憧れの個人サロン開業!心構えやメリット・デメリット

エステ・マツエクサロン 個人サロンの開業
作成日
更新日
インスタ連携予約
  • インスタで安価に集客したい方
  • インスタグラムで運用しているサロン経営者
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

「自分のお店を持ちたい」とこれから個人サロンを開業したいと思っている方も多いでしょう。しかし、個人サロンで成功させるのはそんなに簡単なものではありません。
せっかく憧れの個人サロンを開くのだから、なんとか成功させたいもの。

そこで今回は個人サロンを経営する際の心構えや、メリットデメリットをご紹介します。自分の店を持ちたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

個人サロンのメリット

個人サロンのメリット

まずは個人サロンを持つことのメリットをご紹介していきます。個人サロンの特徴はなんといってもオーナー1人もしくは少人数体制で行っていることです。
大手サロンにはない安心感をお客様に与えやすいので、心をつかむことさえできれば成功しやすいでしょう。それでは個人サロン開業のメリットを1つずつ説明していきます。

個人サロンは固定客がつきやすい

個人サロンはオーナー1人もしくは少人数精鋭で行うことが多いです。
それまで別のお店で働いて、独立している方がほとんどだと思います。前のお店で働いていた時についてくれたお客様が、個人サロンに来てくれて固定客になってくれるケースも多いでしょう。

また、個人サロンだからこそできるサービスもあります。人と人との距離が近いので、安心感や親しみやすさも与えられやすいのが特徴です。大手サロンだと強引な勧誘をされるのではないかと心配になっている方も多いですが、個人サロンのアットホームな雰囲気なら通いやすいと思っている方も少なくありません。

カウンセリングや施術、アフターフォローまで1人のスタッフが担当するため、お客様にとっても安心感が強いのでしょう。

オーナーの好みを前面に押していける

個人サロンを開く大きなメリットとして挙げられるのが、自分の好みを出せることです。店舗や売り上げは大手サロンには届かないかもしれませんが、お店やオーナーの人柄に惹かれて固定客になってくれるお客様もいるはずです。

例えばオーナーならではの高い技術力や、お客様のことを考えた施術メニュー、清潔な施設管理、近すぎず遠すぎずの程良い距離感など、ピンポイントで強みや好みを決めてみてください。そのようなサロンならではの特性があると、自分と同じ価値観を持ったお客様が来てくれる確率が高くなります。

アットホームな雰囲気を出せる

個人サロンではアットホームな雰囲気を出せるのも大きな特徴です。大手サロンだとスタッフがたくさんいますし、周りに他のお客様もいるので、なかなか自分の本当の悩みを打ち明けられない方も少なくありません。

「本当は〇〇が悩みだけど、聞かれたら恥ずかしいから言えない…」と、せっかくお金を払っていくのに満足のいくメニューが受けられないお客様もいらっしゃいます。しかし、個人サロンであれば上記でもお伝えしましたがオーナー1人もしくは少人数体制で行えます。自分の悩みを多くの人に聞かれる心配がないからこそ、本当のコンプレックスを打ち明けられるのです。

個人サロンであればお客様と近い距離で接客ができますし、本当の意味で二人三脚で「美」をお客様に提供できるでしょう。

個人サロンのデメリット

個人サロンのデメリット

個人サロンにはたくさんのメリットがあるのですが、反面デメリットもあります。どのような物事にもデメリットはつきものです。
しかし、そのデメリットに向き合ってメリットに変えることで、サロンの成功につなげることができます。ここからは個人サロンのデメリットをまとめていくので、ぜひチェックしておいてください。

施術が割高になってしまう

1つ目のデメリットは施術が割高になってしまうことです。皆さんも大手サロンや個人サロンに行った時に、料金の差を感じたことはありませんか?

例えば全国展開しているリラクゼーションサロンだと60分3000円程度で施術が受けられるところ、個人サロンの多くは60分6000円〜の料金設定をしているところが多いです。
なぜ施術料にここまでの差が出てしまうのか。

それは、個人サロンの場合リーズナブルな価格設定にしてしまうと運営がスムーズにいかないからです。1人のお客様にかかる予約時間やサービスを考えると、剥離多売できないのが現状なのです。

例えばリーズナブルな料金設定にしたとしましょう。
しかし、お店の運営を続けていくためにはお客様の回転が必要になります。一生こなさなければ売り上げにつながりませんしね。しかし、一生こなすことに一生懸命になりすぎると、サービスがおろそかになってしまいがちです。

上記のメリットでもお伝えしましたが、個人サロンでは一人一人のお客様と向き合って、大手サロンではできないようなサービスができるのが強みでもあります。お客様にとっても大手サロンでは味わえないようなサービスを受けたいから個人サロンに来ている方も多いのです。

それなのに一生こなすことに集中しすぎるとお客様への対応がおろそかになり、信頼を失ってしまう可能性があります。大手サロンよりも値段は高くなるけれど、それ以上のサービスや施術を提供すればお客様も「高い」とは感じなくなるでしょう。
そのためには自分のサロンでしかできないサービスや施術、メニューなどを考えることが重要なポイントです。

機材が最新のものでないことも

個人サロンだとなかなか機材をこまめに買い換えることは難しいでしょう。

大手サロンの場合は機材にかける予算も多くあるので、最新の機材が誕生した場合はすぐに買い換えることができます。しかし、個人サロンの場合はなかなか難しいのが現状。
また、機械を導入したとしても大手に比べると購入台数も少なくなるため仕入れ価格も高くなります。

最新の機械ではなくても、どのような施術やサービスでお客様を満足させられるのかが重要なポイントなのです。

個人情報を出さないといけない

後述していますが、個人サロンの場合は個人情報を公開しなければいけないのがデメリットの1つです。中には自宅で個人サロンを開こうと考えている方もいるでしょう。
自宅で個人サロンを開く場合は住所を公開しなければいけません。また、電話番号も表記しなければ問い合わせの窓口がなくなるので、お客様にとって不安の要因となってしまうのです。

自宅でサロンを開くのが心配な方は、防犯カメラを設置すると良いでしょう。女性経営者の場合は防犯対策をしっかり行うことが大切です。
また、お客様も女性が多いのであれば防犯対策がしっかりされているサロンの方が安心して通いやすいです。防犯カメラだけではなく、センサーで人が来たら明るく照らしてくれるような照明も設置しておくと良いでしょう。
関連記事:美容サロンの独立開業したい女性必見! 開業の流れや事業計画書の作成について解説

家族のストレスになってしまうことも

自宅でサロンを開く場合は毎日自宅に誰かが出入りすることになるので、家族のストレスになってしまうかもしれません。
自宅でサロンを開く際は家族の協力なしでは運営を続けていくことは難しいでしょう。まずは家族が協力してくれるかを確認しておくことが大切です。

何時から何時まで営業するのか、出入り口はどこを使うのか、どこの部屋で施術を行うのかなど、家族としっかり話し合いながら決めるのが大切です。

個人サロン開業における心構え

個人サロン開業における心構え

「自分の店を持ちたい」と考えている方は、まずは心構えをしておきましょう。最近では個人でも簡単にお店を開くことができます。
ただし、開くことができても運営が続けていけず、サロンが潰れてしまったケースも少なくないのです。せっかくの個人サロンで成功するためにも、以下でご紹介する心構えをしておきましょう。

住所や名前、顔写真を出す

個人サロンの場合は住所や名前、顔写真を公開しましょう。「自宅サロンだから、個人情報を流すのは怖い」と思っている方も多いかもしれません。

その気持ちもわかりますが、情報を公開しなければ残念ながら集客につなげることは難しくなると考えましょう。
リピート客はもちろんのこと、新規のお客様も集客しなければ、個人サロンで成功するのは当然難しくなります。お客様の立場で考えてみましょう。

「ここのサロンが気になるな」と思っても、調べてみたら情報が何も出てこないとなるとどう思うでしょうか。ほとんどの場合は「情報が何もないから怖くていけない」と思うでしょう。
ビジネスを成功させるためには、そして個人サロンを開く上では情報公開は前提として考えることが大切です。

もし顔写真に抵抗がある場合は、似顔絵などでも良いでしょう。電話番号やプライベートの番号を公開するのが不安な場合は、仕事用のスマホを契約するのもいいかもしれません。

施術メニューの値段は高めにする

「リーズナブルな価格設定で、たくさんのお客様に来てもらいたい」と考えている方も多いでしょう。しかし、その考えだとなかなか個人サロンを経営することは難しいかもしれません。
個人サロンを開く際は施術メニューの値段を高めに設定することが成功の秘訣です。

自宅サロンの場合は経費も安く済みます。だからといって施術メニューの値段を下げるのはとても危険です。まずは安く設定して、軌道に乗ったら値上げしようという考え方も危険。
経営する上で、値下げするよりも、値上げする方がとても難しいからです。

お客様の立場からしてみると、値下げだと「これで行きやすくなる」とプラス思考になりますが、値上げだと「なかなか行きづらくなる」とマイナス思考になってしまいます。また、実は高めの値段設定をすることでお客様の満足度を上げる効果も期待できるのです。

例えば10,000円の施術メニューをお客様が受けたとしましょう。「私は今日10,000円のメニューを受けたから、きっときれいになっている」と気持ちを盛り上げることができるのです。

それがお客様の信頼にもつながり、いいお客様がたくさん来店するようになるので、利益が多く残るのです。また、上記でもお伝えしたように数をこなすことに集中すると、一人一人のお客様に満足のいくサービスやメニューを提供できなくなります。

満足のいくサービスやメニューが提供できなくなると、お客様も離れていってしまいます。高めの値段設定をすることで、お客様にかける時間も十分に取れて顧客満足度も上がっていくのです。

集客を安定させるまでゆっくり休む時間を確保できない

個人サロンを開いた後は集客が安定するまで、ゆっくり休む時間が確保できないことを覚悟しておきましょう。

個人サロンの隠れたメリットは、お客様がいない時は自分の好きなように時間を使えることです。ゆっくり休むのもよし、たまった家事を進めるのもよし。しかし、集客が安定するまではゆっくり休めないと考えておくことが大切です。

サロンを開いてすぐにお客様が来店したのは、フリーペーパーや口コミ、自分の知人や友人が来てくれたからこそ。しかし、そこからお客様が来店しなくなったら運営も続けていけなくなりますよね。ホームページやブログを開設したり、自分からチラシを配ったりなどして、集客しなければいけないのです。

集客が安定して初めてゆっくり休める時間が取れると考えておきましょう。

  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

個人サロン開業の流れ

個人サロン開業の流れ

「個人サロンを開きたいけど、どうやって開業すればいいの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。ここからは個人サロンを開く際の流れについて順番に説明していきます。

資格の取得

まずは必要な資格を取得しましょう。サロンの場合は免許や資格が必要になる場合が多いです。例外でネイルサロンなどは特別な資格は必要ないのですが、それでも関係のある資格を取得しておいた方がお客様に信頼してもらいやすいです。

資格は持っているだけで信頼性が上がりますし、技術があるように見せられます。スキルの証明にもなりますし、開業した後も関係のある資格があればどんどん取得していくと良いですよ。また、1つだけではなく複数の資格を取得することで、他の店舗との差別化を図ることができます。

サロンのコンセプトを決定する

次にサロンのコンセプトを決定しましょう。

「どんな人に来てもらいたいのか」「お客様のどのコンプレックスを解決したいのか」「どんなスタイルでサービスを提供するのか」など、一つ一つ詳しく決めていくことがポイントです。
コンセプトが確定していないと、お客様にお値段以上のサービスを提供するのは難しいでしょう。
また、新規のお客様は来てくれても、リピートにつなげるのは難しいかもしれません。コンセプトが決まったらお店の顔となる「店名」を決めていきましょう。
関連記事:これから集客していく為のサロンコンセプト計画案!
関連記事:売れるサロン名とは?覚えやすいエステ・プライベートサロンのネーミング

資金を用意する

次は開業資金を用意しましょう。どれくらい必要なのかを事前に調べ、準備しておくことが大切です。業種によっても開業資金は違うので、しっかり確認しておきましょう。
具体的な資金額については後述するので、そちらをぜひ参考にしてみてください。

設備を整える

資金が用意できたら設備を整えましょう。

コンセプトに合ったインテリアを用意したり、部屋の内装を決めていきます。個人サロンの場合は施術用ベッド、机、椅子、ソファー、加湿器、空気清浄機、化粧品類、保管棚、洗濯機、乾燥機、会計用レジシステム、ビジネス用のPCなどが必要になります。

もし、女性向けの個人サロンを開く場合はキッズスペースなども用意すると喜ばれやすいでしょう。さらに、最近ではコロナウィルスの影響もあるので、感染対策も充分過ぎるほど行いましょう。

個人サロンの場合は限られたスペースの中でコンセプトに沿った内装をしなければいけないので、最初は決めるのに時間がかかるでしょう。最初から全て導入する必要はありません。まずは必要最低限のものだけ揃えて、後から徐々に設備を整えていく方法もありですよ。

自宅をサロン用に改装する

自宅でサロンを開く場合は、自宅を改装する必要があります。
サロンのコンセプトに合わせた雰囲気で空間を作っていくことが重要です。とはいえ、お客様が安心できる空間を作るのが1番のポイントだと言えるでしょう。

サロン用に部屋を改装したら、自分がお客様になったような気持ちで客観的に見渡してみてください。また、友人や知人などに来てもらって第三者目線からの感想を聞くのも1つの手です。

開業届を出す

サロンを開く準備が整ったら、いよいよ開業届を出します。
「開業届出書」は国税庁のホームページからダウンロードできます。届出書といっても難しいものではないので安心してくださいね。
また、開業届出書と同時に「青色申告承認申請書」も提出してください。こちらも同じく国税庁のホームページからダウンロードできます。青色申告承認申請書は確定申告の時に必要になるのですが、「白色申告」もあります。

白色申告のほうがわかりやすいのですが、節税を考えるのであれば「青色申告」の方がおすすめです。

クレジット決済を導入する

実際にサロンが開業したら、クレジット決済を導入しましょう。
現在ではキャッシュレス社会になっています。まだまだ現金派の方も多いですが、キャッシュレス派の方も増えてきているので、どちらにも対応出来るようにクレジット決済を導入しておきましょう。
可能であればPayPayなどの決済も導入しておくと、喜ばれやすいです。

集客・宣伝をする

当たり前のことですが、個人サロンはお客様が来なければ意味がありません。

たくさんのお客様に来てもらうためにも、ホームページやブログで集客と宣伝をしましょう。TwitterやInstagramなどのSNSで宣伝するのも、効果が期待できるでしょう。友人や知人に頼んで口コミで広めてもらうのもいいかもしれませんね。

インタネット広告で宣伝する方法もありますが、効果が出るまでにある程度の時間とコストが必要になります。まずは近くの人から宣伝していくと良いでしょう。何よりもお店の存在を知ってもらうことが大切です。

また、お店を正式にオープンする前に「プレオープン」の形で、モニターを募集するのもいいかもしれません。近くの飲食店やスーパーなどで協力してもらって、チラシを置いてもらうのもいいでしょう。
関連記事:インスタ集客を成功させる8つの方法!SNS集客で繁盛店に!

気になる個人サロンの資金や収入

気になる個人サロンの資金や収入

さて、ここで気になるのが個人サロンを開く資金や収入ではないでしょうか。ここからは多くの方が気になっているであろう資金や収入について説明していきます。

必要資金は合計約70万~110万

開業資金は業種によってそれぞれ異なります。平均で言うと約70万〜100万円と考えておくと良いでしょう。

ちなみに、開業資金とはお店を開くための必要な費用のみです。運営に関わる資金は含まれていないので、そこは注意してください。具体的に業種別にどれだけの資金が必要になるのか細かく見ていきましょう。

ネイルサロンの場合は約50万円、まつげエクステサロンの場合は約70万円、エステサロンの場合は約100万円、リラクセーションサロンの場合は約80万円が一般的となっています。

ネイルサロンは比較的必要な機材が少ないので、開業資金も抑えやすいです。必要なのは施術するための機器や机、椅子、ネイル素材、宣伝費、ネット環境、内装費用などでしょう。

まつげエクステサロンの場合は施術用のベッドやワゴン、まつげエクステの素材、宣伝費、ネット環境、内装費用などが必要になります。エステサロンの場合は比較的必要な機材が多いので、開業資金もそれなりに用意しておく必要があります。

最新の機材を導入する際は、より高い資金が必要になることもあるかもしれません。ただ、自分の手技をメインで行うのであれば、100万円かからず開業することも可能ですよ。ちなみに機材はリース契約もできるので、工夫次第では大きく費用を削減することもできるでしょう。

リラクゼーションサロンの場合は施術用のベッドやタオル、シーツ、マッサージに使用する消耗品、宣伝費、ネット環境、内装費用などが必要になります。また、お客様にリラックスしてもらうためにアロマオイルを用意したり、音楽を流したりするのであれば、別途費用が必要となる場合もあります。

月収はおよそ70万円

気になる月収ですが、およそ70万円程度と考えておくと良いでしょう。100万円以上の売り上げを出したいならグッズ展開が必要です。例えばここのサロンでしか販売していない化粧品や補正下着などですね。

美容サロンのPOSシステム
  • 施術に専念したい
  • 一つのシステムで楽に管理したい
  • 分析も自動で行いたい
  • タブレットで管理したい


無料
かんたん30秒で資料請求

まとめ

今回は個人サロンを開くメリットやデメリット、心構えなどをご紹介していきました。現在大手サロンで働いている方の中には、「将来独立したい」と考えている方も多いでしょう。独立して個人サロンを開くためには、事前の心構えが必要です。
また、お店を開く流れをしっかりと把握し、開業資金も準備しておかなければいけません。その場の勢いだけで行動しても、どこかの段階でつまずいてしまうでしょう。

個人サロンを開くなら事前準備とリサーチが重要なポイントです。事前準備をしっかりして、憧れの個人サロンを開きましょう。

リザPOS
Googleで予約
PAGE TOP