美容室のホームページを見てもらうには?SEO対策のポイントや流れを紹介

美容室のホームページを見てもらうには?SEO対策のポイントや流れを紹介
公開日
更新日

美容室を経営するうえで重要な取り組みとしては、新規顧客獲得が挙げられるでしょう。新規顧客獲得のためには、まず自店舗のサイトを見てもらい、知名度を上げる必要があります。自店舗のサイトをより多くの人に見てもらうにはどうすればいいかというと、SEO対策を充実させることが大切です。

ここではSEO対策についてなにをすればよいかわからないという人向けに、ポイントや対策の仕方について解説します。

SEOとは?美容室の集客にも必要なの?

SEOとは?美容室の集客にも必要なの?

SEOとはSearch Engine Optimizationという英語の頭文字をとって略したものであり、日本語に訳すと検索エンジン最適化と呼ばれています。検索エンジン最適化がおこなわれることで、自社のWebサイトがGoogleなどといった検索エンジンから、上位表示されるようになる仕組みです。


Google検索で上位表示されることで、ホームページがさまざまな人から見てもらえやすくなり、新規の集客にもつながるでしょう。このようにSEO対策をおこなうことで、美容室の集客に役立てることが可能となります。

SEO対策のポイントを確認しよう

SEO対策のポイントを確認しよう

SEO対策のポイントとしては、「定期的な更新をおこなう」「ターゲットに合ったキーワードをサイトに配置する」「内部リンクを充実させる」などが挙げられます。これらの対策は、1回やれば大丈夫ということではありません。

SEOの仕組みはずっと同じではなく、更新されるため、最新の情報を収集して日々サイトをアップデートする必要があります。

ターゲットを絞ったキーワードを選ぼう

ブログやコラムというコンテンツをサイトに盛り込むことがSEO対策になりますが、更新する内容にも気をつけなければなりません。自店舗のターゲットが若い女性の場合、メンズやサラリーマンといった的外れなキーワードを載せすぎるとSEOとしては逆効果になってしまいます。

ターゲットが検索しやすいよう、ブログやコラムに書く文字にもターゲットを意識したキーワードを散りばめることが大切です。「人気」「流行」など、利用者が検索しやすい傾向のあるキーワードをサイトに配置しましょう。

お客様がわかりやすいコンテンツを作成しよう

店舗のホームページは看板になるため、お客様が来店したいと思えるようなホームページを制作する必要があります。腕のいい美容師を集めたとしても、ホームページが見にくかったり、予約システムが使いづらかったりなど、マイナス点があると、来店するお客様は増えにくいでしょう。

利便性の高いホームページを目指すためにも、見やすいホームページを制作し、予約システムをホームページに追加するなどの機能を充実させることをおすすめします。

定期的に更新を続けよう

SEO評価の高いホームページを一度作り上げたとしても、更新がおこなわれていない場合、評価が下がってしまうおそれがあります。反対に定期的な更新を続けているホームページは、検索エンジンからの評価を上げることが可能です。毎日更新をしている人は、SEO対策をおこなっているともいえます。

更新するコンテンツの内容は、質・量ともに重要となってくるため、適当な内容を更新しても評価につながらない可能性も。そのため、ターゲットを意識したキーワードや自店舗の強みなどといった内容を盛り込むことが大切です。

ホームページをアピールできるキーワードを選ぼう

ホームページをアピールできるキーワードを選ぼう

SEO対策では、キーワードの選定をおこなう必要があります。どのようなキーワードで検索されるかを想定し、検索される可能性の高いキーワードを洗い出すことが大切です。美容室の言い換えとなる、ヘアサロン・サロン・美容院といったキーワードをホームページに盛り込みましょう。

店舗のエリア名は絞ろう

美容室に関連するキーワードを入れたとしても、SEO対策のキーワードを網羅しきれたとはいえません。ほかに含めるべきキーワードとしては、自社が対応可能な商圏かどうかがわかるキーワードとして店舗のエリア名を入れましょう。

これは、美容室を探す側の人は自分の住んでいる地域やよく利用する地域の美容室を探す傾向があるからです。美容室の立地が駅の近くの場合は、エリア名の部分に○○駅といったキーワードを含めることも効果的です。

店舗の強みやお客様の悩みを解決できるキーワードを選ぼう

美容室は全国に多く存在するため、「美容室+エリア名」だけの場合は検索上位を狙いづらいです。他店舗との差別化を図るためには、店舗の強みをアピールできるキーワードの選定が必須になります。得意としている施術を全面に押し出しましょう。また、お客様の悩みを解決できるキーワードを選ぶことで、美容室を探している人の目に留まりやすくなります。髪の悩みを解決できるキーワードである、縮毛矯正・ヘアカラー・髪の痛みなどを盛り込むことで、検索上位に表示される可能性が高まるでしょう。

複数のキーワードを組み合わせる

ユーザーは複数のキーワードを組み合わせて検索するため、エリアと店舗の強みなどのキーワードを組み合わせて選ぶ必要があります。美容室に関連するキーワードを闇雲に追加するのではなく、適切なページに適切なキーワードを追加することが大切です。

これは、検索エンジンが単純なキーワードの登場率だけで判断しているのではなく、コンテンツの構成や内容なども見ているからです。まずは自店舗の強みなどをしっかりと分析したうえでキーワードの選定をおこない、選定したキーワードを組み合わせてコンテンツを制作していくことが重要になります。

ホームページは美容室の看板!コンテンツを充実させよう

ホームページは美容室の看板!コンテンツを充実させよう

店舗の場所や営業時間などの店舗情報と予約フォームさえあれば、ホームページの予約システムは最低限問題ありません。しかし、必要最低限のコンテンツだけだと、店舗の魅力が伝わりづらいため、コンテンツは見る人に魅力を伝えられるよう充実させる必要があるでしょう。ホームページは店舗の看板ともいえるので、店舗の雰囲気や見やすいアクセスを意識して制作することが大切です。お客様の声を掲載したページや店舗内写真のページがあると、お客様も安心して来店できるようになるため、予約アップにつながりやすくなります。

親しみが持てるスタッフ紹介ページを作ろう

美容室は接客業のため、担当するスタッフというのはお客様から見て美容室を選ぶ際に重要視する部分です。お客様が重視しそうな内容に関しては、専用のページを作った方が見栄えがよくなるため、専用のスタッフ紹介ページを作るとよいでしょう。

文字での紹介では雰囲気が掴みづらいので、スタッフの顔が見える写真を掲載するという方法が効果的です。お客様からするとスタッフの顔が見えるというのは信頼感につながるため、できるだけ写真を掲載するのが好ましいでしょう。

ヘアスタイルをまとめたページでイメージを掴みやすくしよう

新しい美容室を探すうえで、施術後のイメージはお客様が気にする重要なポイントのひとつです。来店前にお客様にイメージしてもらうために、ホームページにヘアスタイルをまとめたページを作る必要があります。施術後の写真を掲載することで、こんなヘアスタイルがいいというお客様の要望を具体的に拾い上げることも可能です。

また、お客様の声などをコンテンツに盛り込むことで、施術レベルや接客レベルといった評価を感じてもらえます。そこでは、ターゲット層であることや同じような内容の声を掲載しないなどの工夫が必要です。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


インスタ連携予約の資料請求

ブログで美容室発信のお役立ち情報やコラムを発信しよう

ブログで美容室発信のお役立ち情報やコラ

お役立ち情報やコラムといったブログを作ることで、定期的な更新がおこなわれていると判断され、SEOからの評価を高められます。また、さまざまな知識を持っているとお客様から見られるので、安心感を持ってもらえるでしょう。

ブログを書く際のポイントは、ターゲット層やキーワードを意識すること。店舗内の雰囲気とブログの内容が合っていないと、検索しに来たユーザーに内容がマッチしないという結果を生む可能性があります。

美容室の情報を発信しよう

まずは美容室のコンセプトや強みなどといった、美容室の情報を発信することからはじめましょう。ここで注意したいのが、お客様の視点に立って内容をむずかしくしすぎないことが大切です。

業界未経験のお客様をターゲットにしたホームページの制作では、ターゲットが分かる言葉で情報を発信する必要があります。むずかしいキーワードは一般的には検索されにくい傾向があるので、検索されやすいキーワードを選定した内容で情報発信するのがよいでしょう。

ターゲットを絞った記事を書こう

実際に更新していると、内容を充実させたいという思いから、ひとつの記事に内容を詰め込みすぎてしまうこともあるでしょう。読み手の立場に立つと、これらの記事は読みにくいおそれがあります。

内容過多になりすぎないよう、ひとつの記事に対してはひとつのテーマを持たせ、わかりやすい言葉で書くことを意識しましょう。ターゲットを絞り、わかりやすいページでまとめていくのが基本的なコンテンツ制作方針です。

ユーザーの知りたいことを調べよう

検索ユーザーがなにを知りたいのかについて分析することも、検索エンジンの評価順位を上げる対策として有効です。興味を引くキーワードや内容がなにかを調べ、記事のなかに調べた内容を自然に登場させることで、ユーザーに見てもらいやすくなります。

読んだ人のためになる記事にすることで自店舗に対する信頼感が生まれ、さらにはSNSで拡散してもらえやすくなるといった効果も期待できるでしょう。またSNSは宣伝効果が大きいため、取り上げられると予約アップにもつながります。

記事内にキーワードを入れて検索されやすいようにしよう

記事を更新するうえで、キーワードの扱いというのは非常に重要なポイントのひとつです。記事内にキーワードに入れ、さらにタイトルにうまくキーワードを入れることで、よりよいコンテンツとして検索エンジンから評価されるでしょう。

キーワードは、事前にツールなどを使って分析する必要があります。美容室・地域・メンズなどの店舗に関する情報や「人気」「流行」「最新」といった、一緒に検索されやすいキーワードを含めておくと有効です。

定期的に更新しよう

検索エンジン対策やコンテンツの量以外にも、継続してホームページを更新し続けるというのも大切です。定期的に更新されているホームページは、店舗の安心感をもってもらえるようになります。

ユーザーは日々更新される情報を見続けるうちに、自店舗のファンになってくれる可能性もあるため、定期的なコンテンツの更新が売り上げアップにもつながるでしょう。また、更新によってキーワードや内部リンクが蓄積されていくため、SEO対策にもなります。

注意!SEO対策でやってはいけないことを知っておこう

注意!SEO対策でやってはいけないことを知っておこう

コンテンツを充実させて更新を続けているのに、なかなか検索結果上位に表示されないという悩みを持つ人は、やってはいけないことをしてしまっている可能性があります。

修正すれば検索結果が改善される可能性があるので、自身のホームページを定期的に見直してみるとよいでしょう。

記事のコピペは絶対にしないこと

ほかのサイトから内容をコピーして、自分のホームページにペーストする行為は禁止です。一見すると手っ取り早く高品質の記事を量産できるので効率はよいですが、ネットでの炎上や著作権違反で訴えられるなどのリスクを抱えています。

一度信用を失った店舗は復活がむずかしいことから、コピペのリスクはとても高いです。また、オリジナリティがないということで検索エンジンの評価を下げてしまう問題もあります。自身のホームページに掲載する内容は、自分で考えた内容を掲載しましょう。

似たような記事の量産にならないようにしよう

定期的に更新しているものの、内容が似たような記事になってしまう人も注意が必要です。コピペにもつながるのですが、ホームページ全体の質が落ちていると検索エンジンから判断されてしまいます。

更新を頻繁にするために、気軽にホームページを更新するという姿勢も継続するうえで大切です。ですが、過去どのような更新をおこなってきたかを頭に入れて、計画的に記事を執筆していく緻密さもまた重要となります。ホームページの運営をするうえで、闇雲に蓄積するだけでは物足りないということに注意しましょう。

サイトのテーマに合わせた記事を書こう

記事更新の際にネタがなくなってくると、ホームページに関係のない内容を更新したくなってしまうこともあります。

SEO対策の観点からいうと、関係のない内容をホームページに盛り込むことは検索エンジンの評価を落としてしまう要因になりかねません。これはテーマから外れた内容が増えることで、まとまりがなくなったとみなされてしまうからです。美容室を検索した人は、美容室のことを知りたいと思って検索しているので、ユーザーが気になっている内容を更新するよう心がけましょう。

ほかにもあるSEO対策のためにできること

ほかにもあるSEO対策のためにできること

SEO対策のために必要な内容は多岐に渡り、ここまでご紹介したもの以外にもできることはあります。例としては、問い合わせページの設置などコンテンツの機能充実やホームページのデザインを改善する取り組みなどです。

これらの評価項目も日々アップデートされるため、SEO対策への理解についても、日々アップデートしていくようにしましょう。

キーワード選定にツールを活用しよう

関連するキーワードを調べることで記事のテーマを選びやすくなるため、キーワードの選定は重要です。キーワード選定にはツールの利用をおすすめします。ツールを利用するうえで気になるのは費用かと思いますが、キーワードを選定するツールでは無料のものもあります。

無料ツールとしては、キーワードプランナーやGoogleアナリティクスがおすすめ。とくにGoogleアナリティクスでは、検索エンジンから検索したユーザーがどのようなキーワードを検索したのかを調べられます。

被リンクとは?SNSなどで記事を紹介しよう

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトへ向けられたリンクのこと。外部のサイトからリンクしてもらえるようにするためには、コンテンツを充実させる必要があります。

また、SNSを活用することで被リンクを増やすことが可能です。SNSをやっているユーザーは増加傾向にあるため、広告宣伝のためにSNSを利用した施策の重要性は高まっています。ブログを更新したらSNSにも投稿し、SNSをやっているユーザーにも見てもらえるようにしましょう。

内容に関しても、SNSで紹介したくなるような工夫が必要です。きれいな画像を記事に添付する、知っている人が少ない貴重な情報を記事に盛り込むといった工夫が有効になります。

リスティング広告やGoogleビジネスプロフィールも活用しよう

集客を伸ばすうえでは、SEO対策以外にもできる取り組みはあるため、それらを併用していくことがホームページ運営に役立ちます。例としては、リスティング広告や無料のGoogleビジネスプロフィールなどが挙げられるでしょう。これらの2つを組み合わせることで、ユーザーから表示されやすいホームページにできます。

また、Googleマップを活用することで、地図上に自店舗の情報を表示することも可能です。マップに掲載することにより、近所で美容室がないか探している人の目に留まり、来店してくれるというケースもあります。

関連記事:美容室の集客に「Googleで予約」を活用する方法や注意点

ホームページのSEO対策をして集客につなげよう

SEO対策では、キーワードの選定と定期的な更新がとくに有効的です。ほかにもさまざまな項目があるため、SEOへの知識をもっているかもっていないかの違いだけでも、ホームページの評価に差がつきます。

魅力的なコンテンツを蓄積することで、検索結果上位に表示されるようになり、さらにはホームページへのアクセスが増えるという好循環を生み出す可能性も。ホームページの閲覧数を増やすことで、集客アップを狙いましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP