【経営を立て直したい!】美容室の経営にコンサルは本当に必要?

作成日
更新日
インスタ連携予約
LINE連携予約

「経営コンサルタントを雇えば経営を立て直せる」と言われる場合もあるように、コンサルティングは業績を改善する方法の1つです。

サロンの経営が傾いているオーナーの方のなかには、プロの力を借りたいと思う人も少なくありません。
とはいえ、コンサルティングの内容について知らない方も多いですよね。そこで今回は「美容室の経営にコンサルは必要か」をテーマにご説明します。

結論を先にお伝えすると「事前に集客方法を見直したうえで、必要であれば活用するのがおすすめ」です。経営に不安がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

コンサルティングは「経営のアドバイス」をする仕事

コンサルタントは、経営のアドバイスをする仕事。
会社の経営者に対して、市場の状況を分析しつつ的確な助言をします。
「今後どのような戦略で経営するか」を経営者と相談し、サポートするのが役割です。
コンサルティングの対象は美容室もふくみます。

サロンオーナーに対し、経営についての課題を解決すべく指導を行うのです。集客方法だけでなく、メニューの内容や料金設定までアドバイスを受けるケースも少なくありません。経営に関する専門的な助言がほしい人は、依頼する場合も多いです。

経営コンサルタントを雇うには、もちろんお金がかかります。

美容室が依頼をする場合は、月に10万円以上必要なケースも少なくありません。決して安い金額ではないので、検討したうえで依頼するかを決めましょう。

コンサルのメリットは「経営改善」が期待できること

美容室のオーナーがコンサルティングを依頼するメリットは「経営改善」が期待できること。

売上が上がらない理由をプロの視点から分析し、適切なアドバイスを受けられる可能性があります。具体的に期待できる効果は次のとおりです。

  • 現状の分析
  • 新規顧客数を増加
  • リピーターの獲得
  • 客単価のアップ
  • スタッフの育成強化

サロン経営のコンサルティングに特化している人に依頼すれば、効率的な売り上げの増加が期待できます。

サロンを客観的な視点で分析し、適切な指導を受けられる可能性があるからです。

美容室のコンサルティングに特化している人であれば、さまざまなサロンの状況や業界全体の動向を把握していますからね。プロの目線から効果的な提案をもらえる場合があります。

サロンオーナーは美容についてのスキルは豊富でも、経営に関する知識は持っていない人も少なくありません。ビジネスについて何も知らない状態でも、コンサルタントに頼って経営できるのは大きなメリットといえるでしょう。

コンサルに頼るときは「信頼できるか」を確認しよう

美容室がコンサルティングを依頼する際は「信頼できるコンサルタントか」を見極めるのが大切。
実力のある人に依頼しなければ、経営が悪化してしまう恐れがあるからです。
間違ったアドバイスを受けてしまえば、売上が落ちるリスクもゼロではありません。高額のコンサル料だけ支払って損してしまう可能性も考えられます。

契約前にしっかりと、コンサルタントの質をチェックしましょう。

信頼できるコンサルタントを見極める方法は、過去の実績を確認するのをおすすめします。スキルのある人であれば、過去に他社の経営を立て直している経験があるはずです。

自分のサロンと似たような課題を抱えているサロンを、コンサルティングした事例があれば事前にヒアリングすると良いでしょう。コンサルタントに依頼した際に、得られる効果のイメージがはっきりするはずです。

コンサルを雇う前に「集客方法」を見直すのも1つの手

コンサルティングを雇うまえに、自分のサロンの「集客方法」を見直すのも1つの手です。
コンサルティングは料金が高額なうえに、期待どおりの効果が得られるとは限りません。ただでさえ開業にコストがかかる美容室で、コンサルタントを雇うのは少なからずリスクがあります。

安心して経営するためにも、まずは自分で集客方法を改善できないかを考えるのがおすすめです。コンサルタントを依頼せずとも、課題が解決できるケースは少なくありません。
お客様を集めたい場合、次のような方法も有効的な手段です。

  • ブログを書く
  • SNSで情報を発信する
  • 新しいシステムを導入する
ブログやSNSであれば、無料ではじめられます。
読者にとって有益な情報を発信すれば、サロンの知名度もあがり集客につながるかもしれません。

最新のシステムを導入するのも1つの方法です。予約方法や支払い方法を新しく変えるだけでも、来客は増える可能性があります。
まずは自分の手で経営を立て直せないか検討し、必要であればコンサルティングを依頼するのが良いでしょう。

集客方法を検討し、コンサルが必要かどうか見極めよう

経営がうまくいかないサロンオーナーにとって、コンサルティングを依頼するのは有効的な手段の1つです。とはいえ、アドバイスをもらったからといって、必ず成功するとはかぎりません。
コンサルタントを雇う料金も高額なケースが多いです。安心して経営を改善したいなら、まずは自分で集客方法を見つめ直して検討してみるのをおすすめします。

結果的に必要であれば、コンサルタントに依頼するのも良いでしょう。

SALON CARD
インスタ連携予約
PAGE TOP