美容室にタブレットPOSレジがおすすめな理由は?機能や選び方、システムを紹介

美容室にタブレットPOSレジがおすすめな理由は?機能や選び方、システムを紹介
公開日
更新日

美容系サロンで欠かせない業務といえば、会計と売上の管理。売上を正確に把握しなければ、店舗の経営を続けることが難しくなってしまいます。美容系サロンを開業する際に、ほとんどの方がレジを導入するのではないでしょうか。

しかし、レジといってもさまざまなタイプがあり、どのレジを選べばいいのか悩んでしまいますよね。実は、美容系サロンに導入するレジは、タブレットPOSレジがおすすめなんです。

そこで今回は「タブレットPOSレジ」に焦点を絞り、タブレットPOSレジのメリットやデメリット、なぜおすすめなのかを解説します。また、美容室におすすめのタブレットレジシステムも紹介しますので、参考にしてみてください。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

レジの種類と違い

レジの種類と違い
まずは、レジにはどんな種類があるのか、それぞれにどんな特徴があるのかについて見ていきましょう。

タブレットレジ

タブレットレジはその名の通り、タブレットをレジとして利用する方法です。タブレットレジはiPadなどのタブレットに、レジ機能のシステムやアプリをインストールして使うレジで、システムによってはiPhoneなどのスマホにも対応しています。

一般的なレジ機能だけでなく、売上や在庫状況を集計したり、顧客情報を管理できるPOS機能のあるシステムもあります。現在、小型店舗を中心に利用が広まりつつあるため、多くのアプリやシステムが開発されており、選択肢が広いのも特徴です。

POS機能については、POSレジの項目で詳しく紹介します。

置き型のレジスター

2つ目は、置き型のレジスターです。購入金額とお客様の支払額を入力し、おつりを計算する、昔ながらのレジスターです。

バーコードなどの読み取り機能がなく、自分で入力しなければならないため、打ち間違いのミスが発生することがありますが、会計機能のみのシンプルな設計のため操作が簡単で、比較的安価に導入できるものが多いです。

POSレジ

3つ目のレジは、POSレジです。POSレジとはPOSシステムを搭載したレジスターのことで、大型スーパーやコンビニなどに設置されていることが多いため、購入する側として利用したことがある方も多いでしょう。

POSレジは従来の手入力での会計はもちろん、バーコードの読み取りでの会計や、あらかじめ商品を登録しておいてボタンひとつで金額を呼び出すなど、レジスターよりも入力時のミスが少ない傾向にあります。

また、いつ誰がレジを操作したのかといった記録を残す不正防止機能があったり、何をいくつ販売したのかといった売上の詳細なデータを蓄積したり、在庫情報を管理したりと、レジひとつでさまざまな役割をこなせます。

反面、操作が複雑になってしまう、大型で設置にスペースが必要、導入や保守のコストが高額などのデメリットがあります。

タブレットレジがおすすめな理由

タブレットレジがおすすめな理由
主なレジのなかから3つを紹介しましたが、美容系サロンにはタブレットレジがおすすめです。なぜタブレットレジがおすすめなのか、理由を見ていきましょう。

導入の手軽さ

1つ目の理由は、導入の手軽さです。タブレットレジは、iPadのようなタブレットにシステムやアプリをインストールすれば利用できます。最低限必要なのはタブレットだけなので、大型のレジを置くスペースを作る必要がありません。

すでにタブレットを所持しているなら、手持ちのタブレットにインストールすれば利用できる手軽さが魅力です。

使い勝手のよさ

2つ目の理由は、使い勝手のよさです。タブレットレジはタブレットなので、タッチパネルで直感的に操作できます。普段からタブレットを使用しているなら、操作性に馴染み深いため、慣れるまでの時間を短縮できます。

また、軽くて小さく持ち運べるため、持ち帰ることも可能です。売上などをどうしても確認しておきたい、というときでも、持ち帰れば自宅でも確認できます。

進化する機能

タブレットは、日々新しい機能が開発されています。現状ある機能だけでなく、アップデートを重ねることで機能が追加されていき、時代に合わせて進化します。

レジ機能以外にも、本来のタブレットとしても利用できるため、タブレットで可能なことなら、新しく機械を導入しなくても機能を追加していける、という利点があります。

費用の安さ

4つ目の理由は、導入費用が安価に抑えられることです。とくに据え置き型のPOSレジの場合、新しく導入しようとすると数十万円かかるのに対し、タブレットレジではタブレットの端末代と初期費用で導入が可能です。

