美容室でのアンケート活用方法・アンケート事例有り

作成日
更新日
SALON CARD
Googleで予約

「リピーターがつかず売上が心配…」と悩みを抱える美容室のオーナーは少なくありません。

サービス内容を改善するために、アンケートの実施を検討する方もいるでしょう。

とはいえ、具体的な効果や実施方法が分からず、頭を抱える人も多いですよね。

そこで今回は「美容室サロンでのアンケートの活用方法」をお伝えします。導入するメリットや設問の作成方法まで網羅的にまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

 エステ版  【お客様の声を聞く】エステサロンでのアンケート活用方法

アンケートを行う最大の利点は「新規顧客を安心させられる」こと

美容室がアンケートを実施する最大の利点は「新規顧客を安心させられる」こと。

利用者のリアルな声は、来店を検討している人の不安をなくすからです。

美容室のイメージが明確になり、安心して利用できます。

ホームページやSNSでアンケート結果を配信すれば、お客様の興味をひき来店につながるケースも少なくありません。

美容室への集客を注力したいなら、お客様の声を活かすのも有効的な手段です。

タイミング別!美容室がアンケートで得られる3つのメリット

美容室がアンケートで得られるメリットをタイミングにまとめました。具体的な内容は次の3つです。

  • 来店後の最初の感想!美容室の「第一印象」をリアルに知れる
  • 施術中の対応は?サービス内容の質について的確な意見が得られる
  • 退店後だからこその生の声!施術全体に関する本音が聞ける

それぞれのメリットについて、分かりやすく説明しますね。

来店後の最初の感想!美容室の「第一印象」をリアルに知れる

アンケートを行うと美容室の「第一印象」を知れます。初めて来店したお客様は率直なコメントが期待できるからです。

事前情報がなく足を運んだ「リアルな声」を得られるのは、大きなメリットと言えるでしょう。これから来店を検討している方にとって、重要な情報の1つとなります。

ネガティブな意見が書かれている場合も、今後の改善点として役立つはずです。お客様が抱く第一印象は、美容室を魅力的にするための大切なポイントといえます。

施術中の対応は?サービス内容の質について的確な意見が得られる

施術中の対応についても、お客様のストレートな意見が期待できます。サービスの質はお客様しか判断できません。

どれだけ自分では魅力的な内容であったとしても、お客様が不満に思うケースもあります。ヒアリング内容やカットの技術などについて、物足りなさを感じる場合も多いです。

スタッフへの教育やサービス内容の改善にもつながる情報が得られるので、アンケートを導入するメリットは大きいでしょう。

退店後だからこその生の声!施術全体に関する本音が聞ける

アンケートを活用すれば、施術を終えた利用者の「生の声」がきけます。

口コミと違って美容室に対して向けられたコメントのため、率直なコメントがもらえる可能性が高いです。その場で書いてもらえば、誹謗中傷を受けるリスクもありません。

利用者の好みを知れるのもアンケートの魅力の1つ。好きなヘアスタイルや雑誌の種類も把握でき、よりお客様に寄り添った美容室に近づけられます。

 

お客様のリアルな声を引き出す!美容室のアンケートの3つの設問例

美容室のアンケートでお客様の声を引き出すためには、次の3つの設問がおすすめです。

  • 利用されたきっかけを教えてください
  • 施術を受けた感想を教えてください
  • 改善点やリクエストがあれば教えてください

質問1.利用されたきっかけを教えてください

「お客様が美容室に来店したきっかけ」は、集客をするうえで大きな役に立ちます。ユーザーを集めるための、大切なヒントになるからです。

「コストパフォーマンスが高いから」といった理由であれば、サービス内容に魅力を感じている可能性があります。メニュー内容や価格設定を考えるうえで、重要な情報の1つになるでしょう。

美容室を改善したい場合は、重要な情報となります。

質問2.施術を受けた感想を教えてください

施術を受けた感想は率直な意見が期待できます。美容室自体の強みと弱みが同時にわかる質問です。

仕上がりを称賛するコメントがあれば、カットの技術の高さやヒアリング能力が高い可能性があります。美容室自体を知るきっかけにもなる、おすすめの設問ですね。

質問3.改善点やリクエストがあれば教えてください

美容室に足りない点をストレートに聞くのも1つの手です。改善すべき内容が一目瞭然で分かります。

「値段が高い」といったコメントであれば、価格を変える必要があるかもしれません。料金体系をアレンジするだけでも、集客につながる可能性もあります。

より良い美容室をつくり、お客様を集めたいならネガティブな意見も大切です。

 

誰でも簡単に作成できる!美容室サロンのアンケートの作り方

美容室サロンのアンケートを作るには「インターネット」を活用するのがおすすめ。印刷コストが抑えられるうえに、データで管理できます。グラフを作成し統計をとるのも難しくありません。

無料でアンケートを作りたいならGoogleフォームを活用するのも1つの手です。

Googleが提供するサービスで、簡単にアンケート画面をつくれます。タブレットでも表示できるので、施術のスキマ時間を使った回答にぴったりです。

ぜひアンケートを導入したい美容室オーナーの方はチェックしてみてください。

この記事の目次

美容室がアンケート結果を活用するなら「報告」と「改善」が秘訣

美容室がアンケート結果を上手に活用するためには「報告」と「改善」が大切です。得られたコメントはスタッフに共有しましょう。

定期的に報告すれば美容室の現状や課題を、すべての従業員が把握できます。

MTGで毎回アンケート結果を伝えるのも1つ方法ですね。

お客様から指摘された内容を、真摯に受けとめ改善するのも大切です。より魅力的な美容室に変えるチャンスといっても過言ではありません。

「カット技術が低い」と指摘されたら、練習や教育に時間を設けるのも良いでしょう。ネガティブなコメントとも向き合い改善するのが、長期的な集客につながります。

 

アンケートを活用して魅力的な美容室をつくりましょう

美容室への集客を強化するために、アンケートは強い武器となります。お客様の率直な意見が得られるうえに、新規ユーザーを安心させる効果も期待できますからね。

現在では紙を使用せずともGoogleフォームなどを活用すれば、誰でも簡単に作成可能です。効率よく情報を集め、スタッフとともに改善策を練るのが良いですよ。

ぜひアンケートを活用して、魅力的な美容室をつくりましょう。

SALON CARD
リザポス
PAGE TOP