田舎でジムを経営するメリットと注意点|経営を成功させるための3つのポイントとは

田舎でジムを経営するメリットと注意点|経営を成功させるための3つのポイントとは
公開日
更新日

ジムを経営しようと考えている方の中で、「田舎でジムを開業するのはどうだろう?」と考えている人もいるのではないでしょうか?

田舎でジムの経営を成功させるためには、いくつかの注意点やポイントをおさえた上で、集客につなげるための戦略を考えていく必要があります。

今回は、田舎でジムを経営するメリットや注意点、ジム経営を成功させるためのポイントを紹介します。自分がジム経営をするべきかどうか判断する参考にしてみてください。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

田舎でジムを経営するメリットとは?

田舎でジムを経営するメリットとは?
田舎でジムを経営することのメリットは、競合他社が少ない中で集客できるので売上につなげやすく、開業費用や経営コストも節約できる点です。田舎を選ぶメリットは何なのかを知って、開業場所選びの一つの選択肢にしてみましょう。

1. 競合店が比較的少ない

田舎でジムを経営するメリットは、同業他社と競合する可能性が低い点です。

都会に出店すればお客様の数が多い分、うまくいけば大きな売上が見込めますが、競合店舗が多く、集客やブランディング戦略を練らなければ失敗してしまうリスクもあります。

その点、競合が少ないエリアに出店すれば、数少ない競合に勝てればその地域にいるお客様を独占できる可能性が高いので、他店との差別化にそこまで神経質になる必要性はありません。

2. 初期費用や経費が抑えられる

郊外や人気薄のエリアは、都会の競争率が高いのに比べて賃料や契約の際の初期費用が比較的安いので、ジムのスペースを確保するにあたっての家賃や初期費用をおさえることができます。

都会でジムを経営するとなると、駅前の一等地や人口が多いベッドタウンの近くなど、賃料や初期費用に多額の費用がかかってしまうケースも多いでしょう。

田舎でジムを経営するという選択肢も検討しておけば、まずは少ない資金で開業し、ジム経営のノウハウを積んでから、将来的により競争率の高いエリアでジムを開業することも可能です。

3. 口コミが広がりやすい

都会と比べて、ジムの参入が少ないエリアであれば、新規開業のジムはより注目を浴びることができます。

サービスに満足したお客様が別のお客様を呼ぶというサイクルが起こりやすいので、一人ひとりのお客様にベストなジム体験を提供できるように心がけることが大切です。

競合が多いエリアのジムでは、リピーター獲得に向けた集客戦略を実行しなければなりませんが、地方であれば競合が少なく、口コミがよいとサービスをリピートしてくれる方は多いでしょう。

田舎でジムを経営する際の注意点とは?

田舎でジムを経営する際の注意点とは?
郊外や人気の少ないエリアでジムを経営する際は、人の少なさやスタッフ不足に陥ってしまう可能性について、事前に知った上で対策を取る必要があります。どのような戦略で地方でジムを経営すべきか考えてみましょう。

1. 人が少ない|集客が難しい

田舎でジムを経営する際の注意点は、見込み客の絶対数が少ないという点です。開業に必要な初期費用をおさえられるという点は魅力的ですが、周囲に暮らしている人の数が少なく、利用客が都会のジムに比べて少ない可能性が高いでしょう。

そのため、一度ジムを訪れたお客様にいかにジムを継続してもらえるか、どうすれば周囲の人を誘ってくれるかを考えることが、ジム経営で成功するための鍵になります。

2. ジムの認知度が低め

田舎のジムは都市部に比べると人の往来が少なく、認知度が低いケースが考えられます。また、オフィスワーカーとして働く方が都市部と比べると少ないので、「運動不足を解消するためにジムに通う」という考え方が広まりにくい点も認知度が低い原因でしょう。
いかに地域の方々に受け入れられやすい形で、ジムのコンセプトを考えてサービスをアピールし、認知度アップにつなげられるかが問われるでしょう。

3. スタッフが集まりにくいことも

田舎でジムを経営する際の難点は、若い働き手が少ないという点です。人口がそこまで多くないエリアでは、ジムのスタッフとして働ける人材が集まりにくいので、他の仕事よりも魅力的な条件でスタッフの募集をかける必要があります。

初期費用や賃料を節約した分、給与面や福利厚生といった待遇を手厚くし、スタッフの職場環境を充実させることで、スタッフが定着しやすい職場づくりを目指しましょう。

田舎でのジム経営を成功させる3つのポイントとは?

田舎でのジム経営を成功させる3つのポイントとは?
人口が少ないエリアでのジム経営を成功に導くためには、ベストな立地や集客戦略を考えて、地域の中で名前が知られる存在を目指していく必要があります。売上を伸ばす立地や集客戦略、ブランディングに向けた具体的な方法について知りましょう。

1. 立地を選ぶ|ターゲット層に合うエリアを選ぼう

地方に出店する場合には、ジムの集客に向いている立地を選ぶことが大切です。まずはジムのターゲットを明確にすることからはじめてみましょう。

ターゲットが学生なら通学エリア内に出店する、主婦をターゲットにするならスーパーマーケットのそばなど、対象が通いやすいエリアに出店するのが基本です。

また、候補地の近くに他のジムがあるなら、離れた場所に出店して競合しないようにするなど、ターゲットと競合他社の立地といった点に考慮した立地選びが重要です。

2. 集客を強化する|開業前に集客方法を考えておこう

地方に出店するなら、まずは自分のジムサービスを魅力に感じてもらい、予約につながるまでの流れを考えることが大切だといえます。具体的な集客方法とそれぞれの特徴を知って、どんな集客方法を活用していくべきか考えてみましょう。

チラシのポスティング

SNS広告やネット広告などの集客方法が主流になりつつありますが、エリアによっては、チラシやビラを配布するアナログな方法が有効な場合もあります。

商店街や繁華街でチラシを配ったり、スーパーや個人商店、飲食店の店主に頼んで、チラシやビラを置かせてもらうことで、ジムの認知度を拡大できるでしょう。

ホームページを制作する|SEO対策

自分でジムの公式ホームページを制作すれば、営業時間やメニューなどのジムの情報を発信できますし、Googleのような検索エンジンで上位表示されれば集客にも役立ちます。

公式ホームページはジムの顔です。ユーザーはサイトに書いてある情報を読んで、自分が利用したいサービスかどうかを吟味できるので、予約数の向上につながるでしょう。

集客に役立つサイトに登録する

大手予約サイトにジムの情報を登録すれば、集客力のあるメディアがジムの情報を拡散してくれます。出店エリアやジムが提供するサービス別など、ユーザーの興味があるカテゴリー別にジムが表示されるので、ユーザーがジムを見つけやすくなっています。

また、自分のジムの口コミ情報をアピールできるので、ジムのサービスに興味をもっている方を集客するのに役立つでしょう。サイトが実施するお得なクーポン情報も集客に有効活用できます。

Googleビジネスプロフィールを利用する

Googleビジネスプロフィールに登録すれば、Google検索で検索した際にジムの公式情報として、店舗情報や口コミなどを表示できるようになります。上位表示できれば、ジムの情報をネット上の多くの人に対してアピールでき、集客効果がばつぐんです。

Googleビジネスについては、下記の記事でも紹介しています。

関連記事:Googleビジネスプロフィールではどんなことができる?メリットや登録方法を紹介

お客様の口コミや紹介を利用する

地域密着型でジムを経営するなら、地域のお客様からの口コミやレビューは重要です。個人としての大会での実績や指導実績などをアピールすることで、ジムの口コミが広がり、集客につながるケースも多いです。

また、ジムサービス自体のクオリティを上げてお客様を満足させることで、地域の中で評判を呼び、効果的な集客につながるケースもあります。

ジムの口コミ・評判を上げるような実績のアピールやサービスのクオリティ向上に努めましょう。

3. ジムを認知を高める|無料体験会など

地方では、都会に比べてジムでハードなトレーニングを好む方が少ない可能性も考えられます。そのため、幅広い方に利用してもらえるよう、ジムが提供するサービスは何なのか、どのようなコンセプトでジムを経営しているのかなど、地道にチラシやビラで宣伝したり、地域のお店などと協力して連携したりして、住んでいる方々にジムサービスの内容や考え方を知ってもらうよう努めましょう。無料の体験会・説明会を開催するのもおすすめです。

サービス内容や目的を知ってもらい、実績だけでなく、トレーナーの知識や熱量を交流していく中でアピールできれば、コンセプトに共感した人がジムの入会を決めたり、友人や知人にジムのことを紹介してくれたりする可能性が高まるでしょう。

リザービアはジムの集客にも強い予約管理システム!

リザービアはジムの集客にも強い予約管理システム
ジム経営に成功するためには、集客戦略を深く考えることが必要不可欠だといえます。予約システム「リザービア」は、予約管理や集客に役立つ機能が盛りだくさんです。リザービアが使える機能や魅力について確認して、導入すべきか検討しましょう。

1. Googleビジネスプロフィールに対応した「Googleで予約」

リザービアでは、Googleビジネスプロフィールに対応した「Googleで予約」との連携機能が無料で使えます。連携機能を活用することで、予約サイト・クーポンサイトよりも上にジムの店舗情報を表示でき、ユーザーに対して効果的に発信したり、スムーズな予約につなげられたりします。

「Googleで予約」を利用するメリットについては、下記をご参考ください。

関連記事:「Googleで予約」で新規集客を開拓しよう|始め方や設定方法を徹底解説!

関連記事:Googleビジネスプロフィールと連携が可能な予約システム【リザービア】

2. SNSと連携できる予約サービス|LINE・Instagram

リザービアは追加オプションでLINEやInstagramといった外部サービスとも連携できます。有名SNSプラットフォームで直接予約を受けつけられるので、集客につながるだけでなく、外部からの予約をシステム上で管理したい方におすすめです。

LINEとInstagramの連携機能を利用するメリットは、下記で紹介しています。

関連記事:インスタグラムとLINE公式アカウントを連携することはできる?連携方法・メリット・注意点もご紹介【美容室向け】

3. 複数の予約も一元化で管理できるBMS

リザービアには、一元管理システム「BMS」があります。各種のSNSやクーポンサイト、予約サイト経由の予約を一括管理して、予約管理を効率化します。スタッフのシフト更新も自動更新できるので、シフト管理ミスのリスクも減らせるのが魅力です。

BMSを導入してできることに関しては、下記の記事で紹介しています。

関連記事:複数のクーポンサイトからの予約を一元管理しよう!サロンボードとの予約連携など

4. 導入後のフォローも手厚い

リザービアでは、営業時間内の電話やメール、オンラインミーティング、24時間対応のチャットサービスなど、カスタマーサービス対応が充実しています。
はじめて予約システムを導入するという方でも、心配事なくサービスを利用できます。

田舎でのジム経営に向いている人とは?

田舎でのジム経営に向いている人とは?
地方でのジム経営に向いている人は、一つの店舗を成長させて安定的にジム経営をしたい方です。初期費用や家賃などの経費が少なく、うまく集客に成功すれば、リピーターを安定して獲得できるような地元で愛されるジムを経営できるでしょう。

ただし、特定の地方に特化したジム経営は、商圏の都合上、多店舗展開して新規のお客様をどんどん増やしていくことは難しい可能性があります。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

メリットと注意点を押さえて田舎でのジム経営を成功させよう

メリットと注意点を押さえて田舎でのジム経営を成功させよう
この記事では、田舎でのジム経営をするメリットや注意点、経営を成功させるための3つのポイントを紹介しました。

地方でジム経営を成功させるためには、地域住民に対して、効果的な方法でジムをアピールして、口コミが広がるような工夫をする必要があります。

予約システム「リザービア」を導入すれば、予約の効率化や利便性を向上させるだけでなく、ジムの集客に役立つ各種の機能を利用可能です。

競合他社が少ない田舎だからこそ、一度お得様になれば継続的にジムに足を運んでくれる可能性が高いので、リピーターや口コミ獲得に向けた戦略を実行していきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\1分で完了!リピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP