個人でエステサロンを開業するメリットと注意点|収入を増やすためにできることとは?

個人でエステサロンを開業するメリットと注意点|収入を増やすためにできることとは?
公開日
更新日

エステ業界に身を置く人々のなかには、開業を夢見る人もいるのではないでしょうか。個人が経営するエステサロンはたくさんあり、やるべきことを押さえれば開業することは十分可能です。

そこで、個人エステの開業に関して知っておきたい情報をまとめました。ぜひ最後まで読んで、開業の際にご活用ください。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

個人エステサロンのメリット

個人エステサロンのメリット
まずは個人サロンを持つことのメリットを紹介していきます。個人サロンの特徴はなんといってもオーナー1人、もしくは、少人数体制で行っていることです。

大手サロンにはない安心感をお客様に与えやすいので、心をつかむことさえできれば成功しやすいでしょう。個人サロン開業のメリットをひとつずつ説明していきます。

個人エステサロンは固定客がつきやすい

個人サロンはオーナー1人、もしくは、少人数精鋭で行うことが多いです。

それまで別のお店で働いて、独立している方がほとんどだと思います。前のお店で働いていたときについてくれた方が、個人サロンに来てくれて固定客になってくれるケースも多いでしょう。

また、個人サロンだからこそできるサービスもあります。人と人との距離が近いので、安心感や親しみやすさも与えられやすいのが特徴です。

大手サロンだと強引な勧誘をされるのではないかと心配になっている方も多いですが、個人サロンのアットホームな雰囲気なら通いやすいと思っている方も少なくありません。

カウンセリングや施術、アフターフォローまで1人のスタッフが担当するため、お客様にとっても安心感が強いでしょう。

オーナーの好みを前面に押していける

個人サロンを開く大きなメリットとして挙げられるのが、自分の好みを出せることです。店舗や売り上げは大手サロンには届かないかもしれませんが、お店やオーナーの人柄に惹かれて固定客になってくれる方もいるはずです。

たとえば、オーナーならではの高い技術力や、お客様のことを考えた施術メニュー、清潔な施設管理、近すぎず遠すぎずの程よい距離感など、ピンポイントで強みや好みを決めてみてください。サロンならではの特性があると、自分と同じ価値観を持ったお客様が来てくださる確率が高くなります。

アットホームな雰囲気を出せる

個人サロンではアットホームな雰囲気を出せるのも大きな特徴です。大手サロンだとスタッフがたくさんいますし、周りに他のお客様もいるので、なかなか自分の本当の悩みを打ち明けられない方も少なくありません。

「本当は〇〇が悩みだけど、聞かれたら恥ずかしいから言えない…」と、せっかくお金を払っていくのに満足のいくメニューが受けられないお客様もいらっしゃいます。

しかし個人サロンであれば、自分の悩みを多くの人に聞かれる心配がないからこそ、本当のコンプレックスを打ち明けられるのです。

個人サロンであればお客様と近い距離で接客ができますし、本当の意味で二人三脚で「美」をお客様に提供できるでしょう。

自宅で開業するさまざまなメリット

自宅を使用するときは、エステに必要なものを用意するだけですぐに開業できます。

  • 機器
  • タオル
  • ガウン
  • 使い捨ての下着
  • 施術用ベッド・シーツなど

もし部屋に生活感があっても、使用する一部を改装するだけで開業できるので、初期費用を最小限に抑えることができます

さらに、営業時間を自由に設定できるため、子育て中の方なら家事・育児と両立しやすいほか、通勤の必要がない・少ないリスクで始められるなどのメリットがあります。

個人エステサロン開業の流れ

個人エステサロン開業の流れ
「個人サロンを開きたいけど、どうやって開業すればいいの?」と疑問に思っている方も多いでしょう。ここからは、個人サロンを開くときの流れを説明していきます。

資格の取得

まずは資格を取得しましょう。エステサロンでは特別な資格は必要ありませんが、開業するなら持っておいたほうがよいでしょう。

資格は持っているだけで信頼性が上がりますし、技術があるように見せられます。スキルの証明にもなりますし、開業したあとも関係のある資格があればどんどん取得していくとよいでしょう。

また、1つだけではなく複数の資格を取得することで、他の店舗との差別化を図ることができます

サロンのコンセプトを決定する

次にサロンのコンセプトを決定しましょう。

「どんな人に来てもらいたいのか」「お客様のどのコンプレックスを解決したいのか」「どんなスタイルでサービスを提供するのか」など、一つひとつ詳しく決めていくことがポイントです。

コンセプトが確定していないと、お客様に値段以上のサービスを提供するのは難しいでしょう。

また、新規のお客様は来てくれても、リピートにつなげるのは難しいかもしれません。コンセプトが決まったらお店の顔となる「店名」を決めていきましょう。

 

関連記事:
【美容室】これから集客していく為のサロンコンセプト計画案!
売れるサロン名とは?覚えやすいエステ・プライベートサロンのネーミング

資金を用意する

次は開業資金を用意しなければなりません。どれくらい必要なのかを事前に調べ、準備しておくことが大切です。業種によっても開業資金は違うので、しっかり確認しておきましょう。

具体的な資金額については後述します。

設備を整える

資金が用意できたら設備を整えましょう。

コンセプトに合ったインテリアを用意したり、部屋の内装を決めていきます。個人サロンの場合は施術用ベッド、机、椅子、ソファー、加湿器、空気清浄機、化粧品類、保管棚、洗濯機、乾燥機、会計用レジシステム、ビジネス用のPCなどが必要になります。

子育て世代向けの個人サロンを開く場合は、キッズスペースも用意すると喜ばれるでしょう。さらに、最近ではコロナウィルスの影響もあるので、感染対策も充分過ぎるほど行うことが大切です。

個人サロンでは、限られたスペースの中でコンセプトに沿った内装をしなければいけないので、最初は決めるのに時間がかかるでしょう。

最初からすべて導入する必要はありません。まずは必要最低限のものだけ揃えて、あとから徐々に設備を整えていく方法もありです。

自宅をサロン用に改装する

自宅でサロンを開く場合は、自宅を改装する必要があります。

サロンのコンセプトに合わせた雰囲気で空間を作っていくことが重要です。とはいえ、お客様が安心できる空間を作るのが1番のポイントだと言えるでしょう。

サロン用に部屋を改装したら、自分がお客様になったような気持ちで客観的に見渡してみてください。また、友人や知人などに来てもらって第三者目線からの感想を聞くのもひとつの手です。

開業届を出す

サロンを開く準備が整ったら、開業届を出します。「開業届出書」は国税庁のホームページからダウンロードできます。届出書といっても難しいものではないので安心してください。

また、開業届出書と同時に「青色申告承認申請書」も提出しましょう。こちらも国税庁のホームページからダウンロードできます。

確定申告には「青色申告」と「白色申告」があり、白色申告のほうがわかりやすいのですが、節税を考えるのであれば「青色申告」の方がおすすめです。

クレジット決済を導入する

実際にサロンが開業したら、クレジット決済を導入しましょう。

現代はキャッシュレス社会になっています。まだまだ現金派の方も多いですが、キャッシュレス派の方も増えてきているので、どちらにも対応出来るようクレジット決済を導入しておきましょう。可能であればPayPayなどの決済も導入しておくと、喜ばれやすいです。

関連記事:
個人サロンにクレジットカード決済はなぜおすすめ? 導入するメリットと注意点とは?

集客・宣伝をする

当たり前のことですが、個人サロンはお客様が来なければ意味がありません。

たくさんのお客様に来てもらうためにも、ホームページやブログで集客と宣伝をしましょう。X(Twitter)やInstagramなどのSNSで宣伝するのも、効果が期待できるでしょう。友人や知人に頼んで口コミで広めてもらうのもいいかもしれません。

インターネット広告で宣伝する方法もありますが、効果が出るまでにある程度の時間とコストが必要になります。まずは近くの人から宣伝していくとよいでしょう。何よりもお店の存在を知ってもらうことが大切です。

また、お店を正式にオープンする前に「プレオープン」の形で、モニターを募集するのもいいかもしれません。近くの飲食店やスーパーなどで協力してもらって、チラシを置いてもらうのもいいでしょう。

関連記事:
【美容室】がインスタ集客を成功させる8つの方法!SNS集客で繁盛店に!

個人エステサロンの注意点

個人エステサロンの注意点
個人サロンにはたくさんのメリットがあるのですが、反面注意点もあります。どのような物事にも、気になる部分はつきものです。

しかし、その注意点に向き合ってメリットに変えることで、サロンの成功につなげることができます。下記の内容をチェックしてみてください。

施術が割高になってしまう

1つ目は、施術が割高になってしまうことです。皆さんも大手サロンと個人サロンで料金の差を感じたことはありませんか?

たとえば全国展開しているエステサロンだと、5,000~10,000円程度で施術が受けられるところ、個人サロンでは20,000円前後という料金設定になっていることもあります。

どうして施術料にここまでの差が出るのかというと、個人サロンの場合、リーズナブルな価格設定にしてしまうと運営がスムーズにいかないからです。1人のお客様にかかる予約時間やサービスを考えると、薄利多売にできないのが現状です。

 

上記のメリットでもお伝えしましたが、個人エステサロンでは一人一人のお客様と向き合って、大手サロンではできないようなサービスができるのが強みでもあります。

お客様にとっても大手サロンでは味わえないようなサービスを受けたいから個人サロンに来ている方も多いです。

それなのに、こなすことにだけ集中しすぎるとお客様への対応がおろそかになり、信頼を失ってしまう可能性があります。大手サロンより値段は高くても、それ以上のサービスや施術を提供すればお客様も「高い」とは感じなくなるでしょう。

自分のサロンでしかできないサービスや施術、メニューなどを考えることが重要なポイントです。

機材が最新のものでないことも

個人サロンだとなかなか機材をこまめに買い換えることは難しいでしょう。

大手サロンの場合は機材にかける予算も多くあるので、最新の機材が誕生した場合すぐに買い換えることができます。しかし、個人サロンの場合はなかなか難しいのが現状です。
また、機械を導入したとしても大手に比べると購入台数も少なくなるため仕入れ価格も高くなります。

最新の機械ではなくても、どのような施術やサービスでお客様を満足させられるのかが重要なポイントなのです。

個人情報を出さないといけない

個人サロンの場合、個人情報を公開しなければいけないのも注意点の1つです。

自宅で個人サロンを開こうと考えている方もいるでしょうが、自宅で個人サロンを開く場合は住所を公開しなければいけません。また、電話番号も表記しなければ問い合わせの窓口がなくなるので、お客様にとって不安の要因となってしまうのです。

自宅でサロンを開くのが心配な方は、防犯カメラを設置するとよいでしょう。女性経営者の場合は防犯対策をしっかり行うことが大切です。

また、お客様も女性が多いのであれば防犯対策がしっかりされているサロンの方が安心して通いやすいです。防犯カメラだけではなく、センサーで人が来たら明るく照らしてくれるような照明も設置しておくとよいでしょう。

関連記事:
【自宅で美容室を開業する方法】メリットデメリットや費用などについて徹底紹介!

家族のストレスになってしまうことも

自宅でサロンを開く場合、毎日自宅に誰かが出入りすることになるので、家族のストレスになってしまうかもしれません。

自宅でサロンを開く際は家族の協力なしでは運営を続けていくことは難しいでしょう。まずは家族が協力してくれるかを確認しておくことが大切です。

何時から何時まで営業するのか、出入り口はどこを使うのか、どこの部屋で施術を行うのかなど、家族としっかり話し合いながら決めるとよいでしょう。

自宅開業でも少なからず費用がかかる

自宅開業にはさまざまなメリットがある一方、費用がかかることも念頭に置きましょう。

たとえば、エステで使用したタオルやガウンなどを洗濯したり洗濯機を使用したりする際の水道光熱費です。乾燥機付きの洗濯機の場合、乾燥機の使用回数が増えることも想定し、いずれもこれまでよりも費用が増えることに留意しましょう。

なお「自宅」による開業・経営では、下記費用は仕事用・プライベート用としての利用が混在するため、確定申告において全てを経費として計上できません。

  • 水道光熱費
  • 家賃
  • インターネット・電話などの通信量

確定申告の際は「家事按分」で計算し、発生した水道光熱費の一部を経費として計上することに注意しましょう。

関連記事:
【業務の負担軽減】美容サロンで税理士は必要なのか

気になる個人エステサロンの資金や収入

気になる個人エステサロンの資金や収入
さて、個人サロンを開く際に気になるのが、開業資金や収入ではないでしょうか。ここからは、多くの方が気になっているであろう資金や収入について説明していきます。

必要資金は開業形態によって違う

開業に必要な資金は、エステサロンを開業する形態によって異なります。自宅サロンの場合は約70万円~、賃貸物件サロンの場合は約140万円~、テナントで開業するサロンの場合は約300万円~が目安です。物件の賃料によっても差が出ます。

費用の内訳は、施術するためのベッドやシーツ、機器、タオル、椅子、宣伝費、ネット環境、内装費用など。

先端技術の機械を導入する際は、より高い資金が必要になることもあるかもしれません。リース契約ができる場合もあるので、工夫次第で大きく費用を削減することも可能です。

月収はどれくらい?

エステサロンを開業する場合、自分の月収を計算するには、売上から家賃や人件費、原価などの経費を差し引けばよいです。つまり、売上が多ければ多いほど収入が上がる可能性があります。

収入をアップさせるための方法は次章で紹介するので、あわせてチェックしてみてください。

個人エステサロンで収入を増やすためには?

個人エステサロンで収入を増やすためには?
ここでは、個人エステサロンで収入を増やすためにできることをお伝えしていきます。

1. 出費を抑える

まずは出費を抑えることが大切です。どのようなコストをどうすれば抑えられるのか、以下で確認しましょう。

初期費用を抑える

1つめは、開業にかかる費用。とくに敷金礼金や内装、エステの機械などは高額になりがちです。はじめは自宅サロンで少額開業する、最初から高額な機械を導入するのは控えるなど、コストを削減できる方法を考えましょう。

ランニングコストを抑える

2つめは、ランニングコスト。毎月、家賃・水光熱費・人件費・機械のリース代・通信費などの固定費用(ランニングコスト)がかかります。抑えるためには、家賃が高すぎないか、雇っているスタッフの存在は本当に必要かなどを考えることが必要です。

2. 売上を増やす

エステでの収入を増やすために、支出を減らすのとあわせて必要なのが、売上を増やすこと。どんな方法があるのかチェックしましょう。

新規客を呼び込む|ターゲット層を明確に

まずは新規客を獲得する必要があります。サロンに来てほしいのはどんな人なのかを明確にして、ターゲット層に響く集客を行うことが重要です。

技術の練習用に、無料や低価格で施術を受けられるモデルを募集し、集客に繋げる方法もおすすめです。モデル体験で気に入ってもらえれば、その後お客様として来てもらえる可能性も高まります。

リピーターを増やす|安定した収入を得る

新規客を獲得したら、リピートしてもらう方法も考えましょう。個人エステサロンで安定した売上を確保するには、リピーター(固定客)の存在が欠かせません。

たとえば、月に2回定期的に来てくれるお客様を30人作れば、のべ60人の来客が見込めます。技術や接客力を高めながら、自店を気に入ってもらい、リピートにつなげましょう。

安易に値下げしない|客単価を維持する

いくらお客様を呼び込みたいからと言っても、安易な値下げはNGです。客単価が下がるうえ、一度値下げをすると価格を上げるのが難しくなります。そのため、しっかり収益が得られる客単価を維持することが大切です。

技術に自信がないならスクールや研修などで経験を積み、万が一クレームが起きた場合は、真摯に対応して改善を目指しましょう。クレーム時にお客様から値下げ要求があっても、かんたんに応えるのは控えてください。

スクールを開講する|講師としても働く

持っているエステのスキルや資格を活かして、サロンでスクールを開くのもおすすめです。

エステのお客様は美容に興味関心を持っている方が多いので、自分でできるスキンケアやボディメンテナンスなどの講座を実施してみましょう。

個人エステサロンで集客するポイント

個人エステサロンで集客するポイント
個人エステサロンを経営する場合は、できるだけ多くのお客様にご来店いただけるよう、集客について学ぶ必要があります。

集客について押さえ、上手に取り入れながらお客様のご来店につなげるためには、3つのポイントに留意しましょう。

1.ターゲットを明確にする

1つめはターゲットを明確にすることです。まずはどのようなお客様にご来店いただきたいのかを絞るため、ターゲットとなるお客様層を明確に設定しましょう。

これにより、ニーズにあわせたアプローチ方法がわかり、目的・理想に沿った施術メニューも決めやすくなります

なおターゲットを明確にするときは、性別・年齢・目的を具体的に設定するのがポイントです。

2.理想のエステをイメージする

2つめは理想のエステをイメージすることです。ご来店いただきたいお客様のターゲットを明確にすると、理想的なエステについても明確になります。お客様の目的や悩みを絞っておけば、どんなメニューを売り出せばよいのかを決めやすくなります。

どのようなお客様にご来店いただきたいかを決め、理想のエステをイメージしたら、次のステップに進みましょう。

3.競合や市場を調査する

3つめは競合や市場を調査することです。多数存在するエステサロンと差別化を図るために、競合や市場そのものを調査しておくことも大切です。

たとえば成功しているサロンとそうではないサロンとの違いや、開業からまもなく閉業してしまうサロンの傾向・特徴などがあります。

個人サロンは大手サロンに比べて人目に触れにくく認知度が広まりにくいので、競合や市場を調査・把握し、戦略を練りましょう。

個人エステサロンに効果的な5つの集客方法

個人エステサロンに効果的な5つの集客方法
エステで利益を上げるためには、お客様に来てもらわなければなりません。つづいては個人エステサロンに適した集客方法を紹介します。

関連記事:
エステサロンの集客が上手くいかないのはなぜ? おすすめの集客方法と集客サイト・アプリを紹介

1.SNSを開設する

1つめは、無料で使えるSNSを活用する方法です。InstagramやLINE、X(Twitter)などのサロンの公式アカウントを開設し、自店の最新情報やキャンペーンの案内をこまめに発信しましょう。

とくに開業したばかりの時期は、多くの人にサロンの存在を知ってもらうことが大切です。

2.ホームページにブログを設置する

2つめはホームページにブログを設置することです。サロンの情報が集まっているホームページにブログを載せることによって、検索エンジンにも引っかかりやすくなります。

ブログには、SNSよりも長めの文章を掲載しましょう。

SNSでは投稿できる文字数に限りがあったり、長文を読んでもらいにくかったりします。ブログで店内の雰囲気や施術の様子などを詳しく伝えればOK。ブログを読んだ相手が、サロンに対して興味を持ってくれたらベターです。

3.チラシ・地域情報紙・クーポンサイトを活用する

3つめはチラシ・地域情報紙・クーポンサイトの活用です。

新聞の折り込みチラシのほか、個人宅やマンションへのポスティングは、主婦層や高齢者層をターゲットにする場合に効果的です。また、近隣住民への認知度を広める効果もあるので、積極的に利用することをおすすめします。

地域情報紙は、コンビニや駅、書店などで無料で手に入れられるもので、場合によってはクーポンをつけることもできます。地域情報紙はそれぞれでテイストが異なるので、サロンのターゲットに沿ったものを選ぶのがポイントです。

初めて利用するサロンだからこそ、まずはお試しで低価格で受けてみたいと考えるお客様もいます。

そのようなお客様も集客したいなら、クーポンサイトの利用がおすすめです。低価格で試してみたい方はもちろん、新規での利用を検討する方の流入も見込めるので、利用する価値の高い集客方法です。

ホットペッパービューティーアカデミーのアンケート調査によると、初めて来店する際に、サロン選びで重要視したポイントについて質問したところ、「クーポン・料金」が全体の47.3%と回答し、最重要視していることがわかっています。

新規顧客の集客にあたって、なにをすべきか迷うときこそ、クーポン発行が有利と考えられるでしょう。

引用元:
ホットペッパービューティーアカデミー:予約のカギは「全員クーポン」!?効果UPにつながるクーポンの秘訣は?

4.キャッシュレス決済やオンライン決済に対応する

4つめは、キャッシュレス決済やオンライン決済に対応しておくことです。現在は、キャッシュレス決済を好むお客様も多くいらっしゃいます。

最近では、キャッシュレス決済の利用によってポイントが還元されるイベントもあることから、キャッシュレス決済に対応したサロンを探すお客様も少なくありません

さらに予約時に会計を済ませられる「オンライン決済」も注目を集めています。

ホットペッパービューティーアカデミーのデータによると、美容サロンでの「オンライン決済」の利用意向について女性20~49歳を対象にアンケートを実施したところ、利用してみたいは17.5%、割引やポイントなどメリットがあるならば利用したいは58.1%にも上り、全体の75.6%が「オンライン決済」を利用したいと考えていることがわかっています。

キャッシュレス決済やオンライン決済の利用は、お客様の予約や利用のポイントになっていると言えるでしょう。

引用元:
ホットペッパービューティーアカデミー:【調査】会計時の不満1位は?オンライン決済が顧客満足UPにつながる⁉【美容サロンのDX】

5.予約システムを導入して予約の機会を増やす

5つめは予約システムの導入です。予約システムとは、24時間365日好きな時間にお客様のタイミングで予約を受けられるシステムのことで、種類によっては各種外部ツールやSNSと連携でき、予約システム一つですべての予約状況が確認できます。

24時間365日いつでも予約が受けられれば、営業時間外や定休日などにも予約を受けられるので、機会損失の予防にも効果的です。

ターゲットによっては、SNSの口コミからサロンの情報を得て、そのままネット予約まで済ませようと思う方も多いです。

幅広いユーザーをお客様として迎えるためにも、どんなときでもスムーズに予約できる予約システムは、個人エステにこそおすすめです。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

個人エステサロンには予約システムの「リザービア」がおすすめ

リザービアは、美容系サロンに特化した予約管理システムです。大手サロンから個人サロンまで、全国5,000店以上で採用されており、エステサロン・個人サロンへの導入実績も多数あります。

エステサロンにおける導入事例は下記ページをご覧ください。
エステサロンの成功事例

なお、個人サロンにリザービアがおすすめな理由は、以下のような点です。

  • 会員登録不要。4ステップでかんたんに予約できる
  • 外部サービスと連携できる
  • クーポンを発行して顧客にアプローチできる
  • 月間予約数が無制限で追加料金は必要ない

それぞれの魅力やメリットを確認して、自分の店舗に導入すべき予約システムかどうかを判断してみましょう。

4ステップのかんたん予約で、高い予約完了率を実現

リザービアの魅力は、「お客様の使いやすさ」を追求した予約画面です。オンラインシステム上で予約の受付・管理ができ、電話などのオフライン予約の場合も、その場で予約システムに登録すれば一括管理できます。

お客様にとって予約しやすく、店舗が管理しやすいシステムなので、お客様満足度と業務効率を上げるのにピッタリです。

関連ページ
予約台帳

外部連携機能が充実

リザービアは、Googleと連携して予約ができるほか、オプションでLINEと連携した予約機能を追加することもできます。

お客様が予約やスケジュール管理をしやすい外部サービスと連携できるので、お客様の予約件数や予約満足度の向上に期待できるでしょう。

LINE連携予約

外部連携の一例として、LINE連携予約について紹介します。

サロンのLINE公式アカウントなどから、LINE内の予約アプリを通して予約をしてもらうことが可能です。また、お客様に直接メッセージを送ることができ(※双方向ではなくサロン側からの一方的な送信のみ)リマインダー通知やキャンセルの通知ができます。

普段からLINEを利用しているお客様にとっては、予約サイトを開いたり他のアプリを入れたりする手間がないため、かんたんで便利と感じていただけるでしょう。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

多彩なクーポン発行も可能

リザービアでは、季節限定クーポンや週末限定クーポンなど、シチュエーションごとに細かいクーポン設定ができます。クーポンの対象者を絞ったり、使える期間や時間帯などを限定したりすることもできるので、お客様への来店促進にも効果的です。

関連ページ:
クーポン発行

顧客に合わせたクーポンつきDMも

リザービアには、顧客の名前や来店日、利用したメニューなどのデータを管理できる機能も備わっています。データを抽出し、顧客に合わせてクーポンつきのDMを送付することができるので、リピーターの獲得にも役立ってくれるでしょう。

関連ページ:
顧客管理

月間予約数が無制限なので客数が多くても追加料金は必要ない

リザービアでは、予約件数やメニュー登録数・クーポン登録数を無制限に利用できるのも大きな魅力です。

予約件数が多い店舗や定期的なキャンペーンを実施したいと考えている店舗にとっては、追加料金なしで使えてまさにピッタリな予約システムだといえます。

収入アップの方法を実践してエステサロンの成功を目指そう

収入アップの方法を実践してエステサロンの成功を目指そう
今回は個人サロンを開くメリットや注意点、開業の流れ、費用、収入などについて紹介しました。

現在エステサロンで働いていて、「将来独立したい」と考えている方は、お店を開く流れをしっかりと把握し、開業資金も準備しなければなりません。
集客や収入を上げるポイントもしっかり押さえ、息の長い個人サロン経営に努めましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP