカリの売上金をメルペイでの支払いに利用できます。初期費用や固定費は無料。docomoが提供する「d払い」にも対応しています。

2023年9月30日まで、キャンペーンによりd払い加盟店の手数料が無料に(通常2.6%)。お得なこの機会にぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

楽天ペイ

楽天ペイは、自社サービスの楽天ペイや楽天Edyなどが利用できるほか、クレジットカードや電子マネーにも対応しているサービス。JKOPAYやAlipayの各種サービスなど、インバウンド決済も利用できます。

売上の入金までに時間がかかるサービスもあるなか、楽天ペイの場合、楽天銀行口座へは手数料不要で毎日自動入金されるという入金サイクルが好評です。さらに、決済手数料は3.24%必要ですが、初期費用や月額費用はかかりません。

いろいろな方法を使える決済代行会社を利用する手も!

楽天ペイのように、コード決済・クレジットカード・電子マネーなど、さまざまな決済方法をまとめて利用できる決済代行会社もあります。ひとつに絞らず複数の方法を使えて大変便利です。

決済代行サービスにもさまざまな種類があるので、自店に合いそうなものを選んでみてください。

関連記事:個人事業主がキャッシュレス決済を導入するメリットとは?|おすすめのオンライン決済代行サービス8選

ネイルサロンの経営には便利なシステムの導入もおすすめ

ネイルサロンの経営には便利なシステムの導入もおすすめ
キャッシュレス決済ができるようになると、会計面で大変便利です。しかし、ネイリストは予約の管理や顧客情報の把握などの仕事も抱えています。そこで、さらに業務の負担を軽減するために、予約管理システムを利用するのもよいでしょう。

「リザービア」は、ネイル・エステ・美容室など、美容系サロンに特化したシステムです。オンラインで入ってきた予約を自動で管理でき、顧客のデータ管理もラクに行えます。

関連ページ
予約台帳
顧客管理

POSシステムと連携可能

リザービアは、会計や売上管理を行えるPOSシステム「A’staff Cloud Smart」と連携できます。A’staff Cloud Smartはキャッシュレス決済端末を利用することもできるので、セットで利用するのもおすすめです。

関連ページ
A’staff Cloud Smart

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

ネイルサロンにキャッシュレス決済を導入して顧客満足度と売上の向上を目指そう

ネイルサロンにキャッシュレス決済を導入して顧客満足度と売上の向上を目指そう
ネイルサロンでは、まだキャッシュレス決済に対応していない店舗も多いかもしれません。しかし、キャッシュレス決済は、お客様に喜んでもらえたり、売上が上がる可能性があったりと、メリットがたくさんあります。

ぜひPayPayなどのキャッシュレス決済を導入して、お客様側と店側の両面で利便性を高めてください。

また、キャッシュレス決済とあわせて予約システム「リザービア」の導入も検討してみてはいかがでしょうか。POSシステムと連携して会計業務の効率化を目指せるほか、Googleやポータルサイト、SNSなどとの連携もでき、集客の幅も広がります。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP