無人ジムが注目されている理由とは?運営するメリットや運営に必要なシステムについても紹介

無人ジムが注目されている理由とは?運営するメリットや運営に必要なシステムについても紹介
公開日
更新日

健康維持や体力増強、ダイエットなど、さまざまな目的で通うフィットネスジム。健康意識が高まるにつれ、フィットネスジムの需要も高まってきています。

そんななか、「無人ジム」という運営形態が注目を浴びています。そこで今回は、無人ジムが注目されている理由や無人ジムを運営するメリット、運営をするときのポイントについて解説し、さらに無人ジム運営に必要なシステムを紹介します。

無人ジムの経営を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

無人ジムとは?注目されている理由

無人ジムとは?注目されている理由
まずはじめに、なぜ無人ジムが注目を浴びているのか、その理由について見ていきましょう。

無人ジムが注目を浴びる背景には、近年のコロナ禍があります。無人ジムは、その名のとおりスタッフが常駐せず無人で運営されているジムのため、利用者はほぼ他人と接触せずに、サービスを24時間利用することが可能です。

そのため、コロナ禍で他人との接触を避けて健康を維持したいというニーズから、無人ジムが注目を浴び、増加していると考えられます。

無人ジムを運営するメリット

無人ジムを運営するメリット
無人ジムが増えているのは需要の高まりに加え、いくつかのメリットがあるからと考えられます。ここからは、無人ジムを運営するメリットについて見ていきましょう。

低コストで運営できる

従来のジムと無人ジムを比較すると、無人ジムではスタッフやトレーナーを雇用する人件費がかからず、必要な設備を準備するだけでよいため、初期費用や維持費を比較的安価に抑えることが可能です。

そのため、低コストで運営できて利益を上げやすいことが一番大きなメリットと言えるでしょう。

幅広いお客様を集客しやすい

無人ジムはスタッフを常駐させる必要がないため、営業時間を長くすることができます。実際、無人ジムは24時間営業をしているところが多いです。

そのため、あらゆる人のライフスタイルに合わせやすく、利用者は好きなタイミングで通うことができます。また、自分のペースでトレーニングできるため妨げが少なく、会費も従来の会員制ジムと比較すると安価なため、学生などの若年層からも支持を得ています。

利便性が高く、新しい生活様式に適している

前述したように、無人ジムは24時間開いており、利用者が好きなタイミングでトレーニングをすることが可能です。そのため、自分自身の空き時間に合わせるだけでなく、他人との接触を減らすために、早朝や夜などの他の利用者が少ない時間を狙って通うこともできます。

コロナ禍においては、従来のジムでは感染状況次第で施設の閉鎖や利用人数の制限などがされてしまうこともありますが、無人ジムではあまり気にする必要がなく、気軽に利用できると言えるでしょう。

無人ジムを運営するときの注意点

無人ジムを運営するときの注意点
無人ジムにはメリットがある一方で、注意しなければならない点もあります。ここからは、無人ジムを運営するときの注意点について見ていきましょう。

競合との差別化が求められる

フィットネス業界には、大手企業をはじめとした多くのジムが参入しています。競合が多く、とくに大手企業は豊富な資金力から、質の高い機器などを揃えているのも事実です。

そのため、うまく差別化してニーズに応えられるようなサービスを提供しないと、お客様を獲得できない、または鞍替えされてしまうリスクがあります。

低価格化が進んでいるため、運営が苦しくなりやすい

無人ジムに限らず、ジムでは価格競争などの要因から会費の低価格化が進んでいます。その結果、入会者の人数を増やさないと収益を出しづらく、運営が苦しくなりやすい点にも注意が必要です。

入会者を増やすために、入会金や入会後の数ヶ月は利用料を無料にしたり割引したりするなどのキャンペーンを行うジムもありますが、人数が増えても売上が上がらず、結果的に経営が苦しくなってしまうというリスクが考えられます。

人材確保が難しい

設備の面では、とくに大手企業が運営するジムとの差別化が難しいです。そのため、利用者が多いコアタイムには従来のジムと同じようにスタッフやトレーナーを置き、パーソナルトレーニングを提供するなどのサービスを工夫する必要があります。しかし、魅力のあるトレーナーを雇うなど、お客様のニーズに応える人材を確保するのは、競争率も高く難しいです。

また、スタッフやトレーナーが常駐しない、無人である点に魅力を感じている利用者にとっては、逆効果となり足が遠のいてしまうリスクもあるでしょう。

無人ジムを運営するときのポイント

無人ジムを運営するときのポイント
無人ジムを運営するときには、ポイントを押さえないと長く安定して続けることができない可能性があります。ここからは、無人ジムを運営するときのポイントについて見ていきましょう。

ターゲットに合わせたコンセプトを設定する

経営においてまず大切なのは、ジムのターゲットを明確に決め、ターゲットに合わせたコンセプトを設定することです。ターゲットを定めることで、どんなニーズに応えるべきかといった方向性も決まってくるでしょう。

また、ニーズに応えるだけでなく、競合の調査をした上で差別化を図っていくことも重要です。

集客しやすい物件と立地をえらぶ

ターゲットを選定したら、物件を選びましょう。ターゲットの多いエリアを調査し、集客しやすい物件を選ぶことが大切です。

ただし、立地のいい物件というのは、賃料が高くなりやすい傾向もあります。立地を考慮しつつ、賃料を抑えられる物件を選択しましょう。

業界の動向に合わせ、適切なシステムを導入する

無人ジムを運営するには、適切なシステムを導入することも大切です。業界の動向を把握し、ターゲットのニーズに合わせた設備や、できるだけ低コストで運用できるシステムを探して導入しましょう。

また、集客には広告宣伝を行う必要がありますが、広告宣伝にもコストがかかります

たとえば、「周辺地域に住んでいる若年層」「一人暮らしや主婦層など、異なるピークタイムで無人ジムを探している人」など、ある程度ターゲットを絞って広告を出すことで、コストを抑えることができるでしょう。

無人ジムの運営に必要なシステムとは

無人ジムの運営に必要なシステムとは
無人ジムをスムーズに運営するには、運営スタッフを減らして人件費を抑えるかわりに、さまざまな業務を自動で行ってくれるシステムが必要です。

そこで、どんなシステムがあるとよいのかを紹介します。

予約システム

無人ジムには、基本的に予約システムを導入したほうがいいと考えられます。予約システムを導入すれば、24時間予約を受け付けることができ、予約状況もリアルタイムで更新されるため、常に最新状況を確認することが可能に。

システム上で決済までできるシステムもあり、店頭での会計が不要になるため、スタッフが少なくても業務を回せるようになり、人件費の削減につながります

セキュリティカメラ

無人ジムは、常駐スタッフがいなかったり極端に少なかったりするため、防犯面に不安を覚える利用者も少なくありません。そのため、ジム内の器具や用具の盗難や破損といった犯罪を抑止するためには、防犯カメラやセキュリティシステムを導入しましょう。

暗視性がよく、離れた場所でも複数人で映像を共有できるなどの機能があると便利です。

スマートロック

出入り口やロッカーなどには鍵が必要ですが、鍵の受け渡しにはスタッフが必要です。そこで、物理的な鍵ではなく、オンラインで施錠や解錠を管理することができる、スマートロックの導入をおすすめします。

スマートロックがあれば実物の鍵の受け渡しなどが不要になるため、受付などのスタッフを減らすことができ、さらにネットワークを介して利用者の入出記録などの管理も可能になります。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

無人ジムの運営にも「リザービア」

無人ジムの運営にも「リザービア」
無人ジムの運営には、予約システム「リザービア」がおすすめです。リザービアは24時間365日、いつでもかんたんに予約を受け付けることができる予約システム。そのほかにも、運営をスムーズにするための便利な機能が搭載されています。

ここからは、リザービアの機能をいくつか紹介します。

LINEやInstagramと連携してジムのアピールから予約につなげることができる

LINEやInstagramで情報を発信し、広告宣伝に活用しているというジムも多いのではないでしょうか。リザービアにはLINEやInstagramと連携できるオプションがあり、LINEを使ったお客様への情報発信やInstagramの投稿から予約を受け付けることができます。

リザービアのLINE連携とInstagram連携についての詳細は、こちらをご覧ください。
公式LINEと連携できる予約システム【リザービア】
インスタと連携可能なWEB予約システム【リザービア】

クーポンやチケットクーポンを集客に活用

クーポンの発行は、ジムの集客に高い効果が期待できる方法のひとつ。リザービアにはクーポン発行機能が搭載されており、新規のお客様だけでなく、リピーター向けのクーポンなども発行することが可能です。

また、デジタル回数券である、チケットクーポン発行機能もあります。あらかじめ販売しておいたチケットで利用してもらうことができるため、レジでの会計の手間を減らすこともできます。

リザービアのクーポンとチケットクーポンについては、こちらをご覧ください。
クーポン|予約システム【リザービア】
チケットクーポン|予約システム【リザービア】

POSレジと連携して会計を効率化

予約システムをPOSレジやPOSシステムと連携すれば、予約管理と会計を紐付けることができ、会計業務の効率化にも繋がります。

リザービアはPOSシステム「A’staff Cloud Smart」と連携でき、会計や売上の管理が行えるほか、顧客情報を管理し、電子カルテとして使用することも可能です。

また、キャッシュレス決済システム「stera pack」と連携することで、クレジットカードやQRコード決済といったキャッシュレス決済にも対応することができるようになります。

A’staff Cloud Smartについては、こちらをご覧ください。
電子カルテ、分析、会計ができるリザービアと連携可能なPOS【A’staff】

必要なシステムを揃えて、無人ジムを運営しよう

必要なシステムを揃えて、無人ジムを運営しよう
健康意識の高まりと社会的な要因から、需要が拡大している無人ジム。無人ジムには、運営が低コストであることや幅広い客層に対応できることなど、さまざまなメリットがあります。

反面、ジムの低価格化や人材不足などから、スムーズに運営を進めるためには人手をカバーできるシステムの導入が必要となるでしょう。

そのなかでもとくに負担が大きいと考えられるのは、予約受付・管理業務。予約に関するさまざまな業務は、予約システムで自動化することが可能です。

リザービアは予約管理だけでなく、集客に役立つさまざまな機能が搭載されています。この記事を参考に、ぜひ導入を検討してみてください。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP