雨の日にお客様が減ってしまう理由とは?美容室が雨の日にできる集客方法や宣伝のしかたを紹介

雨の日にお客様が減ってしまう理由とは?美容室が雨の日にできる集客方法や宣伝のしかたを紹介
公開日
更新日

雨の日には、来店客数が減ってしまう悩みを抱える美容室は少なくありません。客足が減れば、その分売上にも影響するため、特に長雨が続く時期の集客に苦労している方もいるのではないでしょうか。

雨の日に来店を促すためには、雨の日だからお得になると思わせる施策が必要です。そこで、雨の日にお客様が減ってしまう理由や雨の日限定のおすすめのサービス、雨の日限定のサービスを取り入れるメリットを紹介します。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる
\無料!30秒で完了/
LINE連携予約の資料請求をする
 

雨の日にお客様が減ってしまう理由とは?

雨の日にお客様が減ってしまう理由とは?
お客様に来ていただく店舗型の美容室では、雨の日に来店客数が落ち込んでしまう経験を誰もがしているのではないでしょうか。なぜ雨の日にお客様が減ってしまうのか、その理由を探ってみましょう。

雨に濡れたくないから

雨が降った日の外出は、靴が濡れてしまって嫌な気持ちになったり、衣服やカバンが濡れてしまったりして鬱々とした気分になってしまうものです。泥水がはねて衣服や靴が汚れてしまうと、どこにぶつけていいかわからないイラ立ちや悲しみを感じることもあるかもしれません。

そのような経験から、「雨の日の予定はキャンセルしてしまおう、できれば外出はしたくない」と考える方が多くいると考えられます。

荷物が増えてしまうから

雨の日には傘などの雨具を持ち歩く必要があります。普段より荷物が増えて片手がふさがってしまったり、傘の置き場に困ってしまったりすることも原因のひとつです。

公共交通機関を利用すれば、濡れた傘を車内で持っていなければならず、地下や店舗の中など屋根のあるところを通るたびに傘を畳み、持ち歩くかどこかに置いておくかと考える必要もでてくるため、外出自体がおっくうに感じてしまいます

気分が沈んでしまうから

雨の日に気分が落ち込む方は少なくありません。髪の毛が湿気を含んでうねりがでて広がってしまったり、普段よりチリチリになってまとまりにくくなってしまうこともあります。

髪の毛が思い通りにならないと、気分が落ち込んでしまいとても出かける気になれないと感じ、引きこもりがちになってしまう方もいるでしょう。

雨の日限定サービスをするメリットとは

雨の日限定サービスをするメリットとは
どうしても客足が落ちてしまう雨の日だからこそ、雨が降った日限定のサービスをするのがおすすめです。雨の日にキャンセルしたことがきっかけでお店に行きづらくなり、お店から離れてしまう事態も避けることができます。

雨の日だけのサービスがあることで、雨が降っていることで外出を控える方がお店に来る動機づけにもなり、本来出かけたくない雨の日にちょっとうれしい気持ちにもなるでしょう。

お客様が少ないからこそ、雨の日に来店された方にじっくり向き合うことができるので、日ごろの感謝を伝える機会にもなります。来店客数の落ち込みを軽減できれば、売上をキープできるのもメリットです。

美容室が雨の日にできる集客方法

美容室が雨の日にできる集客方法
悪天候の日に客足の低下を防ぐために、雨の日限定のサービスを取り入れるメリットがわかったところで、美容室が雨の日にできるサービス内容について見ていきましょう。

雨の日にお客様を迎え入れる準備

雨の日に出かけたくない理由のひとつとして、傘の置き場に困る、靴や衣服が濡れるのが嫌だなど、「なんとなくおっくう」だと感じることをできるだけ感じさせない工夫が必要です。

まず、傘立てをわかりやすい場所に設置し、来店されたお客様が「傘をどこに置こう」と考える隙を与えないことが大切です。また、足ふきマットを置いたり、雨で濡れた衣服やカバンを拭くためのタオルを準備して、お客様が店内に入られたらすぐにお渡ししましょう。

「雨の日に気持ちよく迎えてくれた」と印象づけるのがポイントです。

雨の日限定の割引やクーポンなどのサービス

雨の日に使える割引サービスや限定のメニューを用意するのもおすすめです。雨の日にだけ使えるクーポンや、悪天候で気分が落ち込むときにホッとできるドリンクを無料で提供するのもいいでしょう。

「雨の日に行けばお得」だと感じてもらい、多くの方に認知してもらうことができれば、雨の日の売上の落ち込みを軽減できます。

貸出用の傘を提供する

来店時に雨が降っておらず、お帰りの際、急に雨が降り出したときに、お客様に貸し出しできる傘を準備しておくといいでしょう。

天候の変化を不安に感じ、美容室に行くのをやめてしまうこともあるかもしれません。そのようなことを避けるために、普段から傘の貸し出しができることを口頭で何気なくお伝えしたり、店内にPOPを設置したりしておくのもおすすめです。

天気が悪くなりそうな日でも、「あの美容室は傘を貸してくれるから」という安心感につながり、傘を返すために再度来店するきっかけにもなります。

雨の日ならではのおもてなし

「足元の悪い中ご来店いただきありがとうございます」など、感謝の気持ちを伝えたり、来店後に感謝のメールを送ることも忘れないようにしましょう。

ちょっとしたことですが、雨の日の来店を歓迎された、感謝されたと感じさせ、気持ちよくお店をあとにできることが大切です。

雨の日のヘアアレンジ方法や湿気が多い日ならではの髪の悩みを解消できるような提案をするなど、接客にも細かい心配りをすることで、気分が落ち込みがちな雨の日の気分を、少しでも気持ちのいいものにすることができるでしょう。

雨の日のサービスを宣伝しよう

雨の日のサービスを宣伝しよう
雨の日だけの特別なサービスを用意していても、お客様が知らなければ意味がありません。雨の日限定のサービスがあることをしっかり宣伝して、周知しましょう。

雨の日のサービスをできるだけ多くのお客様に宣伝する方法を紹介します。

店頭の看板

店頭の看板に雨の日限定のサービスがあることを記載してアピールしましょう。お店の前に設置する看板なら、通りがかった人に見てもらうことができ、雨の日に看板を見ていた方に思い出してもらうことで来店につながる可能性があります。

もちろん、既存のお客様も来店時に目にすることになるので、新規客・既存客両方への周知に役立つでしょう。

店内にPOPを設置

既存客に知ってもらうために、店内にPOPを設置するのも有効です。レジの横などお客様の目に触れやすい場所に設置したり、接客中に何気なく話題にしたりするのもいいでしょう。

雨の日のサービス内容をただ告知するだけでなく、「お待ちしています」のように雨の日の来店を歓迎するメッセージも添えると、雨の日に自分の美容室を思い出してもらいやすくなります。

LINEやアプリでメッセージを送信する

常連の方であっても、雨の日限定のサービスがあることを知らないお客様もいるかもしれません。LINEや予約アプリなどに登録しているお客様に対し、直接メッセージを送り周知しましょう。

梅雨や秋の長雨の時期にお送りすれば、雨の日限定サービスを目当てに来店されるお客様を増やすことができます。雨の時期でなくとも、天気予報で雨の予報がでたときにお送りするのもおすすめです。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる
\無料!30秒で完了/
LINE連携予約の資料請求をする
 

SNSでキャンペーン情報を発信する

お店の宣伝用やお客様とのコミュニケーションツールとして、SNSを活用している美容室は多いのではないでしょうか。InstagramやX(旧Twitter)、Facebookなどを使って雨の日限定キャンペーンやクーポンを周知できます。

SNSで、既存客だけでなく見込み客に広くサービスを知ってもらい、来店につなげましょう。SNSは拡散しやすいため、多くの方に宣伝するのに向いている方法です。

一度だけでなく、悪天候の日のたびに繰り返し発信することで認知度が上がり、来店につながりやすくなります。

予約システム「リザービア」を雨の日の集客に活用しよう

予約システム「リザービア」を雨の日の集客に活用しよう
予約システムのなかには、集客に活用できるものもあります。リザービアは、美容サロン向けの機能を多く搭載した予約システムで、全国5,000店舗以上の導入実績があります。

予約システムリザービアの豊富な機能のなかでも、雨の日の集客に活用できる機能を紹介します。

細かく設定ができるクーポンで雨の日限定サービスを提供

クーポンは来店の動機となるため、活用している美容室も多いでしょう。限定のクーポンとして、雨の日だけに使えるサービスを提供すれば、「雨の日だからこそ美容室に行こう」と考えるお客様も増えるはずです。

リザービアのクーポン機能は、期間や時間帯を細かく設定でき、使用期限を設けたり利用可能人数を制限することもできるので、雨の日に限定クーポン利用のお客様が、同時に複数名来店して手が回らなくなる心配もいりません。

メニューを絞り込んで設定できるのはもちろん、対象者を絞り込んで発行できるのも便利です。新規客か既存客だけ、また男性か女性限定などカテゴリ分けして登録することで、属性のデータ収集にも役立ちます。

関連記事
クーポン

予約アプリ「サロンカード」でお客様に情報を発信

リザービアでは、予約アプリ「サロンカード」を利用できます。「サロンカード」はシンプルな画面で操作性にこだわって設計されているため、アプリの操作が苦手なお客様の予約の利便性を高めることができるでしょう。

過去の予約履歴からかんたんに予約ができるなど、予約のハードルをグッと下げることができるので、リピータ―の囲い込みにもつながります。店舗の予約専用アプリとしてお客様にダウンロードしていただければ、予約の受付だけでなくコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

たとえば、ダイレクトメッセージの送信やデジタルスタンプカード、口コミの投稿や閲覧も可能です。口コミは新規客来店の後押しになるため、お客様に積極的に投稿してもらうことで、ブログやホームページに貼り付けて活用できます。

関連記事
予約アプリ「サロンカード」

LINEを活用して雨の日限定サービスをアピール

LINEとの連携機能は、集客からの予約導線をスムーズにできるのでおすすめです。

LINE公式アカウントに登録していただいたお客様に直接キャンペーン情報を送ったり、リッチメニューから予約を受け付けたりすることができます。

関連記事
LINE連携予約

メッセージ自動配信でサービスの告知やアフターフォローができる

リマインダー通知やサンキューメールなどに便利なメッセージ機能ですが、リザービアのメッセージ自動配信機能を使えば、予約システムの顧客データを活用して自動で送信できるため、便利です。

予約をされたお客様に、予約日の数日前や前日にリマインダーメッセージを送信したり、美容室を利用されたお客様にお礼のメッセージをお送りしたり、施術後のアフターフォローやアドバイスを行ったりもできます。

こまめにメッセージを送ることで、お店の存在を忘れないようにアピールできるうえに、キャンペーンやイベント情報の告知をすることで、来店のきっかけ作りにも役立つでしょう。

関連記事
メッセージ自動配信

雨の日ならではのサービスを集客に活用しよう

雨の日ならではのサービスを集客に活用しよう
美容室では、雨の日に客足が遠のき売上が落ち込むことに頭を悩ませているオーナー様も多いでしょう。雨の日限定のサービスや特別な接客をすることで、「雨の日はお得」だと感じてもらい、集客につなげる工夫も大切です。

雨の日限定のサービスやクーポンを用意したら、看板やSNSでしっかりアピールして周知するようにすることも忘れずに行なわなければなりません。

客足が落ち込みがちな雨の日を集客のチャンスととらえ、さまざまな施策をすることで、悪天候の日も売上をキープできるでしょう。

サービスの宣伝はさまざまな形で行えますが、クーポンと紐づけてSNSも活用するなら、リザービアが便利です。気になった方は、まずは資料をご請求ください。

Reservia資料請求フォーム

    開業前の方は開業予定の都道府県をお選びください
    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    ※一番あてはまるものをお選びください ※一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP