【業務の負担軽減】美容サロンで税理士は必要なのか

作成日
更新日
LINE連携予約
SALON CARD

美容サロンを運営している方の中には、自分自身で経理処理や確定申告は難しいので大変だけど、業者に委託することに踏ん切りがつかない人が多くいます。

経理や確定申告は、事業を営む上で必ずしなければならない義務なので避けられない業務ですが、必ず税理士に頼まなければならないというわけではありません。

いくつかあるタイミングが合い、自分ですることが無理だと判断した時は税理士に頼むタイミングだと思います。
そこで、美容サロンの経理や確定申告で税理士に依頼するタイミングを紹介しますので参考にして下さい。

美容サロンで税理士が必要なタイミング

  • 確定申告
  • 消費税の納税義務者になる
  • 法人化する

まず初めに、依頼するタイミングは、確定申告をする時に65万円の青色申告特別控除を受ける時です。青色申告特別控除は、簡単に説明すると一定の条件を満たすと、最大で65万円を事業所得から控除できることがメリットなのですが、その条件に複式簿記による帳簿を備え付けることがあります。複式簿記がわからなければ、自分で簿記の勉強をして複式簿記を理解できれば税理士に頼む必要はありません。

2つ目のタイミングは、売上が順調に増加して、消費税の納税義務者になるときです。消費税の納税義務には、消費税で課税されるものと、課税されない非課税があるので、取引ごとに判断するのはけっこう大変な業務になります。

税金の勉強を特にしていない美容サロンの経営者が苦労する場面です。間違った計算で確定申告すると、税務調査で追徴課税されることもありますし、消費税の課税事業者になったタイミングで、税理士と顧問契約を検討しましょう。

3つ目のタイミングは、法人化したときです。美容サロンを開業する多くの美容師は、手続きや確定申告を個人事業主からスタートするのですが、売上や従業員が増加して組織として大きくなると、法人に組織を変更することがあります。

個人事業主から法人に変更すると、経理事務作業は大きく変化しませんが、税金の計算と申告書の書き方が法人と個人で異なるため、税理士へ依頼します。自分自身で法人税の申告書を作成することもできますが、申告書の作成ソフトを購入したり、税金の計算方法を一から覚えることは、現実的ではないので税理士に依頼することが効率的です。

法人化を検討したタイミングで、税理士に今後の相談をするのが一番です。

税理士を雇うメリット

税理士を雇うメリットは「税理士=専門家」に依頼することで安心できることです。

これまで申告を自分でしていたけど自信がなく、不安を抱えていた経営者にとって専門家はとても頼りになります。税務署からは税理士を通して連絡が入るので、心理的な負担も軽減できます。

また、プロに任せることで正確な会計帳簿及び確定申告書を作成できるので、法律の規定に沿った正確な税務書類を作成してくれます。毎月決まったスケジュールで経理処理をしていくので、確定申告の準備がスムーズに進み、いざという時に焦る必要もなくなります。

上記のような業務だけでなくサロンに寄り添い、プロの観点から節税対策をアドバイスしてくれる税理士もいます。

費用面で見ても、一般的に個人事業主の場合は、経理業務のために新しく人を採用するよりも、税理士に依頼する方がコストも抑えられると言われています。

税理士を選ぶポイント

サロンの将来を考えると、税理士とは一時的ではなく長い付き合いを続けていきたいと思うはずです。そのためには業務以外のことでも信頼できる税理士を見つけたいですよね。

  • 気が合い、相談しやすいか
  • 自分の会社に本気で向き合ってくれるか
  • 将来の話ができるか

ちょっとした相談や、質問をしたい時に、ぱっと受話器を上げて電話できる相手であることが大前提です。

更には、自分の会社のことを真剣に考えてくれる税理士だと安心してお任せできますよね。実際は税理士にも顧客が複数いますが、「今忙しい」や「今月はほかのお客さんの決算が大変で」などの話は聞きたくありません。ひとつひとつの会社に真剣に向き合ってくれる税理士と信頼関係を築いていきましょう。

いくら黒字経営であっても、資金繰りがうまくいかなければ倒産してしまいます。税理士と関係性ができれば、一時的ではなく将来のことを考えた資金繰りなどを検討してくれると思いますので、それも踏まえて税理士を選びましょう。

依頼する場合の費用はどれくらい?

一般論ですから、幅はありますが、税理士に帳簿の作成から申告までの業務を依頼したら、1ヶ月1万円から3万円ほどの費用が発生します。

金額を見るとお得ではないかもしれませんが、その分本業に専念できると考えれば妥当な価格にも思えます。

まとめ

美容サロンの経営で税理士に依頼することをタイミングなどから紹介しました。
美容室サロンを経営していけば、本業の仕事と経営の両立が体力的にも時間的にもネックになります。

また記帳作業は、多くの時間をとるので厄介な事務作業です。税理士事務所の記帳代行サービスを利用すれば本来の仕事に専念できるのでメリットもありますので税理士への依頼を検討して下さい。

SALON CARD
インスタ連携予約
PAGE TOP