ポップを書き換えたら売上アップ?店販や集客に効果的なポップの作り方とは

作成日
更新日
インスタ連携予約
Googleで予約

店販商品やSNS告知、さらにはリピーター獲得の役割まで果たしてくれる「ポップ」。
このポップは、書き方や配置場所によって売り上げが〇倍になった!というサロンもあるほど重要なアイテムなのです。

「どのようにポップを書き換えたら効果的なのか…」
「配置場所はどのようにしたらいいのか…」

悩んでしまう方も多いですよね。
そこでこの記事では、売上を上げる効果的なポップの具体例や注意点、お客様の目に留まるようなポップの配置場所などをご紹介していきます!

ポップは何のために書くのか

商材のディーラーさんからも度々貰うことがあるポップ。
なぜわざわざ手書きでポップを書かなければいけないのか、まずはポップ作りに取り組む前になぜ必要なのか、どのような効果があるのかを明確にしておきましょう。

店販商品の魅力を伝える

「おすすめのトリートメントありますよ!」
「洗い流さないトリートメントは使っていますか?」
 
美容室ではよく交わされる会話ですよね。
もちろんこうした声掛けは、店販商品の売上や単価アップには欠かせないアプローチです。

実際お客様に使用しながら商品説明をすることが多いと思いますが、効果や価格、特徴などを一気に説明されても、お客様は全てを把握することは難しいですよね。

放置時間などで思わず目に留まるようなポップがあれば、自然と店販アプローチができるんです。

単価UPとリピートへ繋げる

「ちょっとした悩みを相談したいけど色々勧められそう…」
部分的に癖が気になる方など、ちょっとした悩みはあるけどなかなか言い出せないお客様って意外と多いんです。また部分矯正や部分パーマなど、あまり定番ではないメニューを知らないと言うお客様もいます。

さりげなく飾られたポップでも、具体的な施術内容が書かれていればイメージしやすく、単価UPへ繋がりやすくなります。
そしてその場のメニュー追加が難しい場合でも、レジ周りなどに「次回予約可能」などと書いたポップを設置すれば、より一層リピート客を獲得しやすくなりますよ!

お店のポップの現状

現在のサロンでは、どのようなポップをどのような場所に設置していますか?
あまり内容にこだわらず、設置場所もとりあえず目に入る位置に設置しているというサロンもあるのではないでしょうか。
現在のポップに、改善点はないかしっかり見ていきましょう!

商材ポップだけの設置

ディーラーさんから頂く店販商品のポップは、分かりやすくラインナップが書かれていますし、見た目も完璧です。しかし商材ポップは内容が詳しいだけに、全部読まなければ特徴や効果が分からない場合もあります。

季節や場所に合わせた設置

ついつい後回しになりがちなポップ作成。きちんと季節ごとに興味をそそる内容に変更していますか?
前回来店した時に響かなかったポップは、次回来店しても響きません!

お客様が興味を示すような、季節や行事に合わせたポップが大切ですよ。
またセット面に設置するのか、お会計場所に設置するのか、はたまた待合スペースに設置するのかによって、アピールするものが異なります。来店時なのか最後の仕上げなのか、アピールしたいものに合わせたポップ設置がポイントですよ!

 

売上を上げるための素敵なポップの具体例

しっかりと内容や場所が決まったら、いよいよポップ作成と設置です。
お客様が思わず目にしてしまうような、具体的なポップ例をご紹介していきますね!

絵や写真を挿入

手書きの文字は人の目を集めやすくなりますが、それでも文字だけがズラリと書かれていてはなんだかパッとしませんし、読む気も起きませんよね。商品や施術名が書かれていても、実際の商品や仕上がりが分からないとイメージもしにくくなります。

それぞれ写真や切り抜き、もしくは可愛らしいイラストなどでパッと見た時に、何が書かれているのか分かるようにしましょう。

擬音語でイメージしやすく

「パーマがおすすめです。」
ふわふわとしたパーマがおすすめです。」

両者を比べると、ふわふわといったように擬音語を取り入れることでイメージしやすく、より魅力的に感じますよね。
ツヤツヤの縮毛矯正にモコモコとした泡立ちの良いシャンプーなど、擬音語は直球にイメージを伝えることができるので、是非取り入れましょう。

マーカーなど色使いで導く

ポップを書きはじめると、ついついたくさんの色味で可愛く作成したくなりますが、あまりにもごちゃごちゃとした色合いでは何をメインに伝えたいのか、ボヤけてしまいます。
特に重要な特徴や効果だけに赤を使用したり、目立たせたいポイントには黄色味を使用し、お客様の目線を導くことでポップとしての効果を発揮することができます。

まとめ

サブアイテムと思われがちな美容室のポップですが、お客様の目線を導くことで単価UPや店販商品の購入に繋がります。なかなか作成するタイミングが難しいポップですが、是非店内に素敵なポップを設置してみて下さいね!

リザポス
SALON CARD
PAGE TOP