マツエクサロンはminimo(ミニモ)に掲載できる?予約されやすい掲載ページを作るコツは?

マツエクサロンはminimo(ミニモ)に掲載できる?予約されやすい掲載ページを作るコツは?
公開日
更新日

美容サロンの検索と予約ができるminimo(以下ミニモ)は、美容室やネイルサロン、エステサロンが活用するだけでなく、マツエクサロンもマツエクメニューを掲載することが可能です。

今回はミニモで予約してもらいやすいマツエクメニューと掲載ページの作り方、実際にミニモと予約管理システムを導入して集客と経費削減に成功した事例をご紹介します。

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!30秒で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

ミニモとは?

ミニモとは?

ミニモは、ヘアサロンやネイルサロン、エステサロンなどの美容サロンのスタッフ6万人以上が登録しているサロンスタッフ直接予約アプリです。お客様が地域名と施術の種類で検索すると、該当する登録スタッフが表示されるので、希望する条件に合ったスタッフを見つけられます。

アシスタントからベテランまで、幅広いサロンスタッフが登録していて、料金や得意な施術なども記載。アシスタントがスキルアップのために、無料やリーズナブルな価格のメニューを設定できるのも特徴です。

マツエクサロンはミニモに掲載することはできる?

マツエクサロンはミニモに掲載することはできる?

美容の施術を効率的に提供することを目的としたミニモは、ヘアサロンやネイルサロン、エステサロンなど、美容関連の施術やサービスをおこなう店舗を掲載の対象としています。

ヘアサロンだけでも、カットやパーマ以外にもヘアカラーや縮毛矯正、ヘアセット、ヘッドスパなど多彩なメニューが掲載されているのが特徴で、ネイルサロンやエステサロンのメニューも豊富です。

マツエクサロンも美容サロンのひとつなので、マツエクやマツパ(まつ毛パーマ)などのメニューをミニモに掲載して予約を受け付けられます。

ミニモで予約されやすい掲載ページを作るコツは?

ミニモで予約されやすい掲載ページを作るコツは?

ミニモの予約アプリで、お客様が予約行動をとりやすいページを作るためには、ちょっとしたコツが必要です。ここでは、ミニモの掲載ページの作り方についてご紹介します。

メニューを充実させよう

ミニモは施術のメニューが少なくても設定できますが、メニューが多いほど検索にヒットしやすくなりますので、まずは10個を目標に設定してみるのがおすすめです。

すべて別のメニューにする必要はなく、単品メニューとセットメニューを組み合わせて構成することで、バリエーションを持たせられますし、お客様も自分に合ったメニューを選びやすくなります。

メニューのネーミングは施術の特徴をイメージできるものにして、具体的な内容を補足事項として記載するとわかりやすくなります。

画像を載せよう

スマホアプリでは、文字よりも画像のほうが視線をキャッチしやすいです。ミニモに登録する画像としては、トップ画面の最上部の画像と、プロフィール写真、スナップフォト、サロン内とサロンの外観を用意します。

施術メニューのアイコンとなるメニュー画像は、登録したスナップフォトのなかから、そのメニューのイメージに合っているものを選ぶ仕組みです。実際の施術例や施術に使う代表的な道具や設備などのスナップフォトを用意しておくと、ユーザーがひと目で判別できるメニュー画像になるでしょう。

「すぐ予約」を設定しよう

ミニモの予約には、「仮予約」と「すぐ予約」があります。仮予約は、お客様に希望日時を複数提示してもらい、そのなかからサロンスタッフ側が対応可能な日時を選択する方法です。お客様の希望に添った形で予約できますが、サロンスタッフにとってはなるべく早く対応しなければならないため、ストレスになることもあるでしょう。

この機能は、最初にサロンスタッフ側が対応可能な時間を登録しておくので、お客様が「予約したい」と思った際に、すぐに予約を確定できます。サロンスタッフとお客様とのやりとりが必要ないため、気楽に予約を受け付けることが可能です。

「アピールポイント」を記載しよう

アピールポイントは、サロンスタッフの得意な施術や特徴などを記載してお客様にアピールするために100文字以内で記載する文章のこと。

文字制限は100文字ですが、実際に表示されるのは44文字なので、文頭に伝えたい文章を入れたり、目を引く単語を選んだりするようにすると効果的です。

より的確な単語や文章を選んで効果のあるアピールポイントを作成するには、集客したいターゲット層を明確にして、実際にどんな言葉が響くのかを考えることが重要となります。

掲載情報は詳細に

掲載情報は、掲載者であるサロンスタッフのプロフィールや経歴、得意な施術やこだわっているポイントなどの詳細を正確に記載することが大切です。はじめてミニモで予約するお客様の不安を解消し、疑問に答えられるようにしましょう。

プロフィールで掲載しているサロンスタッフに親近感を持ってもらえるよう心がけ、施術におけるこだわりポイントがあれば明確に打ち出します。メニューの詳細についても記載するとお客様がじゅうぶんな情報を得られるので、予約につながる可能性が高まるでしょう。

こまめに更新するのも〇

検索結果の表示順には「おすすめ順」「評価順」「新着順」の3項目があり、お客様が自由に変えられるようになっています。美容サロンのようにトレンドを意識することが重要な施術では、新着順で表示しているお客様は少なくありません。

また、あまり古い情報だと「現在は価格が違うのではないか」など、お客様に不安を抱かせてしまうことになりかねないでしょう。こまめに情報更新することで「新着順」での検索結果の表示順位が上位になるので、お客様も安心して予約できるはずです。

参考記事:minimo(ミニモ)集客攻略のコツ|効果が高まる掲載内容も紹介

マツエクサロンの具体的な集客対策

マツエクサロンの具体的な集客対策

ミニモは美容サロンの集客と予約の強い味方ですが、マツエクサロンが活用する場合には、どんな活用の仕方ができるのでしょうか。ここでは、マツエクサロンの集客対策について解説します。

検索キーワードを増やそう

検索キーワードは、お客様が検索する際に入力する単語です。ミニモでは検索条件としてフリーワードを入力できるので、メニュー名や掲載情報によく使われる検索キーワードを含めることでお客様の検索結果に表示されやすくなります。

マツエクサロンを探しているお客様が検索キーワードとしてよく使うのは、「フラットラッシュ」や「ボリュームラッシュ」「バインドロック」などのマツエクの施術名です。ほかにも、「本数」や「毛質」施術の詳細、「シンプル」「ナチュラル」など施術の傾向なども検索キーワードとしてよく使わるので、意識してメニュー名や掲載情報に盛り込むとよいでしょう。

客層を見極めてメニューを作成しよう

マツエクの施術を受けたいと思っているのは若い世代の女性に多く、ミニモに登録しているのも25歳未満が大半を占めています。このメインターゲット層である若い世代の女性は、利用料金が安いメニューを探している場合が多いため、気軽に利用できる安価な料金設定にすることが大切です。

若い人に受けそうなこれまでにない斬新なメニュー名にすることも有効ですが、検索キーワードにヒットする内容を入れることを忘れないようにしましょう。

メニューは詳細まで設定しよう

ミニモでのメニュー登録では、メニューのカテゴリを選んで、メニュー名と料金を入力し、メニュー内容を選ぶ仕組みです。

そのため、お客様が施術内容や特徴をイメージしやすい名前をつけ、利用しやすい価格設定を意識しましょう。施術の詳細情報までしっかり入力することで、お客様が安心して予約を入れられるメニューになるはずです。

予約情報を管理できるシステムも活用しよう

予約情報を管理できるシステムも活用しよう

ミニモから予約を受け付けることで集客に役立てようとしているなら、ミニモと連携して予約情報を管理できるシステムのリザービアを導入するのがおすすめです。

ここでは、そんな予約管理システムのひとつであるリザービアを導入することのメリットや使い方についてご紹介します。

予約システムを導入するメリットは?

予約アプリはミニモだけを利用している場合でも、サロンへ来店した際や電話での予約も一緒に管理しなければならないため、混乱したり、手間がかかって大変だと感じてしまったりすることがあります。

しかし、リザービアのような予約管理システムを活用すると、紙などアナログな予約台帳への転載やほかのシステムへの入力をすることなく、一括管理することが可能です。予約管理システムは手間がかからず、間違いも起きにくくなるというメリットがあります。

参考記事:minimo(ミニモ)とホットペッパーどっちが良い?併用するなら連携できるツールを使おう

ミニモ以外との予約窓口も連携できる

すでに、ミニモ以外の予約窓口を活用している場合には、予約の一括管理の必要性を強く感じている場合もあるでしょう。ホットペッパービューティーなどの各種外部ポータルサイトや自社ホームページだけでなく、インスタグラムやLINEなどのSNS、Googleで予約など、予約窓口は多岐にわたります。

リザービアの予約管理システムを導入して連携させることで、これらの予約をすべて一括管理することが可能です。ただし、LINEやインスタグラム、Googleとの連携は、別途オプション契約が必要となります。

リピーターの獲得につながる

ミニモは新規顧客の集客には大きな力を発揮しますが、お客様をつなぎとめてリピーターになってもらうための機能はあまり充実していません。

しかし、リザービアの予約管理システムを導入してクーポンの配信や利用履歴からの予約、自動メッセージ送信機能などの各種機能を活用することでリピーターの獲得につなげられます。

自動メッセージ送信機能にはリマインダー機能もありますので、来店忘れによる当日キャンセルを防ぐことも可能です。

マツエクサロンの導入事例を紹介!

マツエクサロンの導入事例を紹介!

新規顧客獲得に強いツールと、リザービアの予約管理システムを連携させて導入することで、成功したサロンはどんな成果を上げているのでしょうか。

ここでは、新たにマツエクメニューを追加したヘアサロンでのリザービアを導入した成功事例についてご紹介します。

株式会社Lib Works様

マツエクも手がけるサロン、Lib Works様では、広告費380万円を投じてクーポンサイトを活用して集客をしていた時期がありました。

リザービアの予約管理システムを導入してからは、クーポンサイトの経費を3分の1におさえつつ、自社サイトとインスタグラムを中心に集客。リザービアの予約アプリに登録しているお客様が1,200人を超えました。

参考記事:年間380万円クーポンサイトの広告費を削減したのに売上が伸びている理由とは?

アッベリーレ様

島根県でのマツエクの先駆者であるアッベリーレ様は、オープン当初から積極的にネットで集客を行っているサロンです。

ホームページやブログからリザービア経由で予約するお客様がほとんどで、新規のお客様でも半数以上が再来店しています。ネット予約が8割を超え、施術に集中できる環境であることも満足度が高い要因でしょう。

参考記事:クーポンサイトに頼らず生産性100万円を達成できている理由とは?

クーポンサイトを検討している方へ
予約を一元管理して
ダブルブッキングを防止します
✓予約導線追加
✓リピート率アップ
✓業務効率改善
\無料!30秒で完了/
今すぐ資料請求する 今すぐ資料請求する

ミニモでマツエクサロンの新規顧客を獲得しよう!

ミニモでマツエクサロンの新規顧客を獲得しよう!

ミニモは、マツエクサロンの顧客になりやすい10~20代にアピールできる美容サロンの直接予約アプリです。

ミニモでマツエクサロンを検索する際によく使われる検索キーワードを盛り込み、お得感のある料金設定にすることで新規顧客を獲得できます。

獲得した新規顧客にリピーターになってもらうためには、ミニモにも連携できるリザービア導入が有効なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP