WordPressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入するには?選び方のポイントも紹介

WordPressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入するには?選び方のポイントも紹介
公開日
更新日

WordPressで作ったサロンのホームページに、予約システムを導入することができることを知っていますか?今回は、Wordpressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入する方法や選び方のポイントなどについて解説していきます。

プラグインを導入するメリットやデメリット、注意点をおさえた上で、自分の店舗の集客に活用できるおすすめのプラグインについて知りたい方は、参考にしてみてください。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

WordPressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入するには

WordPressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入するには
Wordpressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入するにはどんな方法があるのでしょうか。2つの方法について以下にまとめました。

WordPressのプラグインを利用する

1つ目の方法は、Wordpressのプラグインを利用する方法です。Wordpressのプラグインとは、Wordpressの中の機能を拡大するツールのことを指しています。

プラグインをインストールすることで、標準の機能以外もつかえるようになります。この機能の中には予約システムの作成が行えるものがあるので、予約システムの利用が可能です。

注意点としては、デザインや機能を変更したいときは、自分自身でプログラミングを行う必要があるところです。また、プラグインは、脆弱性が発見されることもまれにあるので、個人情報の流失が発生する可能性があります。

外部のサービスを利用する

2つ目の方法は、外部の予約システムのサービスやツールを利用する方法です。予約システムの機能は、選んだ予約システムによってさまざまです。

飲食系、美容系に特化したものなど、業種ごとに予約システムの項目があらかじめカスタマイズされていることが多くなっています。

そのため、自店の業種での導入実績が多いものを選ぶとまちがいないでしょう。機能自体もすでに完成されたものが多く、使いやすいため、デザインや機能の変更を行わなくてもすぐに利用を開始できます。

美容サロンの予約受け付けに向いているプラグインとは

美容サロンの予約受け付けに向いているプラグインとは
美容サロンに導入するプラグインとして選ぶなら、予約時間を指定できるものや担当者をシステム上で指定できるものがおすすめです。細かい予約時間や担当者を決められることで、美容サロン側でスケジュールや勤務シフトを立てやすくなります。

また、予約するユーザー側としても、予約時間を細かく指定できた方が、当日のスケジュールを調節しやすくなり、予約数の向上にもつながるでしょう。

プラグインを利用するメリット

プラグインを利用するメリット

ここからは、プラグインを利用するメリットについて解説します。プラグインの導入を検討する際は、メリット・デメリットを確認してからがおすすめです。

低価格で導入できる

プラグインには、無料のものがあり低価格もしくは無料で利用できるのが大きなメリットです。予約システムの導入をお試しでやってみたい方にとっては手軽さがあり便利です。

WordPressのプラグインは、無料で利用できるものもあるので初期費用やランニングコストを抑えて導入することが可能です。

導入がかんたん

プラグインを導入する際は、かんたんにインストールして利用を開始できます。その後の設定なども、直観的に操作を進められるようなツールとなっています。

WordPressでは、インストールのボタンをクリックし、有効化のボタンを押すだけで導入ができます。その後コードをコピーし貼り付けることで予約システムの利用が可能です。

プラグインを利用するデメリット

プラグインを利用するデメリット
プラグインを利用するデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。コストがかからず、操作も比較的かんたんなのがメリットであることはわかりました。

デメリットに挙げられることとしては、よりクオリティの高い操作性やセキュリティーなどを求める方には向かないことです。

自分たちで管理しなければならない

プラグインを導入する際は、自分自身でどのプラグインを選ぶのかを決めて、適切なプラグインを導入していかなければなりません。また、その後の運用に関しても自分自身で操作を行い、管理していく必要があります。

WordPressやプラグインの知識がある程度ある方でないと、このような管理を難しいと感じてしまうかもしれません。パソコンの扱いに慣れていない方は、デメリットとなるでしょう。

機能が足りない場合がある

プラグインでは、複雑な予約体系などに対応していない場合が多いです。また、無料の場合、機能が限定的であることが多くあります。

より自店にカスタマイズされた内容で、機能性の高い予約システムの導入を検討している場合は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。自店で予約を受ける際に必要な項目か揃っているかどうか、しっかりと確認する必要があるでしょう。

複数の予約窓口がある場合はダブルブッキングのおそれがある

他の予約窓口と連携が取れないと、ダブルブッキングのおそれがあります。例えばGoogle予約・予約サイトからの予約・SNSからの予約などさまざまな媒体から予約を受けている場合、それぞれで受けた予約の予約時間が重ならないように管理する必要があります。

自店の予約媒体が多様化している場合は、ダブルブッキングしないような機能が備わっているか確認してから導入することで、その後の予約のダブルブッキングなどの混乱を防ぎやすいでしょう。

WordPressプラグインでサロンの予約システムをつくる流れ

Wordpressプラグインでサロンの予約システムをつくる流れ
WordPressのプラグインを活用して美容サロン向けのシステムを作る際には、おさえておきたい大まかな流れがあります。早速、具体的に確認していきましょう。

インストールと設定

まずはWordPressのアカウントを作成し、プラグインをインストールします。管理画面の「プラグイン」から「新規追加」をクリックし、追加するプラグインを選択しましょう。

プラグインのインストールが完了したら、会社組織名や住所、電話番号などの店舗情報を初期設定して、予約フォームの項目を入力して登録すると、WordPress上にカレンダーが表示されるようになります。

メニューなどの作成

次に、予約カレンダーや予約フォーム、完了画面の3種類のメニュー画面を作成します。具体的には、WordPress上のカレンダーの日付をクリックしたら表示される画面です。

予約カレンダーを作成するためには、カレンダーをWordPress上に表示するためのショートコードを埋め込みます。予約フォーム・完了画面は固定ページで作成します。

メニューバーを編集して、予約カレンダーのみにアクセスできるように調整したら、ユーザーがわかりやすい予約システムを作成することが可能です。

動作確認と管理

WordPressのプラグインで予約フォームを一通り作成し終えたら、システムとしてきちんと動作しているか確認しなければいけません。カレンダーから予約し、登録した確認メールに予約完了メールが届けば、システムが正常に動作していることになります。

実際にシステムの動作を確認して、稼働しはじめたら、再三の予約確認や電話・メールでの予約内容を一括管理すること、キャンセルが入った場合の予約情報の削除を徹底することで、予約ミスによるトラブルを未然に防ぎましょう。

WordPressプラグインを選ぶときに確認する点

Wordpressプラグインを選ぶときに確認する点
WordPressのプラグインを選定する際は、日本語対応やコストの有無、コーディングが必要か、導入に伴うサポート体制が充実しているかどうかをチェックしたいです。それぞれの基準を確認して、プラグイン選びを成功させましょう。

日本語に対応しているか

プラグインの中には、英語などの外国語のみにしか対応していないものもあります。予約フォームの設定時や問題が起きた際のサポート対応時など、日本語に対応しているものを選んだ方が、安心してプラグインを利用できるのでおすすめです。とくにはじめてプラグインを活用して予約システムを導入する場合は、日本語対応のものを選びましょう。

無料で利用できるか

プラグインは無料で使えるものから有料で使えるものまで幅があります。無料のものでも、利用する機能や顧客数の多さによっては、追加オプションがかかるプラグインも。

使用するプラグインが無料か有料か、無料で使えるものの中でも、どの機能を使うと有料になるのかを把握しておくことで、最終的にかかるコストを計算できるでしょう。

後々になって追加のコストがかかってしまったということがないように、使用する機能とコストについては入念に確認しておくことがおすすめです。

コーディングなしで利用できるか

プラグインには直感的に詳細な部分まで調節できるものもあれば、見やすい予約システムを作るために、HTMLやCSSなどのコーディングを必要とするものもあります。

コーディングを使用する場合には知識が必要となり、システム作成に時間がかかってしまうケースも。プラグインを選ぶ際には、コーディングの必要性の有無を確認して、できるだけコーディングの手間がかからないものを選ぶのがおすすめです。

サポートはあるか

プラグインを選ぶ際は、チャットや電話でのカスタマーサポートが充実しているかはとても重要なポイントだといえます。

プラグインをインストールしてみたのはいいものの、肝心の予約システム作成の段階で、システムがうまく動作しないなどのトラブルも考えられます。

サポートの有無や充実度をチェックして、トラブルが発生した場合や疑問・不安に答えてくれる、安心できるプラグインを選ぶのがおすすめです

サロンにおすすめの予約プラグインを紹介

サロンにおすすめの予約プラグインを紹介
サロンにおすすめの予約プラグインとはどのようなものでしょうか。サロンの予約では、スタイリストやメニューの選択など、他の業種とは異なる設定も必要です。

そのため、予約プラグインを導入する際は、「サロン特化型」の予約プラグインを選ぶとよいでしょう。

BookingPackage

BookingPackageは、システム導入から予約スケジュール表の共有まで、直感的な操作でカンタンに予約システムを作成できるプラグイン。日本語に対応しており、1分単位の細かい予約時間を設定できる点が特徴です。クレジットカード決済にも対応しているので、会計業務を効率化したいという店舗にもおすすめのプラグインだといえます。

Amelia

Ameliaは無料で使えて、おしゃれな予約システムが作れるプラグインです。日本語に対応していて、時間指定で予約受付できるだけでなく、イベント単位での予約も受け付けられます。普段のサービスで予約受付ができるだけでなく、店舗で何らかのイベントがある際にも、同じシステム内で予約受付ができる点が特徴だといえます。

Salon Booking

Salon Bookingは、美容サロンの予約に特化している予約プラグインで、会員登録が不要で利用しやすいのが特徴です。

30分単位で予約時間を指定でき、予約済みの時間帯は予約できない仕組みになっているので、ダブルブッキングの心配はありません。予約管理の機能に加えてクーポン機能などもあるので、小規模のサロンでは十分な機能が備わっています。

MTS Simple Booking

MTS Simple Bookingは、無料版と有料版があり、日本語に対応しています。複雑な設定がないので、かんたんに予約システムを導入できます。

有料版を利用すれば、ユーザー登録機能やお問い合わせフォーム機能、第二予約希望日などを指定できる機能などを利用可能で、予約受付の幅がグンと広がるでしょう。

サロン以外でもさまざまなサービスの予約に対応しているため、サロンだけに特化された内容ではありませんが、基本的な予約を行う上で使いやすい仕様となっています。

CP AppointmentCalendar

CP AppointmentCalenderは、非常にシンプルな作りで使いやすいのが特徴です。英語の設定画面ですが、比較的操作はしやすいでしょう。時間単位で予約受付ができ、有料版と無料版があり、クレジットカードとペイパルが利用できます。

設置や機能に不安がある場合は予約システムがおすすめ

設置や機能に不安がある場合は予約システムがおすすめ
WordPressのプラグインを使用するメリットは、低価格で導入するのがカンタンな点ですが、機能の問題や管理が難しいと感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、美容サロン向けの予約システムなら、より簡単に機能が豊富なシステムを導入できます。

以下では、外部の予約システムを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

予約システムを選ぶときのポイント

予約システムを選ぶときのポイント
ここからは、予約システムを選ぶときのポイントについて紹介していきます。予約システムの種類によって機能の内容などが異なります。しっかりと機能や特徴を確認することで自店にぴったりのものを選ぶことができます。

サロンにマッチした機能があるか

サロンに必要な予約の項目や予約管理の機能があるかどうかをまずは確認することがポイントです。この際に、同じ業種で導入事例があるかどうかを調べておきましょう。こうすることで、自店の業種に合った、つかいやすい予約システムを導入することができます。

操作や設定がかんたんにできるか

予約システムを導入する際は、直感的に操作できるかどうかも大切なポイントです。操作が複雑すぎると日々の業務の中で予約システムをうまく扱えない状況になってしまうことも考えられます。

プラグインの場合は、Wordpressの管理画面になってしまいます。Wordpressの操作に慣れたスタッフがいる場合はよいですが、慣れていない場合は、操作が難しいと感じてしまうでしょう。

このような状況になると、予約システムをうまく扱えず、導入した意味がなくなってしまうこともあります。一度、操作方法などをあらかじめ確認し、扱えるかどうかをしっかりと見極めてから導入していきましょう。

十分なサポートを受けられるか

使い方がわからなくなったときに電話やメール、チャットなどのサポートが受けられるかどうかを確認しましょう。

プラグインは海外製も多く、管理画面やサポートが日本語に対応していない場合があります。サポートをすぐに受けられ、問題が起きたとき迅速に解決できるかどうかも大切なポイントです。

予約システムを利用するならリザービア

予約システムを利用するならリザービア
サロンや美容室に特化した予約システムのリザービアなら、Wordpressで作ったサイトにもかんたんに導入できます。美容系のサロンにおすすめの便利な機能を紹介していきます。

予約台帳

リザービアの予約台帳機能は、シンプルでユーザーにもスタッフにも見やすく、使いやすいシステムで、24時間365日体制で予約受付・管理が可能です。パソコンやタブレットからだけでなく、スマホからでもシステムにアクセスできるので、気軽に操作できます。

過去の予約履歴から、お客様の施術データをスタッフ同士で共有できるので、お客様の好みを踏まえた上で、ベストな施術内容を提案できるでしょう。

クーポン

リザービアのクーポン機能は、リピーター限定や学生限定など、対象を限定してクーポンを配布できます。お客様をカテゴリー分けしてクーポンを発券できるので、よりターゲットに効果を発揮するような、マーケティング施策を実行するのに役立つでしょう。

クーポンは、アプリやWebサイトで配信できます。

InstagramやLINEとの連携

リザービアでは、InstagramやLINEと連携して予約受付につなげられる追加オプションも利用可能です。ユーザー数が多く、集客力がある外部サイトを、集客・予約に有効活用できるのは、マーケティングを考える上で大きなメリットだといえるでしょう。

クーポンサイトの予約を一元管理

外部のクーポンサイトを活用している場合は、リザービアの追加オプションであるBMSを利用すると、クーポンサイトからの予約も一括管理できます。サイトごとの予約管理を手間だと感じている方は、リザービアを導入するのがおすすめです。

サポート体制

リザービアでは、営業時間内の電話やメール、オンラインミーティングを通じたサポート、24時間体制のチャット対応、リザービアを有効活用するためのセミナーなど、予約システムの導入に際して生じる疑問や不安を、相談しやすい環境が魅力です。

これから予約システムを導入しようと考えている方は、安心・丁寧なリザービアのカスタマーサポートを有効活用して、心配のない予約システムの導入につなげていきましょう。

Googleで予約
  • 無料掲載のGoogleマップで集客
  • 近隣店舗より目立つ予約ボタン表示
  • リザービアご契約者様なら無料で利用可能
  • 予約はリザービアで一元管理


無料
かんたん30秒で資料請求

サロンのホームページに予約システムを導入しよう

サロンのホームページに予約システムを導入しよう
今回は、Wordpressで作ったサロンのホームページに予約システムを導入する方法や、予約システムを選ぶポイントについて紹介しました。

プラグインは各店舗が予約システムに求めている機能を満たすサービスを選べる点が魅力的ですが、自分たちで設定・管理しなければいけない点が注意点です。

リザービアなら美容サロンの予約管理に特化した機能があり、カスタマーサポートも充実しているので、美容系のサロンを運営されている方におすすめです。

予約機能を充実させ、お客様にスムーズに予約してもらえるようにすることで、集客力の向上も見込めます。サロンのホームページを持っている場合はぜひ導入を検討してみましょう。

引用元
Booking Package -予約システム
Amelia
salon booking DEMO
MTS Simple Booking
CP AppointmentCalender

Reservia資料請求フォーム

導入実績

大手サロンから個人サロンまで
5,000店以上の導入実績があります。

    名前を決めていない場合は未定と入力してください
    半角数字・ハイフンなしで入力してください
    一番あてはまるものをお選びください

    \1分で完了!リピート率アップを実現/

    説明を聞きたい方もこちらからご相談ください

    PAGE TOP