美容室の開業を支援するサービスとは?内容や具体的なサービスを紹介!

美容室の開業を支援するサービスとは?内容や具体的なサービスを紹介!
公開日
更新日

美容室の開業を支援するサービスを知っていますか。開業を支援するサービスを導入すると、経営や集客が軌道にのる場合も。具体的にどのようなサービスがあるのか、内容はどんなものなのかなど気になりますよね。

美容室の開業を支援するサービスについてや、その種類、具体的な内容などについて紹介します。最後まで読んで、とり入れられる内容を自店の参考にしてみましょう。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室の開業支援とは

美容室の開業支援とは
美容室の開業支援とは、美容室を開業しようとする方への支援全般を指しています。開業支援サービスを提供しているのは、経営コンサルタントのような専門の業者から、美容の卸業者、美容系の予約システムを提供する会社などさまざまです。

また、美容室の開業を経験した方が、開業や集客について教えるサービスを提供している場合もあります。支援を受けるときは、自分自身が受けたいサービスを選びましょう。

美容室の開業支援サービスの内容

美容室の開業支援サービスの内容
美容室の開業支援サービスの具体的な内容について紹介します。提供する会社によって特徴や支援の内容が少しずつ異なるため、事前によく確認する必要があります。

自分自身のニーズを洗い出し、開業の流れがわからないのか、集客について学びたいのかなどを把握してわからない部分のサポートが受けられるようにしましょう。

開業の流れを教えてもらえる

開業をどのように進めていけばいいかの流れを教えてもらえるサービスがあります。開業をするのが初めての方にとっては、全般の流れを事前に知ると準備に迷いがなくスムーズに進めていけるでしょう。

美容室に特化した支援サービスでは、開業での備品を仕入れる際も、どのような品質でどう選べばよいかなど細かく聞けることも。開業日までに準備を着々と進めていけるようなアドバイスを受けられます。

必要な資金や経営の相談ができる

開業するときに重要なお金関係もサービス会社に相談できる場合があります。融資の受け方や、返済の仕方についてなど、細かい部分まで教えてもらえます。開業するときには初期費用や日々の運営コストを抑えると、運営が軌道に乗りやすくなる傾向があります。

そのため、事前に開業支援のサービスでお金についてのノウハウを学び、実践すると初めから無理のない運営を行えるようになるでしょう。

開業場所の相談や内装の相談ができる

会社によっては開業する場所の相談や内装のアドバイスも受けられます。集客しやすい立地についてプロ目線での意見をもらえたり、コンセプトに合う内装の作り方や、業者選びのアドバイスを受けられることも。

自分自身の目線だけでなく、経験者やプロの目線をとり入れると、お客様にも喜ばれやすい環境に整えていけます。立地や内装は集客にとって大切なポイントなので、第三者の意見を聞きながら、慎重に選びましょう。

集客方法についての知識を学べる

美容室を開業しようと考える方の中には、集客や経営については全くの素人である場合が少なくありません。集客についてのノウハウを具体的に学ぶと、知識を補って自店で活かせます。

美容室では、オープン前から集客を行い、お客様を集めておく必要があります。開業したあとも、新規のお客様に向けた集客と既存のお客様に向けた集客で使い分けるなどさまざまなテクニックがあるのです。ここをどうアプローチしていくかについてを具体的に知り、活用していけるでしょう。

美容室開業時に活用できる支援について

美容室開業時に活用できる支援について
美容室を開業するときの支援サービスの内容について紹介してきましたが、ここからは、開業するときに活用できる助成金や補助金などを紹介していきます。

助成金や補助金の制度は、主に国や地方自治体からのサポートで、大手だけでなく個人店でも利用できます。返済が不要であるものがほとんどなので、うまく活用すると資金面で大きなサポートを得られます。

助成金

美容室の開業でつかえる助成金について4つ紹介していきます。それぞれつかえる条件や特徴があるので一つひとつ確認していきましょう。

トライアル雇用助成金

トライアル雇用助成金は、雇用に関係している助成金です。従業員の就業を支援する内容となっていて、就業未経験者・ブランクのある求職者などを、試用期間を設けつつ雇用すると、助成金を事業主は受けられます。

受給額は、月最大4万円で最長3ヵ月間となっています。従業員の雇用を考える経営者の方は、一度詳しい内容を調べてみるのをおすすめします。

キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は、従業員のキャリア形成に関係する助成金です。在籍している非正規従業員を正社員にすると、事業主は助成金をもらえるのです。有期雇用契約の労働者を、正社員にすると、1人あたり57万円の受けとりが可能。

処遇改善に関する助成金はほかにもあるので、一度は確認することが大切です。国は、一人ひとりがキャリアアップしていけるような支援を国が行っているのがわかりますよ。

人材開発支援助成金

人材開発支援助成金は、従業員の教育に関係する助成金です。事業主は、従業員に研修や訓練を受けてもらうときに、訓練で必要な経費や賃金の一部を助成金として受けとれます。 人材開発を目的とした内容で、従業員のスキルアップとともに受け取れる助成金です。

令和4年度の予算成立および、雇用保険法施行規則の改正が前提となっています。今後変更する可能性もあるようなので、助成金を検討するタイミングでその都度内容を確認して、自店の美容院で受けられるかどうかをチェックしましょう。

地域雇用開発助成金

地域雇用開発助成金は、雇用に関する助成金です。雇用の機会が減っている地域が対象で、指定された地域の事業主が新しく雇用を受け入れたときに、増員で必要な設備の費用が対象となります。

金額は、1点あたり20万円以上で、合計金額が300万円以上という条件があります。過疎地域で対象地域となっていて、何人かまとめての雇用や事業所を広くしたいと検討している事業主に向いている助成金といえるでしょう。

補助金

ここからは、美容室でつかえる補助金について3つ紹介していきます。先ほど紹介した助成金だけでなく、補助金もたくさんあります。自店で対象となるものがないかを確認してみましょう。

IT導入補助金

IT導入補助金は、IT関連での経費につかえる補助金です。中小企業や小規模事業者を対象としています。顧客管理システムや、PC・タブレットのレンタル費用などの費用を補助する制度となっています。

補助額としては、対象となるIT関連費を最大半分ほど補助します。IT機器の導入を検討すると、業務を効率よく行える環境が整うでしょう。IT機器の導入を検討したい事業所にとって嬉しい制度ですね。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金は、小規模での事業所を対象とする経営や資金面でつかえる補助金です。最大100万円まで国が負担してくれるのが特徴です。チラシ配りなどの宣伝や、新しいサービスの考案など、事業性があると判断できると補助金が支払われます。

この補助金は、日本商工会議所の会員でなくても応募でき、計画の作成や販路開拓を行うときは、商工会議所からアドバイスを受けられます。

ものづくり補助金

ものづくり補助金は、中小企業がものづくりの生産性の向上を図るときにつかえる補助金です。革新的なサービスや新メニューの開発・宣伝などの費用に対して補助を受けられます。

美容室では、新メニューの開発や宣伝は、力を入れていくべき業務の1つでしょう。新しく生み出すときに、よいものを追い求めると費用がかかる場合がよくあります。そのような状況で資金面での不安を払拭するような補助金です。

美容室の開業支援のサービスを提供しているリザービア

美容室の開業支援のサービスを提供しているリザービア
リザービアは、美容室の開業支援サポートと、予約システムの導入が一度に行えます。業務の効率化や、経営に関するサポートなど、複合的に支援が受けられる点が1番の魅力。

美容室の開業が、軌道に乗りやすくなるサービスを展開するリザービアは、どのようなサポートがあるのか具体的にみていきましょう。

集客についての知識が身につく

「集客できるお店づくり」を支えるリザービアは、経営・集客の知識を学べる機会をたくさん提供しています。たとえば、SNSの活用術やGoogleをつかった集客法など、すぐに実践できるような内容のものです。毎回、分野ごとのプロフェッショナルから専門的な知識を学べます。講座は、1日で終わる内容が多く、次々と新しい知識を身に着けられるのが魅力的。

予約システムのサービスは、顧客情報をただ管理していくだけではありません。集客に焦点を当てた分析やクーポンの発行を行えます。

美容サロンの成功事例をみて学べる

開業を考える方にとって、すでに成功している美容室がどのような施策を行って成功したのかは気になるポイントですよね。リザービアでは、美容室の成功事例を数多くみることができます。自店でのメニュー作りや、予約のとり方など参考になる内容が充実しています。

同じ規模の店舗を探して事例をみると、より参考にしやすいリアルな実情を知れるでしょう。

電話サポートやセミナーも開催

営業時間内の電話・メール・オンラインミーティングや、24時間対応のチャット機能など個別でのサポートも充実しています。予約システムの使い方に関する相談だけでなく、集客の相談にも対応しています。

聞きたいときに確認できる環境は、開業時に急なトラブルが起きたときも安心です。わからない業務や課題を一つひとつ解決していくことで経営スキルが向上していくでしょう。

リザービアPOS
  • メルマガを送信したい
  • 電子カルテを導入したい
  • iPadで管理したい
  • 格安で導入したい


無料
かんたん30秒で資料請求

開業支援のサービスをうまく利用して美容室を繁盛させていこう

開業支援のサービスをうまく利用して美容室を繁盛させていこう
開業時になにから手をつけたらいいかわからなくて困っている人は、開業支援のサービスをうまく利用するのも1つの方法です。初めての開業では、右も左もわからないのは当然。一つひとつ知識を増やして、行動するのが大切なポイントです。

開業に関する最新の知識を身に着けつつ、助成金などの制度をうまく活用して美容室を繁盛させていきましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP