面貸しとは?面貸しのメリットとデメリット・報酬の相場やフリーランス美容師におすすめの集客方法も紹介

面貸しとは?面貸しのメリットとデメリット・報酬の相場やフリーランス美容師におすすめの集客方法も紹介
公開日
更新日

最近増えてきている、フリーランス美容師の面貸し。面貸しは「子育てと両立して美容師を続けたい」「独立したいけど上手くいくか心配…」など美容師として働く上での心配や不安を解消できる、新しい働き方です。

ここでは、面貸しとは何か、美容師と美容室それぞれのメリットとデメリット、報酬形態や相場について解説します。

また、フリーランス美容師におすすめの集客方法や業務効率化の方法も紹介しますので、是非参考にしてください。

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

面貸しとは|フリーランス美容師の働き方

面貸しとは|フリーランス美容師の働き方

「面貸し」は「めんかし」と読み、ミラーレンタルとも呼ばれています。フリーランス美容師が美容室の空席などのスペースとシャンプー台などの設備を借りて施術をすることです。

面貸しで働く場合、施術するのは自分のお客さまのため、売上はすべて自分の収入になりますが、借りる美容室に対して料金を支払わなければなりません。

業務委託との違い

一見、業務委託と似ているように感じる面貸しですが、両者の違いは「誰が集客したお客さまか」ということです。面貸しは美容師が自分で集客したお客さま、業務委託は美容室が集客したお客さまの施術を行います。

業務委託の場合は美容室が集客までしてくれるため、フリーランス美容師は手間が省けますが、その分美容室に対して支払う料金は、面貸しよりも多いです。お客様の管理まですべて自分でする面貸しと比べ、雇用に近い感覚で働けます。

面貸しによる美容師・美容室それぞれのメリットとデメリット

面貸しによる美容師・美容室それぞれのメリットとデメリット

面貸しでは、借りる美容師と貸す美容室は真逆の立場にありますが、どちらにも面貸しだからこそのメリットとデメリットがあります。

ここでは、面貸しの業態をとることで得られる美容師視点でのメリットとデメリット、美容室視点でのメリットとデメリットに分けて紹介するので参考にしてください。

美容師にとってのメリット

スペースや設備を借りる側である美容師のメリットは「自由な働き方ができる」「一対一でお客さまと向き合える」「店舗を構えるリスクをとらずに独立できる」の3点です。以下で順に解説します。

自由な働き方ができる

面貸しで働く美容師は、お客さまからの予約があったときのみ働きます。お客さまと直接やりとりすることで時間の融通がききやすかったり、ミーティングや朝礼といった施術以外の決められた労働時間を省けたりするため、ダブルワークや家事とも両立しやすいです。

また、上司や部下など職場の人間関係におけるストレスや悩みもありません。面貸しだからこそ、時間や人間関係の面において、自由な働き方ができます。

一対一でお客さまと向き合える

雇用されている美容師の場合、シャンプーとカットで別のスタッフが対応することはよくありますが、面貸しの場合、最初から最後まで自分一人です。

お客さまのカウンセリング・シャンプー・カット・会計まですべて一人で対応するためしっかりお客さまと向き合えます。

お客さまの悩みや理想を共有しやすかったり、お客さまに覚えてもらいやすかったりするため、一度サービスに満足していただければ、リピーターになってもらえる可能性も高くなります

店舗を構えるリスクをとらずに独立できる

店舗を構えて営業する開店・独立と違い、リスクを極力抑えた独立が可能です。開店・独立の場合、店舗を賃貸する初期費用や設備代など、大きなお金がかかります。さらにスタッフを雇えば人件費も必要です。

来客数や売上高の予想がつきにくい段階で、開店・独立するのは、費用面でのリスクが高いといえるでしょう。

その反面、面貸しは、店舗にかかる初期費用や設備代が不要なため、大きなお金をかけずに身一つで働けます。店舗を構えるリスクをとらずに独立できるのです。

美容師にとってのデメリット

スペースや設備を借りる側である美容師にとってのデメリットは「経理業務を自分でしなければならない」「集客を自分でしなければならない」「収入が安定しない可能性がある」の3点です。以下で順に解説します。

経理業務を自分でしなければならない

面貸しの業態をとることは、雇われることではありません。あくまでもフリーランス美容師で個人事業主です。そのため、今までは美容室オーナーがやっていた売り上げの管理や経費の計算、確定申告などの経理業務をすべて自分一人でしなければなりません。

働く時間の融通は利きますが、その分接客以外の経理業務も仕事内容になるため、お客さまのご来店が増えれば増えるほど仕事時間は増え、多くの知識が必要になります。

集客を自分でしなければならない

面貸しは、美容室のスペースや設備の一部を借りるだけなので、自分のお客さまは自分で集客しなければなりません。多くの方が利用している美容室の予約サイトは、お客さまの目に留まりやすいですが、広告費用もそれなりにかかります。

面貸しでフリーランス美容師として働く場合、個人で集客しなければならないため、多く経費をかけられません。ある程度、自分のことを知ってもらったり、固定客がついたりしてから面貸しするなどの工夫が必要になるでしょう。

収入が安定しない可能性がある

雇用される場合は、売り上げに関係なく固定した額の給料がもらえますが、面貸しのフリーランス美容師の場合は、売り上げが収入に直結します。

仕事がなければ収入がゼロになってしまうこともあり得るのです。逆にたくさんお客さまを獲得し売り上げを伸ばすと、雇用されるよりも収入が増えることも充分考えられます。

自分の頑張りで収入が決まるので、雇用されて固定の給料がもらえるような安定感はありません。

美容室にとってのメリット

美容師にとっては、自由に働ける・お客さまと向き合える・リスクが少ないなどのメリットがある面貸しですが、スペースや設備を貸す側である美容室にとってもメリットはあります。

美容室から見た面貸しのメリットは「固定の人件費が発生しない」「設備の稼働率を上げられる」の2点です。以下で順に解説します。

固定の人件費が発生しない

面貸しをすることで、店舗内で働くスタッフは増えますが、面貸ししているフリーランス美容師は直接雇用しているわけではありません。人を雇うと売り上げがよくても悪くても給料を支払わなければなりませんがその必要がないのです。

そのほかに、スタッフの教育費や労災保険・雇用保険・社会保険料などの人件費も削減できます。お金をかけてあらたなスタッフを雇用したのに、すぐに退職してしまうといったリスク回避にも繋がるでしょう。

設備の稼働率を上げられる

一日の平均客数に対して設備に余裕がある場合、稼働していない席を貸し出すことで設備の稼働率を上げられ、フリーランス美容師から支払われる料金が収入になります。

面貸しのために美容室の一部を空けておくのではなく、空いているスペースを貸すため、店の売り上げが減るわけでもありません。

また、空席がある美容室よりも空席がない美容室のほうが店舗イメージもいいため、設備の稼働率があがると結果的に集客にも繋がるでしょう。

美容室にとってのデメリット

美容師にとっては、経理業務を自分でしなければならない・集客を自分でしなければならない・収入が安定しない可能性があるなどのデメリットがある面貸しですが、美容室にとってもデメリットはあります。

美容室から見た面貸しのデメリットは「美容師とお客さまのトラブル」「美容師の働き方に口を出せない」の2点です。以下で順に解説します。

美容師とお客さまのトラブル

面貸しのフリーランス美容師が施術するお客さまは、あくまでその美容師のお客さまのため、何かトラブルがあった場合は美容師個人が解決します。言い方は悪いですが、店舗は関係ありません。

とはいっても、お客さまによっては、面貸しを理解しておらず店舗の責任と思う方もいるでしょう。また、面貸しを理解していても、不快な思いをした場所が「その店」であることに変わりはないため、その店に対してマイナスイメージが残ってしまうこともあります。

美容師の働き方に口を出せない

美容室とフリーランス美容師は雇用関係ではないため、もっと出勤してほしかったり料金設定を変更してほしかったりしても、法律上、美容室側は口出しできません。

同じ店内でも美容師独自の働き方のため、お店のサービス内容や料金設定と異なるケースがほとんどです。この違いにより、お店の既存のお客さまが混乱してしまうこともあるでしょう。

美容師の働き方に口を出せないことにより、既存のお客さまへの影響が少なからずでてしまうことは面貸し美容室にとってのデメリットといえます。

面貸しの報酬と相場は?|報酬の形態は3つ

面貸しの報酬と相場は?|報酬の形態は3つ

面貸しの報酬形態は「時間制」「歩合制」「月額制」の3種類です。この報酬形態によって美容師が美容室に支払う料金が決まります。美容師と美容室どちらかが一方的に決めるのではなく、双方で話し合って決めましょう。

ここでは、面貸しで採用される3つの報酬形態の特徴とそれぞれの相場について詳細を解説します。

時間制

時間制は、美容室のスペースを時間で借りて、レンタル料として美容室オーナーに支払います。借りる時間によって、支払う料金が変わるレンタル施設をイメージしていただけるといいでしょう。

美容師の視点だと少ない時間で高い売り上げをあげると報酬は多くなるため、客単価が高ければ得になります。一つ一つのメニューが高単価な場合や販促品に強ければ時間制がおすすめです。時間制の相場は、1時間当たり1,500円~2,500円といわれています。

歩合制

歩合制は、売り上げ額のうち契約で決められた割合の金額を美容室オーナーに渡し、残りを報酬とする方法です。たとえば契約で決められた割合が40%、売り上げが10,000円だった場合、美容室オーナーに4,000円支払い、残り6,000円が美容師の報酬です。

売り上げにより支払い額がかわるため、無理のない支払いができる安心感があります。また、時間を気にせず施術できるメリットも。歩合制の相場は、売り上げ額の40%~60%です。

月額制

毎月同じ金額を美容室オーナーに支払い、設備とスペースを借りる方法です。毎月の支払額が固定化できるため、資金計画を立てやすく売り上げが高くなればなるだけ報酬が膨らむメリットがあります。

ただし、売り上げが少ない月は支払いの負担が大きくなってしまうデメリットもあるので、安定した売り上げがない方は注意しましょう。月額制の相場は、立地や設備により大きく異なり、1カ月5~15万円といわれています。

トラブルを避けるために契約書はしっかり交わそう

トラブルを避けるために契約書はしっかり交わそう

面貸しを利用する際は、美容室側と請負契約を結び、しっかりと契約書を作っておくことが大切です。働き方や集客など、ほとんどを自分で意思決定することができるとはいえ、美容室側と意見が食い違い、のちのちトラブルになることもあり得ます。

特に問題になりがちなのが、給与形態や金額、スペースをどこまで使用するかや備品の取り扱いなど。

曖昧な部分があることで、何か問題が起きたときに、言った言わないの水掛け論になることを避けるためにも、弁護士を入れて細かくルールを決めておきましょう。

面貸しのフリーランス美容師が集客のためにやるべきこととは?

面貸しのフリーランス美容師が集客のためにやるべきこととは?

時間や施術を自分の都合で自由にできる反面、すべてを一人でこなす必要があるフリーランス美容師。特に集客は店舗に頼ることができないので、面貸しの契約を結ぶ前に、集客方法や予約の導線をしっかりと作っておくことが大切です。

そこで、フリーランス美容師におすすめの集客方法を紹介します。

SNS・ブログで発信する

SNSやブログは無料で利用できるものも多く、コツコツと投稿や更新を続けることでファンになってもらえるため、フリーランス美容師が是非取り組みたい集客方法です。

SNSやブログで発信する際は、しっかりと自己ブランディングを行うことが大切。まず、SNSではターゲット層の興味をひく内容を意識して人を集め、さらに「すごい」「面白い」「かっこいい」など、自分の強みを上手にコンテンツに散りばめてファンを獲得しましょう。

ブログでは、困りごとや悩みを解決するような記事を作成し、フリーランス美容師としての知識や技術をさりげなくアピール。来店してもらえるように誘導するのがおすすめです。

ネット予約に対応できる予約システムを利用する

現代においてネット予約ができるかどうかは、お客様にとって予約をするかしないかの決定打になるほど重要です。ネット予約に対応していないというだけで、顧客獲得のチャンスを逃すことになりかねません。

ネット予約に対応するには、InstagramやLINE、ブログと連携でき、24時間自動で予約を受け付けてくれる予約システムのリザービアを導入するのがおすすめです。リザービアについては次で詳しく紹介しますので、是非参考にしてください。

引用元
美容センサス2023年上期<美容室編>|ホットペッパービューティーアカデミー

面貸しのデメリットは予約システムでカバーする

面貸しで働くフリーランス美容師が予約システムを導入するメリットは、ネット予約の対応だけではありません。一人ですべてをこなさなければならないため、バックオフィス業務はできるだけ自動化して、業務効率化を目指す必要があります。

また、接客や施術と並行して集客も行わなければならないため、集客にも活用できる予約システムのリザービアを利用するのがおすすめです。リザービアは、美容室やサロンで約4,500店舗以上の導入実績があり、美容室に嬉しい機能が豊富。リザービアがおすすめな理由を紹介します。

予約管理や売上管理などの業務をシステムにおまかせ

予約受付や時間枠の調整、顧客管理などを接客の合間や閉店後に行うのは、非効率的でミスも起きやすくなります。ダブルブッキングや台帳への記載漏れなどがあれば、たちまち信用を失ってしまうでしょう。

また、予約をネットで受け付けても予約枠の調整などを手動でしなければならない場合、それらの作業にかかる時間も負担となり、顧客が増えれば増えるほどその作業は煩雑になってしまいます。

そこで、予約の受付や管理、予約枠の調整を自動で行ってくれる機能が便利です。

予約受付と管理

リザービアは、24時間のネット予約に対応し、自動で予約受付を行い、顧客データを自動で蓄積、管理します。先述したように、今や美容室の予約をする際、ネット予約に対応しているかどうかは非常に重要です。

リザービアは最短4秒で予約が完了するため、予約へのハードルが下がり、予約完了率も高いのが魅力です。

関連記事
予約台帳

予約集計

フリーランス美容師に限らず、売上を上げ続けるためにはデータ分析が欠かせません。売上や顧客を分析して、集客アップへの戦略を立て、お客様のニーズをつかむことが大切です。

個人の場合、売上管理のためにPOSレジを導入するのは、コストの面で躊躇してしまうかもしれません。そこで、リザービアの予約集計機能が活躍するでしょう。

予約数や予約経路、顧客情報などを自動で集計・分析し、予約が入りやすい曜日なども把握することが可能。人気メニューやクーポンの利用率などの情報を知ることで、自身の強みを知ることにもつながります。

関連記事
予約集計

集客から予約へ誘導するさまざまな連携機能が使える

リザービアの最大の魅力の一つは、さまざまな連携機能です。フリーランス美容師と相性のいいInstagramやLINEと連携して、フォロワーや新規のユーザーを予約に誘導しやすくなります。

LINE連携予約

リザービアはオプションでLINEミニアプリと連携できます。LINEアプリは言うまでもなく、利用者が非常に多いトークアプリで、アクティブユーザーは9,200万人。若者からシニア世代まで幅広く利用されており、ターゲットの年齢層に関係なく活用できます。

名刺にLINEのQRコードを記載しておけば、LINE経由で予約受付やDM送信、クーポンの発行、スタンプカード、口コミなどが利用できるため、ユーザーにとっても次回以降の予約が取りやすくなるでしょう。

売上を安定させるためにはリピータ―の存在が欠かせませんが、LINEを活用することで固定客として囲い込むことも可能です。

関連記事
TAYA東急百貨店吉祥店で紙の予約台帳から3カ月でLINE連携予約を開始!月の20.1時間削減し業務効率UP!!

LINE連携予約

LINE予約を検討している方へ
LINE予約にどんなメリットがあるのか
まずは資料をご覧ください
✓ リピート率アップ
✓ 予約を一括管理
✓ 電話予約を減らせる

\無料!1分で完了/

LINE予約の資料請求をする LINE予約の資料請求をする

フリーランス美容師として面貸しで自由な働き方を実現しよう

フリーランス美容師として面貸しで自由な働き方を実現しよう!
面貸しは、収入が不安定などのデメリットもありますが、時間の融通が利くなど自由に働けるメリットも多いです。自分に合った報酬形態を選べば、より理想的な働き方ができますよ。

美容師としてステップアップしたい方は、独立よりもリスクが少ない面貸しでフリーランス美容師として自由な働き方を手に入れることを検討してみてはいかがでしょうか。

集客に接客に経理にと、すべてを一人でこなさなくてはいけないフリーランス美容師の強い味方として、予約システム「リザービア」の導入がおすすめです。業務効率化や集客に活用して、収入の安定を目指しましょう。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

名前を決めていない場合は未定と入力してください
半角数字・ハイフンなしで入力してください
一番あてはまるものをお選びください

\業務効率化とリピート率アップを実現/

説明を聞きたい方もこちらからご相談ください