美容室のWeb集客方法6つのメリット・デメリットを解説

美容室のWeb集客方法6つのメリット・デメリットを解説
作成日
更新日
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

美容室の数はコンビニエンスストアの4.5倍にのぼります。[注1]
競争が激しい業界で生き残るためには、技術力の向上だけでなく、集客方法の工夫が不可欠です。

この記事では、美容室でできるWeb集客方法6つと、成功のためのポイントを解説します。それぞれの方法にはメリットもあればデメリットもあるため、事前に内容を把握してから、相性の良い集客方法を導入しましょう。

美容室のWeb集客方法6つのメリットとデメリットを解説!

美容室のWeb集客方法6つのメリットとデメリットを解説!

美容室の集客では、チラシや友達紹介といったオフラインの集客だけでなく、顧客の検索行動(ホームページや口コミの確認など)を考慮したオンラインの集客も重要です。
6つの方法をメリットとデメリットに分けて解説します。

1. 自社ホームページを作る

美容室を選ぶ際、信頼できる情報源と判断されるのが公式サイトです。店舗で運用するサイトがあれば、お店の特徴を十分にアピールできるだけでなく、顧客の安心感にもつながります。

メリット

自社ホームページでは、クーポンサイトには掲載しきれない、店舗の特徴やこだわり、スタッフの人柄、画像など、伝えたいことを自由にカスタマイズできます。また、後ほど紹介する集客方法「2. ブログ記事作成」と連携し、SEO対策を施せば、Web検索からの集客力アップも見込めます。

デメリット

せっかくホームページを作っても、必要な情報が揃っていない、デザイン性に乏しいなど、中途半端なものでは顧客の信頼を損なってしまう可能性も否めません。もし、個人での作成が難しいなら、Web制作業者に依頼をした方がよいでしょう。

2. ブログ記事作成

店舗のブログ記事をアップすれば、スタッフの人柄を伝えられたり、Web検索の際、上位に表示されたりする可能性があります。特に、自社ホームページと相性の良い集客方法です。

メリット

Web検索を行った際、店舗のホームページが上位に表示されれば、それだけでも集客力アップが見込めます。このように、Webサイトを検索上位に表示させる手法をSEO対策と呼びます。
顧客の知りたい情報(美容室の選び方、カットの種類、地元でおすすめの美容室、など)を網羅的にまとめることで、ブログ経由の顧客獲得にもつながります。
関連記事:美容師がブログを始めるメリット・デメリットや集客するためのコツ

デメリット

SEO対策として取り組む場合、まとまった記事数が必要な他、専門性の高い内容やわかりやすい文章が求められます。そのため、ブログといっても「スタッフの日常」のような内容では残念ながら検索上位を狙うのは難しくなります。
効果が出るまで時間はかかるものの、上位表示されれば、広告費をかけずに長い間集客効果が持続するため、取り組みがいのある方法です。

3. SNS運用

SNSの魅力は高い拡散効果から、潜在顧客へのアピールにつながる点です。また、今伝えたい情報をすぐに発信できるため、キャンペーンの案内などにも役立ちます。SNSから直接予約ができる仕組みがあれば、集客力アップにもつながります。
代表的なSNS、それぞれの特徴を紹介します。

Instagram
写真がメインのため、美容感度の高いユーザーが多いSNS。美容室との相性もよく、得意なカットやスタイルをアップすれば、オリジナルのヘアカタログのように活用できます。
関連気記事:【美容室】がインスタ集客を成功させる8つの方法!SNS集客で繁盛店に!

Facebook
実名利用が特徴のSNS。利用者数も多く、本名の口コミや“いいね!”を集めれば、店舗の信頼性アップにもつながります。また、画像が添付できる点もメリットです。

Twitter
140文字で内容をツイートし利用するSNS。拡散性が高いため、うまくはまれば大きな宣伝効果が期待できます。また、顧客との交流がしやすいため、ファン獲得にも使いやすいツールです。

メリット

他のWeb集客方法と比べ、顧客と双方向のやり取りができるため、店舗のファンを増やすことにも向いています。また、SNSに口コミを投稿すれば割引クーポンを発行するなどの方法により、顧客自身に広告塔となってもらうことも可能です。

デメリット

運用する際は、ある程度頻繁な投稿が必要です。Instagramでは写真のクオリティーが集客に大きく影響します。そのため、どのSNSを活用するか、何を誰に向けて発信するか、ある程度方向性を決めてから運用しましょう。また、不適切な投稿もすぐに拡散されるため、十分注意しましょう。

4. 美容室のポータルサイトに掲載する

美容室専門のポータルサイトサイトは他の店舗と比較しながら美容室を検索できるため、多くのユーザーが利用する方法です。

メリット

利用者数が多いサイトに掲載すれば、それだけで集客力アップが見込めます。有料・無料、どちらのサイトもあるため、目的に合わせて活用しましょう。
関連記事:新規集客!美容サロン検索ができるポータルサイト一覧|掲載無料も有り

デメリット

競合が多い分、店舗を目立たせるためには広告費を払って上位に表示させたり、カット料金で差をつけたり、さまざまな工夫が必要です。
また、無料で掲載できたとしても知名度の低いサイトでは、集客効果が見込めません。利用料やサイトの特徴など、総合的に判断して掲載しましょう。
また、クーポン系のポータルサイトの場合、新規リピート率が低い傾向にあるため、集客とは別にリピート率が下がらない対策も同時に行っていく必要があります。

5. Googleマイビジネスの活用

Googleマイビジネスとは、Googleの検索結果やマップ上に店舗情報を掲載できる機能で、基本無料で利用できます。

メリット

Google検索の場合、Googleマイビジネスの情報は通常のサイト情報よりも検索結果が上位に表示されるため、顧客の目にとまる可能性が高くなります。
Googleマップにも店舗情報が表示されるため、下記の必要情報を入力し、顧客が選びたいと思えるように整えておきましょう。

  • 店舗名
  • 住所
  • 営業時間
  • 電話番号
  • Webサイト
  • 店舗写真
  • 利用者の口コミ

また、Googleマイビジネスから直接予約ができる仕組みを導入するとさらに効果的です。

デメリット

Googleマイビジネスは望むと望まざるとにかかわらず、店舗情報が自動で作成・掲載されます。適切に管理しないと、誤った情報が掲載されたり、口コミがスパムで低評価になったりするなどの弊害が発生するかもしれません。
そのため、Googleマップからオーナー確認を行い、適宜管理しましょう。

6. オンライン広告を掲載する

検索結果の上位に表示させる「リスティング広告」や、ニュースサイトなどにバナーやテキストで表示される「ディスプレイ広告」、SNSに掲載される「SNS広告」など、さまざまな種類があります。
特に、検索上位に表示されれば、大きな集客効果が期待できるでしょう。

メリット

オンライン広告は検索結果に連動し多くの顧客の目に止まるため、潜在顧客の獲得に適しています。また、キーワードも、「美容室」のように大きいからものから、「(地域名)美容室 メンズ 安い」のように細かく設定でき、ターゲットを絞りやすい点もメリットです。

デメリット

広告出稿方法の理解やキーワード精査、予算の管理、バナー・広告文の作成など、広告出稿までにさまざまに準備が必要です。
また、ランディングページを作成して、広告クリック後の遷移先で予約ができるように整える必要もあります。競合が多いキーワードは単価が高額になる点も注意が必要です。

美容室がWeb集客を成功させる4つのポイント

美容室がWeb集客を成功させる4つのポイント

美容室のWeb集客では、誰に何をアピールするか、明確にしてから始めることが成功のポイントです。また、新規顧客を獲得したあとは、リピーターになってもらうことも、売上アップのためには欠かせません。

1. お店のアピールポイントを明確にする

まずは、他店にはない、お店の強みやアピールポイントを明確にしましょう。リピートで利用している顧客をイメージし、どのような理由で来店しているか考えると、強みを見つけやすいでしょう。
また、それらを文章にしてまとめておくと、実際のWeb集客の際にも役立ちます。

例えば、以下のように具体的に挙げてみましょう。

カラーが豊富で、奇抜なヘアスタイルも得意とするため、流行に敏感な方が何度も足を運んでいる。
カットからシャンプーまで、毎回同じ美容師が担当する。落ち着いた雰囲気を好まれる方が多い。

アピールポイントは、技術面だけでなく、店舗の立地や内装など、細部まで確認するのがポイントです。

2. ターゲット層を明確にして訴求する

Web集客では、誰にアピールするかを明確にすることで、顧客に響く訴求ができます。ターゲット層を明確にするときは、人気のメニューを確認したり、実際に来店している顧客の様子を見たりすると、分かりやすいでしょう。
例えば、親子カットが人気で、日中の時間帯繁盛しているお店なら、未就学の子ども連れ世帯がターゲット層となります。

ターゲット層を理解することで、その顧客に届く訴求方法を見つけやすくなります。

3. 新規顧客の獲得方法を検討する

お店のアピールポイントやターゲット層が固まったら、どの方法で集客するか検討しましょう。もちろん、Web集客では複数の方法を組み合わせても問題ありません。
例えば、会社帰りの男性に訴求するなら、Instagramよりも、ニュースサイトにWeb広告を掲載する方が効果的でしょう。逆に、トレンドに敏感な女性にアピールするなら、TwitterよりInstagramを活用した方がよいでしょう。

このように、アピールするターゲットに合った方法を活用してください。

4. リピーターを作る仕組みを導入する

店舗の売上を上げるためには、新規顧客の獲得だけでなく、リピーターの育成も大切です。そのため、1度店舗を利用した顧客が、また来店したくなる仕組みも導入しましょう。
例えば、LINEで友達登録をしてもらうと、次回使えるクーポンを配布するなども有効な方法です。また、LINEかに直接予約できる仕組みがあれば、囲い込み対策にもなります。

LINE連携予約
  • サロンのリピート率を増やしたい
  • クーポンサイトを脱却したい
  • LINEでの予約管理が大変
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

Web集客後の予約につなげるために「予約システム」を導入するメリット

Web集客後の予約につなげるために「予約システム」を導入するメリット

Web集客の際、合わせて導入したいのが「予約システム」です。
インターネットが最も使われる時間帯は22時〜24時の間となり、せっかくお店のホームページにたどり着いても電話予約しかできなければ、近隣店舗に流れてしまう可能性が高くなります。
インターネットで集客を行うので、あれば、WEB予約システムの導入はマストと言えるでしょう。

また、予約システムを導入すれば、以下のような利点があります。

予約情報を一元管理できるため、業務を効率化し、ダブルブッキングの防止にもつながる。
24時間・365日Webから予約ができるため、顧客の利便性を向上し、機会損失を減らせる。

ここでは、予約システムのリザービアを例に、どのようなメリットがあるかを紹介します。

LINE連携予約

LINEのトーク画面から予約ができるシステムです。顧客は店舗の公式アカウントを友達追加するだけで、トーク画面から簡単に次回予約ができるようになります。
店舗側のメリットとしては、顧客の状況に合わせた個別の訴求ができるため、より細やかな集客が可能となる点です。また、クーポンサイト経由のように、他店舗に目移りすることがなくなるため、囲い込みにも役立ちます。

Instagram連携予約

Instagramの画面から、直接店舗に予約できるシステムです。
気になる髪型やカラーを見つけたら、クーポンサイトなどを経由せず、すぐに予約画面に遷移できるため手間がかかりません。Instagramのフォロアーが多ければ多いほど、集客力に直結する仕組みです。

インスタ連携予約
  • 指名予約を増やしたいスタイリスト/ネイリスト
  • インスタグラムで集客したい方
  • DMでのやりとりが面倒と感じている方
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

Googleマップ予約システム

Google検索やマップで集客した顧客の成約につながるのが「Googleマップ予約システム」です。
せっかく近くの美容室を見つけても、予約方法が分からなかったり、クーポンサイトを経由してしまったりすれば、離脱につながってしまいます。Googleマップから直接予約ができれば、売上アップにも効果を発揮します。

以上のように、Web集客方法に合わせて、顧客が使いやすい予約システムを導入すれば、それだけでも成約件数の向上が期待できます。

【まとめ】美容室のWeb集客では、使いやすい予約管理システムの導入も重要なポイント!

使いやすい予約管理システムの導入も重要なポイント

競争が激しい美容室経営では、技術力の向上だけでなく、集客方法の検討も重要な課題です。Web集客は、検索結果から流入する新規顧客の獲得や、LINE予約を使った既存顧客の囲い込みなど、どちらの顧客の獲得にも適しています。

また、Web集客の際は、使いやすい「予約管理システム」を導入できるかどうかも、成否の分かれ目です。顧客・スタッフどちらにも使いやすく、機能が充実したものを活用すれば、成約件数の向上にもつながります。

 

[注1]nippon.com:全国の美容室の数はコンビニの4.5倍!

A’staff Cloud Smart
インスタ連携予約
PAGE TOP