すでにタブレットを持っているなら、システム導入の初期費用だけで済むので、他のレジに比べて安い費用で導入できます。

タブレットレジで使える機能とは

タブレットレジで使える機能とは
タブレットレジを導入するメリットについておわかりいただいたところで、続いてはタブレットレジで使える機能について紹介します。

顧客管理

タブレットレジは、システムによっては顧客管理ができるものがあります。こういったシステムは、名前や住所などの個人情報だけでなく、顧客の施術データや来店日時の情報も蓄積し、電子カルテとして活用できます

タブレットで管理することで、紙で管理する情報よりも情報の訂正や更新が簡単で、情報を増やしても置き場所の心配をする必要がありません。

在庫管理

商品の販売を行っている店舗では、店販商品の在庫品を、タブレットレジ一つで管理することも可能です。なかには、在庫数が少なくなると自動的に発注までしてくれる機能が搭載されているものもあります。

POSレジでは何がいつ、誰に、どのくらい売れているかのデータを細かく蓄積できるため、今後の商品展開にも役立ちます。

売上管理

タブレットPOSレジでは、会計を行うと同時に売上データを収集できます。管理している顧客データや在庫データと紐づけ、売上データを分析することで、売れ筋商品や売れ時を把握できます。

売上データを分析することで、今後のサービス向上や新メニューの設定に活かしたり、コストカットの施策を実施したりすることに役立てられます。

レジ機能

タブレットPOSレジはレジなので、当然レジ機能があります。今まで通りカウンターで会計を行うほかにも、タブレット端末なので、お客様が施術している合間にお席まで持ち運んで、会計をすることが可能です。

たとえば美容室なら、パーマやカラーリングの際に、置いておく時間が発生してしまいます。施術に必要な時間とはいえ、お客様をお待たせすることにはかわりありません。

その間に会計を済ませておくことによって、施術後の会計の時間を省き、終わったらすぐにお帰りいただけます。

スタッフ管理

勤怠やシフトなどのスタッフ管理機能が搭載されているものもあります。売上管理の項目で前述したように、お客さまの来店が多い日時を把握することでスタッフのシフトを適切に調節し、業務の負担を軽減できるでしょう。

タブレットレジ導入のメリットとデメリット

タブレットレジ導入のメリットとデメリット
タブレットレジの導入で得られるメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

まずは、タブレットレジ導入のメリットから紹介します。

情報を一元管理できる

タブレットレジで扱うことのできるデータを、一元管理することが可能です。顧客データ、在庫データ、売上データなどを一括で管理し、確認するときもタブレットがあれば、すべてのデータを参照できます。

人件費の削減

タブレットレジの導入は、人件費の削減にもつながります。レジだけを担当する必要がなくなり、さらに一台のタブレットでさまざまな管理ができるため、スタッフを他の業務に回すことができるようになります。

売上データの分析を店舗運営に活かせる

タブレットレジで収集した売上のデータを、さまざまな角度から総合的に分析することで、今後の店舗運営に活かしていくことができます。

「多く利用されているサービスは何か」、「反対にあまり利用されないサービスは何か」を把握し、顧客が求めていることを分析することでより細かいサービスの向上や、顧客一人ひとりに合わせたカスタマイズが可能です。

デメリット

一方で、タブレットレジに存在するデメリットについても見ていきましょう。

Wi-Fi環境が必須

タブレットレジを利用するには、Wi-Fi環境が必須と言えます。タブレットは、Wi-Fiを利用してシステムのインストールやアップデートを行うことがほとんどで、また、データの保存もクラウド上で行われるものが多いです。

現在、店舗にWi-Fi環境がない場合は、まずWi-Fi環境を整えることから始めなければなりません

タブレットの初期設定などが面倒

タブレット自体の初期設定や、インストールしたシステムの設定など、利用するまでには少なからず手間がかかってしまいます。

すでに利用しているタブレットがある場合は、システムをインストールするだけで済みますが、タブレットを持っていない場合は、タブレットを購入して利用できるように初期設定をする必要があります。

プライベートでタブレットやスマホを利用していて、操作に慣れている場合はすぐに設定できますが、タブレット自体の操作に不慣れな場合は手間取ってしまうことも考えられます。

美容室がタブレットレジを選ぶときのポイント

美容室がタブレットレジを選ぶときのポイント
タブレットレジの利便性についておわかりいただけたところで、美容室がタブレットレジを選ぶ際、どんなポイントに着目するべきか見ていきましょう。

必要な機能が搭載されているかどうか

タブレットレジはその利便性から実に多彩な種類が販売されていて、システムによって搭載されている機能が違うことも多いです。

たとえば、会計処理だけできればよいのであれば、会計機能さえ搭載されていればどんなタブレットレジでも構いません。

一方で、カウンセリングから会計までを一括で処理したい場合や、売上集計やデータ分析をしたい場合はそういった機能が搭載されていなければいけません。

美容室がPOSレジを導入する目的に即した機能が搭載されているかどうか、確認しましょう。

導入・運用コスト

タブレットレジを導入するには、コストがかかります。一般的にはシステムが高機能であればあるほど、導入の初期費用・運用コストも高くなる傾向にあります。

導入費用や利用料などのコストが、自分が使いたい機能とバランスが取れているか、事前に調べておきましょう。

他のシステムや外部サイトと連携できるかどうか

タブレットレジ以外に、すでに利用している他のシステムや外部サイト・アプリなどがある美容室も多いのではないでしょうか。そこにタブレットレジを追加する場合、それぞれを独立したまま運用すると、かえって手間が増えてしまうリスクが考えられます。

タブレットレジのなかには、他のシステムや外部サイトなどと連携できるものもあります。すでに他のシステムを利用している、あるいはゆくゆくは他のシステムを導入することを考えている、という場合は、外部連携ができるPOSレジが望ましいでしょう。

美容室におすすめのタブレットレジ4選!

美容室におすすめのタブレットレジ4選!
ここからは、美容室におすすめのタブレットレジを、厳選して4選紹介します。

Bionly

Bionly(ビオンリー)は、iPad専用の美容室向けタブレットレジシステムです。手持ちのiPadに導入できるので、使い慣れたタブレットをそのままレジとして利用できるのが魅力です。

レシートプリンターやキャッシュドロアーなどの周辺機器も販売されているため、設定すればそのままレジスターとして利用できます。

導入費用・月額費用・機器費用については公開されておらず、運営元へ問い合わせる必要があります。

スマレジ

スマレジは、無料からはじめることができるタブレットレジ。美容業界に特化したタブレットレジではありませんが、美容室をはじめ、飲食店や衣料品店など幅広い業種で、39,000店舗以上(2023年8月現在)に導入されています。

iPadやiPhoneなどのiOSデバイスにアプリを導入すれば利用できます

無料で利用できるのは1店舗・会計機能のみですが、「タブレットレジがどんなものかわからない」「有料で導入する前に一度使い勝手を知りたい」方には特におすすめです。

ユビレジ

ユビレジは、iPad用タブレットPOSレジのパイオニア。「カンタンがいちばん」をコンセプトに、操作しやすいタブレットPOSレジの提供をしています。

利用料は6,900円/月で、有料のオプションも豊富なため、コストと相談しながら利用したい機能を選ぶことが可能です。また、1カ月間の無料お試しプランもあるので、実際に利用して使用感を確かめることができます。

A’staff Cloud Smart

A’staff Cloud Smartは、美容サロン向けに開発されたタブレットレジシステムです。会計管理はもちろん、勤怠管理や顧客管理、売上集計・分析など、多彩な機能が搭載されています。

複数店舗の売上管理や店舗をまたいで利用するお客様のデータ、複数経路から予約いただいた場合も、すべて一元管理が可能です。

導入費用や月額利用料などのプランは、サロンに合わせて見積もりを作成してくれるので、一度お問い合わせください。

POSレジを導入するなら予約システムとの併用がおすすめ!

POSレジを導入するなら予約システムとの併用がおすすめ!
POSレジを導入するなら、予約システムと併用することをおすすめします。POSレジと予約システムを導入することで、予約と顧客情報、売上などの会計データを紐づけて集計・分析し、今後の経営戦略に役立てることができます。

もちろん、予約管理をはじめとした、事務業務の大幅な効率改善にもつながります。

予約システム「リザービア」は、前項で紹介した「A’staff Cloud Smart」と連携でき、まるでひとつのソフトのようにシームレスな利用が可能。サロンホームページはもちろん、クーポンサイトやGoogle、LINEなどとも連携できる、集客できるお店づくりを支える予約システムです。

美容サロンのPOSシステム
  • 紙カルテを辞めたい
  • 在庫管理を自動化したい
  • レジ締めを楽にしたい
  • リピート率を上げたい


無料
かんたん30秒で資料請求

美容院・エステサロンなどにおすすめのタブレットレジはA’staff Cloud Smart!タブレットレジ導入で店舗運営をスマートに

美容院・エステサロンなどにおすすめのタブレットレジはA'staff Cloud Smart!タブレットレジ導入で店舗運営をスマートに
タブレットレジは、タブレットがあれば導入できるので、据え置きターミナル型のPOSレジと比べると、初期費用が安価に抑えられます。

また、普段使用しているタブレットをレジとして利用するため、操作に馴染みやすく新しいシステムを導入しても比較的早く慣れることができます。

タブレットレジは、予約システムと連携することで、売上と顧客情報を紐づけてデータを収集し、分析することが可能です。

美容系サロンには、美容業界に特化した予約システム「リザービア」と連携できるPOSシステム、「A’staff Cloud Smart」がおすすめです。店舗運営をスマートに行うために、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

PAGE TOP